ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 4月17日 名曲100選 管弦楽曲篇・30 道化師の朝の歌 | トップページ | 4月19日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・31 さくら »

2022年4月18日 (月)

4月18日 名曲100選 交響曲篇・31 交響曲第38番「プラハ」

1986年プラハでの「フィガロの結婚」の上演が大成功を収め、モーツァルトが招待を受けて1987年にプラハを訪問した際に、「フィガロの結婚」に先立って初演されたため「プラハ」の標題で呼ばれているのが交響曲第38番ニ長調K.504です。
この交響曲はメヌエット楽章を欠く3楽章構成ですが、その理由ははっきりしていません。また、第1楽章の主題の対旋律に「フィガロの結婚」の有名なアリア「もう飛ぶまいぞこの蝶々」が引用されるなど、このオペラを意識した作品になっています。
第1楽章は、アダージョの長大な導入部(モーツァルトの交響曲では最長)から始まります。主部は1st Violinがシンコペーションでニ長調和音の根音であるレの音を弾いている上に2nd Violin、Violaとチェロ、バスが旋律を弾くという珍しいパターンからフルート、オーボエにメロディが繋がります。この対旋律でファゴットとホルンが演奏するのが「もう飛ぶまいぞこの蝶々」の伴奏のつなぎの音楽です。
Figalo11第2楽章は8分の6拍子Andanteの緩徐楽章。半音階を駆使した冒頭から全体的には憂いを含んだモーツァルトの大人の緩徐楽章です。(36番「リンツ」、35番「ハフナー」では愛らしい緩徐楽章、40番は大人の緩徐楽章と勝手に命名してます)
第3楽章の第1主題は「フィガロの結婚」のスザンナとケルビーノの二重唱「早く開けて」に似た旋律で、シンコペーションを含んだ動きのある旋律です。

« 4月17日 名曲100選 管弦楽曲篇・30 道化師の朝の歌 | トップページ | 4月19日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・31 さくら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月17日 名曲100選 管弦楽曲篇・30 道化師の朝の歌 | トップページ | 4月19日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・31 さくら »