ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 3月29日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・28 雨が空から降れば | トップページ | 3月31日 名曲100選 海外のロック篇・28 ピース・オブ・エイプリル »

2022年3月30日 (水)

3月30日 名曲100選 歌劇のアリア篇・28 オンブラ・マイ・フ

音楽の速度記号は主なものでは遅いLargoから速いPrestissimoまでありますが、いくつかの速度記号は特定の曲をあらわす場合もあります。
Adagio(アダージョ)は、アルビノーニのアダージョという弦楽とオルガンのための曲、Andante cantabile(アンダンテ カンタービレ)はチャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番の第2楽章、Adagietto(アダージェット)はマーラーの交響曲第5番の第4楽章、そしてLargoはヘンデルの歌劇「セルセ」の中のアリアです。
「セルセ」の第1幕冒頭のアリアで、ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる「懐かしい木陰」というカストラートのための曲です。現在では女声のソプラノで歌われます。
日本では1986年にキャスリーン・バトルの録音がニッカウヰスキーのCMに使用され大きな反響を巻き起こしました。翌年発売したキャスリーン・バトルの9曲入りのアルバムは25万枚の売上を記録したクラシック音楽では異例の大ヒットになりました。

« 3月29日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・28 雨が空から降れば | トップページ | 3月31日 名曲100選 海外のロック篇・28 ピース・オブ・エイプリル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月29日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・28 雨が空から降れば | トップページ | 3月31日 名曲100選 海外のロック篇・28 ピース・オブ・エイプリル »