ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 11月4日 名曲100選 海外のロック篇・9 はるかなる想い | トップページ | 11月6日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・9 勝利への讃歌(死刑台のメロディ) »

2021年11月 5日 (金)

11月5日 名曲100選 室内楽曲篇・9 弦楽四重奏曲第2番(ボロディン)

ボロディンはロシア五人組の作曲家のひとりとして19世紀半ばに活躍した作曲家でした。
化学者や医師としても活躍し、ボロディン反応に名を残すなど有機化学の分野でも校正に名を残しています。

そういう事で、非常に多忙だったボロディンは完成した作品は決して多くありません。
そんな中で、完成させることができた数少ない作品のひとつに弦楽四重奏曲第2番ニ長調があります。

4つの楽章からなる、ごく普通の構成による作品ですが、19世紀のロシアにおける室内楽の中では代表的なものです。
第1楽章は、チェロから1stヴァイオリンへ受け渡される魅力的なメロディの第1楽章から始まります。
第2楽章のスケルツォは下降音階を主としたメロディになっています。
第3楽章はノットゥルノ(夜想曲)で、この楽章だけ様々な編曲で演奏されるほど有名な曲です。

1_202110282156012_20211028215601
3_20211028215601
4




第4楽章はヴァイオリンとヴィオラ・チェロの掛け合いの序奏から始まる曲になっています。

« 11月4日 名曲100選 海外のロック篇・9 はるかなる想い | トップページ | 11月6日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・9 勝利への讃歌(死刑台のメロディ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月4日 名曲100選 海外のロック篇・9 はるかなる想い | トップページ | 11月6日 名曲100選 映画音楽(洋画)篇・9 勝利への讃歌(死刑台のメロディ) »