ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

2024年2月24日 (土)

2月24日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・25 Shall We ダンス?

「Shall we ダンス?」は1996年に公開されたロマンティック・コメディドラマ映画です。
監督・脚本 周防正行、主演 役所広司、その他草刈民代、原日出子、竹中直人、田口浩正などが出演しています。
社交ダンス教室を舞台にしたドラマで日本アカデミー賞独占をはじめ数々の映画賞を受賞、海外でも高い評価を受け、特にアメリカでは200万人の動員で当時のアニメ映画を除くアメリカでの日本映画の興行収入記録を作りました。また、2004年にはリチャード・ギア、ジェニファー・ロペスらが出演した「Shall We Dance?」がリメイクされました。
音楽は周防監督の従兄周防義和が担当。主題歌は、ミュージカル「王様と私」の「Shall we dance?」を大貫妙子がカバーしたものでした。
日本アカデミー賞では当時の外国作品映画賞以外13部門すべてを受賞しており、これは今でも破られていない記録です。
最優秀作品賞他、主な受賞者は監督賞、脚本賞 周防正行、主演男優賞 役所広司、主演女優賞 草刈民代、助演男優賞 竹中直人、助演女優賞 渡辺えり子となっています。

2024年2月17日 (土)

2月17日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・24 RAILWAYS

「Railways 49歳で電車の運転士になった男の物語」は2010年公開の映画です。
大手家電メーカーの経営企画室長筒井は取締役の昇進が内定するなど東京で妻子とともに暮らす成功者。ある日故郷の島根に住む母親が倒れ、親しかった会社の同期が自動車事故で亡くなりました。
久々に帰郷した筒井は、家庭を顧みてこなかった人生を振り返り今後の人生について考え、子供の頃の夢だった「一畑電車の運転士になる」ために会社を退職し一畑電車に中途入社し、夢を叶えたというオリジナル脚本のドラマです。
主演は中井貴一、妻を高島礼子、娘を本仮屋ユイカが演じていました。
主題歌は松任谷由実の「ダンスのように抱き寄せたい」。オリコンでは最高位15位となった松任谷由実の40枚目のシングルです。

この映画の成功を受けて、2011年には富山地方鉄道を舞台にした「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たち」、2018年に「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」が製作されました。

2024年2月10日 (土)

2月10日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・23 蘇る金狼のテーマ 

映画「蘇る金狼」は1979年に公開された、村川透監督の作品。くそ真面目で実直なサラリーマン朝倉哲也は、実は裏の顔を持つ野心家で、銃の扱いに長け、ボクシングジムで鍛錬を重ね、密かに会社の乗っ取りを企てていました。経理部長の愛人永井京子に近づき麻薬とセックスで彼女を篭絡して様々な情報を得ますが、政財界のフィクサー鈴本に知られると事となり、乗っ取りを断念し、強奪した株券を売り渡しその資金で京子と共に海外逃亡を図ります。朝倉に利用されただけで捨てられると勘違いした京子は、朝倉の腹を刺し、朝倉は咄嗟に京子を絞殺。致命傷によろめきながら国際便に搭乗した朝倉は静かに力尽きます。
原作は日本のハードボイルド小説の先駆者大藪春彦。大藪春彦には「野獣死すべし」などに登場する伊達邦彦というシリーズキャラがありますが、この作品の朝倉は単体のキャラになっています。
主題歌は「蘇る金狼のテーマ」で作詞浅野裕子、作曲ケーシー・ランキンで、歌は前野曜子が歌っていました。

2024年1月27日 (土)

1月27日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・21 八月の濡れた砂

「八月の濡れた砂」は1971年に公開された藤田敏八監督の映画です。
湘南を舞台にした学園紛争敗退後のしらけ世代の若者たちの無軌道で退廃的な姿を描いた作品。
広瀬昌助、村野武範、テレサ野田、藤田みどりなどが出演しています。
エンディング・テーマ曲は、石川セリ(井上陽水の奥様)の歌う「八月の濡れた砂」です。

2024年1月20日 (土)

1月20日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・20 八甲田山

「天は我々を見放した」のキャッチコピーが有名な、映画「八甲田山」は1977年に公開された作品です。
原作は新田次郎の「八甲田山市の彷徨」。明治35年に青森に駐屯していた歩兵第5連隊が雪中行軍の演習中に遭難し210名中199名が死亡した八甲田雪中行軍遭難事件を題材に、組織と人間を描いた作品。雪中行軍が成功した弘前歩兵第31連隊の高倉健、丹波哲郎など、遭難した青森歩兵第5連隊の北大路欣也、三國連太郎などが出演しています。
ほぼ全滅となった第5連隊が、多くの判断ミスが重なって全滅していく様子が細かく描かれています。
音楽は芥川也寸志。

2024年1月13日 (土)

1月13日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・19 探偵物語 

「探偵物語」は1983年公開、薬師丸ひろ子主演の作品です。
原作は赤川次郎ですが、元々薬師丸主演の映画化前提に書かれたものです。大学受験のために休業していた薬師丸ひろ子の復帰作品として話題となりました。ロードショー時は「時をかける少女」との同時上映となり、「探偵物語」をメインにPRなどが展開されましたが、映画としては「時をかける少女」に人気が長く続く事になりました。
薬師丸扮する主人公の新井直美は、母親がなく、父親は単身でアメリカで暮らす一人暮らしの裕福な女子大生。直美の尾行とボディガードを引き受けた探偵を松田優作が演じています。
ストーリーは探偵の元妻が殺人容疑で指名手配され、彼女の無実を信じて直美と探偵が真犯人を探すという話。
音楽は加藤和彦が担当しましたが、主題歌は松本隆作詞、大瀧詠一作曲で、オリコンでは7週連続1位、年間4位の大ヒットとなりました。(ちなみに1位は大川英策の「さざんかの宿」、2位は細川たかし「矢切の渡し」、3位はわらべ「めだかの兄妹」、「時をかける少女」も11位でした)

2024年1月 6日 (土)

1月6日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・18 あの夏へ

「あの夏へ」はジブリアニメ「千と千尋の神隠し」のオープニングテーマです。
「千と千尋の神隠し」は、人間が足を踏み入れてはいけない八百万の神々が住む世界に迷い込んでしまった10歳の少女千尋が様々な経験を通じて成長していく物語。ジブリ作品では興行的に最も成功した作品です。
音楽は主題歌の「いつも何度でも」以外は久石譲の作曲。その映画でも多くの素晴らしい曲に彩られていますが、「あの夏へ」は神秘的なサウンドのオープニングから始まり、最後は主題が軽快な行進曲風にアレンジされて行きます。

2023年12月30日 (土)

12月30日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・17 HANABI

HANABIはフジテレビ系テレビドラマ「コード・ブルー」シリーズとその劇場版の主題歌で、Mr. Childrenが歌った曲です。作詞作曲は勿論桜井和寿。
初代の「コード・ブルー」から2018年の劇場版まで10年以上の時を経て使われた曲で、問題を抱えていない人はいないけれど、それぞれ素敵な明日を願って暮らしている、そんな当たり前の事の中にある儚さとか美しさを描いた曲です。
オリコン最高位は1位、2008年度年間チャート6位ですが、「コード・ブルー」の3rdシリーズが放送された2017年にレコチョクの年間ランキング2位になっています。

2023年12月23日 (土)

12月23日 名曲100選 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・16 さくらんぼの実る頃

ジブリ映画「紅の豚」は、軍に戻ることを拒否して豚になって空を飛びまわるボルコ・ロッソを主人公にした1992年公開のアニメ映画です。
ボルコを密かに愛し続けるホテル経営の未亡人マダム・ジーナの声を担当した加藤登紀子が、主題歌の「さくらんぼの実る頃」とエンディング・テーマ「時には昔の話を」を歌っています。
「時には昔の話を」は加藤登紀子作詞作曲のオリジナルですが、「さくらんぼの実る頃」は元々はシャンソンの名曲です。さくらんぼの実る頃の儚い恋と失恋の悲しみを歌った曲です。19世紀後半パリ・コミューンが崩壊後第三共和政に批判的なパリ市民が歌って有名になりました。その後パリ・コミューンで犠牲となった看護師ルイーズに捧げる歌として作られた新しい詞によって、コミューン参加者への追悼の歌へと意味合いが変わっていきました。イヴ・モンタン、ジュリエット・グレコなどに歌い継がれています。
映画では原語で歌われますが、加藤登紀子が発売したシングルではフランス語版と日本語版が収録されています。

 

2023年12月16日 (土)

12月16日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・15 哀 戦士

「哀 戦士」は劇場版機動戦士ガンダムの第2作の主題歌。作詞井荻麟、作曲井上大輔で、井上大輔自身が歌って、オリコン9位のヒットとなった曲です。
「哀・戦士」(映画のタイトルでは『・』が入ります)は、1981年7月公開。ガルマ・ザビの戦死による国葬演説で終わった第1作を受けて、ランバ・ラルとの死闘、リュウ、マチルダの死、オデッサ作戦、カイとミハルの恋などのエピソードを経て、南米ジャブローから宇宙に向けてホワイトベースが旅立つところまでを描いた作品です。

 

より以前の記事一覧