ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 1月24日 名曲100選 交響曲篇・19 交響曲第1番「春」 | トップページ | 1月26日 名曲100選 歌劇のアリア篇・19 さようなら、故郷の家よ »

2022年1月25日 (火)

1月25日 名曲100選 日本のフォーク・ニューミュージック篇・19 風

1968年のフォーク・グループのザ・フォーク・クルセダーズ解散後、加藤和彦はソロ活動を経て、妻の福井ミカらと「サディスティック・ミカ・バンド」をロックバンドを結成して活動、北山修は休学していた京都府立医科大学へ復帰、端田宣彦はフォーク・グループ「はしだのりひことシューベルツ」を結成し、1969年に発売したファースト・シングル「風」が大ヒットしレコード大賞新人賞を受賞しました。(最優秀新人賞はピーターの「夜と朝のあいだに」)
「風」は作詞が北山修、作曲が端田宣彦。「シューベルツ」のグループ名はシューベルトとシュー・べルツ(靴紐)をかけた名前だそうです。
はしだのりひことシューベルツは1970年にベースの井上博が急逝したことによって短い活動で解散しました。

歌詞は、後ろを振り返っても風が吹いているだけ。振り返らず前を向いて一歩ずつ進もうという内容です。

« 1月24日 名曲100選 交響曲篇・19 交響曲第1番「春」 | トップページ | 1月26日 名曲100選 歌劇のアリア篇・19 さようなら、故郷の家よ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月24日 名曲100選 交響曲篇・19 交響曲第1番「春」 | トップページ | 1月26日 名曲100選 歌劇のアリア篇・19 さようなら、故郷の家よ »