ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 12月8日 名曲100選 歌劇のアリア篇・14 夏の名残のバラ | トップページ | 12月10日 名曲100選 室内楽篇・14 弦楽四重奏曲第1番 アイヴズ »

2021年12月 9日 (木)

12月9日 名曲100選 海外のロック篇・14 ナット・ロッカー

「ナット・ロッカー」はイギリスのプログレッシブ・ロック・バンド エマーソン・レイク&パーマー(以下ELP)が1971年に発売したライブ・アルバム「展覧会の絵」に収録されていたインスト曲です。
ELPはキーボードのキース・エマーソンを中心に、ギターの元キング・クリムゾンのグレッグ・レイク、ドラムスの元アトミック・ルースターのカール・パーマーの3人が1970年に結成したバンドです。
クラシック音楽のロックアレンジを得意の分野のひとつとして。バルトークの「アレグロ・バルバロ」や代表作の「展覧会の絵」などを発表しています。
エマーソンはオーケストラの導入を考えていましたが、レイクがモーグ・シンセサイザーの導入を提案しイベントで開発者のロバート・モーグにエマーソンを会わせて、そのサウンドの魅力に魅せられたエマーソンが導入に同意し、ELPの目玉となりました。
「ナット・ロッカー」はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」の行進曲をアレンジしたもの。
中学時代の同級生が下校の道すがら、このアルバムについて熱く語った影響で私もELPに興味を持つようになったのですが、彼はギターとドラムが出来る仲間を誘って、文化祭で、この演奏をコピーして(キーボードのミスタッチまでコピーしてた。但し高価なシンセは使えなかったのでオルガンを使用)演奏して大喝采を浴びてました。

« 12月8日 名曲100選 歌劇のアリア篇・14 夏の名残のバラ | トップページ | 12月10日 名曲100選 室内楽篇・14 弦楽四重奏曲第1番 アイヴズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月8日 名曲100選 歌劇のアリア篇・14 夏の名残のバラ | トップページ | 12月10日 名曲100選 室内楽篇・14 弦楽四重奏曲第1番 アイヴズ »