ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月15日 組曲「道化師」 | トップページ | 今日の音楽 1月17日 壊れかけのRadio »

2020年1月16日 (木)

今日の音楽 1月16日 田園交響曲(ヴォーン=ウィリアムズ)

ヴォーン=ウィリアムズの交響曲第3番「田園交響曲」は1922年1月16日にエイドリアン・ボールトの指揮でロンドンで初演されました。

第一次大戦従軍中にラッパ吹きがオクターブの音程を間違えて7度音程で吹いていたところから発想を得た曲で第2楽章のナチュラルホルンのソロに活かされています。また、4つの楽章を通してテンポが速いのは第3楽章のコーダだけで、あとはモデラートやレントといった速度で統一されています。

田園交響曲というタイトルが付けられていますが、ベートーヴェンの田園のような具体的な田園風景を描いたものではなく曲調は印象派的な部分もあり、終楽章にはソプラノのヴォカリーズが加わります。

どちらかといえば、対戦中に働いていた野戦病院から見るフランスの田園風景からの着想で追悼の意味合いも感じられる曲です。

« 今日の音楽 1月15日 組曲「道化師」 | トップページ | 今日の音楽 1月17日 壊れかけのRadio »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 1月15日 組曲「道化師」 | トップページ | 今日の音楽 1月17日 壊れかけのRadio »