ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

今日の音楽 4月30日 オールウェイズ・オン・マイ・マインド

カントリー歌手、俳優のウィリー・ネルソンは1933年4月30日にテキサスで生まれました。

ウィリー・ネルソンはカントリー歌手と言っても、土臭い本来のカントリーというよりも、フォークやロックのミュージシャンとも交流しクロスオーバーな歌手と言えるでしょう。

最近ではCMに使われていた「ハーバーライト」が知られていますが、「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」は代表作のひとつです。オリジナルはブレンダ・リーが歌った曲ですが、エルヴィス・プレスリーも歌っていました。ウィリー・ネルソンのバージョンは1982年にグラミー賞最優秀歌曲賞を受賞しています。

2015年4月29日 (水)

パイオニア交響楽団第27回定期演奏会のご案内・その4

今回のメイン曲は、ブラームスの交響曲第1番です。パイオニア交響楽団としては2回目になりますが、黒岩英臣氏の指揮では初めてです。黒岩先生とは2番から4番までご一緒しており、これが最後のブラームスの交響曲となります。

私個人的には、ブラームスの4曲の交響曲の中では4番が最も好きなのですが、演奏する立場としての思い入れが最も強いのが、この第1番です。というのも、この曲は高校2年の時のメイン曲だったからです。
高校1年では入学して管弦楽部に入団し6ヶ月足らずで演奏会(この時のメインはベートーヴェンの交響曲第7番)でした。それが終わって高校2年の秋までの1年間、この曲を練習しました。私の高校は進学校だったので高校2年の秋の演奏会が終わると一応の引退。3年の秋の演奏会には出演しましたが、練習量は2年の時に比べると少なかったので、最も長い期間である1年間練習をしたのが、このブラームスの交響曲第1番だったわけです。

それ以降は、大学でも年に2回の演奏会、社会人になってからも8ヶ月置きの演奏会なので、これだけ時間をかけて練習した曲は他に無いわけです。しかも当時は定期練習は週3回。現在の週0.5~1回とは比べ物にならない程練習をした曲です。もっとも、まだ楽器初めて1年前後の未熟な技術と音楽への理解度では単純に現在と比べる事は難しいですが。それだけ練習回数をこなした下地があって、さらに8年ほどまえに高校のOBの演奏会で再演した事で、指使いは体が覚えてくれています。そのために練習では音楽表現に神経を集中できる、という数少ない曲です。

ご存知の通り、崇拝していたベートーヴェンとの葛藤で、完成までに20年余を費やしましたが、「ベートーヴェンの交響曲第10番」(ブラームスはベートーヴェンンの後継者に相応しいという意味)と呼ばれる曲に仕上がった事でブラームスは自身を着けた事でしょう。

ブラームスの交響曲第1番はベートーヴェンの交響曲を強く意識して書かれているため、構成も古典的な様式を取っています。特にハ短調という調性や、暗闇から光明へという展開、終楽章のみトロンボーンが使われるという事などは第5番「運命」が意識されたものと思われます。「運命」は、以前の演奏会紹介の時に書いたように、無駄が全く無い息が詰まる曲ですが、ブラームスの第1番もある意味無駄の無い息が詰まる曲です。

但し、大きな違いのひとつは、ブラームスは楽器の使い方が非常に優れているという事でしょう。特に管楽器の使い方はベートーヴェンに比べると格段と進歩しています。これは、楽器自体が大きく進歩している事も要因のひとつではありますが。ただ一点、コントラバス弾きとして不満な点は、ブラームスの曲は意識的に4弦バス用に書かれている事です。特に、この第1番の基音が「C」である事を考えると、これが残念です。4弦バスの最低音はEで、チェロの最低音はCなので、一番低いCの音はコントラバスもチェロも全く同じ音高になってしまうわけです。最も、5弦ベースでは必要なところは記譜から1オクターヴ下げて演奏しますのでご心配なく。

今日の音楽 4月29日 めまい ; Music for today Apr.29 Vertigo

映画監督 アルフレッド・ヒッチコックは1980年4月29日に腎不全で80歳で亡くなりました。

ヒッチコックについては、今更語る必要は無いサスペンス映画の神様と言われる存在です。イギリスで映画監督として活躍した後、ハリウッドに進出し「レベッカ」を監督して、いきなりアカデミー作品賞を受賞しました。

その後「海外特派員」「裏窓」「ハリーの災難」「知りすぎていた男」など数々の作品を監督し、1958年にヒッチコックの代表作のひとつ「めまい」を公開しました。

音楽は数多くのヒッチコック映画でコンビを組んだバーナード・ハーマンです。

2015年4月28日 (火)

今日の音楽 4月28日 序曲「謝肉祭」 ; Music for today Apr.28 Carnival,overture

ドヴォルザークの序曲「謝肉祭」op.92,B169は1892年4月28日にプラハで国民劇場管弦楽団によって初演されました。

ドヴルザークの「自然の中で」、「謝肉祭」、「オセロ」の3つの序曲は、「自然の人生と愛」という序曲三部作を形成しています。初演も同じ日に行われました。この3曲の中では、「謝肉祭」が群を抜いて有名な曲です。実際には3曲まとめて演奏される組曲のようなものを意図して作曲されたようですが、実際は殆ど単独で演奏されます。

非常に華やかな曲で、3曲中唯一アップテンポで始まりアップテンポで終わります。

2015年4月27日 (月)

今日の音楽 4月27日 交響的協奏曲(プロコフィエフ) ; Music for today Apr.27 Symphony-Concerto(Prokofiev)

チェリストで指揮者のムスティスラフ・ロストロポーヴィチは2007年4月27日に80歳で亡くなりました。

20世紀後半最高のチェリストであるロストロポーヴィチは、モスクワ音楽院で学び様々なコンクールでトップを取って華々しい活躍をしていました。1970年にソヴェトを批判した作家のソルジェニツィンを擁護したとされ、反体制という烙印を押されて演奏活動を停止させられてしまいました。

2年後に亡命しアメリカへ渡ったためにソヴェトからは国籍を剥奪されてしまいました。ゴルバチョフ体制となった1990年に許されて音楽監督をしていたワシントン・ナショナルフィルを率いて凱旋。その後も指揮者としてソリストとして活躍を続けました。

数多くの作品がロストロポーヴィチの為に作曲されています。プロコフィエフの交響的協奏曲はチェロ協奏曲第1番を改作したもので、その改作にはロストロポーヴィチの協力が不可欠でした。1952年2月18日にモスクワで初演されています。この時の独奏チェロは勿論ロストロポオーヴィチですが指揮をしたのは、名ピアニストのズビャトスラフ・リヒテルでした。後にも先にも公開の場でリヒテルが指揮をしたのは、これ1度だけだそうです。

2015年4月26日 (日)

今日の音楽 4月26日 おしゃべりなかわいい口 ; Music for today Apr.26 Plappermäulchen

ヨゼフ・シュトラウスのポルカ「おしゃべりなかわいい口」は1868年4月26日に初演されました。

ヨゼフの作品は、兄ヨハンのものに比べると優雅さの点では負けるものの、感情表現の豊かさでは優れています。特に、「女心」「鍛冶屋のポルカ」「憂いもなく」などポルカでは数多くの作品が今でも演奏されています。

「おしゃべりなかわいい口」も題名の通り、おしゃべりの様子とそれを見守る愛情がこめられた抒情豊かだけれども楽しい作品です。

2015年4月25日 (土)

パイオニア交響楽団第27回定期演奏会のご案内・その3

2曲目は、ファリャのバレエ「三角帽子」第2組曲です。

19世紀スペインの小説家ペドロ・アントニオ・デ・アラルコンの小説に基づくバレエ音楽で、粉屋の女房フラスキータに横恋慕する代官をやっつける爽快なストーリーです。悪代官が被っている帽子が三角帽子でした。

個人的には20年ほど前に抜粋で演奏した事がありますが、なかなか難しい曲でした。

第2組曲は、第2幕の曲の中から「ご近所の人たちの踊り」、「粉屋の踊り(の一部)」「終幕の踊り」ので出来ています。

「ご近所の人たちの踊り」は、スベインの舞曲セギディーリャです。セギディーリャは4分の3拍子の情熱的な踊りで、ボレロもここから派生したと言われています。爽やかなメロディから始まり、中間部は情熱的な踊り、再現部で冒頭のメロディが戻ってきます。

「粉屋の踊り」は全曲版では非常に長い曲ですが、組曲版では中間部が省略されて短くなっています。実は省略された中間部では代官の登場シーンでホルンによるベートーヴェンの「運命」の動機が演奏されたりするのですが、音楽的な流れが途切れるシーンのため割愛されているようです。前半部はホルンの旋律から始まり、ファルーカというフラメンコの一種が演奏されます。後半はコーダにあたる部分が演奏され、長いアッチェレランドでテンポを早めながら怒涛の様に終わります。

「終幕の踊り」は、スペイン北部の民族舞踊「ホタ」です。3拍子の激しいリズムの曲で、この組曲の中では最も長い曲となっています。

この曲も、第1曲目の「キャンディード」もコントラバスにとってはピッチカートの多い曲です。特に2つに分かれる部分では、第2パートはピッチカート、第1パートがアルコ(弓で弾く)という事が頻繁にあるので、練習で繰り返し演奏するとマメができる苛酷な((^_^.)曲です。

陽気なスペインの曲がベースで、打楽器も多彩ですので、とても楽しい曲です

今日の音楽 4月25日 優しい歌 ; Music for today Apr.25 La bonne chanson

フォーレの「優しい歌」op.61は1894年4月25日に初演されました。

"La bonne chanson" of Faure was premered in April 25, 1894.

ヴェルレーヌの詩による歌曲集で9つの曲全曲を通していくつかの共通した動機が使われて、統一を保っています。フォーレらしい透き通るような曲です。

2015年4月24日 (金)

今日の音楽 4月23日 デイ・アフター・デイ ; Music for today Apr.23 Day after Day

ロック・グループ バド・フィンガーのヴォーカル ピート・ハムは1975年4月24日に自殺で亡くなっています。

Pete Ham who was a vocalist of Rock band Bad Finger was died by suicide in April 24, 1975.

ピート・ハムはウェールズ出身で、地元で「パンサーズ」というロックグループを結成しましたが、度重なるメンバー交代を繰り返し、4年後に「アイヴィーズ」を結成。1968年にアップル・レコードに移籍し「バド・フィンガー」とグループ名を変えて「デイ・アフター・デイ」の大ヒットでメジャー・グループとなりました。

ロック・バラードの名曲で、ハリー・ニルソンが世界的にヒットさせた「ウィザウト・ユー」は、ピート・ハムと、バド・フィンガーのメンバーのひとりトム・エヴァンスの共作で、2枚目のアルバム「ノー・ダイス」に収録されたものを、ニルソンが歌ってヒットさせました。

「デイ・アフター・デイ」は、3枚目のシングルでビルボードチャートの4位に輝いた曲です。ビートルズ解散後アップルレコードに崩壊の危機が訪れた1972年にワーナーブラザーズに引き抜かれましたが、その後は大きな活躍もできず、失意の内に自殺してしまったわけです。

今日の音楽 4月24日 エバー・グリーン ; Music for today Apr.24 Evergreen

アメリカの歌手、女優のバーブラ・ストライザンドは1942年4月24日にブルックリンで生まれました。

American singer and actress Barbra Streisand was born in April 24, 1942 in Brooklyn.

高校を卒業後ナイトクラブで歌手デビューし、オフブロードウェイにも出演、1962年にはブロードウェイのミュージカルに出演しコロムビアレコードと契約し「ザ・バーブラ・ストライザンド・アルバム」でデビュー。このアルバムはグラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞しました。

1964年にはミュージカル映画「ファニー・ガール」のヒットで映画女優としても成功し、映画や歌の世界で活躍しています。1976年の「スター誕生」は1937年の映画のリメイクですが、背景を映画産業から音楽産業に変更した作品です。主題歌の「エバー・グリーン」はアカデミー歌曲賞を受賞しています。私も大好きな映画主題曲のひとつです。

2015年4月22日 (水)

今日の音楽 4月22日 ノルウェー狂詩曲 ; Music for today Apr.22 Rapsodie norvégienne

フランスの作曲家エドゥアール・ラロは1892年4月22日に亡くなりました。

French composer Edouard Lalo died in April 22,1892.

ラロと言えば、祖父がバスク系のスペイン人だった事もあって、スペイン風要素を取り入れた作品が多いように思いますが、代表作で唯一一般に知られている曲が「スペイン交響曲」という事が大きく影響しているようです。中には、スペインの作曲家と勘違いされている方もいるようです。

というわけで、スペインとは全く関係ない曲を取り上げました。「ノルウェー狂詩曲」です。1878年にヴァイオリンと管弦楽のために作曲した「ノルウェー幻想曲」を改作したのがこの曲です。2つの楽章からできておりノルウェー民謡から取られたと思われる主題も使われています。

2015年4月21日 (火)

今日の音楽 4月21日 あなたに夢中 ; Music for today Apr.21 Anata ni Muchu

元キャンディーズ、女優の田中好子は2011年4月21日に癌で亡くなりました。

女優としての存在感を遺したスーちゃんが亡くなってからもう4年になります。「ドリフの全員集合」世代の私としては、勿論キャンディーズ好きでしたよ。

デビュー当時は歌唱力から、スーちゃんをセンターヴォーカルにしていましたが、あまり売れなくって5曲目の「年下の男の子」からはランちゃんがセンターヴォーカルになって、ヒットを連発。公私共に仲が良くて、「普通の女の子に戻る」と言って1978年4月4日の後楽園球場のファイナル・カーニバルをもって解散しましたが、その後も家族同様の付き合いをしていたそうです。普通は家族しか入れない臨終の床にもスーちゃんとミキちゃんは入ったそうです。

そのキャンディーズのデビュー曲が「あなたに夢中」。ランちゃんのソロから始まりミキちゃんが2フレーズ目から加わり、最後はスーちゃんがヴォーカルを取るという、アイドルとしては凝った創りだったんですけど、あまり売れませんでしたね。解散までの累計販売枚数が15万枚だそうです。ちなみに最大のヒット曲は、事実上の最後のシングル「微笑みがえし」で、約100万枚です。

2015年4月20日 (月)

今日の音楽 4月20日 チェロ協奏曲(ミャスコフスキー) ;Music for today Apr.20 Cello concerto(Myaskovsky)

ロシアの作曲家ニコライ・ミャスコフスキーは1881年4月20日にワルシャワ近郊で生まれました。

ミャスコフスキーは10代でサンクトペテルブルクに移住しペテルブルク音楽院に進みました。そこで同級となったプロコフィエフとは生涯にわたる親交を結びました。

生涯にわたって27曲もの交響曲を作曲していますが、あまり日の目を見ることはありませんでした。当初は実験的作品を作曲していましたが、スターリン時代の社会主義リアリズムの影響下に作風を変えて、その中から独自のロマン主義を生み出しました。

チェロ協奏曲は晩年の作品で、新古典主義音楽ともいえる作品です。編成も2管編成と小さい編成で、続けて演奏される2つの楽章でできています。

2015年4月19日 (日)

パイオニア交響楽団第27回定期演奏会のご案内・その2

今回の演奏会の1曲目は、当団では初の本格的アメリカ音楽です。バーンスタインの「キャンディード」序曲です。

「キャンディード」は、1759年に発表されたフランスの啓蒙主義作家ヴォルテールの小説「カンディード」を元にしたオペレッタ(或いはミュージカル)で、原作は、生まれ育った土地からの追放、船の難破、大地震などあやゆる不幸を経験した楽天主義のカンディードが、最後に小さな幸福を手に入れるというお話。

オペレッタ自体は、あまり成功しませんでしたが、序曲は今でも頻繁に演奏されます。序曲は非常に単純な構成で、冒頭のファンファーレからの速いフレーズ、キャンディードとクネゴンデの二重唱「幸せな私たち」の優雅な旋律、クネゴンデのアリア「着飾って浮かれよう」の旋律が次々と現れ、速いテンポのまま怒涛のように終わる曲です。

こういう曲って結構難しいんですよね。アマオケの場合怒涛のように=グチャグチャになり易いわけで・・・

コントラバスも拍のはじめをはずした変拍子のような伸ばしの音やpizzが出てきて、リズム取り辛いです。あまりジャズ系のリズムや和音が出てこないので、初めてのアメリカ音楽と言ってもそれ程戸惑わずに演奏できるのがアマチュアオーケストラでも頻繁に取り上げられる理由です。

怒涛がグチャグチャにならずに駆け抜けられれば、一応成功です。

今日の音楽 4月19日 弦楽四重奏曲ニ長調(フランク) ; Music for today Apr.19 Strings Quartet D major(Franck)

フランクの弦楽四重奏曲ニ長調は1890年4月19日にメッス四重奏団によって初演されました。

フランク最晩年の作品で、最後の室内楽曲です。オルガン奏者としては認められていたフランクですが、作品となるとなかなか一般聴衆には認められず、現在では名曲とされているニ短調の交響曲でさえ、初演は散々だったようです。この弦楽四重奏曲は、唯一初演の時に喝采を浴びた曲だったそうです。

ソナタ形式-スケルツォ-緩徐楽章-ソナタ形式という古典的な4つの楽章で出来ていて、フランクらしく循環主題が使われています。

2015年4月18日 (土)

今日の音楽 4月18日 グレゴリオ協奏曲 ; Music for today Apr.18 Concerto gregoriano

作曲家レスピーギは1936年4月18日に心臓病で亡くなりました。

レスピーギはイタリアにおける古典主義の作曲家でした。特に、古の音楽をレスピーギ流に蘇らせる事を得意としていました。「リュートのための古風な舞曲とアリア」や「ロッシーニアーナ」「鳥」などが代表作です。

「グレゴリオ協奏曲」は題名のとおり、グレゴリオ聖歌を引用したヴァイオrンと管弦楽のための協奏曲です。

2015年4月17日 (金)

今日の音楽 4月17日 ピアノソナタ第8番「悲愴」 ; Music for today Apr.17 Piano Sonata No.8"Pathetique"

オーストリアのピアニスト アルトゥル・シュナーベルは1882年4月17日生まれました。

Pianist Artur Schnabel of Austria was born in April 17,1882.

天才少年として子供の頃から活躍したシュナーベルは、モーツァルト、ブラームスなどのドイツ系音楽を得意としていましたが、中でもベートーヴェンの演奏は内面的な表現と、客観性に重きをおいた重要なレパートリーでした。

また、世界初のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音の完成者でもありました。今回取り上げたピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」op.13は、特に第2楽章は、その美しいメロディと前後の楽章との対比が素晴らしい穏やかな音楽で様々な形で演奏される名曲です。

2015年4月16日 (木)

今日の音楽 4月16日 時代おくれ ; Music for today Apr.16 Jidaiokure

シンガー・ソングライター河島英五は2001年4月16日に肝臓疾患で急逝しました。

河島英五は1969年からフォークソングを始め、1975年にソロデビューしました。1976年の「酒と泪と男と女」が大ヒットしてメジャー入り。その後も、男臭い歌では右に出る者がいない程の存在感を持ち続け、「野風僧」や「時代おくれ」などを歌っています。

「時代おくれ」は1986年8月に発売された曲で作詞阿久悠 作曲森田公一です。バブル景気の真っ只中、流行(トレンド)ばかりを気にする風潮の中、あえて「時代遅れの男になりたい」と歌った曲です。

2015年4月15日 (水)

今日の音楽 4月15日 ウェスタン ; Music for today Apr.15 Once Upon a Time in the West

イタリアの女優クラウディア・カルディナーレは1938年4月15日に生まれました。

Actress in Italy Claudia Cardinare was born in April. 15,1938.

BB(ブリジット・バルドー)、MM(マリリン・モンロー)と並んでCCと言われるセクシー女優。主にフェリーニやヴィスコンティ監督の映画に出演しました。

「ウェスタン」は、「夕陽のギャングたち」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」と並んでセルジオ・レオーネ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム」三部作と呼ばれる作品の最初の作品です。クラウディア・カルディナーレは、この女性をメインに据えた西部劇の主人公、夫を殺された未亡人で、ギャングに対する復讐と西部で一人生きる事を決意する気丈な女性を演じています。

音楽は、レオーネ作品といえば、エンニオ・モリコーネ。雄大な作品です。

2015年4月14日 (火)

今日の音楽 4月14日 ロミオとジュリエット第2組曲 ; Music for today Apr.14 "Romio and Juliet"suite No.2

プロコフィエフのバレエ「ロミオとジュリエット」の第2組曲は1937年4月15日にレニングラードで初演されました。

Ballet"Romeo and Juliet" suite No.2 of Prokofiev was premered in Leningrad April 15,1937,

「ロミオとジュリエット」の全曲演奏は2時間半を超える大曲です。プロコフィエフは、演奏会用に3つの組曲に編曲しています。その際、若干曲構成を変更もしています。第2組曲はその中でも最も有名な曲を多く含んでいるために、演奏会で取り上げられる機会が多い曲です。

①モンタギュー家とキャプレット家(全曲版では騎士たちの踊り) アニメののだめカンタービレのオクレールさんのテーマや、ソフトバンクのCMで知られている曲
②少女ジュリエット まだ大人になりきらないお転婆な部分もあるジュリエットを表現
③僧ローレンス ローレンスの包容力を表現
④踊り
⑤別れの前のロミオとジュリエット この曲では、コントラバスは後半通常音とハーモニクスが頻繁に入れ替わる難曲になっています。
⑥アンティル諸島から来た娘たちの踊り 
⑦ジュリエットの墓の前のロメオ 

2015年4月13日 (月)

今日の音楽 4月13日 ハレルヤ・コーラス ; Music for today Apr.13 Hallelujah

ヘンデルのオラトリオ「メサイア」は1742年4月13日にアイルランドのダブリンで初演されました。

Oratorio"Messia" of Handel was premered in Dublin Ireland, April 13,1742.

宗教音楽の最高峰のひとつ「メサイア」はイエスの生涯を描いたオラトリオです。演奏に2時間半かかる大曲ですが、わずか24日間で書き上げた曲です。特に第2部の最後の曲「ハレルヤ」は、最も有名な宗教曲と言っても差し支えないでしょう。

コントラバスは、この時代は通奏低音で、弾きっ放しなので、わずか数分の曲なのですが非常に体力を消耗する曲です。

2015年4月12日 (日)

パイオニア交響楽団第27回定期演奏会のご案内・1

パイオニア交響楽団第27回定期演奏会は5月10日(日)新宿文化センターで行われます。

今回のメイン曲はブラームスの交響曲第1番。パイオニア交響楽団としては2回目の演奏になりますが、黒岩英臣氏の指揮では初めてになります。

前半は、バーンスタインの「キャンディード」とファリャの「三角帽子」第2組曲です。

個人的には、「三角帽子」は以前抜粋をやった事あり、ブラームスの交響曲第1番は3回目。「キャンディード」は初めて・・というか、本格的なアメリカ音楽は初めてです。

三角帽子も、キャンディードも、リズムがなかなか難しいのですが、とても楽しい曲です。ブラームスの交響曲第1番が30年もの年月をかけて完成した凝縮された音楽なので、バランス的には(演奏者としては)とても良いプログラムです。

演奏会のプログラムというのは、なかなか難しくて、演奏会全体としてはロシア音楽ばかり、とかドイツ音楽ばかりのように統一感があるというのは分かり易いのですけれど、いざ聴いてみると飽きてしまう事もあります。調性まで気にする人もあるようですが、前半と後半の間に15分も休憩があって、トイレ行ったり友人と話たりすれば、全く関係ないように思います。最近はプログラムの統一感って、演奏する側のマスターベーションのような気がして来ています。

とにかく、ブラームスの交響曲は弾く方も聴く方も、良い意味で疲れるので、前半の軽~いプログラムはOKというような気がします。

今日の音楽 4月12日 ヴァイオリン・ソナタ ニ長調(ナルディーニ) ; Music for today Apr.12 Violin sonata D major(Nardini)

イタリアのヴァイオリニスト、作曲家のナルディーニは1722年4月12日に生まれました。

A violinst and a composer Nardini in Italy was born in Apr. 12,1722.

ヴァイオリンをタルティーニに師事したナルディーニは、作曲家としては寡作でしたがヴァイオリニストとしては名声を博していました。モーツァルトの父レオポルドとも親交を結んでおり、レオポルドは彼の演奏を技術を駆使するのではなく音色の美しさや、純粋さでは右に出る者がいないと評しています。

作曲家としてはヴァイオリン曲中心で、ヴァイオリン協奏曲やヴァイオリンソナタが有名です。ヴァイオリンソナタ ニ長調は6つのヴァイオリンソナタ集の中の曲で、最もよく知られている作品です。

2015年4月11日 (土)

今日の音楽 4月11日 亜麻色の髪の乙女 ; Music for today Apr.11 On the windy hill

作曲家すぎやまこういちは、1931年4月11日に東京の下谷で生まれました。

Composer Kouichi Sugiyama was born in Shitaya, Tokyo Apr 11,1931.

すぎやまこういちと言えば、今ではドラゴンクエストの音楽で知らない人がいないほどの作曲家ですが、元々は歌謡曲やアニメの世界で知らない人がいないほどのヒットメーカーでした。

特にグループサウンズの「花の首飾り」「君だけに愛を」などタイガースの曲の殆どを作曲、フォークグループ ガロの「学生街の喫茶店」「君の誕生日」、キャンディーズの「ハート泥棒」も彼の作品です。

島谷ひとみがリバイバルヒットさせた「亜麻色の髪の乙女」も、彼が作曲しヴィレッジ・シンガーズがヒットさせた曲です。

2015年4月10日 (金)

今日の音楽 4月10日 ゴッドファーザーのワルツ ; Music for today Apr.10 The God Father Waltz

作曲家ニーノ・ロータは1979年4月10日にローマで亡くなりました。

Composer Nino Rota died in Rome April 10,1979.

ニーノ・ロータは本来はクラシック音楽の作曲家なのですが、どうも映画音楽の作曲家と思われているようです。最近でこそ、若干見直されているようですが、クラシック作品の知名度に比べると、映画音楽の知名度の高さは雲泥の差。しかたが無いかもしれません。本人はイヤだったようですが・・・

「ゴッド・ファザー」のワルツは、愛のテーマ程有名ではないですが本当はこちらがメインテーマ。悲しくも美しいワルツです。

2015年4月 9日 (木)

今日の音楽 4月9日 ウィズ ; Music for today Apr.9 Wiz

映画監督シドニー・ルメットは2011年4月9日にニューヨークで亡くなりました。

1957年初の映画作品「十二人の怒れる男」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞して、一躍人気監督になり、その後は社会派映画監督として「狼たちの午後」、「ネットワーク」「評決」など多くの作品を手がけました。

その間に監督した数少ない娯楽作品が「ウィズ」です。「オズの魔法使い」を原作としたミュージカルですが、これが非常に不評でした。キャスト全員が黒人である事も、ブロードウェイでの上演と異なった事などが受け入れられなかった原因のようです。ダイアナ・ロス(ドロシー役)やマイケル・ジャクソン(かかし)など大スターを起用したものの、当時30歳を過ぎていたダイアナ・ロスに少女役は不似合いでした。

2015年4月 8日 (水)

今日の音楽 4月8日 ラウンド・アバウト ; Music for today Apr 8 Round about

ギタリストのスティーヴ・ハウは1947年4月8日にロンドンで生まれました。

Guitarist Steve Howe was born in London, Apr. 9, 1947.

スティーヴ・ハウは1964年にシンディ・キャッツというバンドでプロ・デビューし、その後1970年にイエスに加入しました。「こわれもの」「危機」といった、彼らの代表作に参加しイエスの黄金時代を築きました。

イエス脱退後1980年代はエイジア をはじめ様々なバンド活動に参画し成功を収めています。彼のギターはビート中心のロックギターではなく、ジャズやカントリー、クラシック、フラメンコなどの手法をロックに溶け込ませることを得意としています。

「ラウンド・アバウト」は「こわれもの」の中の曲で、シングルカットされて大ヒットしました。冒頭のアコースティック風なギターサウンドは、当時のアマチュアギタリストが盛んに弾いていたものです。

2015年4月 7日 (火)

今日の音楽 4月7日 ヨハネ受難曲 ; Music for today Apr.7 Johannes-Passion

バッハのヨハネ受難曲BWV245は1724年4月7日に初演されました。

Johannes-passion Bwv045 of J.S.Bach was premiered in April 7, 1724.

バッハのイエスの受難を題材とした曲としては、マタイ受難曲が有名ですが、合唱団の人に言わせると、ヨハネ受難曲の方がコラールが重要な要素という点でもやりがいがあるという人もいるようです。

演奏時間は120分程度。私は、どうもこの時代のレシタティーヴォが好きでないので、とっても長く感じてしまいます。やっぱり福音書の原語がわからないとね。

2015年4月 6日 (月)

今日の音楽 4月6日 ピアノと管楽器のための五重奏曲(ベートーヴェン) ; Music for today Quintet for piano and winds

ベートーヴェンのピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調op.16は1797年4月6日にウィーンで初演されました。

この曲はピアノ、オーボエ、クラリネット、ファゴットとホルンという珍しい編成です。モーツァルトのピアノと管弦楽のための五重奏曲変ホ長調K.452を強く意識して作曲されたと思われます。編成も同じで、楽章数も3つ、調性も同じです。しかし、曲自体は真にベートーヴェンの音楽です。

2015年4月 5日 (日)

今日の音楽 4月5日 チキチータ ; Music for today Apr.5 Chiquitita

スウェーデンの歌手アグネッタ・フォルツコグは1950年4月5日に生まれました。

18歳の時には、高い歌唱力からスウェーデンの最優秀ボーカリストに選ばれ、21歳の時にビヨルン・ウルバースと結婚し翌年に、アンニ・フリッド・リングスタット(フリーダ)とベニー・アンダーソンと4人でアバを結成しました。当初はビヨルンとベニー名義で「木枯らしの少女」などをヒットさせましたが、ヨーロッパ中で名前が知られるようになったのは1974年の「恋のウォータールー」のヒットでした。

その後「ダンシーング・クイーン」のヒットで世界的なミュージシャンとなり1983年に解散するまで数多くのヒット曲を産んでいます。その後もアグネッタ自身はソロ歌手として活動を続けています。

「チキチータ」は6枚目のアルバム「ヴーレーヴー」の中の曲です。ユニセフのチャリティ・イベントで歌われ、世界的なチャリティソングとなりました。

2015年4月 4日 (土)

今日の音楽 4月4日 常動曲 ; Music for today Apr.4 Perpetuum mobile

ヨハン・シュトラウスⅡの常動曲op.257は1861年4月4日にウィーンで初演されました。

常動曲とは一定の音符の流れが繰り返される手法で、無窮動とも言われます。単独の曲を表す事もあり、その代表的な曲が、ヨハン・シュトラウスⅡの作品です。日本では、山本直純の司会進行でテレビ放送していた「オーケストラがやって来た」のテーマ曲として非常に有名な曲です。

2015年4月 3日 (金)

今日の音楽 4月3日 交響曲第34番(モーツァルト) ; Music for today Apr.3 Symphony No.34(Mozart)

「今日の音楽」は今日から6年目になります。そろそろネタも尽きてきました。あまりにマイナーな曲を取り上げるのもどうかと思うので、今まで取り上げた曲を再び取り上げる事も避けずにやって行きたいと思います。

モーツァルトの交響曲第34番は1781年4月3日に初演されました。

モーツァルトの35番以降の交響曲(37番は欠番)は、モーツァルトの後期6大交響曲として頻繁に演奏される曲ですが、それ以前になると極端に演奏回数が減ります。第34番は、ザルツブルグの宮廷音楽家としての最後の交響曲で、メヌエットを欠いた3つの楽章で出来ています。34番と35番の間に大きな隔たりがあるわけでもなく、この34番もモーツァルトらしい溌剌とした作品です。

2015年4月 2日 (木)

今日の音楽 4月2日 タイト・ロープ ; Music for today Apr.2 Tight Rope

アメリカのシンガー・ソングライター レオン・ラッセルは1942年4月2日にオクラホマ州で生まれました。

レオンは、キーボード奏者としてキャリアを積んで1968年以降はソロアーチストとして活躍しています。非常に泥臭い曲を泥臭く歌うのが特徴で、彼の曲は多くのアーチストがカバーしました。中でも、都会的なサウンドで知られるカーペンターズが歌った「スーパー・スター」「ソング・フォー・ユー」「マスカレード」の3曲は同じ曲とは思えないほど対照的でした。

「タイト・ロープ」は1971年にリリースされた彼の最初のヒット曲です。

American singer-songwriter Leon Russell was born in Oklahoma on April 2, 1942.

Leon took his  career as a keyboard player and has been active as a solo artist since 1968 . He is characterized by singing very earthy the gory songs, and his songs  were covered by a lot of artists . Among them, three songs of Carpenters, known for urban sound sang "Super Star", "Song For You", "Masquerade" were a contrastand  I do not think the same song.

"Tight Rope" is the first hit song of his released in 1971.

2015年4月 1日 (水)

今日の音楽 4月1日 ピーセス・オヴ・エイプリル; Music for today Apr.1 Pieces of April

今日から4月。本格的な春の訪れです。

4月の歌は、スリー・ドッグ・ナイトの「ピーセス・オヴ・エイプリル」にしました。スリー・ドッグ・ナイトは1960年代末から1970年代半ばまで活躍した7人組のロック・バンドでした。「喜びの世界」「オールド・ファッションド・ラヴ・ソング」「ブラック・アンド・ホワイト」など数々のヒットを生んでいます。

この曲は、大ヒットはしませんでしたが、彼らには珍しいバラードです。2003年に公開された「エイプリルの七面鳥」(原題が Pieces of April)とは全く関係なく、"piece"は文字通りのかけらの意味。4月はとてもハッピーな月らしいです。

It has come April from today. It is a coming of a full-fledged spring.

Among the April of song, I  remember  "Pieces of  April" of Three Dog Night. Three Dog Night was seven sets of rock band that was active until the mid-1970s from the late 1960s. He made  many of the hit, such as  "Joy to the world," "An old Fashioned Love Song," "Black and White".

This song, but a big hit did not, it is their unusual ballad  of him .The movie published in 2003, "Pieces of April"  completely unrelated , "piece" the meaning of the literal pieces. April is seems a very happy month.

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »