ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 3月11日 名曲100選 室内楽曲篇・25 ヴァイオリン・ソナタ(ラヴェル) | トップページ | 3月13日 名曲100選 管弦楽曲篇・25 スウェーデン狂詩曲第1番 »

2022年3月12日 (土)

3月12日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・25 虹の彼方に

「虹の彼方に」は1939年公開のミュージカル映画「オズの魔法使」で、ヒロインのドロシーを演じたジュディ・ガーランドが歌いアカデミー歌曲賞を受賞した曲です。作詞はエドガー・イップ・ハーバーク、作曲はハロルド・アーレン。
「オズの魔法使」はフランク・ボームが1900年に発表した児童文学小説「オズの魔法使い」。(映画の正式邦題では、送り仮名の「い」は無いそうです)
カンザスの農場に住む少女ドロシーは「虹の彼方のどこかに、もっと良い場所がある」と夢見る少女。ある日愛犬のトトと共に竜巻に襲われて運ばれていったところが魔法の国オズでした。そこで出会った北の良い魔女は「黄色いレンガ道をたどってエメラルド・シティに行って、オズの魔法使いに会えばカンザスに戻してくれる」と助言し、ドロシーはエメラルド・シティを目指します。
西の悪い魔女の妨害を、途中で出会う仲間・・・知恵が無くて知恵が欲しい案山子、心を持たないので心が欲しいブリキの木こり、臆病なので勇気が欲しいライオン・・・と力を合わせて排除しエメラルド・シティにたどり着きます。そこで教えられた家へ帰る方法は「家が一番いい」と願うことで、ドロシーは無事カンザスに戻ることができました。案山子と木こりとライオンはそれぞれがドロシーとの旅の途中で欲しいものを手に入れていた、というストーリーです。
カンザスの場面はモノクロで、オズの場面はカラーという当時では珍しい作品でした。
このミュージカルの最初にカンザスの場面で歌われる曲が「虹の彼方に」(Over the Rainbow)です。スタンダードナンバーとして親しまれ多くのカバーが存在している曲で、2001年に全米レコード協会主催の20世紀の名曲で第1位に選ばれるなど今尚絶大な人気を誇っている曲です。

« 3月11日 名曲100選 室内楽曲篇・25 ヴァイオリン・ソナタ(ラヴェル) | トップページ | 3月13日 名曲100選 管弦楽曲篇・25 スウェーデン狂詩曲第1番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月11日 名曲100選 室内楽曲篇・25 ヴァイオリン・ソナタ(ラヴェル) | トップページ | 3月13日 名曲100選 管弦楽曲篇・25 スウェーデン狂詩曲第1番 »