ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ

2020年7月 9日 (木)

今日の音楽 7月9日 TSUNAMI

音楽の歴史ネタはいよいよ20世紀最後の年、2000年に入ります。
2000年の邦楽年間ヒットランキング第1位はサザン・オールスターズの「TSUNAMI」でした。

サザン・オールスターズ最大のヒット曲で300万枚を超えるセールスとなり、本来であればサザンを代表する曲のひとつとして歌われる曲なのですが、現在はライブでは演奏されない曲となっています。原因は東日本大震災。津波で大きな被害を受けた事から日本人得意の忖度もあって封印され、現在は放送などでかけられる事はありますが、桑田本人は歌うモチベーションにならないという事で今でもライブで演奏されることはありません。TSUNAMIは喩えとして使われているだけなので内容は問題ないのですが、やはり被害を受けた方、記憶に残っている方々にとっては辛い曲なのでしょうか。

動画はありません。

 

2020年7月 8日 (水)

今日の音楽 7月8日 弦楽五重奏曲第2番(メンデルスゾーン)

メンデルスゾーンの弦楽五重奏曲第2番変ロ長調op.87は1845年7月8日にフランクフルトで作曲されました。

1843年のライプツィヒ音楽院の創立、翌年のイギリス訪問などで多忙を極め、疲労困憊したメンデルスゾーンがフランクフルトで静養している間に作曲されたのが弦楽五重奏曲第2番です。

比較的若いときの作品が多く評価の低いメンデルスゾーンの室内楽曲の中では円熟期(と言ってもまだ30歳代でした)に作曲されたもので非常に充実した内容になっています。

2020年7月 7日 (火)

今日の音楽 7月7日番外編 エンニオ・モリコーネ

昨日、2020年7月6日、映画音楽の作曲家として知られるエンニオ・モリコーネさんが91歳で亡くなりました。

番外編として取り上げたのは、私自身の最も好きな映画音楽の作曲家だったからです。
そして、私が映画の主題歌ではなくて、映画の音楽としても最も好きなのが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」なのです。

ローマで生まれサンタ・チェチーリア音楽院で作曲を学び1960年代から映画音楽の作曲家として活躍。特にセルジオ・レオーネ監督とのコンビでは、「マカロニ・ウェスタン」という残虐なシーンが多く出る内容に似つかわしくないほどの叙情性豊かな音楽を提供してきました。「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・荒野の1ドル銀貨」など私も映画は全く見る気がしませんでしたが、音楽のほうは聞き込んだ覚えがあります。

「死刑台のメロディ」(1971)の「勝利への讃歌」、「ペイネ愛の世界旅行」(1974)、ニュー・シネマ・パラダイス(1988)、バグジー(1991)、海の上のピアニスト(1998)など数々の名曲を作りましたがアカデミー賞とは縁が無く、ようやく2006年に名誉賞を受賞し、2015年にヘイトフル・エイトで作曲賞を受賞しました。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は、いわゆるギャング映画ですが、大河作品とも言える作品。主題曲はチェロ・バスの低音の響きから始まり、パン・フルートを巧みに扱い、デボラのテーマは、それは美しくもはかない曲、アマポーラを巧みに使い・・・とにかく素晴らしいサウンドトラックでした。

モリコーネのコンサートのビデオです。ニュー・シネマ・パラダイス、デボラのテーマと続きます。

今日の音楽 7月7日 幻想序曲「ロメオとジュリエット」

1999年のパイオニア交響楽団の第8回定期演奏会の最後のプログラムは、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」でした。

チャイコフスキーがロシア5人組の代表格のバラキレフの勧めで作曲した曲。初演の後もバラキレフの助言を得ながら第2稿と第3稿という改訂をしています。現在通常演奏されるのは第3稿になります。

ロメオとジュリエットのストーリーを象徴した内容で、修道僧ロレンスを表す荘重なコラールから始まり、モンタギュー家とキャピュレット家の抗争を表す第1主題、ロメオとジュリエットの愛を表す第2主題が主要モチーフとなっています。

最後は愛のテーマからロメオとジュリエットの死を表現して終わります。
内容が劇的なだけに、アマチュア向きの音楽で、難易度も適度だし、演奏する側もそこそこ面白い曲です。私個人の生涯演奏回数は2回です。

2020年7月 6日 (月)

今日の音楽 7月6日 交響的前奏曲「ポローニャ」

エルガーの交響的前奏曲「ポローニャ」op.76は1915年7月6日に、ロンドンのクーンズホールで行われたポーランドの犠牲者慰安基金の演奏会でエルガー自身の指揮で初演されました。

エルガーはポーランドの指揮者ムイナルスキの依頼でポーランド音楽を用いた作品を作曲しました。「ワルシャワ労働歌」や国歌、ショパンやパデレフスキーの楽曲を引用しながら大部分をエルガーの自作で作曲されています。

ポーランドの犠牲者慰安基金は、ロシアとドイツの争いから祖国を離れて避難したポーランド人を援助する活動をする基金でパデレフスキや小説家のシェンキェヴィチなどによって組織されたもので、この曲もパデレフスキに献呈されました。

2020年7月 5日 (日)

今日の音楽 7月5日 リュートのための古代舞曲とアリア第3組曲

第8回定期演奏会の第3曲目は、レスピーギの「リュートのための古代舞曲とアリア」第3組曲でした。

レスピーギは、色彩豊かな管弦楽法でローマ三部作など数々の曲を作曲するかたわら、古典派以前の音楽の研究にも力を注ぎました。バロックやルネサンスの音楽を現代に蘇らせ自分の音楽として表現した作品の代表作が「リュートのための古代舞曲とアリア」です。

「リュートのための古代舞曲とアリア」は3つの組曲が存在しています。と言っても、リュートのための作品ではなく、古のリュートの曲を管弦楽のために構成しなおしたものです。第1組曲と第2組曲は管弦楽作品ですが、この第3組曲は弦楽合奏(または弦楽四重奏)で作られています。
第1曲イタリアーナは作者不詳の16世紀ごろの曲に基づくものでチェロのピツィカート伴奏に乗ってヴァイオリンなどによってメロディが演奏される主題から始まります。コントラバスは殆ど出番がなくて、出てくる音もファとドとミ♭だけという曲です。
第2曲は宮廷のアリアというベサールの作品によるもので、素朴な主要部と闊達な中間部によるもの。
第3曲は有名なシチリアーナ。これも作者がわかっていません。静かな曲ですが後半に和音の重奏を伴ってメロディが奏でられるクライマックスはドラマチックな展開になっていてとても素敵な曲です。
第4曲はロンカッリの曲によるパッサカリア。組曲をしめくくるのにふさわしい動きの激しい曲です。

この曲は弦楽合奏曲の中では手頃で、劇的効果も大きい大好きな曲のひとつです。

2020年7月 4日 (土)

今日の音楽 7月4日 さすらう若人の歌

パイオニア交響楽団の第8回定期演奏会の2曲目は、マーラーのさすらう若人の歌でした。
この曲は、第5回の演奏会に参加以来、最初で最後(まだ終わってないけど)の降り番の曲でした。

グランパルティータに乗るかわりに、この曲は降りた(練習時間ができるだけ重ならないように)のですが、決して嫌いな曲だったわけではなく、マーラーの交響曲を演奏したことのない自分にとっては、4曲のうち2曲が第1番の交響曲に使われているのですから本当は出たかったんですけど。

という事で、この曲現在まで演奏経験ありません。マーラーが作曲した最初の連作歌曲集で低音の(バリトン歌手が歌う事が多い)歌曲です。
第1曲「恋人の婚礼の時」、第2曲「朝の野を歩けば」、第3曲「僕の胸の中には燃える剣が」、第4曲「恋人の青い瞳」。
第1曲は恋人を失った悲しみを他人に打ち明ける曲。悲しげな曲です。
第2曲は交響曲第1番の第1楽章第1主題に使われた陽気な曲。美しい自然の中を歩く喜び。
第3曲は絶望
第4曲は交響曲第1番の第3楽章の中間部後半に出てくる切ないメロディの曲です。

2020年7月 3日 (金)

今日の音楽 7月3日 グラン・パルティータ

1999年年末に紀尾井ホールでパイオニア交響楽団の第8回定期演奏会が行われました。指揮は岩村力氏。初の試みとして管楽器中心の曲と弦楽器だけの曲をプログラムに入れてコンパクトな演奏会になっています。

1曲目は、モーツァルトのセレナード第10番変ロ長調「グラン・パルティータ」の第1楽章でした。

13管楽器のためのセレナードという別名があるように、本来はオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット各2本とバセットホルン2本に、コントラファゴットを加えた13本の管楽器のためのセレナードなのですが、実は全7楽章の中の3つの楽章にピツィカートという指示があり、本来はコントラバスで演奏するのが正式のようです。という事で、コントラバスの団員の中から1人だけ参加しなければならず、話し合いの結果、今回のプログラムの中の1曲(マーラーのさすらう若人の歌)を降り番とすることを条件に引き受けました。

そして、この「グラン・パルティータ」が自分の転機となりました。過去ソロで室内楽を演奏する時はあがってしまってボロボロになる事が多く、オーケストラの演奏会の本番も結構あがり症でした。「グラン・パルティータ」本番も結構あがっていましたが、問題なく務め上げて、それ以降、ステージ上であがる事はほぼ無くなりました。今では、全くあがらないので逆に緊張感を持たないとダラ~とした演奏になるので、緊張感だけは持つように意識しています。

もっとも、練習は結構きつく、管楽器と音が溶け合わないなどと抽象的なお叱りを受けながらもたった1つの楽章でしたが良い経験だったと思います。

2020年7月 2日 (木)

今日の音楽 7月2日 交響詩「ハムレット」

リストの交響詩「ハムレット」S.104は1876年7月2日に初演されました。

シェイクスピアの戯曲「ハムレット」を題材にしたワーマール時代最後の交響詩です。「ハムレット」の上演への序曲として計画されましたが、リスト自身も演奏に適さないと判断し、単独の交響詩として作曲から20年近く経ての初演となりました。

ハムレットの性格描写に主眼を置いた曲で、ハムレットの性格を「蒼ざめて、熱っぽく、天と地の間を漂いながら疑念と優柔不断に囚われた人物」として描いています。

2020年7月 1日 (水)

今日の音楽 7月1日 ユー・ガット・メール

映画「ユー・ガット・メール」は1999年2月に日本で公開されました。

いわゆるメル友から生まれたロマンスを描いた作品でトム・ハンクスとメグ・ライアンが出演。お互いが実生活では商売敵として顔を合わせれば喧嘩をしている2人が、メールを通じてはお互いを励ましあう間柄という微妙な関係をコメディタッチで描いたもの。

音楽は、主に1960年代~70年代の楽曲を使用しています。その中で、ハリー・ニルソンの「リメンバー」を取り上げました。「リメンバー」はウィザウト・ユーの大ヒットの翌年アルバム「シュミルソン二世」に含まれていた曲で、シングル化されましたが、当時はそれほどヒットしませんでした。クリスマスの鈴の音などをフューチャーした素敵な曲だったのですが。

« 2020年6月 | トップページ