ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月31日 (火)

今日の音楽 3月31日 交響詩「呪われた狩人」

フランクの交響詩「呪われた狩人」は、1883年3月31日に国民音楽協会で初演されました。

フランクは5曲の交響詩を残していますが、その中でもフランクの管弦楽作品としてはニ短調の交響曲と並ぶ代表作となる作品です。

18世紀ドイツの詩人ビュルガーのバラードに基づくもので、教会のミサをサボって狩に出かけた伯爵が、神への冒涜として永劫の罪を受けてしまうという内容のもの。冒頭のホルンから聖歌風の音楽が流れ、やがて狩を表す音楽、呪いを受けてしまう様子がストーリーを思わせように展開していきます。フランクにしては非常に派手な演出の音楽で、個人的にはとても楽しい作品だと思います。

2020年3月30日 (月)

今日の音楽 3月30日 弦楽四重奏曲第3番(チャイコフスキー)

チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第3番変ホ長調op.30は、1876年3月30日にニコライ・ルビンシテインの私邸で初演されました。

チャイコフスキーの2曲の弦楽四重奏曲(1番と2番)の初演をしたヴァイオリニストのラウプが死去し、その哀悼を込めて作曲した曲です。
チャイコフスキーの悲痛な思いの深さが室内楽の領域を超えた作品として生み出され、シンフォニックな雰囲気を持つ曲になっています。

1871年の第1番作曲から短い期間に3曲の弦楽四重奏曲を作曲したチャイコフスキーですが、この後は弦楽四重奏を作曲する事はありませんでした。理由は、チャイコフスキー自身の音楽を弦楽四重奏の枠で表現する事が困難であると考えたとも、ラウプの死への哀惜によって、この分野を作曲する意欲を失ったとも言われています。

2020年3月29日 (日)

今日の音楽 3月29日 交響曲第3番(ドヴォルザーク)

ドヴォルザークの交響曲第3番変ホ長調op.10は1874年3月29日にスメタナの指揮でプラハで初演されました。

ドヴォルザークはこの作品以前に2曲の交響曲を作曲していましたが、実際に演奏されたのがこの曲が始めてでした。出版は1912年だが当時は現在の第5番が第3番として出版されていたため、出版時には番号無しの曲でした。

ブラームスを敬愛し、特に初中期の交響曲はミニブラームスなどと揶揄されることもあるドヴォルザークですが、この曲はブラームスと犬猿の仲だったワーグナーの影響も感じられる曲になっています。

2020年3月28日 (土)

今日の音楽 3月28日 トランペット協奏曲(ハイドン)

ハイドンのトランペット協奏曲変ホ長調Hob.Ⅶe:1は1800年3月28日にウィーンのブルク劇場で初演されました。

ハイドンの晩年の作品で最後の協奏曲です。初演は不評で忘れ去られていたものが1929年に出版され、今日ではフンメルのトランペット協奏曲と並んで古典派のトランペット協奏曲の主要作品となっています。

この曲は有鍵トランペットの発明者であり友人でもあったアントン・ヴァイディンガーのために作曲されたものです。有鍵トランペットは今日ではヴァルブ式トランペットに取って変わられていますが、このハイドンの曲もフンメルの曲も、それまでのナチュラル・トランペットでは演奏が困難な曲です。

2020年3月27日 (金)

今日の音楽 3月27日 交響曲第3番(團伊玖磨)

團伊玖磨の交響曲第3番は1960年3月27日に岩城宏之指揮のNHK交響楽団の演奏で初演されました。

初演は第4回三人の会(芥川也寸志、黛敏郎、團伊玖磨が結成した作曲家グループ)の演奏会で、2番までの交響曲と異なり無調性に近い現代的な手法で作曲した曲です。緩やかなテンポの第1楽章と速いテンポの第2楽章の2楽章構成。

 

2020年3月26日 (木)

今日の音楽 3月26日 TRUE LOVE

1993年の邦楽年間ヒットランキング第29位は藤井フミヤの「TRUE LOVE」でした。

藤井フミヤがチェッカーズ解散後のソロ活動第1弾として発売されたシングルで、自身の作詞作曲による曲です。テレビドラマ「あすなろ白書」の主題歌に起用されオリコン1位となりました。

1コーラス目はアコースティックギターを活用したチェッカーズ時代とは異なるサウンドになっています。

2020年3月25日 (水)

今日の音楽 3月25日 島唄

1993年の邦楽年間ヒットランキング第28位は、THE BOOMの島唄でした。

1986年に結成された沖縄とは縁もゆかりもないロック・バンドTHE BOOMによるヒット曲。三線の使用や琉球音階の要素を取り入れた曲です。実際はボーカルの宮沢和史の作詞作曲によるものですが、沖縄音楽の特徴をよく捉えて(実際に沖縄の方々からは賛否あるようですが)いる曲だと思います。

2020年3月24日 (火)

今日の音楽 3月24日 ピアノ協奏曲(ドヴォルザーク)

ドヴォルザークのピアノ協奏曲ト短調op.33は、1878年3月24日にスラコフスキーのピアノ、チェフの指揮によってプラハで初演されました。

ドヴォルザークの協奏曲といえばチェロ協奏曲が圧倒的に知られていますが、ヴァイオリン協奏曲やピアノ協奏曲も作曲していたんです。ヴァイオリン協奏曲の方は時々演奏されますが、ピアノ協奏曲は殆ど演奏されません。だいたいドヴォルザークのピアノ曲自体評価が低いのですが。

このピアノ協奏曲はヴィルトゥオーゾ的な曲ではなく管弦楽に重点がおかれた交響的な曲になっています。敬愛するブラームスの影響もあったのでしょうか。ドヴォルザークらしいメロディ重視の曲ですが、チェロ協奏曲のように哀愁漂うメロディのオンパレードというわけではなく中途半端感が漂う音楽です。

 

2020年3月23日 (月)

今日の音楽 3月23日 ぼくたちの失敗

1993年の邦楽年間ヒットランキング第20位は森田童子の「ぼくたちの失敗」です。

森田童子は1975年にデビューしたシンガー・ソングライターで、知る人ぞ知るという存在でした。1983年までにアルバム7枚、シングル4枚を発売し活動を休止していました。

「ぼくたちの失敗」は1976年に発売されたシングルでしたが当時はヒットせず、1993年に放映されたテレビドラマ「高校教師」の主題歌として使われて100万枚に迫る大ヒットとなりました。このヒットを受けてベストアルバムが発売されると共に、既発の7枚のアルバムも再発売されるなど多くの新しいファンを獲得しました。しかしながら既に活動を休止していた森田童子本人は沈黙を守り前に出てくる事はありませんでした。

2003年に「高校教師」の新作が放送され、ここでも「ぼくたちの失敗」が使われ、このときには新規の録音をしてベスト盤を再発し、これが最後の活動になり2018年に65歳で病死しています。

 

2020年3月22日 (日)

今日の音楽 3月22日 このまま君だけを奪い去りたい

1993年邦楽年間ヒットランキング第12位は、DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」でした。

DEENのデビュー・シングル。織田哲郎が作曲しビーイング期待の新人でソロ・デビューが計画されていた池森秀一に歌わせたところ良かったために、バンドを組ませる事になりDEENが結成されたという事で、DEENは曲ありきのデビューになったわけです。NTTドコモのポケベルのCMソングに起用され結局DEEN最大のヒット曲となりました。

後に作詞をした上杉昇がヴォーカルをつとめるWANDSがセルフカバーしています。

DEENはその後もヒット曲を重ね2019年までの間に47枚のシングルを発売しオリコンの30位以内に入らなかった曲はわずか1曲だけというコンスタントに売れるバンドとして活躍しています。

2020年3月21日 (土)

今日の音楽 3月21日 交響曲第1番(團伊久磨)

團伊久磨の交響曲第1番イ調は1950年3月21日に近衛秀麿指揮の日本交響楽団の演奏で日比谷公会堂で初演されました。

團伊久磨が1950年のNHK放送25周年記念事業のひとつであった懸賞募集管弦楽曲に応募し特賞を受賞した作品です。芥川也寸志も同時に「交響管絃楽のための音楽」で特賞を受賞しています。

単一楽章の曲ですが中身は4楽章の構成になっています。3管の大編成の曲で、現代音楽のような不協和音の連続というような曲ではなく叙情的な曲になっています。

2020年3月20日 (金)

今日の音楽 3月20日 天使にラブ・ソングを・・・

映画「天使にラブ・ソングを・・・」は1993年4月に日本で公開されました。

マフィアのヴィンスの愛人であるクラブ歌手デロリスが、裏切り者を始末する殺人現場を目撃した事でヴィンスに命を狙われるようになり、重要な目撃者として警察に保護されます。裁判の日までカトリックの修道院に匿われることになりますが、その修道院の中で聖歌隊の指揮者を任され、下手糞な聖歌隊を鍛えて聖歌を現代風にアレンジして披露し町の人気者になり修道院にも多くの人が訪れるようになりますが、それがテレビで取り上げられヴィンスの知るところとなりデロリスが拉致されます。デロリスを救うべく修道院の尼僧たちがヴィンスのアジトに乗り込み無事救出し、修道院ではローマ法王を招いたコンサートで大成功を収めるというお話。

デロリスに扮したのが、「ゴースト」で怪しい占い師を演じたウーピー・ゴールドバーグ。修道院長に扮したのは、「パリー・ポッター」シリーズでマクゴナガル先生を演じたマギー・スミスでした。ミュージカルではありませんが、歌うシーンが多く、とっても楽しめる映画でした。2011年にはブロードウェイミュージカル化されました。

2020年3月19日 (木)

今日の音楽 3月19日 ファウスト

グノーの歌劇「ファウスト」は1859年3月19日にパリのリリック座で初演されました。

ゲーテの劇詩「ファウスト」は、15~16世紀頃にドイツに実在したと言われる錬金術師ファウストゥスの伝説を下敷きにし悪魔メフィストーフェレスと契約をして恋の成就や人生の成功を得る代わりに死後の魂の服従を誓う事で周囲に悲劇が次々と訪れるという悲劇です。

多くの作曲家が取り上げています。シューベルトの「糸を紡ぐグレートヒェン」「トゥーレの王」など、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」、リストの「ファウスト交響曲」「メフィスト・ワルツ」、シューマンの「ゲーテのファウストからの情景」、ムソルグスキーの「蚤の歌」、ボイトの歌劇「メフィストーフェレ」、マーラーの交響曲第8番第2部「ファウストからの情景」などが代表例。

その中で全編をオペラとして作曲したのがグノーでした。「ファウスト」はグノーの代表作となり、「清らかな住まい」「金の子牛の歌」「宝石の歌」など数々のアリアは単独で取り上げられる事の多い作品です。1869年にはフランスのグランド・オペラの伝統に従ってバレエ音楽を追加しましたが、その7曲のバレエ音楽は非常に魅力的な曲の連続で、オーケストラピースとしても演奏機会が多い曲です。

 

2020年3月18日 (水)

今日の音楽 3月18日 バーバ・ヤーガ

リャードフの「バーバ・ヤーガ」op.56は1904年3月18日にブルーメンフェルトの指揮でサンクトペテルブルクで初演されました。

バーバ・ヤーガはスラヴの民話に登場する妖婆で、森に住み、骨と皮だけの痩せこけた老婆の姿をしています。鶏の足の上に建った小屋に住み、子供を誘拐して取って食うなど考えられています。

このバーバ・ヤーガを扱った最も有名な音楽作品はムソルグスキーの「展覧会の絵」ですが、これは絵画として書かれたものを表現したもので、リャードフの作品は、実際にバーバ・ヤーガを描写したものになっています。
「バーバ・ヤーガが庭に出て口笛を吹くと、彼女の前に臼と杵と箒が現れた。(臼はバーバ・ヤーガが移動する時に乗る乗り物で、杵はそれを操る道具。箒は移動した跡を消すもの)バーバ・ヤーガは庭から飛び去ると、森の中でざわめきが聞こえ出し、木がぱちぱちと音を出して裂け、枯葉がかさかさ鳴っていた。」というストーリーです。

 

2020年3月17日 (火)

今日の音楽 3月17日 ペレアスとメリザンド(シベリウス)

シベリウスの劇音楽「ペレアスとメリザンド」は1905年3月17日にヘルシンキのスウェーデン劇場でシベリウス自身の指揮で初演されました。

1893年にパリで初演されたメーテルリンクの「ペレアスとメリザンド」のスウェーデン語によるヘルシンキでの上演のために依頼され、10曲の劇付随音楽として作曲されたものです。
「ペレアスとメリザンド」は同時代の複数の作曲家によって取り上げられた題材です。1898年にロンドン初演のためにフォーレが作曲したものが最初で、組曲にまとめられて今日でも比較的演奏される機会が多い曲となっています。さらにドビュッシーがオペラとして作曲し、シェーンベルクは交響詩を作曲しているというように好まれた題材だったようです。

シベリウスの劇音楽はその後8曲からなる組曲に編曲されています。シベリウスらしい曲づくりになっています。

2020年3月16日 (月)

今日の音楽 3月16日 真夏の夜の夢

1993年の邦楽年間ヒットランキング第8位は、松任谷由実の「真夏の夜の夢」でした。

ユーミンの24枚目のシングル。1989年のANNIVERSARY~無限にCALLING YOU以来4年ぶりのシングルでした。
TBSドラマ「誰にも言えない」の主題歌に使われて初のミリオンセラーシングルを獲得しています。

ボサノバ調の音楽で、ユーミンの音楽の幅広さを見せてもらった曲です。

2020年3月15日 (日)

今日の音楽 3月15日 水の旅人 -侍KIDS

1993年の日本での映画興行ランキング第8位は「水の旅人-侍KIDS」」でした。

大林宣彦監督によるSF作品ですが、評価的にはかなりコケた作品でした。
一寸法師をヒントとして、水の精 墨江少名彦と内気な小学生の交流を描いたもの。小学生の悟は少名彦から勇気や自然への優しさを学び成長していきますが、水質汚染によって少名彦の体が弱って行くため彼を救うために水源の水を求めて冒険をするという内容。

個人的には面白かったんですけどね。音楽は久石譲ですが、主題歌は中山美穂が歌っていた「あなたなら・・」でした。

2020年3月14日 (土)

今日の音楽 3月14日 負けないで

1993年の邦楽年間ヒットランキング第6位はZARDの「負けないで」でした。

ZARDはボーカルの坂井泉水を中心とした音楽ユニットですが、事実上は坂井泉水のソロ活動でした。1991年から2007年癌で入院中の病院の階段で転落死するまで活躍しました。

「負けないで」は6枚目のシングルで、作曲は織田哲郎、作詞は坂井泉水。オリコン1位となる大ヒットとなりZARD最大のヒットとなりました。元々は恋よりも夢を選んで遠くへ行ってしまう相手を応援する遠距離恋愛の歌だったそうですが、発売されたのが2月だった事もあり、受験生への応援歌という面も持ち合わせていたそうです。

私にとっては「負けないで」、「それが大事」、「tommorow」あたりが元気の出る応援歌です。

2020年3月13日 (金)

今日の音楽 3月13日 ホール・ニュー・ワールド

ホール・ニュー・ワールド Whole New World  ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル  1993年Billboard年間ランキング第18位 最高位1位

ディズニー映画「アラジン」のテーマ曲。「アラジン」は「千夜一夜物語」の中の「アラジンと魔法のランプ」を元に作られたミュージカル・アニメ。主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」は「リトル・マーメイド」「美女と野獣」「ポカホンタス」などディズニーアニメの作曲で知られるアラン・メンケン。ティム・ライス作詞でアカデミー歌曲賞を受賞しました。

ピーボ・ブライソンは「美女と野獣」ではセリーヌ・ディオンとのデュエットでグラミー賞を獲得したR&Bの歌手。レジーナ・ベルは1980年代後半から90年代前半まで活躍した女性シンガー・ソングライターです。

2020年3月12日 (木)

今日の音楽 3月12日 ジュラシック・パーク

1993年の日本での映画興行収入ランキング第1位は、「ジュラシック・パーク」でした。

バイオテクノロジーによって蘇らせた恐竜たちを放し飼いにしているテーマ・パークで、恐竜が暴走しテーマ・パークが壊滅するというパニック映画。この後、ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク、ジュラシック・パークⅢという2作の続編と、それに続くジュラシック・ワールド、ジュラシック・ワールド/炎の王国という派生作品が映画化されています。

監督は2作目まではスピルバーグが担当し、音楽も2作目までジョン・ウィリアムズが担当しました。主演はサム・ニール。
ストーリーはスピルバーグにしては陳腐でしたが、何と言っても大迫力の恐竜のCGが印象に残りました。

2020年3月11日 (水)

今日の音楽 3月11日 ローマの噴水

レスピーギの交響詩「ローマの噴水」は1917年3月11日にグァルニエリの指揮でローマで初演されました。

レスピーギが作曲したローマ三部作(他はローマの松、ローマの祭り)の最初の曲。ローマの4つの噴水の特徴が最も良く調和している時刻、美しさが最も印象深い時刻に注目して受けた感情と幻想を元に表現したもの。交響詩ではありますが、自由な形式ではなく古典的な交響曲に見られる4楽章の構成になっています。

初演の際には評価は低かったものの、その後トスカニーニがミラノで再演した際に成功を収め現在の評価に繋がっています。

第1曲 夜明けのジュリアの谷の噴水 ボルゲーゼ荘からパリオリの丘までにあるジュリアの谷の噴水と夜明けの光景が表現されています。具体的にどのこ噴水かは明確になっていませんが、時刻は夜明け。牧歌的な雰囲気を持つ曲です。

第2曲 朝のトリトンの噴水 バルベリーニ広場のトリトンの噴水。朝の日差しの中で踊るナイアデスとトリトンが描かれています。

第3曲 真昼のトレヴィの泉 有名なトレヴィの泉。時刻は真昼。

第4曲 黄昏のメディチ荘の噴水 メディチ荘の噴水。時刻は夕方。メランコリックな雰囲気を持つ曲です。

2020年3月10日 (火)

今日の音楽 3月10日 ソナチネ(ラヴェル)

ラヴェルのソナチネは1906年3月10日にリヨンで初演されました。

ラヴェル旧知のポーランド人のゴデブスカ兄弟に献呈された曲。
古典様式を取り入れたピアノ作品で、3つの楽章からできています。第1楽章はソナチネ形式、第2楽章はメヌエット風、終楽章はリズミカルな楽章という構成になっています。

ソナチネとはソナタの小型版の音楽形式で、バロック時代は短い器楽曲の事をさして、カンタータの器楽合奏のみの導入曲や間奏などを指すのに使われましたが、古典派以降は分かり易く演奏し易い短いソナタの事を指すようになりました。具体的には展開部が短いか展開部を欠く事が多いようです。

 

2020年3月 9日 (月)

今日の音楽 3月9日 ロード

今日からネタは1993年に入ります。

1993年の邦楽年間ヒットランキング第3位はTHE 虎舞竜の「ロード」でした。

高橋ジョージに届けられたファンレターがこの曲の誕生のきっかけとなりました。内容は、子供を妊娠してしまったが相手に子供はいらないと言われて悩んでいるという物。その後出産する事になりましたがその前に音信不通となり、後にファンレターの主は交通事故で胎児と共に死亡していたことがわかった、という事実に基づく曲です。

「テレビ近未来研究所」のエンディングに使われた事もあって大ヒットし、その後曲を元にした映画や飲酒運転追放キャンペーンのCMなどに使用され200万枚近い売上のヒット曲となりました。また全13章で構成されるシリーズとして数年にわたってリリースされ300万枚超の売上を上げています。

 

2020年3月 8日 (日)

今日の音楽 3月8日 行進曲「威風堂々」第3番

エルガーの行進曲「威風堂々」第3番ハ短調は1905年3月8日にエルガーの指揮でクイーンズホールで初演されました。

エルガーが完成させた行進曲「威風堂々」の3番目にあたる曲です。
「威風堂々」は第1番が「戴冠式頌歌」の「希望と栄光の国」というイギリスの第2の国歌とも言われる旋律を中間部に使って、飛びぬけて良く知られていますが、実はそのほかに4曲の「威風堂々」を完成させています。

第4番は比較的第1番に似たような構成・曲調になっていますが、第3番は短調の陰鬱なメロディの後、一転して激しい曲になり、再度短調のメロディに転じます。中間部は静かなメロディになりますが、再度短調、中間部を繰り返して、最後は短調で終わります。第1番とはかなり印象の異なる曲になっています。個人的には「威風堂々」の中では、最も苦手な曲です。

2020年3月 7日 (土)

今日の音楽 3月7日 交響詩「タマーラ」

バラキレフの交響詩「タマーラ」は1883年3月7日にバレキレフの指揮でサンクトペテルブルクで初演されました。

ロシア五人組の中でも最も遅筆として知られるバラキレフの代表作のひとつ。リストの交響詩の影響にロシア民俗音楽を加えた曲で、ムソルグスキーの禿山の一夜やリストの死の舞踏と同じく、夜の妖しい饗宴を扱った曲です。タマーラは天使のように美しく悪魔のように邪悪な女王で、旅人を惹きつけては一夜を過ごした後屍として川に捨てるという行為を繰り返します。

 

2020年3月 6日 (金)

今日の音楽 3月6日 シンプル・シンフォニー

ブリテンのシンプル・シンフォニーop.4は1934年3月6日にイングランドのノリッジで初演されました。

「シンプル・シンフォニー」は弦楽合奏または弦楽四重奏のための新古典主義的な交響曲です。自身が9歳から12歳までの間に作曲したピアノ曲を元に作られています。この曲自体も20歳という若さで作曲されており、瑞々しくも、しっかりと構成された楽しい曲です。それぞれの楽章にはユーモアたっぷりのタイトルがつけられているのもブリテンのユーモアを感じさせます。

第1楽章 騒々しいブーレ 1926年の組曲第1番、1923年の「歌」によるソナタ形式の曲。短い序奏から始まり、軽妙で忙しい(騒々しい)主題による楽章です。フーガの要素も取り込んでいます。2つ目の主題はこのメロディに類似したメロディが長調で舞曲風に奏でられます。最初の主題に戻って最後は静かに終わります。

第2楽章 おどけたピツィカート 1924年のスケルツォ、同年の「歌」による複合三部形式。全曲ピツィカートで最初は弱く(でも忙しいです)演奏されますが中間部ではアコード(和音演奏)に乗ってリズミックなメロディを奏で、再度最初の部分、中間部のメロディが繰り返され、最後の一発で終わります。

第3楽章 感傷的なサラバンド  1925年の組曲第1番、1923年のワルツによる複合三部形式。弦楽器の深い響きからワルツ、そして最初の部分が今回は力強く再現され徐々に静かになって終わります。

第4楽章 浮かれたフィナーレ 1926年のピアノソナタ第9番、1925年の「歌」によるソナタ形式。思わせぶりな短い序奏の後は、忙しい第1主題、流れるような第2主題と続き最後はスピードが上がったと思ったところで急ブレーキ。最後は堂々としたフィナーレです。

演奏技術的には弦楽合奏曲の中では難しい方ではありませんし(簡単でもありません)、演奏効果も抜群、しかも全曲通しても15分程度なので、アマチュアはもっと取り上げても良い曲だと思います。

2020年3月 5日 (木)

今日の音楽 3月5日 少年時代

1992年の邦楽年間ランキング第46位は井上陽水の「少年時代」でした。

井上陽水のシングルでは最大のヒット曲ですが、1990年9月の発売当初はオリコンのチャートでも20位までしか上がりませんでしたが、翌年ソニーのハンディカムのCMに採用され4位まで上昇し、その後もロングヒットとなって1997年にミリオンセラーとなりました。

井上陽水らしい流れるような歌詞と、やさしいメロディでピアノ伴奏は来生たかおが演奏しています。
カバーした歌手も非常に多く愛されている歌である事がわかります。

2020年3月 4日 (水)

今日の音楽 3月4日 Say Anything

1992年の邦楽年間ランキング第33位は X の「Say Anything」でした。

3作目のアルバム「Jealousy」からのリカットでX名義最後のシングルでシングルとしては最大のヒットとなった曲です。
異常な程の高いキーが続く曲でレコーディング終了時にはToshiが吐血したと言われる程の難曲です。

Yoshikiは失敗作と言っているそうですが、おそらくレコーディング期限に追われてある程度のところで発売せざるを得なかったという事だと思います。Xのバラードの傑作だと思います。

 

2020年3月 3日 (火)

今日の音楽 3月3日 アルト・ラプソディ

ブラームスのアルト・ラプソディop.53は、1870年3月3日にクララ・シューマンの親友ガルシア=ヴィアルドの独唱でイェーナで初演されました。

アルト独唱と男声合唱及び管弦楽のための作品。テキストはゲーテの詩「冬のハルツ紀行」で、本来の題名は ゲーテの「冬のハルツの旅」からの断章。

三部形式の構成で、第一部と第二部は独唱と管弦楽で人間嫌いの放浪者の心の痛みが表現されています。第三部は合唱が加わって放浪者の心痛を取り去るための神への祈り。

ブラームスがクララ・シューマンへの叶わぬ恋心の変わりとして愛していたクララの娘が、他の人に嫁ぐことになってしまった事への怒りで作曲したといわれています。

2020年3月 2日 (月)

今日の音楽 3月2日 クリスマスキャロルの頃には

1992年の邦楽年間ランキング第27位は、稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」でした。

稲垣潤一の27枚目のシングルで、自身最大のヒットとなった曲です。
1982年に3枚目のシングル「ドラマティック・レイン」がヒットしましたが、その後は殆どのシングルが一桁万枚という一発屋状態が続いていましたが、このヒットで一発屋を払拭した形となりました。


倦怠期を迎えた恋人同士がクリスマスまで距離を置いて、今後を見つめなおそうという内容の歌。

2020年3月 1日 (日)

今日の音楽 3月1日 BRIDGE~あの橋をわたるとき

1992年の邦楽年間ランキング第21位はHOUND DOGの「BRIDGE~あの橋をわたるとき」でした。

HOUND DOG22枚目のシングルで最大のヒットとなった曲です。アサヒスーパードライのCMソングで使われ最高位2位まで上っています。

大友康平、事務所、他のメンバーの確執や裁判沙汰などその後色々あったHOUND DOGですが、大友康平は、矢沢永吉など熟年になってもカッコいいロックン・ローラーとは別の道を歩んでいるようです。1980年代に一度だけライブを見ましたがカッコ良かった。

それを思うとちょっと残念ではあります。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »