ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

今日の音楽 1月31日 会いたい

1991年の邦楽年間ヒットランキング第11位は沢田知可子の「会いたい」でした。

1987年に「恋人と呼ばせて」でデビューした沢田知可子の8枚目のシングル。亡くなった恋人の在りし日を回想し、会いたい気持ちを募らせるという内容でテレビ朝日の「トゥナイト」のテーマ曲と採用されました。オリコンの最高位は6位ながら100位以内に87週ランクインするロング・セラーを記録しました。

2020年1月30日 (木)

今日の音楽 1月30日 リトル・マーメイド

アニメーション映画「リトル・マーメイド」は1991年7月に日本で公開されました。

アンデルセンの「人魚姫」に基づくミュージカルのディズニー・アニメ化。と言っても人魚姫が嵐から助けた人間の王子に恋をして、声と引き換えに人間の姿になるという基本的な設定の他は、だいぶ原作とはストーリーが異なっています。

主題歌の「アンダー・ザ・シー」はアカデミー歌曲賞を受賞しました。

2020年1月29日 (水)

今日の音楽 1月29日 どんなときも。

1991年の邦楽年間ヒットランキング第4位は槇原敬之の「どんなときも。」でした。

槇原敬之の3枚目のシングルで、自身の最大のヒット曲です。映画「就職戦線異状なし」の主題歌募集に応募して採用された曲です。

KANの「愛は勝つ」同様、ストレートな曲で、どんなときも、自分はこうありたいという希望を歌っています。槇原は1999年に覚醒剤所持で逮捕され、執行猶予つきの有罪判決を受け、活動を抑えていましたが、2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」が爆発的に売れたことをきっかけに活動を再開しています。

2020年1月28日 (火)

今日の音楽 1月28日 ピアノ三重奏曲(ラヴェル)

ラヴェルのピアノ三重奏曲は1915年1月28日にカゼッラのピアノ、フイヤールのチェロ、ヴィヨームのヴァイオリンでパリで初演されました。

ラヴェルが母親のルーツであるバスク地方滞在中に作曲したものでバスク風の色彩を持つと自身が述べています。
音楽の色彩感を重視するラヴェルにとってはピアノと弦楽器の対照的な音色やバランスを取るという点で難しい分野の作品である事を意識して、結局管弦楽的な書法を持ち込んで対応しています。極めて広い音域の使用やトリル、トレモロ、ハーモニクス、グリッサンド、アルペジオといった音の色彩効果を存分に用いる事で解決しようとしており、イコール非常に演奏技術の高さが要求される曲になっています。

4つの楽章から出来ていて、第1楽章はバスクの舞曲ソルツィーコの描写で作曲されています。第2楽章はパントゥムという四行連詩の手法を使っています。第3楽章はパッサカリア。終楽章は4分の5拍子と4分の7拍子による変拍子が使われています。

 

2020年1月27日 (月)

今日の音楽 1月27日 ふたり

大林宣彦監督の新・尾道三部作の第1作、「ふたり」は1991年5月に公開されました。

原作は赤川次郎。成績優秀、ピアノが上手くスポーツも得意というしっかりものの姉・千津子が交通事故で亡くなってしまい、姉に頼りきっていた妹・実加が自分だけに聞こえる姉の声に導かれて成長していく姿を描いた作品。千津子の死で精神的に不安定になってしまった母や、そんな家族から単身赴任によって身も心も遠ざかってしまう父による家庭崩壊を描いた作品になっています。

主人公の実加を石田ひかりが演じ、姉の千津子は中嶋朋子、母親は冨司純子、父親は岸部一徳、千津子の生前の恋人は大林作品の常連である尾美としのりが演じています。石田ひかりは実質的にはこの作品が映画デビューで主役を演じることになりました。また主人公をいじめる女の子を演じた中江有里もデビュー作となっています

音楽は久石譲が担当し、主題歌の「草の想い」は大林宣彦が作詞をして大林と久石の2人が歌っている(クレジットでは大林宣彦&FRIENDS)という異色のテーマ曲でした。この映画の音楽は久石譲の作品の中でも好きなもののひとつです。

2020年1月26日 (日)

今日の音楽 1月26日 愛は勝つ

1991年の邦楽年間ヒットランキング第3位は KANの愛は勝つでした。

シンガー・ソングライターのKANの8枚目のシングルで、元々はテレビ朝日系の「クイズおもしろTV」のエンディングに使われていましたが、フジテレビ系の「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」の挿入歌として起用されたことで爆発的に売れてオリコンでは8週連続1位、売上は200万枚を超え、レコード大賞を受賞しました。

「信じれば必ず愛は勝つ」というシンプルでストレートな歌詞がバブルの時代背景にはまったわけです。

2020年1月25日 (土)

今日の音楽 1月25日 ホーム・アローン

映画「ホーム・アローン」は1991年6月に日本で公開されました。

マコール・カレキン少年主演の痛快コメディ映画。クリスマス休暇で旅行する大家族マカリスター家に、兄弟げんかをしてひとり屋根裏部屋で寝ていた末っ子のケビン少年が、留守中の家を狙う2人の空き巣狙いを相手に様々な仕掛けをして戦いを挑むストーリーで、大ヒットを記録し続編も作られた作品です。

音楽を担当したのはジョン・ウィリアムズです。

 

2020年1月24日 (金)

今日の音楽 1月24日 組曲第3番(チャイコフスキー)

チャイコフスキーの組曲第3番ト長調op.55は1885年1月24日に、ハンス・フォン・ビューロー指の指揮でサンクト・ペテルブルクで初演されました。

交響曲をめざして作曲されたもので、当初は第1曲に音響と様式の対照からなる幻想曲となる「コントラスト」を置くはずでしたが、チャイコフスキーの手に余るものとなってしまい、」エレジーを置く事にしました。その後は順調に進み第2曲「憂鬱なワルツ」、第3曲「スケルツォ」、第4曲「主題と変装」からなる組曲として完成しました。

第4曲は主題と12の変奏からなっている長大な音楽となり全曲の半分以上の時間を要する大曲となっています。

全体的にはチャイコフスキーの4つの組曲の中では最も陰鬱な音楽となっています。

2020年1月23日 (木)

今日の音楽 1月23日 SAY YES

1991年の邦楽年間ヒットランキング第2位はCHAGE&ASKAの SAY YESでした。

CHAGE AND ASKAの27枚目のシングルでオリコンで13週連続1位を記録した大ヒット曲です。
テレビドラマ「101回目のプロポーズ」の主題歌として使われ、テレビドラマも平均視聴率23%のヒット作品となりました。

 

2020年1月22日 (水)

今日の音楽 1月22日 ワルツ「うわごと」

ヨーゼフ・シュトラウスのワルツ「うわごと」op.212は1867年1月22日に初演されました。

1866年に普墺戦争でプロイセンに大敗し意気消沈していたオーストリアで翌年開催される医学舞踏会でヨーゼフに依頼された曲の題名は「うわごと」。ヨーゼフは憂鬱な序奏から軽やかなワルツへの展開が絶妙で、非常に人気の高い作品です。

この曲を聴いたヨハン・シュトラウス2世は「ヨーゼフのほうが才能がある。私はただ人気があるだけだ」と言ったそうです。
カラヤンも非常に気に入っていた作品で、録音はライブを含めて8回も行っていて「美しく青きドナウ」を上回る回数です。ウィーンフィルとの唯一の1959年の来日公演でも取り上げており、1987年の唯一のウィーン・フィル・ニュー・イヤー・コンサートでも取り上げています。

2020年1月21日 (火)

今日の音楽 1月21日 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

バルトークの弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽Sz.106,BB114は1937年1月21日にザッハー指揮バーゼル室内管弦楽団の演奏で初演されました。

バーゼル室内管弦楽団を結成した指揮者パウル・ザッハーは、世界的製薬会社のオーナー未亡人と再婚し巨万の富を得た後、製薬会社の業績建て直しに貢献しながら、同時代の作曲家への作曲の委嘱やザッハー財団の創設など音楽界に惜しみない貢献をしてきました。

ザッハーは1936年当時夏季休暇でスイスに滞在していたバルトークに翌年1月21日に行う予定のバーゼル室内管弦楽団創立10周年演奏会のための新作を依頼して完成されたのが、弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽でした。ハープを含む弦楽器と、打楽器(木琴、スネアドラム、スネアなしのドラム、シンバル、タムタム、大太鼓、ティンパニ)とチェレスタとピアノという編成で、スコアには楽器の配置位置も指定されています。
弦楽五部を2つに分けて、左右に対向配置し、中央にその他の楽器が配置されるように指示されています。

曲は緩-急-緩-急の4つの楽章でできています。バルトークの中でもトップクラスの人気を持つ曲で、管楽器が無くてもかなりの迫力が展開されます。

 

2020年1月20日 (月)

今日の音楽 1月20日 ターミネーター2

1991年の日本での映画興行収入ランキング第1位はターミネーター2でした。

前作のターミネーターは、人工知能スカイネットに人類が支配された近未来で、スカイネット指揮する機械軍に対抗するジョン・コナーが指導する反乱軍の攻撃を脅威に感じたスカイネットが、アンドロイド(ターミネーター)を過去に派遣してジョン・コナーの誕生を阻止するために母親であるサラ・コナーを抹殺しようとします。それを護衛するためにジョン・コナーがカイル・リースという兵士を派遣し、ターミネーター対カイル、サラという戦いを描いたストーリーでした。その間に愛し合ったカイルとサラの間に生まれた子供がジョン・コナーであったという、タイム・パラドクス感満載のオチもありました。ジェームズ・キャメロン監督と主演のアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作ですが、制作費は640万ドル、全世界での興行収入は7,800万ドルと成功を収めて、第2弾が制作されたわけです。

ターミネーター2では、第1作で敵役であったシュワルツェネッガー演じるターミネーターT-800が、再度スカイネットによって送り込まれた新型ターミネーターT-1000からジョンとサラーを守るために再プログラミングされて未来のジョン・コナーから送り込まれるというストーリーで、制作費は1億200万ドル(前作の17倍)、興行収入は5億2000万ドルという大ヒットを記録しました。

音楽はターミネーターが出世作となったブラッド・フィーデル。パーカッションのクレッシェンドから始まりホルンへと繋がるイントロはワクワクものでした。

2020年1月19日 (日)

今日の音楽 1月19日 ラブ・ストーリーは突然に

ネタは1991年になります。ちょうど仕事で岐阜に住んでいたい頃です。

邦楽の年間ランキング第1位は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」でした。

6枚目のシングル「Oh!Yeah!」とのカプリングの両A面シングルで、フジテレビ系のドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として起用され大ヒットしました。ギターのカッティングによるイントロがとても印象的な曲です。

2020年1月18日 (土)

今日の音楽 1月18日 交響曲第1番「エレミア」

バーンスタインの交響曲第1番「エレミア」は1944年1月18日にバーンスタイン自身の指揮ピッツバーグ交響楽団の演奏で初演されました。

バーンスタインが無名時代に作曲コンクールに提出して落選した曲ですが、フリッツ・ライナーに気に入られ初演が実現しました。父サミュエル・バーンスタインに捧げられています。ユダヤ系のバーンスタインが旧約聖書を意識して作曲したもので、終楽章では旧約聖書のエレミアの哀歌をメゾ・ソプラノの独唱に引用し、全曲を通してヘブライ式の聖書詠唱の旋律を動機として使用しています。

預言、冒涜、哀歌の3つの楽章からなっています。まあ聖書の詠唱とか言われてもユダヤ教に詳しくない私にとってはピンとは来ませんが。。

2020年1月17日 (金)

今日の音楽 1月17日 壊れかけのRadio

1990年の邦楽ランキング第23位は徳永英明の「壊れかけのRadio」でした。

前作の「夢を信じて」に続くシングルで、ドラマ「都会の森」の主題歌に採用されました。久々の作詞作曲両方を手がけた曲です。
子供時代から思春期を経て大人になって純粋な少年から複雑な社会へ出ての葛藤を、少年時代に聴いていたラジオから何も聞こえなくなってきたという変化を壊れかけのradioに例えて歌った切ない曲です。

2020年1月16日 (木)

今日の音楽 1月16日 田園交響曲(ヴォーン=ウィリアムズ)

ヴォーン=ウィリアムズの交響曲第3番「田園交響曲」は1922年1月16日にエイドリアン・ボールトの指揮でロンドンで初演されました。

第一次大戦従軍中にラッパ吹きがオクターブの音程を間違えて7度音程で吹いていたところから発想を得た曲で第2楽章のナチュラルホルンのソロに活かされています。また、4つの楽章を通してテンポが速いのは第3楽章のコーダだけで、あとはモデラートやレントといった速度で統一されています。

田園交響曲というタイトルが付けられていますが、ベートーヴェンの田園のような具体的な田園風景を描いたものではなく曲調は印象派的な部分もあり、終楽章にはソプラノのヴォカリーズが加わります。

どちらかといえば、対戦中に働いていた野戦病院から見るフランスの田園風景からの着想で追悼の意味合いも感じられる曲です。

2020年1月15日 (水)

今日の音楽 1月15日 組曲「道化師」

プロコフィエフの組曲「道化師」は1924年1月15日にルールマンの指揮でブリュッセルで初演されました。

1921年5月にバレエ・リュスによって初演されたバレエ「道化師」(7人の道化師をだました道化師の物語)から12の曲を選んで編曲された交響組曲で、プロコフィエフ自身はこの中から5~8曲程度を抜粋して演奏するという事を前提としています。

  1. 道化師とその妻
  2. 道化師の妻の踊り
  3. 彼らの妻を殺した道化師たち
  4. 若い女に化けた道化師
  5. 第3間奏曲
  6. 道化師の娘たちの踊り
  7. 商人の到着とあいさつの踊り、嫁選び
  8. 商人の寝室にて
  9. 山羊に変わった
  10. 第5間奏曲と山羊の埋葬
  11. 道化師と商人との争い
  12. 終幕の踊り

の12曲です。後期の曲に比べるとリズムは先鋭化していませんし、和音も古典的なものに近いので楽しく聞きやすい曲です。

 

 

2020年1月14日 (火)

今日の音楽 1月14日 トランシルヴァニア舞曲

バルトークのトランシルヴァニア舞曲は1932年1月14日にフレッチャの指揮でブダペストで初演されました。

バルトークが1915年に作曲したピアノのためのソナチネを編曲した作品です。3つの曲からできていますがトータルで4分程度の短い曲です。原曲ではそれぞれに「バグパイプ吹き」「熊踊り」「終曲」というタイトルがつけられていますが、管弦楽版ではタイトルは削除されています。

現在ルーマニアの領内にある吸血鬼ドラキュラで有名なトランシルヴァニア地方は当時はハンガリー領内にあり、コダーイとともにハンガリーの民俗音楽を収集していたバルトークによって民族音楽の旋律5曲に基づいて作られた作品です。

2020年1月13日 (月)

今日の音楽 1月13日 プリティ・ウーマン

映画「プリティ・ウーマン」は1990年12月に日本で公開されました。

リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが共演した「マイ・フェア・レディ」を下敷きにした現代版シンデレラ・ストーリー。前年「マグノリアの花たち」でゴールデングローブの助演女優賞を受賞していたジュリア・ロバーツは、この作品で主演女優賞を受賞しました。

主題歌に使われたのが1964年にロイ・オービソンが発売した「オー・プリティ・ウーマン」です。当時は全米1位の大ヒットを記録した曲で、1982年にはロック・バンドのヴァン・ヘイレンによってカバーされBillboardの12位を記録しています。

2020年1月12日 (日)

今日の音楽 1月12日 夢を信じて

1990年の邦楽年間ランキング第18位は徳永英明の「夢を信じて」でした。

徳永英明の9枚目のシングルで彼自身の最大のヒット作品となっています。アニメ「ドラゴンクエスト」のエンディング・テーマとして使われています。

夢を信じて、という歌詞が未来へ前向きにという意味である事もあり東日本大震災のチャリティーアルバムにも収録されています。

2020年1月11日 (土)

今日の音楽 1月11日 組曲「ローマ」

ビゼーの組曲「ローマ」は1863年1月11日にパドルーの指揮でシルク・ナポレオンで公開初演が行われました。

ビゼーがローマ大賞を受賞してローマに留学し、その帰途にイタリア中を旅行して回った際の印象を4つの楽章の交響的作品にしたもので、交響曲と組曲と両方の名称で呼ばれています。

当初は「序奏とアレグロ」「アンダンテ」「スケルツォ」「カーニヴァル」というタイトルが付けられましたが現在は削除されています。

ビゼー自身がこの作品に不満だったようで、未完成作品のように言われる事もありますが、実際には完成された作品です。あまり演奏される事は多くありません。

2020年1月10日 (金)

今日の音楽 1月10日 ドライビング Miss デイジー

映画「ドライビング Miss デイジー」は日本では1990年5月に公開されました。

アメリカ南部を舞台に年老いたユダヤ系の未亡人とアフリカ系の運転手の交流をユーモラスに描いたハートウォーミング・ストーリー。
元教師のユダヤ系老婦人デイジーは買い物に出かける際に運転を誤って隣家の垣根に突っ込んでしまい、見かねた息子のブーリーが初老の黒人ホークを運転手として雇います。デイジーは自分がイヤミな成金と思われるのがイヤで、この運転手を拒み続けますが、ホークの真面目な仕事ぶりと正直な人柄に惹かれて受け入れていきます。ユダヤ人や黒人に対する人種的な偏見を経験しながら長年仕えていた家政婦の急死でホークとの絆はさらに深まって行きます。

やがてデイジーは認知症になりますが、ホークはデイジーに優しく接していきます。認知症が進んで体も衰えたデイジーは老人ホームで暮らすようになり、そこをホークとプーリーが訪れ、ホークとデイジーは出逢った頃のような軽妙な会話を楽しみ、またプーリーが未だにホークに運転手としての給料を支払っているという優しさを知ります。

この作品はアカデミー賞、ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞しデイジー役のジェシカ・タンディは主演女優賞を受賞しました。ジェシカ・タンディは最高齢のアカデミー主演女優賞受賞者となっています

また、ホークを演じたモーガン・フリーマンにとってはこの作品が出世作となりアカデミー主演男優賞にはノミネートされ、ゴールデングローブの主演男優賞を受賞しています。この後知的で温かみのある男優として「ショーシャンクの空に」「セブン」「ディープ・インパクト」などに出演し、2004年には「ミリオン・ダラー・ベイビー」でアカデミー助演男優賞を受賞しています。

息子のプーリーを演じたのは「ブルース・ブラザーズ」や「ゴースト・バスターズ」で知られるダン・エイクロイドでした。

音楽は「レインマン」や「ライオンキング」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などを担当したハンス・ジマーです。

2020年1月 9日 (木)

今日の音楽 1月9日 クリスマス・イブ

1990年の年間邦楽ランキング第13位は山下達郎の「クリスマス・イブ」でした。

元々は1983年に山下達郎の12作目のシングルとして発売された曲です。バロック音楽を意識して作曲され、間奏部ではパッヘルベルの「カノン」を引用。一人アカペラをやるために間奏の8小節に48テイクを要したそうです。発売当初はオリコンチャートでは最高位44位でしたが、毎年クリスマス・シーズンになるとラジオなどでは頻繁にかけられてチャートも上昇していました。1988年にJR東海の「ホームタウン・エクスプレス(X'mas編)」のCM音楽として採用されると徐々に知名度が上昇し89年に牧瀬里穂が出演したバージョンが人気を博しチャートをかけのぼり1位に達しました。

今もなお、日本を代表するクリスマス・ソングとして多くの歌手にカバーされ歌われ続けています。

 

2020年1月 8日 (水)

今日の音楽 1月8日 フィールド・オブ・ドリームス

1990年の日本での映画興行収入第16位は「フィールド・オブ・ドリームス」でした。

「野球」を題材とした映画で、男の夢とかロマンと家族の絆を主題にした映画でした。アメリカではアカデミー作品賞などにノミネートされました。

アイオワ州の田舎町に住む貧しい農場主のキンセラは若い頃に父親と喧嘩をして家出をして、それ以来生涯一度も父親の顔を見ることすらなかったことを悔やんでいました。

ある日自分のトウモロコシ畑を歩いているとナゾの声「それを造れば、彼が来る」を耳にしてからは家族の支持を得ながら取り憑かれたようにトウモロコシ畑を切り拓いて野球場を造り上げました。その後はしばらく何もおこらず周囲の人達からは嘲笑の対象になっていました。

そんなある日の晩に娘が野球場に人影をみつけました。それこそは1919年に起きた球界を揺るがした八百長事件「ブラックソックス事件」で球界を永久追放されて、失意のうちに生涯を終えたシューレス・ジョーことジョー・ジャクソンでした。

「ブラックソックス事件」はシカゴ・ホワイトソックスとシンシナティ・レッズのワールド・シリーズでホワイトソックスの主力メンバーが賭博がらみの八百長で敗退した事件。シューレス・ジョーはマイナー・リーグ時代の足に合わない小さなスパイクしか持っておらず靴擦れでマメが出来たため、さる試合で裸足でプレーをしたことからこの愛称で呼ばれるようになった選手。1911年には打率.408を記録しています。現在でも本当に八百長に関与したかどうかは闇の中のようです。

この作品はケビン・コスナーの出世作で、翌年には「ダンス・ウィズ・ウルブス」で主演兼監督を勤め、アカデミー監督賞を受賞しています。

私は非常に好きな作品ですが、家内は全く意味がわからないと言っています。どうも現実主義的な女性には意味不明な作品なのかもしれないなあ、と当時思ったものでした。

音楽はコクーンやエイリアン2を担当したジェームズ・ホーナーでした。

2020年1月 7日 (火)

今日の音楽 1月7日 ハープのための即興曲(フォーレ)

フォーレのハープのための即興曲変ニ長調op.86は1905年1月7日にミシュリーヌ・カーンの演奏で初演されました。

フォーレはピアノのための即興曲を5曲作曲していますが、ハープのための即興曲はこれ1曲です。即興曲第6番というタイトルでも表されますが作曲されたのは第3番と第4番の間なので、あまり番号で呼ぶのはよろしくないと思います。

この曲は、パリ音楽院のハープ科の教授であったアッセルマンのクラスの課題曲として、アッセルマンの助言を受けながら作曲されたものです。初演を行ったカーンもアッセルマンの弟子のひとりでした。課題曲のため高度なテクニックを要求される曲で今でも世界中のハープ奏者の重要なレパートリーとなっています。後にピアニストのコルトーによってピアノに編曲され出版された時に第6番という番号が付けられました。

2020年1月 6日 (月)

今日の音楽 1月6日 寄港地

イベールの交響組曲「寄港地」は1924年1月6日にパレー指揮コンセール・ラムルー管弦楽団の演奏で初演されました。

イベールがローマ大賞を受賞してローマ留学中に提出され、出世作となった作品。
第一次大戦中に海軍士官になって地中海を公開して寄港した各地の様子とスペイン旅行から得た印象を盛り込んだ曲です。

第1曲 ローマ - パレルモ  ローマを出港してシチリア島のパレルモへ向かう公開の描写。静かな海の情景と南国の喧騒から構成されています。
第2曲 チュニス - ネフタ  チュニジアの港町チュニスから奥地のネフタへ向かう旅で、アラビア風のエキゾチックな音楽となっています。
第3曲 バレンシア スペインの情景をセギディーリャなどスペイン情緒を表す音楽です。

 

2020年1月 5日 (日)

今日の音楽 1月5日 さよなら人類

1990年の邦楽年間ランキング第4位は、たまの「さよなら人類」でした。

当時音楽界を席捲していたTBS系の「いかすバンド天国」(通称イカ天)の第14代キングとなったのが「たま」でした。バンドの登竜門となったこの番組から出た数あるバンドの中で、オリコン登場1週目にしていきなり第1位となったのが「さよなら人類」でした。

宝酒造のCMにも使われました。「たま」もその後はヒット曲は出せず、イカ天から出たバンドも多くはメジャーにはなれず、一発ぐらいで忘れられてしまうものが多かったように思います。

 

2020年1月 4日 (土)

今日の音楽 1月4日 ゴースト ニューヨークの幻

1990年の日本での映画興行収入第5位は「ゴースト ニューヨークの幻」でした。

ロマンス、ファンタジー、ホラー、コメディ、ミステリーといったたくさんの要素が詰まった作品。

銀行員のサムと陶芸家のモリーは仲の良い恋人。ある日観劇の帰りにサムが暴漢に襲われ亡くなってしまいます。その暴漢はさらにモリーのアパートへ侵入して家捜しをはじめます。サムはゴーストとなってモリーを守るうちに、霊媒師のオダ=メイと出会い彼女には自分が見え言葉もわかる事がわかり、オダ=メイを使ってモリーとのコンタクトをとろうとしますが、サムの同僚で友人のカールはオダ=メイをペテン師と決め付けます。やがてカールが不正を隠すためのサム殺しの黒幕であった事を知りますが、モリーはオダ=メイが詐欺の前科がある事を知って信用しなくなります。

サムはカールこそが黒幕だったという事、モリーにも危険が迫っている事をオダ=メイを通じてモリーに訴えようとし、オダ=メイがサムとモリーしか知らない事実を知っている事がわかり、ようやくオダ=メイを信用し、カールはゴーストのサムの反撃を受けて自ら事故死してしまい、モリーへの危険がなくなったと共に、サムは天国へ旅立って行きます。

というストーリー。モリー役のデミ・ムーアはこの作品でブレイクし、オダ=メイ役のウピー・ゴールドバーグはアカデミー助演女優賞を受賞しました。

音楽はモーリス・ジャールが担当しましたが、何と言っても、モリーとサムが一緒にろくろを回すシーンと、ライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」が有名です。この曲は1965年にライチャス・ブラザーズが発売した曲ですが当時はあまり売れず、この映画のヒットで大ヒットを記録しました。日本でもオリコンの洋楽チャートで11週間1位となっています。

2020年1月 3日 (金)

今日の音楽 1月3日 エリー・マイ・ラヴ

1990年オリコンの洋楽で2位(全体では47位)だったのがレイ・チャールズの「エリー・マイ・ラヴ」でした。

アメリカのレジェンド歌手レイ・チャールズがサザン・オールスターズの「いとしのエリー」をカバーした曲です。サントリー・ウィスキー「ホワイト」のCMソングとして使われ日本でのレイ・チャールズの曲の売上ナンバーワンとなりました。

歌詞は原曲をそのまま訳したものではなく、曲もジャズ調になっています。

2020年1月 2日 (木)

今日の音楽 1月2日 おどるポンポコリン

1990年の邦楽ランキング第1位は、B.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」でした。

長戸大幸プロデュースのビーイングで企画され誕生したB.B.クイーンズ(B.B.は ビーイングのBと、レコードレーベルであったBMGルームスのB)のデビューシングル。アニメ「ちびまる子ちゃん」の初代エンディング・テーマに使われて大ヒットしました。

B.B.クイーンズのメンバーは日本を代表するブルース歌手のひとり近藤房之助と坪倉唯子を中心に結成されたもの。作詞は亜蘭知子とともに漫画の原作者であるさくらももこが係わって、作曲は織田哲郎が行っています。

 

2020年1月 1日 (水)

今日の音楽 1月1日 バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2

明けましておめでとうございます。今年も、勝手に今日の音楽を続けさせていただきます。
その日にゆかりのあるクラシック音楽と、年代別の音楽の歴史(自分が知っている洋楽、邦楽、映画音楽や自分の演奏史)を引き続き振り返って行きます。

1990年の日本での映画興行収入第1位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」でした。

大ヒットした「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編。元々はPART2とPART3は1つの作品として作られる予定だったそうですが、長大になってしまったため2つに分けたそうです。

今回は未来を舞台にした作品で、未来においてマーティの息子がトラブルを起こすことがわかり、それを回避するために30年後にタイムスリップするというストーリー。それにデロリアンを盗んで未来へ行きスポーツ年鑑を手にしてスポーツ賭博で金持ちになったビフから本来の未来を取り戻すために動き回るというストーリー。

この30年後の未来というのが2015年であり、現在の我々にとっては既に過去になっているため、バック・トゥ・ザ・フューチャーで考えられていた2015年と現実の2015年の違いを比べながら見るのも面白いかもしれません。

音楽は前作同様アラン・シルヴェストリ。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »