ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月21日 ピアノ協奏曲第2番(ヴィラ=ローボス) ;Music for today Apr.21 Piano concerto No.2(Villa=Lobos) | トップページ | 今日の音楽 4月23日 交響曲第1番(バラキレフ) ;Music for today Apr.23 Symphony No.1(Balakirev) »

2017年4月22日 (土)

今日の音楽 4月22日 ナムーナ; Music for today Apr.22 Namouna

フランスの作曲家エドゥアール・ラロは1892年4月22日に亡くなりました。

祖父の代まではバスク系のスペイン人だったためか、スペインの音楽に興味を持ってはいましたが、スペイン交響曲があまりに有名なため、スペインの作曲家だと勘違いする人も多い作曲家でした。

当時サラ=サーテという稀代のヴァイオリン奏者がいたため、彼のために作曲した作品も多かったのですが、勿論オペラもバレエも手がけており、とりわけ室内楽には情熱を注いだという事です。

「ナムーナ」はオペラ座の総裁に就任した作曲家ヴォーコルベイユからの依頼で作曲したもので、初演の日ドビュッシーが「色彩とリズムの最高傑作」と高く評価して夢中になり劇場で騒ぎを起こして退場処分になったそうです。残念ながらバレエ自体は主役がラロの音楽を嫌った事などから成功しませんでした。

原作はカサノヴァ伝説に基づくミュッセの詩。ナムーナはこのバレエの敵役アドリアーニの女奴隷。美しく勇敢な女性です。

演奏会用の3つの組曲が編曲されており、特に第1組曲(全5曲)が有名です。

« 今日の音楽 4月21日 ピアノ協奏曲第2番(ヴィラ=ローボス) ;Music for today Apr.21 Piano concerto No.2(Villa=Lobos) | トップページ | 今日の音楽 4月23日 交響曲第1番(バラキレフ) ;Music for today Apr.23 Symphony No.1(Balakirev) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月22日 ナムーナ; Music for today Apr.22 Namouna:

« 今日の音楽 4月21日 ピアノ協奏曲第2番(ヴィラ=ローボス) ;Music for today Apr.21 Piano concerto No.2(Villa=Lobos) | トップページ | 今日の音楽 4月23日 交響曲第1番(バラキレフ) ;Music for today Apr.23 Symphony No.1(Balakirev) »