ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 | トップページ | 今日の音楽 5月18日 ニューヨーク・シティ・セレナーデ »

2019年5月17日 (金)

今日の音楽 5月17日 カヴァレリア・ルスティカーナ

マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」は1890年5月17日にローマのコンスタンツィ劇場で初演されました。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は19世紀末から20世紀にかけてイタリアで隆盛したヴェリズモ・オペラの代表作です。イタリアの小説化ヴェルガの同名小説に基づく戯曲を1幕もののオペラにした作品で、題名は「田舎の騎士道」というもの。シチリアの田舎の男女間の三角関係と復讐劇といった内容で、ヴェリズモ・オペラらしい三面記事的な内容です。

内容は、結構くだらないものですが、音楽はとても素晴らしい。というのがヴェリズモ・オペラの特徴で特に場面転換の時に演奏される間奏曲は単独でも演奏されます。

間奏曲の原曲はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦4部とオーボエ、ハープにad libのオルガンだけ。最後の和音だけピッコロとフルートとクラリネットがほんの4~5秒程度演奏という、単独で演奏するには?の編成です。そこでオルガンのパートをコントラバスやオーボエ以外の管楽器が代奏することで演奏会曲目として使っているわけです。コントラバスはオルガンのペダルを担当するわけで、名曲なのですがあまり演奏したい曲ではありません。それでも3回か4回は演奏させられていますが・・・

« 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 | トップページ | 今日の音楽 5月18日 ニューヨーク・シティ・セレナーデ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 | トップページ | 今日の音楽 5月18日 ニューヨーク・シティ・セレナーデ »