ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

今日の音楽 10月31日 勝利のオーラス ;Music for today Oct.31 Horace victorieux

勝利のオーラスといっても、麻雀の最後の局で勝った曲ではありません(笑)

オネゲルの交響的黙劇「勝利のオーラス」は1921年10月31日にアンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団の演奏でローザンヌで初演されました。

ティトゥス・リウィウスのローマ建国史に着想を得て作曲した黙劇(パントマイム)。無調音楽風の曲ですが、比較的初期の曲です。

2017年10月30日 (月)

今日の音楽 10月30日 カルスの奪還 ;Music for today Oct.30 The Capture of Kars

ムソルグスキーのカルスの奪還は1880年10月30日にナープラヴニークの指揮で初演されました。

原曲はオペラ・バレエ「ムラダ」のために作曲した「公と僧侶たちの後進」。「ムラダ」はボロディン、キュイなどの合作として企画され、ムソルグスキーは第2幕と第3幕の音楽を割り当てられましたが、作曲途中で計画が中止となってお蔵入り。

1880年に皇帝アレクサンドル2世即位25周年の記念祝賀行事のひとつとして、皇帝在位中におきた重要事件などを上演する企画が持ち上がり、12人の作曲家に場面ごとの付随音楽を依頼。それに応えてボロディンが「中央アジアの草原にて」、チャイコフスキーは「ロシアの対トルコ宣戦の報を受けたときのモンテネグロ」を作曲。ムソルグスキーは露土戦争時のロシア軍によるトルコの要塞「カルス」の占領を描くことになって、「公と僧侶たちの行進」にトルコ風のトリオを加えて完成したのが「カルスの奪還」です。
こちらの方も企画は中止になりましたが、独立した曲として初演されたわけです。ロシアの民謡から取った主題から始まる勇壮な曲です。

2017年10月29日 (日)

今日の音楽 10月29日 弦楽四重奏曲第4番(メンデルスゾーン) ;Music for today Oct.29 String Quartet No.4(Mendelssohn)

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第4番ホ短調op.44-2は1837年10月29日にライプツィヒで初演されました。

1826年に作曲された弦楽五重奏曲第1番以来10年以上遠ざかっていた室内楽の作品です。これ以前に作曲された第1番と第2番に比べて、年月を隔てた事もありベートーヴェン以来の語法からメンデルスゾーン独自のものが表れた曲です。非常に美しい旋律と魂を揺さぶるような音楽が特徴で、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲の中でも最も優れたものと言う人も多いようです。

2017年10月28日 (土)

今日の音楽 10月28日 アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌曲;Music for today Oct.28 Seven Romances on Poems by Alexander Blok

ショスタコーヴィチの歌曲集「アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌曲」op.127は1967年10月28日にヴィシネフスカヤのソプラノ独唱、オイストラフのヴァイオリン、ロストロポーヴィチのチェロ、リヒテルのピアノという豪華メンバーの演奏でモスクワで初演されました。

この曲はチェリストのロストロポーヴィチとその夫人でありソプラノ歌手のヴィシネフスカヤのために作曲されたものです。

ブロークはロシア象徴主義を代表する詩人で、オフィーリアの歌、予言の鳥ガマユーン、私たちは一緒だった、街は眠っている、嵐、秘密のしるし、音楽という7つの曲からなる組曲です。

2017年10月27日 (金)

今日の音楽 10月27日 戦国自衛隊のテーマ ; Music for today Oct.27 G.I. Samurai

作家半村良は1933年10月27日に東京都葛飾区で生まれました。

高校卒業後様々な職業を転々としながら1962年に作家としてデビューし奇想天外な作品を発表してきました。

その中でも最も一般に知られた作品が「戦国自衛隊」です。架空戦記ものの元祖的な作品で、上杉、武田の戦う戦国時代にタイムスリップした自衛隊が上杉謙信と組んで天下統一を目指すが、現代の物資が底をついてしまい(戦車や機関銃があっても弾薬が無く、やがてガソリンも尽きて)殺されていくが・・・

という物語。角川映画として映画化されました。主題歌は松村とおるが歌っていました。

2017年10月26日 (木)

今日の音楽 10月26日 交響曲第2番(マルティヌー) ;Music for today Oct.26 Symphony No.2(Martinů)

マルティヌーの交響曲第2番H.295は1943年10月26日にラインスドルフ指揮クリーヴランド管弦楽団の演奏で初演されました。

マルティヌーがナチスのヨーロッパ侵攻を避けてアメリカに渡った時代の作品。チェコスロヴァキア共和国独立25周年にあたるこの日に初演されました。編成は大きいもののオーケストラは小グループに分割され、それぞれが交互に現れる室内楽的な音楽です

2017年10月25日 (水)

今日の音楽 10月25日 デルタの夜明け ;Music for today Oct.25 Delta Dawn

歌手ヘレン・レディは1941年10月25日にメルボルンで生まれました。

70年代ポップスの女王と呼ばれビルボードのトップ40へ15曲のシングルを送り出しました。アメリカでのデビューは1971年の「私はイエスがわからない」。1972年の「私は女」は彼女の強く美しい女性というイメージを定着させた曲で全米1位に輝きました。

その後「ピースフル」「デルタの夜明け」「ひとりぼっちの悲しみ」「歌のある限り」「アンジー・ベイビー」などのヒットを重ねました。
「デルタの夜明け」は1973年に「私は女」に次いで全米1位になり、アダルトコンテンポラリー・チャートで初の1位になった曲です。それ以降6曲連続アダルトコンテポラリー・チャートの1位に輝いています。
「デルタの夜明け」は1971年にイギリスのアレックス・ハーヴェイがリリースした曲をカバーしたもの。タニヤ・タッカーなど多くのカバーバージョンがあります。曲の内容は強い女とは違って、若い男に騙されて41歳にもなって男を待ち続ける哀れな女性を歌った曲。デルタ・ドーンはその女性のニックネームらしいです。

2017年10月24日 (火)

今日の音楽 10月24日 ヴァイオリン協奏曲第4番(モーツァルト) ;Violin concerto No.4(Mozart)

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調「シュトラスブルガー」K.218は1775年10月24日に作曲されました。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は第7番までありますが、そのうち6番と7番はモーツァルトの作品ではないとされています。従って第5番までがモーツァルトのヴァイオリン協奏曲で、その5曲全てが1775年にザルツブルグで作曲されました。

第4番は管楽器がオーボエとホルンのみというシンプルな編成で3番と5番という比較的知られる曲に挟まれた明るい曲です。

2017年10月23日 (月)

今日の音楽 10月23日 3つのバイエルン舞曲 ;Music for today Oct.23  Three Bavarian Dances

エルガーの3つのバイエルン舞曲op.27は1897年10月23日に初演されました。

エルガーは1894年に一家でオーバーバイエルンでの休暇を過ごし、その思い出に6曲からなる「バイエルンの高地からの情景」という合唱曲集を作曲しました。歌詞はエルガーの妻のキャロライン・アリス・エルガーがつけました。

この中から3曲を選んで、管弦楽作品に編曲したものが「3つのバイエルン舞曲」です。
3曲は、原曲の1曲目 The Dance(Sonnenbichl)、第2曲 Lullaby(In Hammersbach)、第3曲 The Marksmen(Bei Mumau)です。

2017年10月22日 (日)

今日の音楽 10月22日 ハピネス ;Music for today Oct.22 Happiness

シンガー・ソングライターで、ゴダイゴのボーカリスト タケカワユキヒデは1952年10月22日に埼玉県浦和市(現さいたま市)で生まれました。

母方の曽祖父が鈴木バイオリンの創業者鈴木政吉、大叔父がスズキ・メソードの鈴木鎮一、父親は音楽評論家の武川寛海という音楽一家に生まれました。幼少からヴァイオリンを学び作曲もするようになりました。

1975年にソロ歌手としてデビューし翌年にゴダイゴを結成して「ガンダーラ」「銀河鉄道999」「ビューティフル・ネーム」など数々のヒットを残しました。

1985年にゴダイゴの活動休止後は他の歌手への楽曲提供でSOLITUDE(中森明菜)、旅立ちはフリージア(松田聖子)などを生み出し1989年には本格的なソロ活動を再開。現在は2006年に再結成したゴダイゴでも活躍しています。
「ハピネス」は1975年のソロ・アルバム「走り去るロマン」に収録された曲で当初は奈良橋陽子作詞の英語詞のみでしたが1979年にゴダイゴで再録音した際に山川啓介作詞の日本語詞もカプリングされてサントリービールのCMに使われヒットしています。

2017年10月21日 (土)

今日の音楽 10月21日 テ・デウム(ドヴォルザーク) ;Music for today Oct.21 Te Deum(Dvorak)

ドヴォルザークのテ・デウムop.103は1892年10月21日にドヴォルザークの指揮でニューヨークで初演されました。

テ・デウムはドヴォルザークがアメリカに渡っていた時期に作曲された音楽のひとつです。ニューヨークナショナル音楽院からの招きで1892年9月27日にニューヨークに到達したドヴォルザークは1895年4月16日までの2年半のアメリカ在住中に、交響曲第9番「新世界より」、弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」、弦楽五重奏曲第3番、ユーモレスク、チェロ協奏曲などの代表作を作曲しています。

そのアメリカでの作品の第1弾がテ・デウムでした。元々コロンブスのアメリカ大陸発見400年祭で演奏するように「アメリカの旗」という第二次米英戦争を題材にした合唱曲を依頼されましたが、テキストの到着が遅れたために代わりに作曲されたのが「テ・デウム」でした。

「テ・デウム」はキリスト教のカトリック教会・ルーテル教会・正教会の聖歌のひとつで、冒頭の一文に"Te deum laudamus"(われら神であるあなたを讃えん)からこの名称で呼ばれています。シャルパンティエ、ベルリオーズ、ブルックナーなどが作曲しています。

2017年10月20日 (金)

今日の音楽 10月20日 ティンタジェル ;Music for today Oct.20 Tintagel

バックスの交響詩「ティンタジェル」は1921年10月20日にゴドフリー指揮ボーンマス交響楽団の演奏で初演されました。

イギリスの作曲家アーノルド・バックスが1917年夏にピアニストで愛人であったハリエット・コーエンとともに訪れたティンタジェル城を描写した交響詩です。
ティンタジェル城はイギリスのコーンウォールにある遺跡でアーサー王伝説に関連したものと考えられています。ケルト風の主題と海を表す主題が使われていて自由なソナタ形式で作曲されています。

2017年10月19日 (木)

今日の音楽 10月19日 ロック・ユア・ベイビー ;Music for today Oct.19 Rock your baby

歌手のジョージ・マックレーは1944年10月19日にフロリダのウェスト・パーム・ビーチで生まれました。

子供時代から聖歌隊のゴスペル、高校のグリークラブ、家族のユニットで音楽活動をして海軍除隊後夫婦のデュエットをデビューしましたがヒットせず、その後は妻グエンのソロ活動が軌道に乗ってきたためバックアップをしていました。

ある時ちょっとしたトラブル(妻の遅刻)が元でグエンに提供された曲をジョージが代わりにレコーディングをして生まれた曲が「ロック・ユア・ベイビー」でビルボードの1位になった他、イギリス、西ドイツ、イタリアなど11カ国で1位という大ヒットになりました。

2017年10月18日 (水)

今日の音楽 10月18日 弦楽四重奏曲第2番(ブラームス) ;Music for today Oct.18 String Quartet No.2(Brahms)

ブラームスの弦楽四重奏曲第2番イ短調op.51-2は1873年10月18日に初演されました。

ブラームスにはベートーヴェンの呪縛というのがあって、ベートーヴェンの得意分野の作曲は非常に慎重であったというのは前に弦楽四重奏曲第1番のときにも書きましたが、とにかく交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノソナタというベートーヴェンの評価の高い分野は作品数も非常に少ないわけです。

ピアノ四重奏曲や弦楽六重奏曲などで素晴らしい作品を残したにもかかわらず弦楽四重奏曲は僅か3曲しか作曲しませんでした。

この2番の弦楽四重奏曲は外科医でありアマチュア音楽家だったテオドール・ビルロートに捧げられています。作曲に際してはヴァイオリンの名手ヨアヒムからの助言を多く受けており初演はヨアヒムが率いる四重奏団によって行われました。

とても柔和で叙情的な曲で、第1番とは対照的な曲です。第1楽章の第1主題のF-A-Eという音列はヨアヒムのモットー Frei Aber Einsam (自由、しかし孤独)にちなんでいるといわれています。

2017年10月17日 (火)

今日の音楽 10月17日 田園風協奏曲 ; Music for today Oct.17 Concierto pastoral

ロドリーゴの田園風協奏曲は1978年10月17日にゴールウェイのフルート独奏、マータ指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏でロンドンで初演されました。

田園風協奏曲(パストラル協奏曲)はフルート奏者ジェームズ・ゴールウェイの委嘱で作曲されたフルート協奏曲です。

スペインの田園風景を思い起こさせる音楽で、フルートの超絶技巧を伴った秀作です。

2017年10月16日 (月)

今日の音楽 10月16日 シェーンフェルト行進曲 ;Music for today Oct.16 Freiherr von Schönfeld Marsch

ツィーラーのシェーンフェルト行進曲op.422は1890年10月16日に初演されました。

シェーンフェルトは、第一次世界大戦の敗戦で解体されたハプスブルク朝オーストリア=ハンガリー帝国の最後の将軍のひとりです。1870年に男爵の爵位を授与された人物で、そのシェーンフェルト男爵に献呈された行進曲です。ツィーラー自身もハプスブルク最期の宮廷舞踏会音楽監だったため、地位も財産も失ったようです。

2017年10月15日 (日)

今日の音楽 10月15日 トップ・オブ・ザ・ワールド ;Music for today Oct.15 Top of the World

カーペンターズのリーダーで、作詞作曲家及びアレンジャーのリチャード・カーペンターは1946年10月15日にコネチカット州ニュー・ヘイブンで生まれました。

レコード収集家だった父親の影響で子供のころから音楽に興味を抱きピアノを学びました。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に入学しコーラス隊に入って後に作詞家となるジョン・ベティスと出会い、妹のカレンをくわえたトリオを結成してA&Mと契約。

ファーストアルバムの「オファリング(後に涙の乗車券に改題)は全く売れませんでしたが、シングル「遥かなる影」が大ヒットして一躍スターダムへ。リチャードは初期はヴォーカルも担当する事がありましたが、カレンの歌への評価が高くなったため自身はバック・コーラスとキーボードを担当する事になりました。

当初のヒット曲は、全て他の人(バカラック、ポール・ウィリアムズ、レオン・ラッセル等)、次第に自分の作曲した曲も多くなっていきました。リチャードの音楽の才能はとりわけアレンジが評価され、そのアレンジ能力がゆえに、カバー曲もあたかもカーペンターズのオリジナル曲のような雰囲気を持っています。

自作曲で最もヒットしたのが「トップ・オブ・ザ・ワールド」です。1972年6月発売の4枚目のアルバム「ア・ソング・フォー・ユー」に収録された曲で、当初は11月に日本でのみシングル・カットされて発売されました。アメリカではシングル化の予定はありませんでしたが、リン・アンダーソンがカバーしたシングルがヒットしたため、アレンジをし直して再録音をして1973年9月に発売、日本でもこのリミックス・バージョンが再発売されたという数奇な経緯をもつ曲です。当初シングル化されなかった「トップ・オブ・ザ・ワールド」が「遥かなる影」と並ぶ全米1位のヒット曲になったわけです。

この曲がリチャードとベティスの共作による最大のヒット曲です。

2017年10月14日 (土)

今日の音楽 10月14日 トゥーランガリラ交響曲 ;Music for today Oct 14 La Turangalîla-Symphonie

電子楽器オンド・マルトノの製作者モーリス・マルトノは1898年10月14日にパリで生まれました。

幼少より音楽を学んだマルトノは、特に音楽教育に興味を持ち新たな音楽教育を開発するとともに科学の発展を音楽に応用する事で新しい音楽世界を拓く研究をして発明したのが電子楽器のオンド・マルトノです。

様々な音楽表現や多彩な音色の合成を可能とした楽器で近代音楽、特にフランスでは多くの作曲家がこの楽器を取り上げました。鍵盤とリボンの2種類の奏法が可能でしたが単音しか出せなかったのが欠点ではありました。

この楽器を使った曲はジョリヴェの「オンド・マルトノ協奏曲」、オネゲルの「火刑台上のジャンヌ・ダルク」などが知られていますが、特に演奏頻度が高い曲がメシアンのトゥーランガリラ交響曲です。メシアンはこの楽器の特徴を熟知して非常に効果的な使い方をしています。

2017年10月13日 (金)

今日の音楽 10月13日 シーモンの涙 ;Music for today Oct.13

アメリカのポップ・デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのジョン・フォード・コーリーは1948年10月13日にダラスで生まれました。

イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーはロギンス&メッシーナ、シールズ&クロフツ、ヴィグラス&オズボーンなど、ポップス・デュオが流行した1970年代前半の活躍したデュオで、イングランド・ダン(本名ダン・シールズ)は、シールズ&クロフツのジミー・シールズの実弟。70年代初めにデビューしましたが暫くはヒットに恵まれず。その後「秋風の恋」「愛の旅立ち」などのヒットを連発するようになりました。

「シーモンの涙」は何故か日本でのみヒットした曲。ポップな感じの曲で「シーモン、何故泣くの・・・」という出だしの爽やかな曲です。

2017年10月12日 (木)

今日の音楽 10月12日 メフィスト地獄の叫び ;Music for today Oct 12 Mephistos Höllenrufe

ヨハン・シュトラウス二世のワルツ「メフィスト地獄の叫び」op.101は1851年10月12日に初演されました。

「メフィスト」はドイツに伝わるファウスト伝説に登場する悪魔。とりわけゲーテの作品が有名ですが、この悪魔を題材にした音楽も少なからずあります。
ボイトの歌劇「メフィストフェレ」やリストのメフィスト・ワルツが代表作。その中で最も明るい曲がこの「メフィスト地獄の叫び」です。
はっきり言って、どこがメフィストなのかどこが地獄なのか、どこが叫びなのか意味不明の曲なんです。
ま、聞いてみてくださいな。

2017年10月11日 (水)

今日の音楽 10月11日 スラヴァ ;Music for today Oct.11 Slava! A Political Overture

バーンスタインの政治的序曲「スラヴァ!」は1977年10月11日にロストロポーヴィチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団の演奏で初演されました。

友人のロストロポーヴィチがワシントン・ナショナル交響楽団の音楽監督に就任したことを祝って作曲された曲。政治的序曲という何やら厳しいタイトルではありますが、内容自体はユーモラスで陽気な曲です。

自身のミュージカル作品などから主題を取っていて、管弦楽版では録音テープが使われており、そのテープの中身が政治的な演説なので、こういうタイトルになっています。「スラヴァ」はロシア語の歓呼の言葉で、この演説を聞いた民衆が歓呼の声をあげるという内容です。

2017年10月10日 (火)

今日の音楽 10月10日 弦楽四重奏曲第1番(ショスタコーヴィチ) ;Music for today Oct.10 Strings Quartet No.1(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第1番ハ長調op.49は、1938年10月10日にグラズノフ四重奏団の演奏でレニングラードで初演されました。

ショスタコーヴィチの作品、特に交響曲などの大作は常にソヴェト共産党の目が光っており、自由な作曲活動が制限されていましたが、聴衆が少ない室内楽曲は、比較的自由に作曲できたようです。
ショスタコーヴィチの弦楽四重奏は全15曲と、交響曲と同数の作品が残されていますが、交響曲の書き始めが19才の時だったのに比べて弦楽四重奏のスタートは32才とかなり遅い時期に手がけ始めたジャンルでした。
演奏時間は15分弱。比較的明朗な曲です。

2017年10月 9日 (月)

今日の音楽 10月9日 木管五重奏曲(ニールセン) ;Music for today Oct.9 Wind Quintet(Nielsen)

ニールセンの木管五重奏曲op.43は1922年10月9日にコペンハーゲン管楽五重奏団の演奏で初演されました。

信仰があったコペンハーゲン管楽五重奏団のために作曲されたものです。本来は各団員のためにそれぞれの楽器を独奏とした協奏曲を書くという計画を立てましたが、完成したのはフルート協奏曲とクラリネット協奏曲のみで、体調が悪化したため頓挫してしまいました。
3つの楽章から出来ており、第3楽章では変奏曲形式を用いています。変奏曲の主題にはニールセンがまとめた歌曲集「賛歌と聖歌集」の中の「わがイエズスよ、わが心をそなたへの愛を向けさせたまえ」の旋律を引用しています。
私的初演が1922年4月30日、スウェーデンのイェーテボリにあるヘルマン・マンハイマーの邸宅で行われています。

2017年10月 8日 (日)

今日の音楽 10月8日 ヘルゴラント ;Music for today Oct.8 Helgoland

ブルックナーの男声合唱のための「ヘルゴラント」は1893年10月8日にクレムザー指揮ウィーン男声合唱協会とウィーン・フィルの演奏で初演されました。

ウィーン男声合唱協会の創立50周年を記念して作曲された世俗カンタータで、ブルックナー最後の完成作品となる曲です。アウグスト・ジルバーシュタインの詩をテキストに使った、ヘルゴラント島のサクソン人がローマ人の侵攻に脅かされ神の介入によって救われるという内容で、力強い曲です。

2017年10月 7日 (土)

今日の音楽 10月7日 真夜中のドア ; Music for today Oct.7 Mayonaka no door

歌手松原みきは2004年10月7日に子宮頸癌で44歳で亡くなりました。

1959年に大阪の岸和田で生まれた松原みきは母がジャズシンガーという事もあって幼少のころからジャズに親しみ、その後ロックにも興味を持って中学校時代からバンド活動を始めました。

1977年高校3年の時に歌手デビューのため上京し、1979年に「真夜中のドア~Stay With Me」でデビューし数々の新人賞を受賞しました。その後「愛はエネルギー」「ニートな午後3時」などのヒットを飛ばし1990年代になると歌手活動を休止し結婚。その後は作曲家としてCMソングやアニメソングを中心に活動しましたが2001年に癌を告知されすべての音楽活動を休止し闘病していましたが、亡くなってしまいました。

私に松原みきの存在を教えてくれたのは会社の同期入社の仲間で1980年の初のアルバム「Pocket Park」を買いました。

2017年10月 6日 (金)

今日の音楽 10月6日 家庭交響曲余録 ;Music for today Oct.6 Parergon zur Sinfonia Domestica

リヒャルト・シュトラウスの家庭交響曲余録op.73は、1925年10月6日にヴィットゲンシュタインのピアノ、ブッシュ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏で初演されました。

家庭交響曲の作曲から20余年経て作曲されたもので、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲やプロコフィエフのピアノ協奏曲第4番と同じく第一次大戦で右手を失ったウィドゲンシュタインの委嘱によるものです。

単一の楽章で作曲されていて、腸チフスで重体となったリヒャルト・シュトラウスの息子フランツをめぐる体験がテーマになっており家庭交響曲のこどもの主題が引用されています。

2017年10月 5日 (木)

今日の音楽 10月5日 防人の詩 ;Music for today Oct.5 Sakimori no uta

映画監督舛田利雄は1957年10月5日に神戸で生まれました。

新東宝、日活を経て1968年にフリーの映画監督として活動を開始し、1970年に20世紀フォックスの日米合作映画「トラ・トラ・トラ」を深作欣二との共同監督で成功に導いた後は、日本の映画界のヒットメーカーとして活躍するようになりました。

何といっても舛田利雄といえば「宇宙戦艦ヤマト」を忘れてはいけません。テレビアニメでは監修として加わっていましたが劇場版では監督として、テレビで不振だった「宇宙戦艦ヤマト」を日本を代表する劇場版アニメ作品のひとつに導き、シリーズ最後まで脚本や監修など何らかの形で係わりを持ちました。

その間も様々なジャンルの映画を監督しています。「二百三高地」は日露戦争の最大の激戦を描いた作品で仲代達也が乃木将典を演じたヒット作。日本アカデミー賞では「遥かなる山の呼び声」の高倉健と倍賞千恵子に奪われた主演男女優賞以外の主要10部門を受賞しています。主題歌は、さだまさしの「防人の歌」です。

2017年10月 4日 (水)

今日の音楽 10月4日 交響曲第6番「HIROSHIMA」 ;Music for today Oct.4 Symphony No.6"HIROSHIMA"

團伊久磨の交響曲第6番「HIROSHIMA」は1985年10月4日に團自身の指揮による広島交響楽団、赤尾三千子の笛、曽我栄子のソプラノ独唱によって初演されました。

團伊久磨の完成した最期の交響曲で、第5番「駿河」から20年の間を空けた交響曲です。広島青年会議所平和問題委員会からの依頼で作曲され、「平和コンサート2001」での初演でした。

3楽章構成で50分前後の曲、第3楽章にはソプラノ独唱が入ります。テキストはイギリスの詩人ブランデンが1949年に書いた"HIROSHIMA, A SONG"。特殊楽器として能管と篠笛が入ります。
この詩は1948年にブランデンが広島を訪れた際に明日をめざして復興していく広島の様子に感動して書かれたもので、平和の森に詩碑が造られています。

2017年10月 3日 (火)

今日の音楽 10月3日 交響曲第24番(モーツァルト) ;Music for today Oct.3 Symphony No.24(Mozart)

モーツァルトの交響曲第24番変ロ長調K.182(173dA)は1773年10月3日に完成しました。

初期交響曲の傑作のひとつと言われる第25番ト短調と並行して作曲されたと思われる曲で、イタリアスタイルの3楽章による交響曲です。管楽器はオーボエとホルン2本ずつだけで第2楽章ではオーボエ2本ともフルートに持ち替えになっています。
当時は管楽器奏者が複数の楽器を担当するのが当たり前の事で、オーボエ、フルート両方を同一の奏者が演奏したと思われます。
25番との対比で非常に明るく快活な曲です。

2017年10月 2日 (月)

今日の音楽 10月2日 山の上から ;Music for today Oct.2  Aus den Bergen

ヨハン・シュトラウスのワルツ「山の上から」op.292は1864年10月2日にパヴロフスクで初演されました。

山の上の清々しさを表現したもの・・・ではありますが「山の上」ではなくて「山の上から」なので、やっぱり底から見る景色なんでしょうね。殆ど知られていない曲の中では、なかなかの名曲です。

2017年10月 1日 (日)

今日の音楽 10月1日 ヴィオラ・ソナタ(ショスタコーヴィチ) ;Music for today Oct.1 Viola Sonata (Shostakovich)

ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタop.147は1975年10月1日にドルジーニンのヴィオラ、ムインチャンのピアノによってレニングラードで初演されました。

ヴィオラ・ソナタはショスタコーヴィチが完成した最後の作品で、弦楽四重奏曲の殆どを初演したベートーヴェン弦楽四重奏団の第2代ヴィオラ奏者フォードル・ドルジーニンのために作曲されました。
ショスタコーヴィチの作品には暗く重たいものが多いのですが、死の直前という事もあって特に暗い雰囲気の曲です。また、最晩年の作品では、自らの作品からの引用も多いのですが、この曲にもその特徴が現れています。
3つの楽章からできていて、第1楽章はベルクの遺作であるヴァイオリン協奏曲の冒頭に似た雰囲気の開放弦のピツィカートから始まります。第2楽章は未完のオペラ「賭博師」を基にしたもので、第3楽章ではベートーヴェンの月光ソナタからの引用が使われています。この長いアダージョの楽章がショスタコーヴィチの死への前奏曲のような雰囲気を醸しだして終わりを迎えます。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »