ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月19日 ラブ・ストーリーは突然に | トップページ | 今日の音楽 1月21日 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 »

2020年1月20日 (月)

今日の音楽 1月20日 ターミネーター2

1991年の日本での映画興行収入ランキング第1位はターミネーター2でした。

前作のターミネーターは、人工知能スカイネットに人類が支配された近未来で、スカイネット指揮する機械軍に対抗するジョン・コナーが指導する反乱軍の攻撃を脅威に感じたスカイネットが、アンドロイド(ターミネーター)を過去に派遣してジョン・コナーの誕生を阻止するために母親であるサラ・コナーを抹殺しようとします。それを護衛するためにジョン・コナーがカイル・リースという兵士を派遣し、ターミネーター対カイル、サラという戦いを描いたストーリーでした。その間に愛し合ったカイルとサラの間に生まれた子供がジョン・コナーであったという、タイム・パラドクス感満載のオチもありました。ジェームズ・キャメロン監督と主演のアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作ですが、制作費は640万ドル、全世界での興行収入は7,800万ドルと成功を収めて、第2弾が制作されたわけです。

ターミネーター2では、第1作で敵役であったシュワルツェネッガー演じるターミネーターT-800が、再度スカイネットによって送り込まれた新型ターミネーターT-1000からジョンとサラーを守るために再プログラミングされて未来のジョン・コナーから送り込まれるというストーリーで、制作費は1億200万ドル(前作の17倍)、興行収入は5億2000万ドルという大ヒットを記録しました。

音楽はターミネーターが出世作となったブラッド・フィーデル。パーカッションのクレッシェンドから始まりホルンへと繋がるイントロはワクワクものでした。

« 今日の音楽 1月19日 ラブ・ストーリーは突然に | トップページ | 今日の音楽 1月21日 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 1月19日 ラブ・ストーリーは突然に | トップページ | 今日の音楽 1月21日 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 »