ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月13日 ルパン三世カリオストロの城 | トップページ | 今日の音楽 4月15日 恋は魔術師 »

2019年4月14日 (日)

今日の音楽 4月14日 復活の日

1980年の日本での興行収入第3位は「復活の日」でした。

小松左京のSF小説の映画化作品。イギリスで試験中だった猛毒の新型ウィルスが産業スパイによって持ち出され、スパイの乗った飛行機がアルプス山中に墜落し世界中に蔓延。おびただしい犠牲者を出し人類を含めた地球上の脊椎動物が殆ど絶滅してしまいます。生き残ったのは南極に滞在していた各国の観測隊員と、海中を航行していた原子力潜水艦の乗組員だけ。南極の人々は国家を超えて「南極連邦委員会」を結成し人類再建に歩み始めます。

4年後、日本の観測隊の地質学者がアラスカへの巨大地震の襲来を予測。その地震をホワイトハウスが敵国の核攻撃と誤認してしまうと核弾頭を内蔵したICBMが自動発射され、それを受けた旧ソ連のARS(自動報復装置)も南極を爆撃する事が判明。

吉住やカーター大佐らは決死隊としてワシントンへ向かいホワイトハウスへ侵入するが到着寸前に地震が発生し核は発射されていしまいますが、南極は標的にならず、開発中のワクチンも完成します。

6年後、南極から南米へと残った人々が移住を開始しますが、そこへワシントンから生き延びて徒歩で大陸を縦断してきた吉住が帰還したところで物語りは終わります。

吉住は草刈正雄、カーター少佐はボー・スヴェンソン、女性ではオリヴィア・ハッセーが競演していました。

音楽は羽田健太郎が担当。主題歌はジャニス・イアンが歌った「ユー・アー・ラヴ」でした。

 

« 今日の音楽 4月13日 ルパン三世カリオストロの城 | トップページ | 今日の音楽 4月15日 恋は魔術師 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 4月13日 ルパン三世カリオストロの城 | トップページ | 今日の音楽 4月15日 恋は魔術師 »