ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

今日の音楽 11月30日 今日を生きよう ; Music for today Nov.30 Let's live for today

グラスルーツのベーシスト、ヴォーカリストだったロブ・グリルは1943年11月30日にハリウッドで生まれました。

グラスルーツは1960年代後半から70年代前半にかけて活躍したバンド。"Let's live for today"(今日を生きる)はイタリアのグループの曲のカバーで、1967年の大ヒット曲。もともとはアメリカのドリフターズの曲を下敷きに作られた曲なので、アメリカ発でイタリアを経由してアメリカに戻ってのヒットという珍しい曲です。
日本でもテンプターズがカバーしてヒットしました。

2017年11月29日 (水)

今日の音楽 11月29日 交響曲嬰ヘ調(コルンゴルト) ;Music for today Nov.29 Symphony in F sharp(Korngold)

作曲家コルンゴルトは1957年11月29日にハリウッドの脳溢血で亡くなりました。

コルンゴルトは当時オーストリア=ハンガリー帝国領だったモラビア地方のブリュンの生まれで、モーツァルトの再来と呼ばれる程の神童ぶりを発揮した作曲家でした。

ユダヤ系だったコルンゴルトは、多くのその時代の作曲家と同じくナチスの迫害を避けてアメリカに亡命し、そこで映画音楽の作曲家としても成功しアルフレッド・ニューマンやジョン・ウィリアムズなどの現代の映画音楽の作曲家たちの先駆者となっています。

コルンゴルトがただ1曲作曲した交響曲は(若い頃にシンフォニエッタは作曲しています)、第二次大戦終結後、映画音楽などの商業音楽に嫌気が差してきたころの作品でヨーロッパをナチスから解放したフランクリン・ルーズベルト大統領の追憶のために作曲したものです。コルンゴルトの作風の拍子の頻繁な変化や調性感の欠如という特徴は持っていますが、叙情的で親しみ易い旋律を用いて、当時のドイツ音楽とは一線を画す作品となっています。

2017年11月28日 (火)

今日の音楽 11月28日 平和の棕櫚 ;Music for today Nov.28 Friedenspalmen, Walzer

ヨゼフ・シュトラウスのワルツ「平和の棕櫚」op.207は1866年11月28日に初演されました。

1866年普墺戦争に大敗したオーストリアの暗い世相を振り払いたいがために作曲したもので、暗い世相を振り払おうという意図で作曲されました。

ちょっと天体の音楽に似た美しいメロディの曲です。

2017年11月27日 (月)

今日の音楽 11月27日 トッカータ(プロコフィエフ) ; Music for today Nov.27 Toccata(Prokofiev)

プロコフィエフのトッカータ ニ短調op.11は、1916年11月27日にプロコフィエフ自身のピアノ演奏でペトログラード音楽院小ホールで初演されました。

プロコフィエフがシューマンのトッカータに着想を得て作曲したピアノ小品です。ハ長調という表記がされているものが多いようですが、冒頭、終止ともにニ音で終わっており、記譜も♭1つなので、ニ短調の説を取る事にしました。確かに無調音楽に近く半音階が多いという事と、この曲の代表的な演奏者ホロヴィッツのCDの表記がハ長調だった事によって広まったようです。

プロコフィエフのピアノ曲は難曲が多いのですが、この曲も同音連打や大きな手が必要な音域など性格にリズムを刻む事が難しい曲のようです。

2017年11月26日 (日)

今日の音楽 11月26日 管弦楽のための協奏曲(ルトスワフスキ);Music for today Nov.26 Concerto for Orchestra (Lutosławski)

ルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲は1954年11月26日にワルシャワで初演されました。

1950年から54年に掛けて作曲されワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者ロヴィツキに献呈された曲で、ポーランドの民族音楽を旋律に用いた音楽です。
第1楽章は2つの主題による序曲、第2楽章は夜の奇想曲とアリオーソと題されたカプリチオ、第3楽章はパッサカリア、トッカータとコラールという具合に、バロック音楽の合奏協奏曲を意識した曲になっています。

2017年11月25日 (土)

今日の音楽 11月25日 パヴァーヌ(フォーレ) ;Music for today Nov.25 Pavane(Faure)

フォーレのパヴァーヌop.50は1888年11月25日にシャルル・ラムルー指揮ラムルー管弦楽団で管弦版の初演が行われました。

1886年にフォーレが2管編成(トランペットは無し)の小曲として作曲したもの。翌年にはモンテスキューの詩による合唱パートを追加しましたが、管弦楽だけで演奏される事が多いようです。

フルートに重点を置かれた甘美で崇高な曲で、その後本人がピアノ独奏にも編曲したほか、チェロやヴァイオリンなど様々な編曲が成され、ポピュラー音楽としても親しまれています。

2017年11月24日 (金)

今日の音楽 11月24日 輝ける7つの海 ;Music for today Nov.24 Seven Seas of Rhye

クイーンのフレディ・マーキュリーは1991年11月24日にエイズで亡くなりました。

シンセサイザーを使わず、ギターの多重録音、ヴォーカルの多重録音などを駆使して、新しいロックの形を示したクイーンのメイン・ヴォーカリストです。

「輝ける7つの海」はファーストアルバム「戦慄の女王」にインストロメンタル・ヴァージョンが収録されており、フレディ・マーキュリーの歌入りバージョンとしてシングル発売された初期のヒット曲です。私が始めてクイーンを聞いたのがこの曲。非常に新鮮なロックで、その後のクイーンの躍進を確信しました。

2017年11月23日 (木)

今日の音楽 11月23日 ナポレオンへの頌歌 ;Music for today Nov.23 Ode to Napoleon Buonaparte

シェーンベルクの「ナポレオンへの頌歌」op.41は、1944年11月23日に初演されました。

ナチスドイツから逃れてアメリカへ渡った時の作品でアメリカ作曲家連盟からの依頼によるものです。バイロンの詩「ナポレオンへの頌歌」に室内楽伴奏をつけたものです。

「ナポレオンへの頌歌」と言っても、ナポレオンを讃えるものではなく、フランス革命後のナポレオンを非難する内容で、シェーンベルクはこのナポレオンにヒトラーを重ね合わせて怒りをぶつけたものとして作ったと言われています。

2017年11月22日 (水)

今日の音楽 11月22日 宝のワルツ ;Music for today Nov.22  Schatz-Walzer

ヨハン・シュトラウス二世の宝のワルツop.418は、1885年11月22日に初演されました。

オペレッタ「ジプシー男爵」の中の3拍子のメロディを集めたワルツで、曲名は「ジプシー男爵」の中で宝物を見つけたときに流れるメロディに由来しています。

シュトラウスのワルツの中でも超有名曲ではありませんが、非常に美しいメロディの曲です。

2017年11月21日 (火)

今日の音楽 11月21日 変ホ調の交響曲 ;Music for today Nov.21 Symphony In E flat

ヒンデミットの変ホ調の交響曲は1941年11月21日にミトロプーロス指揮ミネアポリス交響楽団によって初演されました。

いわゆる「ヒンデミット事件」でナチスによって頽廃藝術の烙印が押されたヒンデミットは、ベルリンを追われてトルコ、スイスから1940年アメリカに移住。アメリカで作曲されたのが、この曲です。

アメリカ好みの作風の曲で、冒頭にファンファーレがあって、それが主題として第1楽章の骨格となっています。即物主義のヒンデミットですが、即物主義と言うとなんか乾いた曲を連想しますが、とてもドラマチックな曲です。

2017年11月20日 (月)

今日の音楽 11月20日 弦楽四重奏曲第9番(ショスタコーヴィチ) ;Music for today Nov.20 String Quartet No.9(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第9番変ホ長調op.117は、1964年11月20日にベートーヴェン四重奏団によって初演されました。

2番目の妻であるイリーナに捧げられた曲で5楽章の構成になっています。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の一番人気は第8番と言われていますが、第9番は第8番とは全く性格が異なる激しい音楽です。

通常の第2楽章に加えて第4楽章にも緩徐楽章を持ってきていて、それで25分程度という演奏時間はなかなかお徳な曲でしょう。

2017年11月19日 (日)

今日の音楽 11月19日 愛のメモリー ;Music for today Nov.19 Ai no Memory

歌手松崎しげるは1949年11月19日に東京都江戸川区で初演されました。

日大一高では野球をやっていたものの肩と肘をこわして断念、その後は音楽活動を始め日大藝術学部へ進んでバンド活動をしていたところ宇崎竜童にスカウトされてプロ・デビューをしました。

CMソングなどの活動をしていましたがヒット曲には恵まれませんでした。1976年にスペインのマジョルカ音楽祭で最優秀歌唱賞と第2位と健闘しましたが、日本では注目されず、翌年のグリコ・アーモンド・チョコのCMソング「愛のメモリー」が大ヒットして日本中に知られる歌手となりました。

今では日本を代表する実力派歌手のひとりとして活躍しています。

2017年11月18日 (土)

今日の音楽 11月18日 アンダルシア協奏曲 ;Music for today Nov.18 Concierto Andaluz

ロドリーゴのアンダルシア協奏曲は1967年11月18日にロメロスらのギター、アレッサンドロ指揮初演サン・アントニオ交響楽団の演奏で初演されました。

アランフェス協奏曲の成功を受けてギター以外のピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、チェロ協奏曲、ハープのための協奏曲などを作曲しましたが1967年にスペインのギターファミリーのロメロ一家からの委嘱で久しぶりにギターのために作曲した協奏曲が4本のギターのためのアンダルシア協奏曲でした。
バロック時代のコンチェルト・グロッソのような管弦楽との掛け合いと、独奏楽器同士の対話という形で作曲されています。画像を見るとなかなか壮観です。

2017年11月17日 (金)

今日の音楽 11月17日 弦楽五重奏曲(ブルックナー) ;Music for today Nov.17 String Quintet

ブルックナーの弦楽五重奏曲は1881年11月17日にウィーンにて非公開の初演が行われました。

数少ないブルックナーの室内楽曲の中で傑作と言われている曲。ウィーンで著名だったヴァイオリニストのヘルメスベルガーの勧めによって作曲されたと言われています。

ヘルメスベルガーよりスケルツォが良くないと言われてスケルツォの替わりに間奏曲を完成させましたが、当時ブルックナーはブラームスやハンスリックに酷評されており、この論争に巻き込まれたく無かったためかヘルメスベルガーはなかなか初演を行わなかったために、ブルックナーの弟子たちによる非公開の初演をする事になったようです。

その後、スケルツォを元に戻して6年後にヘルメスベルガーの四重奏団によって初演されましたが、こういった経緯があったためか、献呈はバイエルンのマクシミリアン・エマヌエル公に捧げています。

ブルックナーらしく45分という長大な曲で、ブルックナーの交響曲の特徴も持っている曲です。

2017年11月16日 (木)

今日の音楽 11月16日 ワルツ「北海の絵」 ;Music for today Nov.16 Nordseebilder

ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「北海の絵」op.390は1879年11月16日に初演されました。

1979年に医者の忠告によって夫婦でドイツ領のフェール島へ静養にでかけ、そこでの海の景色を描写して作曲したのが「北海の絵」です。初演は現地で行われ、その後ウィーンではエドゥアルト・シュトラウスの指揮で初演されました。3つの小さいワルツに序奏とコーダがついている曲で、日本的な北の海という感覚とは全く異なる暗さは感じられない曲です。

2017年11月15日 (水)

今日の音楽 11月15日 恋のダウンタウン ; Music for today Nov.15 Downtown

歌手で女優のペトラ・クラークは1932年11月15日にイギリスで生まれました。

ペトラ・クkラークは1960年代に活躍したイギリスを代表する女性歌手で、ハリウッド映画にも進出を果たしミュージカル映画「チップス先生さようなら」ではヒロインのキャサリン役を演じています。

代表曲は、「恋のダウンタウン」。疲れた時にダウンタウンに行ってみれば必ず元気をもらえ、ダウンタウンはあなたを癒してくれるはず、という内容。フランク・シナトラなど多くの歌手がカバーしています。

2017年11月14日 (火)

今日の音楽 11月14日 序曲「嫉妬」 ;Music for today Nov.14 Jealousy,overture

ヤナーチェクの序曲「嫉妬」は1906年11月14日にチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で初演されました。

ヤナーチェクの代表するオペラ「イェヌーファ」の序曲用に作曲したのが、この「嫉妬」です。ところが、この曲はあまりにインパクトが強くオペラの導入には適さないと判断したヤナーチェクが放棄したため、埋もれた作品になっていました。
結局1894年の作曲から10年以上経ってから初演される事になりました。

2017年11月13日 (月)

今日の音楽 11月13日 交響曲第1番(マルティヌー) ;Music for today Nov.13 Symphony No.1(Martinu)

マルティヌーの交響曲第1番は1942年11月13日にクーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団の演奏で初演されました。

クーセヴィツキー音楽財団の依頼によってクーセヴィツキー夫人に捧げられた曲です。
マルティヌーはチェコの生まれですがプラハ音楽院での授業に満足できずパリで作曲を学びましたが、ナチスのブラックリストに上げられた為、1941年にアメリカに渡り、そこで作曲したものです。

古典的な響きを感じさせる曲で、まだ新古典主義または新印象主義的な音楽に到達する前の作品です。

2017年11月12日 (日)

今日の音楽 11月12日 やさしい妹へ ; Music for today Nov.12 Yasashii Imoutoyhe

歌手岩崎宏美は1958年11月12日に江東区深川で生まれました。

小学校の頃から歌のレッスンを受けて1975年にアイドル歌手としてデビューしましたが、当時から歌の実力はピカ一と言われていました。1982年に「火曜サスペンス劇場」の主題歌「聖母たちのララバイ」が大ヒットとなり、1986年にはミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」に次女ホーデル役で出演し、その後はチェコ・フィルとの共演など実力は歌手として大活躍しています。

「やさしい妹へ」は1982年に発売された岩崎宏美が全曲作詞をしたアルバム「Love Letter」に収録されている曲。実妹の岩崎良美にあてた姉妹愛あふれる曲です。

2017年11月11日 (土)

今日の音楽 11月11日 ワルツ「謝肉祭の使者」 ;Music for today Nov.11 Carnival's Ambassador

ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「謝肉祭の使者」op.270はウィーン楽友協会の50周年記念祭で1862年11月11日に初演されました。

シュトラウスが毎年謝肉祭の時に初演していた曲の1曲。あんまり知られていないですけど、なかなか良い曲ですよ。

2017年11月10日 (金)

今日の音楽 11月10日 ヴァイオリン・ソナタ第2番(フォーレ) ;Music for today Nov.10 Violin Sonata No.2(Faure)

フォーレのヴァイオリン・ソナタ第2番ホ短調op.108は、1917年11月10日に国民音楽協会の演奏会で、カペーのヴァイオリン、コルトーのピアノで初演されました。

フォーレのヴァイオリンソナタは2曲ありますが、1番と2番の間には42年間という年月があります。2番が書かれたのは71歳という高齢でした。ただ曲そのものは熟練度や作曲技術は増していますが、荒々しさを秘めた年齢を感じさせない曲になっています。

2017年11月 9日 (木)

今日の音楽 11月9日 セレナータ協奏曲 ;Music for today Nov.9 Concierto serenata

ロドリーゴのセレナータ協奏曲は1956年11月9日にサバレタのハープ独奏、クレツキ指揮スペイン国立管弦楽団の演奏で初演されました。

セレナータ協奏曲はハープとオーケストラのための協奏曲で、3つの楽章からできています。第1楽章は若い音楽家のグループが街を歩いている光景、第3楽章では夕方の光景が描かれています。

2017年11月 8日 (水)

今日の音楽 11月8日 甘いささやき ; Music for today Nov.8 Paroles Paroles

映画俳優アラン・ドロンは1935年11月8日にパリ郊外で生まれました。

1960年代から1980年代初めにかけて、世紀の二枚目俳優として大活躍しました。1957年カンヌでスカウトされて「女が事件にからむ時」でデビュー。1960年にルネ・クレマン監督の「太陽がいっぱい」の大ヒットで世界的なスターとなりました。

その後「シシリアン」「冒険者たち」「さらば友よ」「ボルサリーノ」など多くの作品に出演しました。特に日本での人気は絶大でしたが、今年の5月に映画と舞台1本ずつこなした後引退するという発表をしています。

そのアラン・ドロンのセリフに乗せてシャンソン歌手のダリダが歌った「甘い囁き」は日本で大ヒットしました。アラン・ドロンの甘い求愛の言葉を、浮ついた嘘だと否定しながらも惹かれていく女性をダリダが歌ったものでした。

2017年11月 7日 (火)

今日の音楽 11月7日 交響曲ハ調 ; Music for today Nov.7 Symphony in C

ストラヴィンスキーの交響曲ハ調は1940年11月7日にストラヴィンスキー自身の指揮、シカゴ交響楽団の演奏で初演されました。

ハ調の交響曲は、ストラヴィンスキーの第2期、新古典主義の時代の作品です。第二次大戦で娘、妻、母を相次いで失いパリを脱出してアメリカに移住した時期で、パリで作曲が開始され、完成はビバリーヒツズという曲です。

2管編成ですが、第1楽章は Moderato 第2楽章は Larghettoの緩徐楽章、第3楽章は Allegretto、終楽章はLargoから Tempo giusto alla breveという古典的な構成とは全く異なるものです。

2017年11月 6日 (月)

今日の音楽 11月6日 つばさ ;Music for today Nov.6 Tsubasa

歌手本田美奈子は2005年11月6日に骨髄性白血病の合併症で亡くなりました。

アイドルから、ミュージカル、セミクラシックと本格的な歌手へのステップを歩んで、実力派歌手として認められるようになったのは21世紀に入ってからでした。そんな本田美奈子を突然の病が襲ったのは2004年末。骨髄性白血病と診断され骨髄移植のドナーを待つ猶予も無く、臍帯血移植を受けたものの病状は恢復せずに1年足らずで亡くなってしまいました。

「アメイジング・グレース」は彼女の代名詞ですが、この「つばさ」も代表曲のひとつです。1994年に発表され岩崎宏美など多くの歌手がカバーしています。

3オクターヴという広い音域を歌えるのですが、彼女の場合天性のものではなく、トレーニングなどによって得たもの。地声と裏声が変わるポイントがわからないと言われる程の歌唱技術を身につけた、これぞプロという歌手でした。

2017年11月 5日 (日)

今日の音楽 11月5日 交響曲第3番(シュニトケ) ;Symphony No.3(Schnittke)

シュニトケの交響曲第3番は1981年11月5日にマズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏で初演されました。

こういう現代音楽を聞くと、メロディらしいものもなく和声もなく、何が音楽なのかと疑問を感じる事もありますが、ポピュラー音楽でもラップなんていうメロディが無いものもありますね。ラップは歌詞が大切なのかというと、意味が深い詞がついているわけでもなく、日本人がアメリカなどのラップを聞いている場合詞の意味は全くわかっていない人も多いわけで。。。これは殆どリズムと抑揚の世界なんですね。音楽からリズムと抑揚を切り取ったものとして聞いているのでは無いかと思います。
クラシックでも音楽の色々な要素を単独で使う、またはそれらを組み合わせるのが現代の音楽の世界なのかもしれません。勿論、この曲でも第2楽章はメロディらしいメロディが登場しますが、楽器の響きを特に取り出し追求した曲と言えるかもしれません。

2017年11月 4日 (土)

今日の音楽 11月4日 道標ない旅 ;Music for today Nov.4 Sirubenai Tabi

シンガー・ソングライターの永井龍雲は1957年11月4日福岡県で生まれました。

中学時代からフォーク愛好会を作って活動をしていましたが、大学受験に失敗してミュージシャンを目指し、1978年にデビュー。1979年の5枚目のシングル「道標(しるべ)ない旅」がグリコアーモンドチョコレートのCMソングとして使われてヒットしました。

1999年より沖縄に移住して音楽活動を続けています。

2017年11月 3日 (金)

今日の音楽 11月3日 ピアノ三重奏曲(スメタナ) ; Musc for today Nov.3 Piano Trio(Smetana)

スメタナのピアノ三重奏曲ト短調は1855年11月3日にスメタナのピアノ、ケーニヒスロウのヴァイオリン、ゴルターマンのチェロでプラハで初演されました。

前年に結核で次女を亡くし、この年には長女をしょうこう熱で失ったと言う背景で、非常に陰鬱な曲になっています。3つの楽章全てが急-急-急という楽章構成になっており、各楽章の中に穏やかな部分が含まれています。「わが生涯より」を含めてスメタナの室内楽曲は重たい内容の曲が多いですね。

2017年11月 2日 (木)

今日の音楽 11月2日 ロスティスラフ公 ; Music for today Nov.2 Le Prince Rostislav

ラフマニノフの交響詩「ロスティスラフ公」はラフマノニフの没後1945年11月2日にモスクワで初演されました。

ラフマニノフがモスクワ音楽院在学中に作曲した最初期の管弦楽作品。音楽院の恩師アレンスキーに献呈されました。

チャイコフスキー、リムスキー=コルサコフなどの影響を受けて華麗な管弦楽法で作曲されてはいますがラフマニノフらしい暗い雰囲気も醸し出しています。ラフマニノフはこの曲を発表するつもりが無く、初演は没後になりました。

「ロスティスラフ公」はアレクセイ・コンスタンチノヴィッチ・トルストイ(有名なトルストイとは別人)の詩に基づく交響詩です。

2017年11月 1日 (水)

今日の音楽 11月1日 ウィンター・ゲームズ ;Music for today Nov.1 Winter Games

カナダの音楽家のデイヴィッド・フォスターは1949年11月1日にカナダのビクトリアで生まれました。

1960年代からバンド活動でキャリアをスタートして1970年代半ばからはプロデューサーに転進し、バーブラ・ストライザンド、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、マイケル・ジャクソンなどのアルバム・プロデュースを行って、作曲活動も行いグラミー賞を15回も受賞しています。

その他映画音楽も手がけアカデミー賞は3回ノミネートされています。1988年にカルガリーオリンピックの公式テーマとして作られたのが「ウィンター・ゲームズ」でした。フォスターはその後アトランタ、ソルトレイク・シティの2つのオリンピックの公式テーマを作曲しています。

代表作はシカゴの「素直になれなくて」、アース・ウィンド・アンド・ファイアー「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」などです。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »