ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2月20日 名曲100選 J-pop、歌謡曲篇・25  別れの朝 | トップページ | 2月22日 名曲100選 海外のポップス篇・25 恋にノータッチ »

2024年2月21日 (水)

2月21日 名曲100選 声楽曲篇・25 マタイ受難曲

宗教曲の最高傑作のひとつと言われるJ.S.バッハの「マタイ受難曲」BWV244は1727年4月にライプツィヒの聖トーマス教会で初演されました。
新約聖書の「マタイによる福音書」26,27章のキリストの受難を出し材にした、聖句、伴奏つきのレチタティーヴォ、アリアとコラールによって構成された作品です。
バッハの死後、長らく忘れられていましたが、1829年にメンデルスゾーンが復活上演を行い、この曲の再評価と同時にバッハの再評価につながりました。
原譜の楽器編成は、フラウト・トラヴェルソ2本、オーボエ2本(1本はオーボエ・ダモーレ持ち替え)、ヴァイオリン2部、ヴィオラ、独奏ヴィオラ・ダ・ガンバ、オルガンと通奏低音、以上の編成を2組というもの。第1オーケストラは更にフルートがブロックフレーテ2本、オーボエがオーボエ・ダ・カッチャにも持ち替えます。通奏低音はチェロ、ヴィオローネ(またはコントラバス)、ファゴットが適宜用いられるというもの。
四声部の合唱と独唱です。
曲は大きく二部に別れ第1部29曲はイエスの捕縛まで、第2部39曲は裁判、十字架への磔刑、イエスの死と墓の封印までを扱っています。3時間弱に及ぶ長大な曲です。

« 2月20日 名曲100選 J-pop、歌謡曲篇・25  別れの朝 | トップページ | 2月22日 名曲100選 海外のポップス篇・25 恋にノータッチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月20日 名曲100選 J-pop、歌謡曲篇・25  別れの朝 | トップページ | 2月22日 名曲100選 海外のポップス篇・25 恋にノータッチ »