ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 10月20日 名曲100選 歌劇のアリア篇・7 イゾルデの愛の死 | トップページ | 10月22日 名曲100選 室内楽曲篇・7 夢のあとに »

2021年10月21日 (木)

10月21日 名曲100選 海外のロック篇・7 サタディ・イン・ザ・パーク

1960年代末から70年代にかけて、ロックミュージックは様々な変化をしてきました。
その中でユニークな存在として人気があったのがシカゴです。ブラスロックというジャンル分けをされている、トランペットやトロンボーンといった金管楽器をフィーチャーしたロックサウンドが独特のサウンドを産み出していました。

オリジナルメンバーはロバート・ラム(vo,key)、テリー・キャス(vo,G)、ジェイムズ・パンコウ(Tb)、ウォルター・パラゼイダー(木管)、リー・ロックネイン(tp)、ダニー・セラフィン(Drums)の6人で、さらにピーター・セテラ(Vo,Bs)が加わっています。

私が最初に聞いたシカゴの曲は、クエスチョンズ67/68ですが、初めて全米トップ3にランクインしたのが、1972年の「サタディ・イン・ザ・パーク」でした。アルバム「シカゴⅤ」に収録されていた曲で、ロバート・ラムがピアノとメイン・ボーカル、ピーター・セテラがベースとバック・コーラスを担当。当時シカゴはアメリカン・リベラルのバンドのひとつで、内容は反戦的な意味合いを持ったものです。

 

« 10月20日 名曲100選 歌劇のアリア篇・7 イゾルデの愛の死 | トップページ | 10月22日 名曲100選 室内楽曲篇・7 夢のあとに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月20日 名曲100選 歌劇のアリア篇・7 イゾルデの愛の死 | トップページ | 10月22日 名曲100選 室内楽曲篇・7 夢のあとに »