ウェブページ

紹介した音楽

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月1日 セヴィリアの理髪師序曲 | トップページ | 今日の音楽 10月3日 シェイク・ユア・ブーティ »

2018年10月 2日 (火)

今日の音楽 10月2日 スラヴ舞曲第1番

そして、高校オーケストラのアンコールはドヴォルザークのスラヴ舞曲第1番でした。中プロはブリテンのシンプル・シンフォニーでしたが、これはOBの私は不参加でした。

ドヴォルザークの交響曲がメイン・プログラムの場合のアンコール曲の定番といえばスラヴ舞曲です。編成が特殊でなく、時間も3分前後という事で、アンコールには最適だからだと思います。ドヴォルザークが尊敬するブラームスのハンガリー舞曲集に触発されて作曲したピアノ連弾のための曲が元です。ブラームスの場合も全21曲が管弦楽曲に編曲されていますがブラームス自身の手によるものは3曲だけで、残りは他の人の手によるものです。ドヴォルザーク自身も5曲の編曲を行っています。

スラヴ舞曲の場合は全16曲ドヴォルザークk自身が編曲しています。特に人気の高いのがこの第1集の第1番と第2集の第2番(通算第10番)です。

第1番はチェコの民族舞曲フリアントを使用した曲で、哀愁漂う第10番と対照的に威勢の良い曲です。ちなみに、この曲をアンコールとして弾いたのは(覚えていませんが)3回以上あったと思います。

« 今日の音楽 10月1日 セヴィリアの理髪師序曲 | トップページ | 今日の音楽 10月3日 シェイク・ユア・ブーティ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月2日 スラヴ舞曲第1番:

« 今日の音楽 10月1日 セヴィリアの理髪師序曲 | トップページ | 今日の音楽 10月3日 シェイク・ユア・ブーティ »