ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月14日 ショッキング・ビートルズ | トップページ | 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 »

2019年5月15日 (水)

今日の音楽 5月15日 プルチネルラ

ストラヴィンスキーのバレエ「プルチネルラ」は1920年5月15日にパリ・オペラ座でバレエ・リュスによって初演されました。指揮はアンセルメでした。

ストラヴィンスキーが新古典主義の作風をとっていた時期の作品で、バレエ・リュスのディアギレフの依頼でペルゴレージの音楽に基づいた作品という事で依頼されて作曲されました。作曲と言ってもペルゴレージの音楽は編曲に近いもので、ディアギレフの要望とは異なる小編成で作曲されています。また、衣装・舞台セットのデザインをパブロ・ピカソが担当しており、何とも贅沢なバレエになって、パリの聴衆から大絶賛を受けました。

全曲版は18曲からなりクラリネットを除く2本ずつの木管楽器、ホルンとトランペット、トロンボーン各1、弦楽器5部の独奏と第1第2ヴァイオリン各4、ヴィオラ3、チェロ、コントラバス各3にソプラノ、テノール、バスの独唱という編成で35分程度の長さです。
1924年に編曲され1947年に改訂した組曲版は8曲で23分程度。上記編成から独唱を除いた編成です。

コントラバスはとっても難しい曲・・・らしいです。やった事無いので・・・

« 今日の音楽 5月14日 ショッキング・ビートルズ | トップページ | 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 5月14日 ショッキング・ビートルズ | トップページ | 今日の音楽 5月16日 ニューヨークの少年 »