ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月1日 待つわ | トップページ | 今日の音楽 6月3日 素直になれなくて »

2019年6月 2日 (日)

今日の音楽 6月2日 歌劇「アルジェのイタリア女」序曲

1982年の高校OBオーケストラの前プロ曲は、ロッシーニの歌劇「アルジェのイタリア女」序曲でした。

ロッシーニのオペラの中には現在はあまり上演されない物も多いのですが、序曲は非常に人気が高く単独で演奏される機会が多いですね。特にアマチュアオーケストラでは結構演奏されます。
理由はいくつかありますが、ひとつは一部の曲を除けば構成がわかりやすく、難易度もそれほど高くない事、ロッシーニ・クレッシェンドと言われるように後半に向かって盛り上がるように作曲されているので、演奏効果が高い事、長さも7~8分程度で飽きない事などかな。前年ながら最も人気の高い「ウィリアム・テル」は冒頭のチェロの五重奏という難関があるため(アマチュアオーケストラで、そこそこ弾けるチェロの団員5人以上在籍しているオーケストラは多くありません)か、あまり演奏されませんが、「セヴィリアの理髪師」「どろぼうかささぎ」「絹のはしご」や「アルジェのイタリア女」などはよく演奏されます。

この曲も冒頭は弦楽器のピチカートでおとなしく始まりますが、そのあとは明るくて活発な曲。演奏する側でも楽しく演奏できる曲です。

« 今日の音楽 6月1日 待つわ | トップページ | 今日の音楽 6月3日 素直になれなくて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 6月1日 待つわ | トップページ | 今日の音楽 6月3日 素直になれなくて »