ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 9月15日 名曲100選 歌劇のアリア篇・2 ミカエラのアリア「何を恐れることがありましょう」 | トップページ | 9月17日 名曲100選 室内楽曲篇・2 愛の挨拶 »

2021年9月16日 (木)

9月16日 名曲100選 海外のロック篇・2 気になる女の子

私は前回アフター・ザ・ビートルズ世代と書きましたが、本格的に洋楽を聴き始めたのが中学校の頃。日本ではあちこちで洋楽ヒットチャート番組などがラジオで放送されていて、このヒットチャートを聴き始めたのが1971年の秋頃からでした。

その聴き始めた頃にヒットチャートを賑わしていたのが、レッドツェッペリンの「ブラック・ドッグ」、グラスルーツの「恋は二人のハーモニー」と、このメッセンジャーズの「気になる女の子」などでした。

メッセンジャーズは1962年に結成され幾度かメンバー交代を経て最大のヒット「気になる女の子」を出した翌年解散しています。
この曲は、2005年大塚製薬「アミノバリュー」、2014年アサヒビール「アクアゼロ」、2021年スズキ「ハスラー」のCMにも使われています。

ロックンロールでも、この時代以降人気を博すヘヴィ・ロックでもないポップで軽快な曲。1971年ごろのロックはまだ軽快な曲が多かった記憶があります。

 

« 9月15日 名曲100選 歌劇のアリア篇・2 ミカエラのアリア「何を恐れることがありましょう」 | トップページ | 9月17日 名曲100選 室内楽曲篇・2 愛の挨拶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月15日 名曲100選 歌劇のアリア篇・2 ミカエラのアリア「何を恐れることがありましょう」 | トップページ | 9月17日 名曲100選 室内楽曲篇・2 愛の挨拶 »