ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 5月7日 管弦楽曲篇・84 アンダンテ・フェスティーヴォ | トップページ | 5月9日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・85 まぼろしの人 »

2023年5月 8日 (月)

5月8日 名曲100選 交響曲篇・85 幻想交響曲

幻想交響曲op.14は、ベルリオーズが1830年に作曲した交響曲です。原題は「ある芸術家の生涯の出来事、5部の幻想的交響曲」です。
自らのアイルランドの女優ハリエット・スミスソンへの一方的な恋をモチーフに、ある芸術家が深く恋した女性への恋が実らず、絶望からアヘンを吸って妄想の末殺してしまい、断頭台へ送られ、魔女の饗宴の夢を見るというのが全曲のストーリーです。
5つの楽章には、それぞれ題名が付けられている明らかな標題音楽になっています。
驚く事には、この進歩的な交響曲が、ベートーヴェンが第九を作曲した年からわずか6年後に作曲された事でしょう。
第1楽章「夢・情熱」 女性への狂おしいほどの愛を表現した楽章。序奏の後恋する女性を表す旋律(固定観念)がヴァイオリンによって提示されます。固定観念はすべての楽章で登場してきます。
第2楽章「舞踏会」 舞踏会のざわめきから始まり、華麗なワルツが演奏されます。時折固定観念が顔を覗かせます。
第3楽章「野の風景」 アヘンによって狂った男の妄想の世界が表現されます。2人で演奏される4台のティンパニが雷を表現し、コールアングレとオーボエが牧歌を演奏します。
第4楽章「断頭台の行進」夢の中で愛していた女性を殺し死刑となります。断頭台へひかれていく行進曲です。最後に固定観念が現れますが、すぐに首を切られ、弦のピツィカートで首が落ちる様子を表現。そしてファンファーレが鳴り響きます。
第5楽章「魔女の夜宴の夢」 ワルプルギスの夜の魔女たちの饗宴です。グロテスクな骸骨の踊りなどの後、「怒りの日」が演奏され力強く曲を閉じます。

« 5月7日 管弦楽曲篇・84 アンダンテ・フェスティーヴォ | トップページ | 5月9日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・85 まぼろしの人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月7日 管弦楽曲篇・84 アンダンテ・フェスティーヴォ | トップページ | 5月9日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・85 まぼろしの人 »