ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 11月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・59 ジ・エンターティナー | トップページ | 11月7日 名曲100選 交響曲篇・60 交響曲第39番(モーツァルト) »

2022年11月 6日 (日)

11月6日 名曲100選 管弦楽曲篇・59 SF交響ファンタジー第1番

ここではSF交響ファンタジーを紹介しますが、この曲決して伊福部昭の代表作ではありませんので、誤解無きよう。
伊福部昭はゴジラシリーズなど東宝特撮映画の音楽を担当して知られていますが、日本のクラシック音楽を代表する作曲家のひとりです。
伊福部は北海道で生まれ独学でヴァイオリンや作曲を学びました。大学も農学部ですし大学のオーケストラでコンサートマスターを務めましたが正式な音楽教育は受けていません。大学卒業後も公務員として働きながら作曲をしてアメリカの指揮者セヴィツキーの依頼により作曲した「日本狂詩曲」がフランスのコンクールで第1位に入賞し、その後も日本やアイヌの音楽に根ざした音楽を書き続け2006年に91歳で亡くなっています。
SF交響ファンタジーは第1番から第3番まで3曲作られました。
その中でもゴジラを中心として構成された第1番が最も人気の高い作品になっています。
第1番は「ゴジラの動機」から始まり、「ゴジラ」「キングコング対ゴジラ」「宇宙大戦争」「フランケンシュタイン対地底怪獣」「三大怪獣地球最大の決戦」「怪獣総進撃」の6つの映画から音楽を採用しています。
これを聞くだけでも、「ゴジラ」の音楽の質の高さが伺われます。

« 11月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・59 ジ・エンターティナー | トップページ | 11月7日 名曲100選 交響曲篇・60 交響曲第39番(モーツァルト) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・59 ジ・エンターティナー | トップページ | 11月7日 名曲100選 交響曲篇・60 交響曲第39番(モーツァルト) »