ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月21日 ピアノ五重奏曲(エルガー) | トップページ | 今日の音楽 5月23日 トイ・ストーリー »

2020年5月22日 (金)

今日の音楽 5月22日 4つの最後の歌

リヒャルト・シュトラウスの4つの最後の歌は1950年5月22日にフラグスタートのソプラノ独唱、フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管弦楽団の伴奏でロンドンで初演されました。

4つの最後の歌は、リヒャルト・シュトラウスが亡くなる前年に作曲された管弦楽伴奏によるソプラノのための歌曲集です。歌曲集と言っても
歌曲集として構想されたという証拠もなく、また4曲で終わりという根拠もないため、最晩年に作曲された4つの歌曲をまとめたものという意味合いのようです。

最初に作曲された「夕映えの中で」の詩はアイヒェンドルフのもので、それ以降の3曲はヘッセの詩なので、この3曲は曲集として考えられたものかもしれません。最初に作曲された「夕映えの中で」(出版譜では4曲目)は最後のところで「死と変容」を引用するなど作風も異なっています。

ヘッセの詩による3曲は「春」「九月」「眠りにつくとき」の3曲。「夕映えの中で」と共に死を歌ったものでシュトラウスに迫る死を意識した作品です。

« 今日の音楽 5月21日 ピアノ五重奏曲(エルガー) | トップページ | 今日の音楽 5月23日 トイ・ストーリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 5月21日 ピアノ五重奏曲(エルガー) | トップページ | 今日の音楽 5月23日 トイ・ストーリー »