ホームページ

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月10日 交響曲第1番(マーラー) | トップページ | 今日の音楽 7月12日 旅の宿 »

2018年7月11日 (水)

今日の音楽 7月11日 交響曲第4番(ブルックナー)

後期ロマン派の交響曲の大家のもう一方の雄といえばブルックナーです。

ブルックナーの音楽を聴くようになってから暫く経つと、取っ付きにくさを感じるようになって、私自身はその後離れていってしまうのですが、当時はマーラーと並ぶ交響曲の大家として無理矢理聴いていた部分もあったように思います。

最初に聴いたブルックナーも、マーラー同様一番聴き易いと言われる曲、第4番「ロマンティック」でした。冒頭のお約束の原始雲の中からホルンのメロディが始まり一気にクライマックスに上り詰めます。こういう曲は、後が大変。最初にクライマックスが来ちゃうので余程魅力的に作曲しないと残りを退屈に過ごす事になってしまうからです。

で、この4番もちょっとそれに近いかなぁ。冒頭部分で一般ウケはしても、通からは駄作とされる原因かもしれません。

これをきっかけにマーラーとブルックナーの交響曲は勿論一通り聴いたのですが、私個人としてはマーラーは聞き続け、ブルックナーは次第に聞かなくなってしまいました。

原因は3つ。まずは、改訂が多すぎて何だか各曲を捉えにくい事。2つ目は、ブルックナー休止のせいで曲全体が流れるように聴けない事。3つ目は、オルガンの響きを金管楽器を中心に表現しているのが、長い曲を聴いていると耳障りになる事がある事。人それぞれですが個人的にはブルックナーは好きでない作曲家となってしまったわけです。(演奏すると結構面白いのですが・・・)

« 今日の音楽 7月10日 交響曲第1番(マーラー) | トップページ | 今日の音楽 7月12日 旅の宿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180679/66883453

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 7月11日 交響曲第4番(ブルックナー):

« 今日の音楽 7月10日 交響曲第1番(マーラー) | トップページ | 今日の音楽 7月12日 旅の宿 »