ホームページ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月18日 (水)

今日の音楽 10月18日 弦楽四重奏曲第2番(ブラームス) ;Music for today Oct.18 String Quartet No.2(Brahms)

ブラームスの弦楽四重奏曲第2番イ短調op.51-2は1873年10月18日に初演されました。

ブラームスにはベートーヴェンの呪縛というのがあって、ベートーヴェンの得意分野の作曲は非常に慎重であったというのは前に弦楽四重奏曲第1番のときにも書きましたが、とにかく交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノソナタというベートーヴェンの評価の高い分野は作品数も非常に少ないわけです。

ピアノ四重奏曲や弦楽六重奏曲などで素晴らしい作品を残したにもかかわらず弦楽四重奏曲は僅か3曲しか作曲しませんでした。

この2番の弦楽四重奏曲は外科医でありアマチュア音楽家だったテオドール・ビルロートに捧げられています。作曲に際してはヴァイオリンの名手ヨアヒムからの助言を多く受けており初演はヨアヒムが率いる四重奏団によって行われました。

とても柔和で叙情的な曲で、第1番とは対照的な曲です。第1楽章の第1主題のF-A-Eという音列はヨアヒムのモットー Frei Aber Einsam (自由、しかし孤独)にちなんでいるといわれています。

2017年10月17日 (火)

今日の音楽 10月17日 田園風協奏曲 ; Music for today Oct.17 Concierto pastoral

ロドリーゴの田園風協奏曲は1978年10月17日にゴールウェイのフルート独奏、マータ指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏でロンドンで初演されました。

田園風協奏曲(パストラル協奏曲)はフルート奏者ジェームズ・ゴールウェイの委嘱で作曲されたフルート協奏曲です。

スペインの田園風景を思い起こさせる音楽で、フルートの超絶技巧を伴った秀作です。

2017年10月16日 (月)

今日の音楽 10月16日 シェーンフェルト行進曲 ;Music for today Oct.16 Freiherr von Schönfeld Marsch

ツィーラーのシェーンフェルト行進曲op.422は1890年10月16日に初演されました。

シェーンフェルトは、第一次世界大戦の敗戦で解体されたハプスブルク朝オーストリア=ハンガリー帝国の最後の将軍のひとりです。1870年に男爵の爵位を授与された人物で、そのシェーンフェルト男爵に献呈された行進曲です。ツィーラー自身もハプスブルク最期の宮廷舞踏会音楽監だったため、地位も財産も失ったようです。

2017年10月15日 (日)

今日の音楽 10月15日 トップ・オブ・ザ・ワールド ;Music for today Oct.15 Top of the World

カーペンターズのリーダーで、作詞作曲家及びアレンジャーのリチャード・カーペンターは1946年10月15日にコネチカット州ニュー・ヘイブンで生まれました。

レコード収集家だった父親の影響で子供のころから音楽に興味を抱きピアノを学びました。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に入学しコーラス隊に入って後に作詞家となるジョン・ベティスと出会い、妹のカレンをくわえたトリオを結成してA&Mと契約。

ファーストアルバムの「オファリング(後に涙の乗車券に改題)は全く売れませんでしたが、シングル「遥かなる影」が大ヒットして一躍スターダムへ。リチャードは初期はヴォーカルも担当する事がありましたが、カレンの歌への評価が高くなったため自身はバック・コーラスとキーボードを担当する事になりました。

当初のヒット曲は、全て他の人(バカラック、ポール・ウィリアムズ、レオン・ラッセル等)、次第に自分の作曲した曲も多くなっていきました。リチャードの音楽の才能はとりわけアレンジが評価され、そのアレンジ能力がゆえに、カバー曲もあたかもカーペンターズのオリジナル曲のような雰囲気を持っています。

自作曲で最もヒットしたのが「トップ・オブ・ザ・ワールド」です。1972年6月発売の4枚目のアルバム「ア・ソング・フォー・ユー」に収録された曲で、当初は11月に日本でのみシングル・カットされて発売されました。アメリカではシングル化の予定はありませんでしたが、リン・アンダーソンがカバーしたシングルがヒットしたため、アレンジをし直して再録音をして1973年9月に発売、日本でもこのリミックス・バージョンが再発売されたという数奇な経緯をもつ曲です。当初シングル化されなかった「トップ・オブ・ザ・ワールド」が「遥かなる影」と並ぶ全米1位のヒット曲になったわけです。

この曲がリチャードとベティスの共作による最大のヒット曲です。

2017年10月14日 (土)

今日の音楽 10月14日 トゥーランガリラ交響曲 ;Music for today Oct 14 La Turangalîla-Symphonie

電子楽器オンド・マルトノの製作者モーリス・マルトノは1898年10月14日にパリで生まれました。

幼少より音楽を学んだマルトノは、特に音楽教育に興味を持ち新たな音楽教育を開発するとともに科学の発展を音楽に応用する事で新しい音楽世界を拓く研究をして発明したのが電子楽器のオンド・マルトノです。

様々な音楽表現や多彩な音色の合成を可能とした楽器で近代音楽、特にフランスでは多くの作曲家がこの楽器を取り上げました。鍵盤とリボンの2種類の奏法が可能でしたが単音しか出せなかったのが欠点ではありました。

この楽器を使った曲はジョリヴェの「オンド・マルトノ協奏曲」、オネゲルの「火刑台上のジャンヌ・ダルク」などが知られていますが、特に演奏頻度が高い曲がメシアンのトゥーランガリラ交響曲です。メシアンはこの楽器の特徴を熟知して非常に効果的な使い方をしています。

2017年10月13日 (金)

今日の音楽 10月13日 シーモンの涙 ;Music for today Oct.13

アメリカのポップ・デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのジョン・フォード・コーリーは1948年10月13日にダラスで生まれました。

イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーはロギンス&メッシーナ、シールズ&クロフツ、ヴィグラス&オズボーンなど、ポップス・デュオが流行した1970年代前半の活躍したデュオで、イングランド・ダン(本名ダン・シールズ)は、シールズ&クロフツのジミー・シールズの実弟。70年代初めにデビューしましたが暫くはヒットに恵まれず。その後「秋風の恋」「愛の旅立ち」などのヒットを連発するようになりました。

「シーモンの涙」は何故か日本でのみヒットした曲。ポップな感じの曲で「シーモン、何故泣くの・・・」という出だしの爽やかな曲です。

2017年10月12日 (木)

今日の音楽 10月12日 メフィスト地獄の叫び ;Music for today Oct 12 Mephistos Höllenrufe

ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「メフィスト地獄の叫び」op.101は1851年10月12日に初演されました。

「メフィスト」はドイツに伝わるファウスト伝説に登場する悪魔。とりわけゲーテの作品が有名ですが、この悪魔を題材にした音楽も少なからずあります。
ボイトの歌劇「メフィストフェレ」やリストのメフィスト・ワルツが代表作。その中で最も明るい曲がこの「メフィスト地獄の叫び」です。
はっきり言って、どこがメフィストなのかどこが地獄なのか、どこが叫びなのか意味不明の曲なんです。
ま、聞いてみてくださいな。

2017年10月11日 (水)

今日の音楽 10月11日 スラヴァ ;Music for today Oct.11 Slava! A Political Overture

バーンスタインの政治的序曲「スラヴァ!」は1977年10月11日にロストロポーヴィチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団の演奏で初演されました。

友人のロストロポーヴィチがワシントン・ナショナル交響楽団の音楽監督に就任したことを祝って作曲された曲。政治的序曲という何やら厳しいタイトルではありますが、内容自体はユーモラスで陽気な曲です。

自身のミュージカル作品などから主題を取っていて、管弦楽版では録音テープが使われており、そのテープの中身が政治的な演説なので、こういうタイトルになっています。「スラヴァ」はロシア語の歓呼の言葉で、この演説を聞いた民衆が歓呼の声をあげるという内容です。

2017年10月10日 (火)

今日の音楽 10月10日 弦楽四重奏曲第1番(ショスタコーヴィチ) ;Music for today Oct.10 Strings Quartet No.1(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第1番ハ長調op.49は、1938年10月10日にグラズノフ四重奏団の演奏でレニングラードで初演されました。

ショスタコーヴィチの作品、特に交響曲などの大作は常にソヴェト共産党の目が光っており、自由な作曲活動が制限されていましたが、聴衆が少ない室内楽曲は、比較的自由に作曲できたようです。
ショスタコーヴィチの弦楽四重奏は全15曲と、交響曲と同数の作品が残されていますが、交響曲の書き始めが19才の時だったのに比べて弦楽四重奏のスタートは32才とかなり遅い時期に手がけ始めたジャンルでした。
演奏時間は15分弱。比較的明朗な曲です。

2017年10月 9日 (月)

今日の音楽 10月9日 木管五重奏曲(ニールセン) ;Music for today Oct.9 Wind Quintet(Nielsen)

ニールセンの木管五重奏曲op.43は1922年10月9日にコペンハーゲン管楽五重奏団の演奏で初演されました。

信仰があったコペンハーゲン管楽五重奏団のために作曲されたものです。本来は各団員のためにそれぞれの楽器を独奏とした協奏曲を書くという計画を立てましたが、完成したのはフルート協奏曲とクラリネット協奏曲のみで、体調が悪化したため頓挫してしまいました。
3つの楽章から出来ており、第3楽章では変奏曲形式を用いています。変奏曲の主題にはニールセンがまとめた歌曲集「賛歌と聖歌集」の中の「わがイエズスよ、わが心をそなたへの愛を向けさせたまえ」の旋律を引用しています。
私的初演が1922年4月30日、スウェーデンのイェーテボリにあるヘルマン・マンハイマーの邸宅で行われています。

より以前の記事一覧