ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2021年1月20日 (水)

今日の音楽 1月20日 交響曲第5番(ショスタコーヴィチ)

2011年は、もうひとつ高校のOBを中心としたオーケストラの演奏会がありました。

プログラムは、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、ビゼーのカルメンからの抜粋、メイン曲はショスタコーヴィチの交響曲第5番でした。

ショスタコーヴィチの交響曲第5番は、ショスタコーヴィチが作曲したムツェンスク郡のマクベス夫人でソヴィエト共産党の批判を受け粛清の危機を打開するために作曲したとされる作品のひとつです。
そういう事もあって、ショスタコーヴィチはこの曲の中に、ビゼーの「カルメン」を隠すなどして、全体的には古典的な形式で体制的な音楽を標榜する中で若干の皮肉めいたものがこめられています。

で、そんな思想とは無関係に演奏はとても楽しいものでした。また終楽章のコーダのテンポはゆったりとしたテンポで始まって次第に速くする演奏が多いのですが、この時の演奏ではこの通例に従ったテンポで演奏しました。2019年8月のパイオニア交響楽団の定期演奏会でもこの曲を演奏しましたが、この時は黒岩英臣氏の指揮はかなり速めのテンポで始めています。有名な録音ではバーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルの録音がそういったテンポで演奏されています。これは、譜面の速度表示が四分音符=184なのか八分音符=184の間違いなのかという解釈が根底にあるようです。

 

2021年1月19日 (火)

今日の音楽 1月19日 ブリッグの定期市

ディーリアスのブリッグの定期市は1908年1月19日に初演されました。

ブリッグの定期市は元々はイングランドの民謡で、それをパーシー・グレンジャーが合唱曲に編曲したものに感銘を受けたディーリアスがグレンジャーの許可を得て管弦楽曲へ編曲したものです。

とてものどかな序奏部からはじまり、グレンジャーの合唱曲を主題に変奏が繰り広げられ華やかな終結へと向かいます。

2021年1月18日 (月)

今日の音楽 1月18日 交響曲第5番「運命」

2011年10月のパイオニア交響楽団第22回定期演奏会のメイン曲は、ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調「運命」でした。

これほど有名な曲ですが、大学以来の本番でした。大学の時は「あの有名な曲」「第3楽章がコントラバスの見せ所」程度がこの曲の感想でしたが、この曲に対しては全然異なる思いで演奏しました。

とにかく、このベートーヴェンの交響曲第5番という曲は、全く隙のない完璧な曲だという思いでした。冒頭の「運命の動機」があまりに有名なため、学生時代にそこに気づかなかったのは勉強不足だったんでしょうね。
「運命」はスコアによって、冒頭の「運命の動機」の最後の音を2回ともフェルマータで伸ばすものもありますが、普通は1回目はフェルマータなしになっています。昔は、この運命の動機を大袈裟に演奏して2回目のフェルマータで思いっきり伸ばす傾向にあったのですが、最近のトレンドでは、あくまでもインテンポでフェルマータも極限まで短くして流れを止めない傾向にあります。つまり、第1楽章は、ゆったりと成りがちな第2主題を含めてこの運命の動機のフェルマータと再現部前のオーボエのカデンツァ以外は緊張感に満ちたインテンポで演奏されてこそ、「運命」全体の流れが確立されるということです。

その後も第2楽章に緩徐楽章を置かず第3楽章のスケルツォも第1楽章の流れを持ち込んだ緊張感高い音楽のまま、終楽章の喜びの爆発を効果的にできるのです。全てに計算しつくされたベートーヴェンの真骨頂的な音楽です。

そういう緊張感高い音楽を作ったので、同時に初演した交響曲第6番の「田園」は全く色の違った曲にしたのでしょうね。

2021年1月17日 (日)

今日の音楽 1月17日 ディヴァージョンズ

ブリテンの「ディヴァージョンズ」op.21は1942年1月16日にヴィトゲンシュタインのピアノ、オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏で初演されました。

ヴィトゲンシュタインは第一次大戦で負傷し右腕を切断しなければなりませんでした。その後は左手だけで演奏活動を継続し、著名な作曲家たちに左手だけで演奏できる曲の作曲を依頼。それに応じて作られた曲には、コルンゴルトのピアノ協奏曲op.17、リヒャルト・シュトラウスの家庭交響曲余禄、ヒンデミットの管弦楽を伴ったピアノ音楽op.29、プロコフィエフのピアノ協奏曲第4番などがあり、特に有名なものがラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲です。

ブリテンもこの依頼に応じて左手のピアノと管弦楽のための協奏曲「ディヴァージョンズ」を作曲しています。主題と11の変奏から構成された曲で作曲当時の第二次大戦への不安から反戦の気持ちをこめているといわれています。それぞれの変奏は、レチタティーヴォ、ロマンス、行進曲、アラベスク、聖歌、夜想曲、バディネリ、ブルレスク、トッカータ、アダージョ、タランテラというタイトルが付けられています。

2021年1月16日 (土)

今日の音楽 1月16日 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲(ブラームス)

2011年10月のパイオニア交響楽団第22回定期演奏会の中プロはブラームスのヴァイオリンとチェロのための協奏曲でした。

異なる2本の楽器のための協奏曲はバロック時代から数多くありますが、その中で最高傑作と言えるのが、このヴァイオリンとチェロのための協奏曲だと思います。

独奏者の高い技量が必要とされる難曲で第1楽章と第3楽章というテンポの速い楽章が短調で書かれています。個人的に好きなのは終楽章で、短調で作曲されているにも関わらず、とても軽快で踊りだしたくなるような曲になっています。

独奏者の技量の高さが必要ということは、勿論オーケストラもそれなりに難しく、それに加えて独奏楽器に合わせるという仕事があるわけですから、トータルでは、物凄く難しい曲でした。

2021年1月15日 (金)

今日の音楽 1月15日 シダリーズと牧羊神

ピエルネの「シダリーズと牧羊神」は1923年1月15日にパリのオペラ座で初演されました。

フランス印象派の作曲家ピエルネの代表作、バレエ音楽「シダリーズと牧羊神」は1914年ごろには作曲が終わっていましたが第一次大戦の勃発や台本作家の不慮の死、オペラ座監督のメサジェの辞任などで初演が遅れてしまいました。

ピエルネはそれを2つの組曲に編んでいます。第一組曲は第一場と第二場、第二組曲は第三場から編曲したものです。
特に有名なのが第1組曲の「小牧神の入場」。バレエでは第2場で演奏される曲です。

2021年1月14日 (木)

今日の音楽 1月14日 ゲーテの「ファウスト」からの情景

シューマンの「ゲーテのファウストからの情景」WoO3は1862年1月14日にケルンでヒラーの指揮によって初演されました。

独唱と児童合唱、混声合唱とオーケストラのための作品。序曲と3つの部分からなる2時間弱の演奏時間を要する大作です。作曲に10年費やしています。

本来シューマンは「ファウスト」をオペラ化したかたようですが。あまりにも巨大で複雑な原作という事から、いくつかの場面を抜き出した交響詩的なものを目指して作曲したもので、初演はシューマンの死後6年たってからでした。

作品自体は、ザッツ・シューマンという美しさとシューマンらしいオーケストレーションに彩られた作品です。

2021年1月13日 (水)

今日の音楽 1月13日 歌劇「オベロン」序曲

2011年10月のパイオニア交響楽団第22回定期演奏会の前プロは、ウェーバーの歌劇「オベロン」序曲でした。

ウェーバーは、モーツァルトによって開かれたドイツオペラを継承し、やがてワーグナーへと続くオペラの流れを継承した作曲家です。
そういう音楽史上重要な位置を占める割には、ウェーバーのオペラは上演される事は多くなく、ドイツ語圏外では殆ど上演されないようです。

ただ、数々のオペラの序曲はとても人気が高く、色々なコンサートの前プロとして取り上げられる機会は少なくありません。その中で「魔弾の射手」と並んで人気が高いのが「オベロン」の序曲です。劇中の主要な旋律を使って構成されており、冒頭で奏でられるオベロンの角笛を表すホルンの主題、妖精の国を暗示する旋律と続き、カール大帝を表した行進曲風の旋律と続く序奏で始められます。

主部は劇中の様々なアリアが使われる旋律美にあふれたもので、とても楽しい音楽です。
演奏も、簡単ではありませんが、それ程難しいというものでもなく我々レベルのアマチュアには適度な前プロという感じでした。

2021年1月12日 (火)

今日の音楽 1月12日 プロヴァンスの海と陸

2011年の幻のコンサート後半第4曲目はヴェルディの歌劇「椿姫」より「プロヴァンスの海と陸」の予定でした。

「椿姫」はヴェルディの代表作。純朴な青年アルフレードが、娼婦ヴィオレッタの屋敷で催されたパーティでヴィオレッタに恋をしてしまいます。ヴィオレッタも社交界の花形としてのプライドとアルフレッドの一途な思いの間で揺れ動きます。その心の動きを歌ったのが有名なヴィオレッタのアリア「ああ、そはかの人か ~ 花から花へ」です。

やがて、ヴィオレッタとアルフレードは屋敷で静かに暮らすようになりますが、アルフレードが留守の時に父親のジェルモンが訪れ別れを迫り、ヴィオレッタも別れを決断しアルフレードを裏切ったふりをします。そこでジェルモンが故郷のプロヴァンスに帰ろう、と歌うのが「プロヴァンスの海と陸」です。

バリトンのアリアという事で、テノールなどに比べて音が低い分聞き取りにくいため、歌を埋もれさせないという事には余計に気を使う曲です。単純なメロディと単純なオーケストレーションなのですが、歌のテンポの揺れが大きいので、そちらにも気を使う必要のある曲。
私が演奏を経験したオペラのアリアの中で最も苦手な曲でした。

2021年1月11日 (月)

今日の音楽 1月11日 人知れぬ涙

2011年幻の演奏会の後半3曲目はドニゼッティの歌劇「愛の妙薬」の中のアリア「人知れぬ涙」の予定でした。

「愛の妙薬」はドニゼッティの作曲したオペラ・ブッファ。ニセの惚れ薬と村の男女が織り成す人間模様を描いた喜劇です。
「人知れぬ涙」は第2幕で富農の娘アディーナに想いを寄せる貧しいネモリーノが歌う抒情的なアリアです。

より以前の記事一覧