ホームページ

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

2018年2月26日 (月)

今日の音楽 2月26日 高い丘の歌

ディーリアスの「高い丘の歌」は1920年2月26日にコーツ指揮のロイヤル・フィル、フィルハーモニー合唱団の演奏でロンドンのクイーンズ・ホールで初演されました。

この曲の合唱は主に歌詞をもたずに響きを支える形のヴォカリーズになっています。ディーリアスの作品の中でも評価の高い作品で風景そのものが音楽を生み出すという考えで作られています。合唱の他にソプラノとテノールの独唱も加わっており、ただただ自然のみを見つめた純粋な音楽です。

2018年2月25日 (日)

今日の音楽 2月25日 ゴー・オール・ザ・ウェイ

ゴー・オール・ザ・ウェイ Go All the Way  ラズベリーズ 1972年Billboard年間チャート第33位最高位5位

ラズベリーズはエリック・カルメンを中心としたロックバンドで、クラシカルなサウンドが特徴だが、バンドとしては決してバラード調ではなくしっかりしたリズムを持つ曲を多く発表しています。

ラズベリーズの個人的な推薦曲
①ゴー・オール・ザ・ウェイ Go  All the Way 1972年Billboard最高位5位・・・2枚目のシングルで、ブレイクしました。
②レッツ・プリテンド  Let's Pretend  1973年Billboard最高位35位・・・途中でルパートするなどクラシカルな技法が取り入れられています
③明日を生きよう I Wanna Be with You 1972年Billboard最高位16位・・・とてもポップな曲
④トゥナイト Tonight  1973年 Billboard最高位69位
⑤オーバーナイト・センセーション Overnight Sensation  Billboard最高位18位・・・最後のチャートイン曲

2018年2月24日 (土)

今日の音楽 2月24日 交響曲第3番(ハリス)

ロイ・ハリスの交響曲第3番は1939年2月24日にクーセヴィツキ指揮ボストン交響楽団の演奏で初演されました。

ロイ・ハリスはUCBで学んだ後コープランドの推薦でパリへ留学しナディア・ブーランジェに師事しました。帰国後作曲した交響曲第3番は絶賛され、最終的には番号無しのものを含めて18曲の交響曲を作曲しています。

交響曲第3番は5つの部分に分かれる単一楽章の曲です。悲劇的-叙情的-田園風と変わっていきフーガの後にドラマチックな展開という構成です。

2018年2月23日 (金)

今日の音楽 2月23日 10の前奏曲(ラフマニノフ)

ラフマニノフの10の前奏曲op.23は1903年2月23日にモスクワで初演されました。

ラフマニノフは、かつて浅田真央さんが使用した「鐘」と呼ばれる嬰ハ短調の前奏曲op.3-2の他に単独の曲が3曲と、作品番号23の10の前奏曲集、作品番号32の13の前奏曲集を作曲しています。

10の前奏曲集は有名な第5番ト短調の行進曲風(プレリュード・マーチ)を含む曲集で、嬰ハ短調の作品と13の前奏曲を合わせて全ての調による24の変奏曲を形成しています。これはショパンの24の前奏曲に倣った物です。

もっともこの10の前奏曲集を作曲する段階ではこのような構想は無かったようですが、「音の絵」と並んでピアニスト&作曲家ラフマニノフの代表作と言われています。ピアノのヴィルトーゾであるラフマニノフの作品ですから勿論演奏は非常に難しいもののようです。

2018年2月22日 (木)

今日の音楽 2月22日 サテンの夜

サテンの夜 Nights in White Satin ムーディ・ブルース 1972年Billboard年間チャート第32位(最高位2位)

ムーディー・ブルースはイングランド出身のプログレッシブ・ロックの草分け的な存在として知られています。いち早くメロトロンを取り入れてシンフォニックなサウンドを作り上げています。コーラスも非常に美しいバンドです。

サテンの夜は、2枚目のアルバム「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」からのシングルカット曲です。

2018年2月21日 (水)

今日の音楽 2月21日 弦楽四重奏曲第3番(シューベルト)

シューベルトの弦楽四重奏曲第3番変ロ長調D36は1813年2月21日に完成しています。

1812年11月19日から作曲が開始された曲で特にハイドンの弦楽四重奏曲第76番「5度」を手本にしたものと思われます。4つの楽章のうちメヌエット楽章以外は変ロ長調に統一されていて、ニ長調のメヌエットも中間部は変ロ長調になっています。

まだシューベルトらしい歌の世界が繰り広げられる曲ではありませんが、シューベルトの進化を感じさせる曲になっています。

2018年2月20日 (火)

今日の音楽 2月20日 ポップコーン

ポップコーン Popcorn ホット・バター 1972年Billboard年間第28位(最高位第9位)

ガーション・キングスレイがムーグ・シンセサイザーの音を中心に録音した曲で、シンセサイザー演奏のみでなく様々なカバーが存在しています。

ホット・バターは作曲者のキングスレイを中心としたメンバーによるもので、オリジナル盤と言われています。私もこのポップコーンがはぜる音を模した軽快な音楽にはまってしまい、3つのレコードを買ってしまいました。このホット・バターのものと、ポップコーン・メーカーズ盤とフレッシュ・クリーム盤です。どれも雰囲気は似ていますが、フレッシュ・クリーム盤は少し音が柔らかいものでした。

2018年2月19日 (月)

今日の音楽 2月19日 名前のない馬

名前のない馬 A Horse with No Name  アメリカ 1972年Billboard年間チャート第27位(最高位1位)

アメリカは、3人のバンドですが、イギリス出身です。といっても、父親がロンドンに駐留していたアメリカ軍の軍人なので実際はアメリカ人。1971年のデビュー・アルバム「アメリカ」は大して売れませんでしたが、翌年に「名前のない馬」が全米1位になったため、この曲を追加して再発売したところミリオン・セラーになりました。

「名前のない馬」はEmとD6の2つのコードで弾く事ができる(実際にはEm7やDmaj9を使うとより効果的)なので、高校時代によく弾いてました。上記4つのコードすべて2本の指で押さえることができるので簡単です。アメリカはメンバーチェンジはありましたが未だに活動しています。

アメリカの個人的な推薦曲
①名前のない馬 A Horse with No Name 1972年 Billboard最高位1位
②ヴェンチュラ・ハイウェイ Ventura Highway 1972年 Billboard最高位8位・・3枚目のシングルで初めの軽快な曲でした
③金色の髪の少女 Sister Golden Hair 1975年 Billboard最高位1位・・・名前のない馬以来の全米1位曲
④アイ・ニード・ユー I Need You 1972年 Billboard最高位9位 ハーモニーが素敵で素朴な曲です
⑤ティン・マン Tin Man 1974年 Billboard最高位4位・・・ティン・マンは勿論オズの魔法使いに登場する ぶりきのきこり から着想を得たものです

2018年2月18日 (日)

今日の音楽 2月18日 ソング・サング・ブルー

ソング・サング・ブルー Song Sung Blue ニール・ダイアモンド  1972年Billboard年間チャート第26位(最高位1位)

最も成功したアダルト・コンテンポラリーのアーティストとしてエルトン・ジョンとバーブラ・ストレイザンドに次ぐ3位にランクされています。日本では残念ながらそれ程評価が高い歌手ではないこともあって来日公演は行っていません。ソング・サング・ブルーは、2曲のみの全米1位シングルのひとつ。実は私はシングル・レコードを買いました。

ニール・ダイアモンドの個人的な推薦曲
①ソング・サング・ブルー Song Sung Blue 1972年Billboard最高位1位
②スウィート・キャロライン Sweet Caroline 1969年Billbloard最高位4位・・・ニール・ダイアモンドの代表曲
③ビー Be 1973年Billboard最高位34位・・・映画「かもめのジョナサン」の主題歌。
④ロングフェロー・セレナード Longfellow Serenade 1974年Billboard最高位5位
⑤ディア・ファザー Dear Father 1973年に発売された「かもめのジョナサン」の挿入歌。
⑥アイム・ア・ビリーヴァー I'm a Believer 1971年Billboard最高位51位
⑦スカイバード Skybird  1974年Billboard最高位75位 「かもめのジョナサン」挿入歌
⑧クランチ・グラノーラ組曲 1971年 第14位になったストーンズのB面
⑨ロンリー・ルッキング・スカイ Lonely Looking Sky 「かもめのジョナサン」挿入歌
⑩ギッチー・グーミー Gitchy Goomy 「ソング・サング・ブルー」のB面 軽快な曲です

2018年2月17日 (土)

今日の音楽 2月17日 恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ

ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ How Do You Do マウス&マクニール  1972年Billboard年間チャート第25位(最高位8位)

マウス&マクニールはオランダ出身の男女デュオ。ほぼ一発屋でしたが、野生的でダミ声のマウスと可憐なマクニールの対比がとっても面白い歌でした。

より以前の記事一覧