ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月18日 京都の恋 ;Music for today Aug.18 Kyoto no koi | トップページ | 今日の音楽 8月20日 ピアノ協奏曲(ルトスワフスキ) ;Music for today Aug.20 Piano concerto(Lutosławski ) »

2017年8月19日 (土)

今日の音楽 8月19日 道化師(プロコフィエフ) ;Music for today Aug.19 Le Chout

バレエの振付師、芸術プロデューサーのディアギレフは1929年8月19日に糖尿病が悪化して亡くなりました。

ディアギレフは大学時代に学業そっちのけで声楽や作曲を学びましたが、作曲の師であるリムスキー=コルサコフに作曲家としての才能が無い事を指摘され、別の道へと進みます。

マリインスキー劇場で興業の仕事についていましたが、最大の後援者であったヴラジミール大公が亡くなると、ディアギレフをよく思わない者たちによって干されてしまい、自らバレリーナやスタッフを集めて臨時のバレエ興業をパリ・シャトレ座で行い、大成功。これが事実上のバレエ・リュスの立ち上げとなりました。

バレエ・リュスは次々と新しいバレエを取り入れ、また当時の有名作曲家にバレエ音楽を委嘱し、バレエを総合芸術にまで高めていきました。

リュスに委嘱されたバレエ作品は数多く、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」「プルチネルラ」、ドビュッシーの「遊戯」、サティ「パラード」、プーランク「牝鹿」など19世紀後半から20世紀にかけて作曲され現在も人気の高い曲は、ほとんどがバレエ・リュスが初演しています。

プロコフィエフの「鋼鉄の歩み」「道化師」もリュスのために作曲されたもので「道化師」は、正式な題名が「7二人の道化師をだました道化師の物語」というもの。アファナーシェフの民話集からとられた6幕のバレエで、後に12の楽章からなる交響組曲に編曲しています。この中から5~8曲程度を抜粋して演奏する事が前提になっています。

ディアギレフの成功は、勿論類稀なプロデュース力と多岐にわたる人間関係にありますが、特にダンサーのニジンスキーを得た事と、美術や構成にピカソなどの有名芸術家を起用した事にあります。

« 今日の音楽 8月18日 京都の恋 ;Music for today Aug.18 Kyoto no koi | トップページ | 今日の音楽 8月20日 ピアノ協奏曲(ルトスワフスキ) ;Music for today Aug.20 Piano concerto(Lutosławski ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 8月18日 京都の恋 ;Music for today Aug.18 Kyoto no koi | トップページ | 今日の音楽 8月20日 ピアノ協奏曲(ルトスワフスキ) ;Music for today Aug.20 Piano concerto(Lutosławski ) »