ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 3月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・24 ひまわり | トップページ | 3月7日 名曲100選 交響曲篇・25 フィラデルフィア交響曲 »

2022年3月 6日 (日)

3月6日 名曲100選 管弦楽曲篇・24 ウィーンの市民

ツィーラーは、ヨハン・シュトラウス、ヨーゼフ・シュトラウスの次の世代を代表するウィンナ・ワルツの作曲家のひとりです。
多作家のツィーラーは560を超える作品を遺していますが、今日取り上げる「ウィーンの市民」op.419は1890年の作曲です。
この曲は1890年2月12日にウィーン市庁舎で初めて催される舞踏会に際しヨハン・シュトラウス2世と共に用意した新作でした。シュトラウスは「市庁舎舞踏会」op.438というワルツを披露し、ツィーラーが用意したのが「ウィーンの市民」でした。この舞踏会では、エドゥアルト・シュトラウス指揮のシュトラウス管弦楽団とツィーラー指揮のウィーン第4連隊という2つの楽団が出演し、それぞれの曲を演奏したそうです。
人々が軍配を挙げたのは「ウィーンの市民」だったそうです。
「ウィーンの市民」は前奏の後透明度の高い美しい第1ワルツから始まります。"ザッツ・ウィンナ・ワルツ"というようなサウンドの曲で、これが舞踏会で受けた原因であったのかもしれません。

« 3月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・24 ひまわり | トップページ | 3月7日 名曲100選 交響曲篇・25 フィラデルフィア交響曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月5日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・24 ひまわり | トップページ | 3月7日 名曲100選 交響曲篇・25 フィラデルフィア交響曲 »