ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月6日 交響的前奏曲「ポローニャ」 | トップページ | 今日の音楽 7月7日番外編 エンニオ・モリコーネ »

2020年7月 7日 (火)

今日の音楽 7月7日 幻想序曲「ロメオとジュリエット」

1999年のパイオニア交響楽団の第8回定期演奏会の最後のプログラムは、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」でした。

チャイコフスキーがロシア5人組の代表格のバラキレフの勧めで作曲した曲。初演の後もバラキレフの助言を得ながら第2稿と第3稿という改訂をしています。現在通常演奏されるのは第3稿になります。

ロメオとジュリエットのストーリーを象徴した内容で、修道僧ロレンスを表す荘重なコラールから始まり、モンタギュー家とキャピュレット家の抗争を表す第1主題、ロメオとジュリエットの愛を表す第2主題が主要モチーフとなっています。

最後は愛のテーマからロメオとジュリエットの死を表現して終わります。
内容が劇的なだけに、アマチュア向きの音楽で、難易度も適度だし、演奏する側もそこそこ面白い曲です。私個人の生涯演奏回数は2回です。

« 今日の音楽 7月6日 交響的前奏曲「ポローニャ」 | トップページ | 今日の音楽 7月7日番外編 エンニオ・モリコーネ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 7月6日 交響的前奏曲「ポローニャ」 | トップページ | 今日の音楽 7月7日番外編 エンニオ・モリコーネ »