ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月20日 なごり雪 | トップページ | 今日の音楽 10月22日 急流 »

2018年10月21日 (日)

今日の音楽 10月21日 ムーラン・ルージュ

イギリスのイージー・リスニングのアレンジャー、マントヴァニーは独自のカスケーディング・サウンドでヒット曲を生みました。

マントヴァーニは、他のポップス・オーケストラと異なる非常に特徴ある音楽作りをしています。カスケーティング・ストリングスというヴァイオリン・セクションを4つ程度のパートに分けて。メロディの部分をそれぞれのパートが代わる代わる演奏するというもの。前のパートの音が次のパートの音にかぶり、リバーブがかかったような効果が得られます。

これは、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の終楽章の冒頭にも登場するアイデアです。ヴァイオリンは普通メロディパートを演奏するのですが、実際はメロディをそのまま弾いているパートがひとつもないわけです。「悲愴」では第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが交互にメロディの音を弾きます。

他に「シャルメーニュ」「80日間世界一周」「グリーンスリーヴズ」など12曲ほどが全米のヒットチャートにチャートインしました。その中で最高位8位という最高ランキングに昇ったのが「ムーランルージュ」でした。

« 今日の音楽 10月20日 なごり雪 | トップページ | 今日の音楽 10月22日 急流 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月21日 ムーラン・ルージュ:

« 今日の音楽 10月20日 なごり雪 | トップページ | 今日の音楽 10月22日 急流 »