ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 2月6日 バール・シェム | トップページ | 今日の音楽 2月8日 カッサツィオーネ(シベリウス) »

2021年2月 7日 (日)

今日の音楽 2月7日 ピーターと狼

2013年2月のパイオニア交響楽団第24回定期演奏会の中プロはプロコフィエフの「ピーターと狼」でした。

この曲子供のための交響的物語といわれていますが作曲の経緯ははっきりしていません。物語自体は、森の牧場に住む少年ピーターが小鳥たちの協力を得て、アヒルを飲み込んでしまった狼を捕まえるという単純な話。

この曲は小さな編成で、それぞれの楽器が配役となっています。
フルートは小鳥、オーボエはアヒル、クラリネットは猫、ファゴットはお爺さん、3本のホルンは狼、狩人はティンパニ、そしてピーターは弦楽合奏です。
台本が何種類かあるようですが、今回の演奏会では、マユミーヌさんにナレーションをやっていただきました。
ホルン以外の管楽器は全部1本ずつで個人の技量がモロに出てしまう曲。
オペラの伴奏もそうですが、こういう曲は演奏しながら楽しむことが出来るので、時々は演奏したいジャンルの曲です。

「ピーターと狼」と対になる楽器紹介・オーケストラ入門曲として知られているのがブリテンの「青少年のための管弦楽入門」別名「ヘンリー・パーセルの主題による変奏曲とフーガ」ですが、こちらの方は演奏が難しくてアマチュアではきちんと聴かせるのが難しいです。

« 今日の音楽 2月6日 バール・シェム | トップページ | 今日の音楽 2月8日 カッサツィオーネ(シベリウス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 2月6日 バール・シェム | トップページ | 今日の音楽 2月8日 カッサツィオーネ(シベリウス) »