ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月24日 ヴァイオリン協奏曲第3番(パガニーニ) | トップページ | 今日の音楽 7月26日 Wild Child »

2020年7月25日 (土)

今日の音楽 7月25日 カルミナ・ブラーナ

2001年のパイオニア交響楽団第10回定期演奏会のメイン曲はオルフのカンタータ「カルミナ・ブラーナ」でした。

第10回の記念演奏会という事で選ればれた大曲が、「カルミナ・ブラーナ」でした。独唱、合唱もさることながら少年合唱(FM東京少年合唱団でした)が可愛らしかった。曲自体もカンタータと言っても、破戒僧やら何やらの話で、艶っぽい話やら世俗的な内容であり、音楽もユーモアというか皮肉たっぷりの音楽で、とっても楽しかった。

元々は19世紀初頭に南ドイツの修道院で発見された詩歌集をテキストにしたもの。恋や性、酒など修道院ではタブーな内容が盛りだくさん。
冒頭と最後の曲は、やたらに映画、テレビドラマやCMなどで使われる「おお、運命の女神よ」で、これは一見まともな曲。第1部「初春に」もまだまだ、第2部「居酒屋にて」からは、もう経験のない世界でした。

 

« 今日の音楽 7月24日 ヴァイオリン協奏曲第3番(パガニーニ) | トップページ | 今日の音楽 7月26日 Wild Child »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 7月24日 ヴァイオリン協奏曲第3番(パガニーニ) | トップページ | 今日の音楽 7月26日 Wild Child »