ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ

2019年9月15日 (日)

今日の音楽 9月15日 テイク・オン・ミー

テイク・オン・ミー Take on Me  a-ha  1985年Billboard年間ランキング第10位 最高位1位

a-haは英語歌詞で歌うノルウェーの3人組のバンドで1982年に結成され1983年にイギリスへ渡って活動を開始しました。1984年にノルウェー語の「テイク・オン・ミー」でデビューしましたが国内ではヒットしましたが、国際的には注目される事はありませんでした。

1985年にアレンジし直されて英語で歌って再リリースされた「テイク・オン・ミー」が全米1位、全英2位の大ヒットとなり世界的に知られるグループとなったわけです。

1987年には映画「007 リビング・デイライツ」の主題歌を担当し1984年にはリレハンメル・オリンピックのテーマ曲の提供をするなど活躍しましたがその後3人はソロ活動に専念。1998年にバンド活動を再開しましたが2010年に解散。2015年に30周年を記念して再結成パフォーマンスを行うなど断続的に活動はしています。

「テイク・オン・ミー」はメンバー共同による作詞作曲で冒頭のファルセットが印象的。実写とロトスコープを使った鉛筆によるアニメーションの組み合わせによるMTVもヒットの手助けをしています。


2019年9月14日 (土)

今日の音楽 9月14日 朝の歌

エルガーの朝の歌op.15-2 の管弦楽版は1901年9月14日にクイーンズ・ホールでヘンリー・ウッズの指揮で初演されました。

原曲は、ヴァイオリンとピアノのための曲で1899年に出版されています。「夜の歌」op.15-1と対をなす曲で、管弦楽版の初演は「夜の歌」と同日に行われています。

わずか3分ほどの小品ですが愛らしいメロディの曲です。

2019年9月13日 (金)

今日の音楽 9月13日 ミサ曲ハ長調(ベートーヴェン)

ベートーヴェンのミサ曲ハ長調op.86は1807年9月13日にアイゼンシュタットのエステルハージ邸で初演されました。

ニコラウス・エステルハージからの委嘱で作曲したミサ曲です。1807年というのは「運命」「田園」といったベートーヴェンの傑作が作曲されていた頃のもので、晩年に作曲された「ミサ・ソレムニス」に比べると知名度は低いものの傑作のひとつと言っても過言でない作品です。

ミサ曲の要素が「キリエ」「グローリア」「クレド」「サンクトゥス」「アニュス・デイ」という5つの楽章から構成されています。初演の評価は良くなかったようで、特に委嘱したエステルハージ公が気に入らなかったと伝えられています。エステルハージ公はハイドンを崇拝していたという事もあり美しさを讃えたこの曲が気に入らなかったためと思われます。

この初演に満足しなかったベートーヴェンは翌年の12月22日に行われた交響曲第5番、第6番、ピアノ協奏曲第4番などの公開初演が行われた演奏会で「グローリア」と「サンクトゥス」を再演しています。

2019年9月12日 (木)

今日の音楽 9月12日 ヴァイオリン協奏曲第3番(モーツァルト)

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216は1775年9月12日にザルツブルグで作曲されました。

モーツァルトはヴァイオリン協奏曲を5曲作曲しています。ピアノ協奏曲に比べると影が薄いのですが、この曲はとても素晴らしい曲です。
特に第2楽章は非常に美しく、モーツァルトらしい楽章だと思います。

第2番の作曲からわずか3ヶ月しか経っていないのですが、かなり技術的にも進化しています。19才ぐらいの作品なので、伸び盛りだったのでしょうね。

2019年9月11日 (水)

今日の音楽 9月11日 アマデウス

映画「アマデウス」は1985年2月に日本で公開されました。

ピーター・シェーファーによるモーツァルトとサリエリの人生を描いた戯曲を映画化したもの。史実に沿ったものではありますが、大きく脚色されていて本当の史実とは異なっています。

主人公はモーツァルトですが、この作品の本当の意味での主役はサリエリです。天真爛漫で天才であったモーツァルトがザルツブルクの宮廷音楽家として雇われた時に、保守派の音楽家たちから疎まれ蔑まれたモーツァルトを表面上理解したふりをして、実は他の音楽家たちより強く彼への嫉妬心と憎しみをもった存在としてサリエリは描かれています。

この映画ではモーツァルトにレクイエムを依頼したのは、モーツァルトを衰弱させる目的だったサリエリという事になっていますが、現在の研究の結果としてはヴァルゼック伯爵という田舎の領主が自分の作品という事で発表するために秘密裏に依頼したというのが定説になっています。またサリエリは精神病で入院したわけではなく通風などによって死の直前まで入院していたという事もわかっています。

というようにこの映画は伝記映画と思って見てはいけない作品で、娯楽作品として見てもらいたい映画です。
映画では、下品で野卑なモーツァルトを選んだ神へのサリエリの反逆が大きなテーマになっています。

この映画では、モーツァルトの作品があちらこちらで使われています。冒頭の「ドン・ジョヴァンニ」の序曲の冒頭の音楽に続いて演奏されるのが交響曲第25番です。この25番は、モーツァルトの交響曲の中では、たった2曲しかない短調の曲です。有名な40番と同じト短調という事で初期の作品の中では最も知られた交響曲でした。

2019年9月10日 (火)

今日の音楽 9月10日 悲しみにさよなら

1985年邦楽年間ランキング第9位は安全地帯の「悲しみにさよなら」でした。

安全地帯は1973年に旭川で結成されアマチュアバンドとして活動していました。1981年には井上陽水に招かれて上京しバックバンドとして活動。1983年に1stアルバムを発表し、4枚目のシングル「ワインレッドの心」が大ヒットして、一躍メジャー・バンドとなりました。

「悲しみにさよなら」は安全地帯の9枚目のシングルとして2枚目のオリコン1位を獲得しています。

その後も「碧い瞳のエリス」「プルシアンブルーの肖像」や、井上陽水とのコラボ「夏の終わりのハーモニー」など立て続けにヒット曲を飛ばしましたが1992年から長期活動休止となり玉置はソロ活動や俳優業へと中心を移しましたが2001年から2003年までの間活動を再開、2003年から再度の活動休止がありましたが2010年に再度活動を開始、現在まで続いています。

2019年9月 9日 (月)

今日の音楽 9月9日 4つの厳粛な歌

ブラームスの4つの厳粛な歌op.121は1896年9月9日にウィーンで、ジスターマンスのバス独唱、ケーンラード・ボスのピアノで初演されました。

ブラームスが亡くなる前の年に完成したバスとピアノのための歌曲集、ブラームスにとって最後の歌曲となる曲です。3曲目までが旧約聖書、第4曲が新約聖書からテキストを取っています。テキストはルター聖書のためドイツ語です。

第1曲 人の子らに臨むところは獣にも臨むからである
第2曲 わたしはまた、日の下に行われるすべてのしえたげを見た
第3曲 ああ死よ、おもえを思い出すのはつらいことか
第4曲 たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても

こういう厳粛な内容で、しかもブラームスの死の直前という神聖な曲にもかかわらず、日本人はこの曲を聴くと、いきなりニヤリとしてしまいます。というのも・・・・第1曲目の冒頭が「こがねむし」という童謡と全く同じメロディ。そう、あの「こがねむしは金持ちだ・・」というメロディです。実はこのメロディ、ドヴォルザークの交響曲第8番の終楽章にもちょっと顔を出します。ブラームスを尊敬していたドヴォルザークが、このメロディを引用したかどうかは知りませんが。

2019年9月 8日 (日)

パイオニア交響楽団第32回定期演奏会のご報告

8月31日にパイオニア交響楽団の第32回定期演奏会が無事、大きな事故もなく終了いたしました。
ご来場頂いたお客様、ありがとうございました。

無事、事故も無くと書きましたが、実は私個人にとっては、無事な演奏で終わった、とは言えませんでした。
前半の「祝典序曲」と「仮面舞踏会」は何事も無く終える事ができましたが、後半のショスタコーヴィチの交響曲第5番は100%満足という結果にはなりませんでした。

この曲第1楽章の展開部のところでト音記号の非常に高い音域の音が出てきます。しかも音が飛ぶし、テンポも速い。アマチュア演奏家の多くはこの部分を演奏するために、指板の横などに目印をつける人も多いという演奏が難しい箇所です。目印をつけたところで簡単に弾けるというわけでも無いのですが、今回の本番では、練習時の苦戦からは考えられないぐらい巧く弾けました。これで張り切り過ぎたせいか、展開部が終わったあたりで、弓を持つ右腕が曲げ伸ばしできなくなってしまいました。靭帯かなんかを痛めてしまったかと思い、最悪ステージからリタイアも頭を過ぎりました。幸いこの後は暫くは強い音の場面があまりないので、腕さえ曲げなければ弾けるので、休みの場面では必死にマッサージをしながら何とか弾いたのですが、なにしろ集中力が欠如しているので、1ヶ所テンポが緩くなるところで指揮よりも飛び出ししてしまいました。第1楽章の後半は大きな音を出す場面が少ないので何とか弾けるのですが、その後待ち構えているのが、チェロとコントラバスのダウン弓の連続ではじまる第2楽章。ここは今の状況では弾けません。腕揉みをずっと続けている内に、ちょっとずつ筋肉が柔らかくなって来たようです。(結局は筋肉が攣った状態になったようです)第1楽章の最後までには多少の痛みは残るものの、運動障害は解決。第2楽章には何とか間に合いました。

ただ、演奏中に腕が攣ったなどという事は初めてのこと。老化が進んじゃったんでしょうかね。

それ以外では自分としては弾けた演奏会だったと思います。ただ、本番で興奮すると速くなっていくというオーケストラの習性は健在で、第2楽章の冒頭もオーケストラが速くなるのを必死に抑えながら弾きましたが、最終楽章は異常に速くなってました。

次回の演奏会は来年3月ですが、モーツァルトのジュピターとシューマンのライン、ワーグナーのリエンチ序曲というオーストリア・ドイツプロ。久しぶりに譜面自体を演奏するのも難しいというプログラムになります。個人の技術の見直しには良いプログラムだと思いますので、練習すると同時に、腕をもう少し鍛えないとね。

 

 

 

今日の音楽 9月8日 ウィ・アー・ザ・ワールド(USA フォー・アフリカ)

ウィ・アー・ザ・ワールド We are the World  USA フォー・アフリカ 1985年Billboard年間ランキング第20位 最高位1位

アフリカの飢餓救済のためにアメリカのスーパースターが集結したプロジェクトが USA フォー・アフリカでした。前年にイギリスのスーパー・スターが集まって同目的のために結成された「バンド・エイド」によるチャリティ・ソング「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」が話題になり、これに触発されてハリー・ベラフォンテが提唱したもの。

ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソンが共同で曲を書き、クインシー・ジョーンズがプロデュースをして完成したのが「ウィ・アー・ザ・ワールド」でした。楽曲自体も当時アメリカ国内だけでシングル400万枚、アルバム300万枚を売上、最終的にはシングルが750万枚の売上となりました。またメイキングを含めた映像商品もヒットして売上金額は6300万ドルとなりすべての印税がチャリティとして寄付されています。

参加メンバーは、上記メンバーのほか、ジャズ・ボーカリストのアル・ジャロウ、カントリーの大御所ウィリー・ネルソンとケニー・ロジャース、スティビー・ワンダー、ケニー・ロギンス、キム・カーンズ、ジェームズ・イングラム、シンディ・ローパー、シーラ・E、スティーブ・ペリー、スモーキー・ロビンソン、ダイアナ・ロス、ダリル・ホール&ジョン・オーツ、ディオンヌ・ワーウィック、ティナ・ターナー、ヒューイ・ルイス、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーン、ベット・ミドラー、ポンター・シスターズ、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、レイ・チャールズなど超豪華メンバーでした。

2019年9月 7日 (土)

今日の音楽 9月7日 ビバリーヒルズ・コップ

1985年の日本での映画興行収入ランキング第19位は「ビバリーヒルズ・コップ」でした。

エディ・マーフィーが主演した痛快アクション・コメディ。デトロイト市警察本部の刑事アクセルが何故か管轄外のビバリーヒルズで大活躍をするアクション作品。所轄の署長などかからは煙たがれますが、最後は勧善懲悪のハリウッド的作品となっています。

この後1987年に「ビバリーヒルズ・コップ2」が1994年に「ビバリーヒルズ・コップ3」が製作されました。

音楽はハロルド・フォルターメイヤー。サウンドトラックは28回グラミー賞のBest Score Soundtrackを受賞しています

2019年9月 6日 (金)

今日の音楽 9月6日 恋におちて

1985年の邦楽ランキング第3位は小林明子の「恋におちて」でした。

大学時代から軽音楽同好会のロックバンドでキーボード奏者を経験し、大学卒業後音楽出版社に勤務した後、作曲家として1984年にデビューしました。翌年にTBS系のドラマ「金曜日の妻たちへⅢ」の主題歌「恋におちて -Fall in love-」で歌手デビュー。いきなり大ヒットとなりました。その後も歌手活動を続けましたがデビュー曲を超えるヒットには恵まれていません。また作曲活動も続けています。

「恋におちて -Fall in love-」は作詞が湯川れい子、作曲が小林明子で元々は勤務先の歌手に歌ってもらうつもりで作曲したものの、その歌手が引退して自分で歌うことになったそうです。歌詞の中で英語で歌われる部分がありますがこの部分は山口美江が担当していますが、所々文法が間違っている部分があるのはご愛嬌です。

 

2019年9月 5日 (木)

今日の音楽 9月5日 ルール・ザ・ワールド

ルール・ザ・ワールド Everybody Wants to Rule the World  ティアーズ・フォー・フィアーズ 1985年Billboard年間ランキング第5位 最高位1位

ティアーズ・フォー・フィアーズはローランド・オーザバルとカート・スミスを中心とし1980年代を中心に活躍したブリティッシュ・ロックバンド。「ルール・ザ・ワールド」は彼らの初の全米1位シングルでした。日本でもノエビア化粧品のCMソングなどで使用されていました。

 

2019年9月 4日 (水)

今日の音楽 9月4日 ネバー・エンディング・ストーリー

1985年の国内での映画興行収入ランキング第5位は「ネバー・エンディング・ストーリー」でした。

原作はミヒャエル・エンデの「はてしない物語」。いじめられっ子の主人公バスチアンが飛び込んだ書店でみつけた「ネバーエンディング・ストーリー」という本は読んだ本人が物語の主人公になれるという本。書店主は「本は読み終われば現実に戻されるから危険な本だ」と止めるが、バスティアンは本を盗んで、学校をさぼって自宅の屋根裏で読み始めます。

「無(The Nothing)」による崩壊の危機に瀕した「ファンタージェン」を救うために旅だった勇者「アトレイユ」だが、次第に「無」の支配が広がって行きます。それを救えるのはアトレイユでもなく王女でもない・・・というストーリー。
映画の最後のシーンが原作と異なるなどの理由で、原作者とこの映画は裁判にまで発展したそうです。

「ファルコン」、「ロックバイター」などのキャラクターもストーリーも、映画の出演者も殆ど子供ばかり、という事などから、かなり子供向けの内容ですが、「無」(実は無関心だったり、虚無思想だったり)という子供にはわかりにくいテーマを扱っているという事もあって、ちょっと中途半端感が漂う映画でした。この映画は原作とは関係なく続編、パート3も作られましたが、ヒットしませんでした。

主題歌はカジャ・グーグーの元ヴォーカリストだったリマール。曲は大ヒットしました。

2019年9月 3日 (火)

今日の音楽 9月3日 ミ・アモーレ

中森明菜の「ミ・アモーレ」は1985年の邦楽ランキング第2位でした。

ここでは、あんまりアイドル歌手は扱わないのですが、中森明菜は別格のひとりとして登場させました。
と言っても特別なファンでもなく、レコードは1枚も持っていませんが、アイドルの域を出た歌手だったと思います。
この曲は中森明菜の11枚目のシングル。ミ・アモーレというタイトルはスペイン語のMi(私の)とイタリア語のamore(愛)がくっついた言葉で、作詞家の無知によるタイトルと言われてしまったために、ポルトガル語のMeu Amore eに無理やり作り変えたという、まあどうでも良いエピソードがあります。

さらに、歌詞を変えてラテン色を強めた「赤い鳥逃げた」もこの後で発売になって、こちらも大ヒットしました。ミ・アモーレの方はセカンド・ラヴに次ぐ2番目の売上枚数ですが、個人的には「赤い鳥逃げた」のアレンジ・歌詞の方が好みです。

 

2019年9月 2日 (月)

今日の音楽 9月2日 ライク・ア・ヴァージン

ライク・ア・ヴァージン Like a Virgin  マドンナ 1985年Billboard年間ランキング第2位 最高位1位

1982年にデビューしセクシーなイメージを売りに1980年代後半を席捲したマドンナがブレイクした曲です。
アルバム「ライク・ア・ヴァージン」の先行シングルとして発売されたものです。

個人的には、マドンナ自体はこれより前に発売された「バーニング・アップ」から知っていましたが、こんなにブレイクするとは思っていませんでした。

2019年9月 1日 (日)

今日の音楽 9月1日 グレムリン

1985年の日本での映画興行収入第1位は、「ゴースト・バスターズ」、第2位は「グレムリン」でした。

「グレムリン」とは機械に悪戯をする妖精というのが本来の意味。この映画では、ルールや自然との調和を重視しない人間への批判という意味を込めているという事です。スピルバーグなどが製作総指揮をとり、ジョー・ダンテが監督しています。

チャイナタウンの骨董店を訪れた発明家ランダルが息子ビリーのクリスマス・プレゼントを物色中籠の中で歌っている生き物を気に入るが店主は売り物ではないと断る。しかし店主の孫が売ってしまう。ランダルは骨董店の息子と交わした3つの約束「①光に当ててはいけない②濡らしてはいけない③真夜中過ぎに食べ物を与えてはいけない」をビリーに約束させ「ギズモ」と名づけて飼い始めるが、偶然が重なって1つづつ約束が破られ、ギズモから悪戯好きで残虐なグレムリンが分裂し町中をパニックに陥れる。

ビリーと恋人のケイトは、グレムリンを退治するために奮闘し、ようやく平穏が訪れる。ビリーの元に骨董屋の店主が訪れギズモを引き取って行くが最後に「約束とはどういうものか分かったでしょう。いつか君たちにもモグワイを飼う資格を得る時が来る」と語る。

というお話。ビリーの恋人を演じたのがフィービー・ケイツ。最も可愛い時期でした。グレムリンたちが映画館で「白雪姫」を見ながらコーラスをするシーンは圧巻。専門家の評価は高くありませんでしたが、日本では大ヒットし、私も面白かったと思います。映画は理屈ばかりじゃありませんから。

音楽は巨匠のジェリー・ゴールドスミス。

« 2019年8月 | トップページ