ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月5日 バラ色の雲 | トップページ | 今日の音楽 1月7日 ヘイ・ジュード »

2018年1月 6日 (土)

今日の音楽 1月6日 スラヴ舞曲第2集第2番

今日は久々の初演ネタです。

ドヴォルザークのスラヴ舞曲第2集op.72の第1番、第2番、第7番の管弦楽版は1887年1月6日にプラハで初演されました。

ブラームスはドヴォルザークの才能を高く評価し、出版社にドヴォルザークを紹介するなど支援をしてきました。またドヴォルザーク自身もブラームスを深く尊敬し、初期の作風にはブラームスの影響が色濃く出ていました。
出版社のジムロック社は、ブラームスの「ハンガリー舞曲集」の成功を受けて、ドヴォルザークにもスラヴ系の舞曲の作曲を依頼し1878年に8曲のスラヴ舞曲集というピアノ連弾用の曲を作曲しました。これが作品番号46のスラヴ舞曲集第1集でした。これは大人気となり、すぐに管弦楽に編曲し、こちらも大好評。
ジムロック社はこの成功を受けて続編の作曲を依頼して1886年に完成したのが作品番号72のスラヴ舞曲集第2集でした。これもすぐに管弦楽に編曲され、翌年1月に第1,2,7番の3曲が初演されました。
第2集は、チェコの舞曲中心だった第1集と違い、スラヴ地域全体の舞曲を取り入れています。
第2番は、スラヴ舞曲集全体の中で特に有名な曲で、様々な形に編曲されたり、CMやドラマなどでも使われています。8分の3拍子でドゥムカという舞曲になっています。非常にメランコリックな曲です。

« 今日の音楽 1月5日 バラ色の雲 | トップページ | 今日の音楽 1月7日 ヘイ・ジュード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 1月6日 スラヴ舞曲第2集第2番:

« 今日の音楽 1月5日 バラ色の雲 | トップページ | 今日の音楽 1月7日 ヘイ・ジュード »