ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 7月8日 名曲100選 映画音楽(洋画) 篇・93 運が良けりゃ、踊り明かそう、時間通りに教会で、など | トップページ | 7月10日 名曲100選 交響曲篇・94 交響曲第9番(ベートーヴェン) »

2023年7月 9日 (日)

7月9日 名曲100選 管弦楽曲篇・93 ロメオとジュリエット(プロコフィエフ)

シェークスピアの「ロメオとジュリエット」は、シェークスピア作品の中でも最も強く作曲家にインスピレーションを与えた作品のひとつでしょう。
オペラ作品ではベッリーニの「カプレーティとモンテッキ」、グノーの「ロメオとジュリエット」、管弦楽曲ではベルリオーズの劇的交響曲、チャイコフスキーの幻想序曲、ミュージカル「ウェストサイド物語」はこの題材を近代アメリカに移したものとして知られています。
プロコフィエフは、これをバレエ音楽にしました。但し、バレエ化するに当たって悲劇的な結末をハッピーエンドに変えた筋立てにしました。これはジュリエットが死んでしまうと最後踊ることが出来ないと考えたからだそうです。その後振付家たちと相談し悲劇的な結末を踊りで表現できる事がわかり、結末を原作通りにしたようです。
バレエは4幕で2時間半を要するものでしたが、その後プロコフィエフは4つの演奏会用組曲にまとめました。
現在演奏会で演奏されるのは、組曲そのものを演奏する事は多くなく、それぞれから抜粋して(特に第1第2から) 演奏する事が多いようです。
私は1度だけ演奏したことがありますが、ストーリーに準拠する形で組曲や全曲版から抜粋したものでした。
全部で51曲ある曲の中からお勧めは以下の通りです。
第10曲 少女ジュリエット(無邪気な女の子ですが時々大人の部分が顔を出します)、第13曲 騎士たちの踊り( 一番有名な曲です) 、第39曲 ロメオとジュリエットの別れ(とっても壮大な曲です) 第51曲 ジュリエットの墓の前のロメオ。
時間があれば他にも良い曲がありますし、それぞれのキャラクターの動機が使われていますので通して聴くと音楽がより一層分かり易いでしょう。

« 7月8日 名曲100選 映画音楽(洋画) 篇・93 運が良けりゃ、踊り明かそう、時間通りに教会で、など | トップページ | 7月10日 名曲100選 交響曲篇・94 交響曲第9番(ベートーヴェン) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月8日 名曲100選 映画音楽(洋画) 篇・93 運が良けりゃ、踊り明かそう、時間通りに教会で、など | トップページ | 7月10日 名曲100選 交響曲篇・94 交響曲第9番(ベートーヴェン) »