ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 6月1日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・39 世界の約束(ハウルの動く城) | トップページ | 6月3日 名曲100選 協奏曲篇・40 オーボエ協奏曲(R.シュトラウス) »

2024年6月 2日 (日)

6月2日 名曲100選 舞台芸術のための管弦楽曲篇・39 仮面舞踏会

「仮面舞踏会」は、ハチャトゥリアンがレールモントラの戯曲「仮面舞踏会」のために作曲した劇付随音楽です。
ストーリーは、帝政ロシア末期の貴族社会を舞台に、ロシアの貴族社会の特殊性を描くことで批判したものです。
劇音楽が作曲されたのは1941年ですが、1944年にハチャトゥリアン自身が5曲を選んで組曲に再編成しています。
組曲は、ワルツ、ノクターン、マズルカ、ロマンス、ギャロップの5曲で、この中でも1曲目のワルツはCMに使われるなど時々耳にする曲ですが、何といってもフィギュアスケートの浅田真央が2008年から2010年のシーズンにかけて使用して有名になりました。
フィギュアスケートの世界では、この「ワルツ」は結構使われていて、日本でも織田信成が、他の国でも多くのスケーターが使っています。滑りやすいんですかね。
ウィンナワルツとは異なり、リズミカルで哀愁を帯びた音楽が合っているのでしょうか。

« 6月1日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・39 世界の約束(ハウルの動く城) | トップページ | 6月3日 名曲100選 協奏曲篇・40 オーボエ協奏曲(R.シュトラウス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月1日 名曲100選 映画音楽(邦画)篇・39 世界の約束(ハウルの動く城) | トップページ | 6月3日 名曲100選 協奏曲篇・40 オーボエ協奏曲(R.シュトラウス) »