ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月26日 時への誓い | トップページ | 今日の音楽 7月28日 プライベート・スクール »

2019年7月27日 (土)

今日の音楽 7月27日 春なのに

1983年邦楽年間ランキング第31位は柏原よしえの「春なのに」でした。

柏原よしえは1980年に14歳で「No.1」でデビューしています。デビュー2年目ぐらいに仕事の関係でちょっと接点がありましたが、普段は普通の女の子で、歌い方は10代半ばとは思えない大人びたものでした。

7枚目のシングル、「ハロー・グッバイ」がオリコン6位で初めてベスト10入りすると、それ以降は18曲連続のベスト10と安定した人気を保ちました。11枚目のシングルは谷村新司作詞作曲の「花梨」、そして12枚目が中島みゆき作詞作曲の「春なのに」。今でも卒業シーズンの定番曲のひとつとして歌われています。

その後も阿木燿子・宇崎竜童コンビの「ちょっとなら媚薬」、松山千春の「タイニー・メモリー」、中島みゆきの「カム・フラージュ」「最愛」「ロンリー・カナリア」、高見沢俊彦の「し・の・び愛」、五輪真弓の「春ごころ」など作曲家ではなくシンガー・ソングライターによる作品を多く提供してもらって10代でアイドルから脱皮した歌手になりました。

« 今日の音楽 7月26日 時への誓い | トップページ | 今日の音楽 7月28日 プライベート・スクール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 7月26日 時への誓い | トップページ | 今日の音楽 7月28日 プライベート・スクール »