ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 12月9日 トゥ・ラヴ・アゲイン | トップページ | 今日の音楽 12月10日 ハーリ・ヤーノシュ »

2018年12月 9日 (日)

パイオニア交響楽団 第31回定期演奏会・2

所属するパイオニア交響楽団の第31回定期演奏会は、何と!まだ松の内の2019年1月6日(日)にティアラ江東 大ホールで行われます。

幕開けの1曲目は、ニューイヤーという事を意識したヨハン・シュトラウス二世の喜歌劇「こうもり」序曲。「こうもり」は数あるウィーン・オペレッタの中でも最高の作品と言われるものでドイツ、オーストリアなどでは大晦日恒例の出し物となっています。
序曲も、大変に素敵な曲でシュトラウスの代表作のひとつと数えられています。
「こうもり」序曲は、オペレッタの中のメロディがふんだんに使われていてとても楽しい曲です。
序奏部の冒頭は飛び跳ねるようなフレーズで始まり、次いでオーボエのメロディで第3幕の三重唱のメロディが奏でられます。第2幕のフィナーレの6時を知らせる鐘の音が響くと第2幕終盤の舞踏会のワルツ、その後には第1幕の三重唱など次々と劇中のメロディが演奏されます。
実は、この曲は昨日12月8日にパイオニア交響楽団が出演した小江戸川越音楽祭で演奏した曲のひとつ。この時の指揮者はいつもトレーナーをお願いしている高橋先生。定期演奏会の指揮の黒岩先生のお弟子さんのひとりではありますが、曲の解釈は随分違っていて比較的オーソドックス。黒岩先生はいつも独特の音楽作りをされるので、短期間の違う指揮者による本番2回というのは結構難しいものだという事を味わいそうです。
とにかく華やかな世界が表現できれば成功と思っています。

« 今日の音楽 12月9日 トゥ・ラヴ・アゲイン | トップページ | 今日の音楽 12月10日 ハーリ・ヤーノシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイオニア交響楽団 第31回定期演奏会・2:

« 今日の音楽 12月9日 トゥ・ラヴ・アゲイン | トップページ | 今日の音楽 12月10日 ハーリ・ヤーノシュ »