ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

今日の音楽 1月31日 即興曲変ロ長調D935-3(シューベルト) ; Music for today Jan.31 Impromptu B-flat major(Schubert)

作曲家シューベルトは1979年1月31日にウィーン郊外で生まれました。

シューベルトはメロディ・メーカーとして知られる作曲家です。逆に、構成力は今一歩と言われていますが、若干31歳で亡くなっているのですから、その評価が正しいかどうかは疑問です。

しかし、遺された作品を考えると構成力の優れた作品は少ないのは事実です。交響曲も結局は、未完成が最も評価高いわけですから。歌曲の次に評価の高いピアノ独奏曲の分野でも同様の事が言えます。ソナタなどの作品よりも、小品の方が高い評価を得ています。

シューベルトは、劇音楽「キプロスの女王ロザムンデ」の第3幕への間奏曲のメロディを気に入っていたようです。このメロディは、後に弦楽四重奏曲第13番の第2楽章に転用され、即興曲変ロ長調にも使われました。この曲は、主題と5つの変奏曲になっています。

Composer Schubert was born in Vienna suburb on January 31, 1979.

Schubert is a composer, known as melody maker. On the contrary, the other said the configuration force has been short. But it is questionable whether the assessment is correct. because he has died in some 31-year-old,

However, the outstanding work of the configuration force to think the work that has been bereaved less is a fact. Symphony even after all, because Unfinished is most evaluation high. I can say the same thing in the field of high piano solo of the next in the evaluation of song. Than works such as Sonata, who Pieces have a high reputation.

Schubert seems to have liked the melody of interlude song to the third act of the play music "Rosamunde, Prinzessin von Zypern ". This melody, after it is diverted to the second movement of the String Quartet No. 13, was also used in the Impromptu in B flat major. This song  has become the subject and five of Variations.

2015年1月30日 (金)

今日の音楽 1月30日 同じ時代に ; Music for today Jan.30 Onaji Jidaini

日本のミュージシャン 柳ジョージは1948年1月30日に横浜で生まれました。

2011年10月10日に、63歳で惜しくも永眠した柳ジョージは1948年1月30日に横浜で生まれています。

大学在学中に、ゴールデン・カップスに後期メンバーとして加入しましたがわずか1年半余りで解散。その後、柳ジョージとレイニーウッドを結成しR&Bをベースとしたロックで、「雨に泣いている」「さらばミシシッピー」などをヒットさせましたが1980年に解散。それ以後はソロ活動を続けていましたが昨年亡くなってしまいました。

飾りっけの無い人柄で多くの仲間から慕われていたようで、私も人柄も音楽も大好きで1980年の武道館コンサートに行かさせて頂きました。

「同じ時代に」は1978年のヒット曲です。同じ時代を生きてきたけれど、夢が違い明日が違い、別れなければならないという失恋の歌です。

Japanese musician Jouji Yanagi was born in Yokohama on January 30, 1948.

On October 10, 2011, Jouji Yanagi who passed away unfortunately in 63-year-old has been born in Yokohama on January 30, 1948.

"Onaji Jidaini" is a hit song of 1978. It was a heartbreak song, though they have been living the same age,  their future is differnt , their dream is differnt  so they must be goodbye.

2015年1月29日 (木)

今日の音楽 1月29日 パリ、大都会の歌 ; Music for today Jan.29 Paris, A Night Piece: The Song of a Great City

イギリスの作曲家フレデリック・ディーリアスは1862年1月29日にイングランドで生まれました。

ディーリアスはイギリスの音楽史上では特異な存在です。エルガーやヴォーン=ウィリアムズのようにイギリスの音楽に根ざした作風とは全く異なった音楽を作曲しています。

それは、彼が長くイギリスを離れアメリカやドイツ、フランスで生活し、最も影響を得た作曲家がグリーグだったという事が大きな要因のひとつです。

彼がパリに滞在していた頃の印象を描いた作品が「パリ、大都会の歌」です。

UK composer Frederick Delius was born in England on January 29, 1862.

Delius is specific exist in British music history. He has composed a completely different music and style rooted in British music as Elgar and Vaughan-Williams.

One of the major factors of that is he stayed in the United States ,Germany and France ,so he leaves the long UK, and composers who have won the most impact was Grieg.

Works he presented the impression of time that had to stay in Paris is "Paris, A Night Piece: The Song of a Great City ."

2015年1月28日 (水)

今日の音楽 1月28日 ヘラクレスの青年時代 ; Music for today Jan. 28 La jeunesse d'Hercule

サン=サーンスの交響詩「ヘラクレスの青年時代」op.50は1877年1月28日にシャトレ座で初演されました。

サン=サーンスは4作の交響詩を作曲しています。この曲が最後の交響詩となりました。サン=サーンス自身が、4つの交響詩について「死の舞踏」は「死の恐怖とアイロニー」、「オンファールの糸車」は「誘惑」、「ファエトン」は「「誇り」を、そして「ヘラクレスの青年時代」は「英雄主義と性的な快楽との煩悩」を表現したと言っています。

この曲は三部から出来ていて中間部での誘惑との葛藤を経て英雄を取り戻す内容になっています。

Saint-Saens of symphonic poem "La jeunesse d'Hercule" op.50 was premiered at the Chatelet Theatre in January 28, 1877.

Saint-Saens has composed 4 symphonic poem. This song was the last of the symphonic poem. Saint-Saëns himself told about the four symphonic poem presented as follows;  "Danse macabre" is "fear of death and irony", "Le Rouet d'Omphale " is "temptation", "Phaethon" the "is" pride ", and "La jeunesse d'Hercule" is "Discord during  Heroism and sexual pleasure. "

This song has become regain the hero through the conflict with the temptation of the middle portion is made up of three parts.

2015年1月27日 (火)

今日の音楽 1月27日 歌劇「リゴレット」より「あれか、これか」 ; Music for today Jan.27 Questa o quella(from Rigoletto)

作曲家ジュゼッペ・ヴェルディは1901年1月27日にミラノで亡くなりました。

イタリアが誇る作曲家ヴェルディは、管弦楽曲や室内楽の作品も僅かに作曲していますが、何と言っても28曲のオペラによって歴史に残る作曲家になっています。

ヴェルディのオペラは、美しいメロディのアリアに彩られたプッチーニのものと異なり、全体のドラマチックな構成を特徴とします。そのため、作品数に比較して有名なアリアは決して多くありません。「リゴレット」の幕開け直後のアリア「あれか、これか」は好色なマニトヴァ公爵が女を次々と手玉にとる愉しみを歌った、とても非道徳ですが、楽しい曲です。

Composer Giuseppe Verdi died in Milan on January 27, 1901.

composer Verdi Italy is proud of the works of orchestral and chamber music also slightly composer, but it has become a composer to remain in history by 28 opera After .

Verdi opera, unlike those of the decorated in a beautiful melody Aria as  Puccini, features a dramatic structure of the whole. Therefore, the famous aria in comparison with the number of works never many. Immediately after opening of "Rigoletto" ,the aria   "Questa o quella" sang the pleasure that erotic Manitova Duke takes on one after another for a beanbaga woman, is very immoral, but it is fun song.

2015年1月26日 (月)

今日の音楽 1月26日 田園交響曲 ; Music for today Jan.26 A Pastral symphony

ヴォーン=ウィリアムズの交響曲第3番「田園交響曲」は、1922年1月26日に初演されました。

田園交響曲というと、ベート-ヴェンの第6交響曲がまず想起されますが、この曲は、ベートーヴェンのものとはかなり違った内容の曲です。ベートーヴェンのものは、田園の中に存在する人を主人公として描いた作品ですが、この曲は田園を描写しながらも、その田園風景の中で命を落とした第一次大戦の犠牲者への挽歌です。

従って内面の描写を主としてます。ただし、田園描写にも優れていて、ナチュラル・ホルンやナチュラル・トランペットの使用などでも効果を発揮しています。

The third Symphony of Vaughan = Williams "Pastoral Symphony" was premiered on January 26, 1922.

When called Pastoral Symphony,  sixth symphony of Beethoven is first recall, but this song is a song quite different content from those of Beethoven. Those of Beethoven, but is a work depicting the people present in the countryside as a hero, this song while also depicting the countryside, requiem  to the first World War of the victims who lost their lives in the countryside.

Therefore it is primarily a depiction of the inner surface. However, It is also excellent in the countryside depiction, and effective in such as using  natural horn and natural trumpet.

2015年1月25日 (日)

今日の音楽 1月25日 小組曲(ルトスワフスキー) ; Music for today Jan.25 Little suite(Lutoslawski)

ポーランドの作曲家ヴィトルト・ルトスワフスキーは1913年1月25日にワルシャワで生まれました。

ルトスワフスキーは、ポーランドの作曲家としては20世紀最大の作曲家と評価されています。4曲の交響曲をはじめ、オペラ以外の分野で数多くの作品を遺しています。残念ながら日本では殆ど紹介されないのが残念です。

「小組曲」は、ルトスワフスキーの曲の中で唯一演奏経験のある曲です。4つの曲から出来ています。

第1曲はフヤルカ。強烈な倍音を出す大きな縦笛の事で、ピッコロのソロと弦楽器によって表現されています。
第2曲「万歳ポルカ」  ポーランドの民族舞踊であるポルカですが、めまぐるしく拍子が変わります。
第3曲「歌」
第4曲「踊り」

半音階的なメロディや、変拍子とリズムの変化を取り込んだ作品です。

Polish composer Witold Lutosławski  was born in Warsaw on January 25, 1913.

Lutoslawski , as the Polish composer has been rated as the largest composer 20th century. Starting with symphony of four songs, he has left behind a number of works in the almost all field expect opera. It is regrettable that not been introduced almost in Japan unfortunately.

"Little Suite" is a song that I have only played experience in the song of Lutoslawski . It is consisted from four songs.

The first song Fujaruka.  Fujaruka is  big recorder to issue a strong overtones, it has been represented by a piccolo solo and string instruments.
The second song "Hurra Polka" ; It is a polka  folk dance of Poland, but will change rapidly beat.
Third song, "Song"
fourth song "dance"

And chromatic melodies, it is captured work a change of odd time signatures and rhythms.

2015年1月24日 (土)

今日の音楽 1月24日 交響曲第5番(ニールセン) ; Music for today Jan.24 Symphony No.5(Nielsen)

ニールセンの交響曲第5番op.50は1922年1月24日にコペンハーゲンで初演されました。

この曲は、第4番まで比較的従来の路線に乗って交響曲を作曲していたニールセンの転換点になった曲と言われています。楽章数も2つで、それまでティンパニのみだった打楽器を多用していますが、内容も量感たっぷりでニールセンの最高傑作のひとつとも言われています。

Symphony No. 5 op.50 of Nielsen was premiered in Copenhagen in January 24, 1922.

This song is said , till  No. 4 riding in a relatively conventional routes,but this song  became a turning point of Nielsen . It is consisted by 2 movements , and is used many  percussions ,and  the contents is massive so said to be one of the best masterpieces of Nielsen.

2015年1月23日 (金)

今日の音楽 1月23日 交響詩「夜の騎行と日の出」 ; Music for today Jan.23 Nightride and Sunrise

シベリウスの交響詩「夜の騎行と日の出」op.55は1909年1月23日にサンクトペテルブルクで初演されました。

この曲はシベリウスとしては珍しく特定の題材を基にした音楽ではない交響詩です。シベリウスは「闇夜の林を独り騎馬で駆け抜けていく普通の人の、内面的な経験が表現されている」、と言っています。

冒頭からのギャロップ風な部分、中間の賛美歌風な部分と美しい夜明けの3つの部分で構成されています。

Symphonic poem "Night Ride and Sunrise" op.55 of Sibelius was premiered in St. Petersburg on January 23, 1909.

This song is symphonic poem which is not  based on the unusual specific subject as Sibelius. Sibelius said "Ordinary people who go dashing alone equestrian forest in dark night, inner experience is expressed." .

It is consisted three parts; Gallop like part of from the beginning, the middle of the hymn-like part and third part of the beautiful dawn.

2015年1月22日 (木)

今日の音楽 1月22日 銀河鉄道999 ; Music for today Jan.22 The Galaxy Express 999

アニメーション監督のりんたろうは1941年1月22日に東京で生まれました。

りんたろうは、一度は普通の会社に就職しましたが、映像の仕事をやりたくて転職し1958年に東映動画に入社しました。その後虫プロを経て1972年に独立し1977年から映画監督として活躍をはじめました。1979年に「銀河鉄道999」の映画監督として高い評価を得ると、「幻魔大戦」「メトロポリス」などを次々と世に送り出しました。

銀河鉄道999は、松本零士原作のアニメで、ゴダイゴによる音楽も大ヒットしました。

Rintaro of animation director was born in Tokyo on January 22, 1941.

Rintaro worked in the ordinary company , and change jobs because he wanted to do the work of video joined Toei Animation in 1958 once. Then through the Mushi-production , he independented in 1972 and began working as a film director from 1977. Obtains a high reputation as a film director of "Galaxy Express 999" in 1979, it was sent out to one after another world, etc. "Genma Taisen", "Metropolis".

Galaxy Express 999, in the anime of Matsumoto Leiji original, music by GODIEGO was also a big hit.

2015年1月21日 (水)

今日の音楽 1月21日 交響曲第4番「バーゼルの喜び」 ; Music for today Jan.21 Symphony No.4 "Deliciae basiliensis"

オネゲルの交響曲第4番「バーゼルの喜び」は1947年1月21日にザッハー指揮バーゼル室内管弦楽団によって初演されました。

オネゲルの田園交響曲とも呼ばれるこの曲は、オネゲルの5つの交響曲の中でも極めて明るい曲です。オネゲルはフランス生まれですが両親がスイス人であったためスイスに愛着を持っており、その為にスイス民謡などが使われています。バーゼル室内管弦楽団の創設者であるパウル・ザッハーの依頼で作られた創立20周年記念作品のため、2管編成の小さな編成の曲です。

No. 4 Symphony of Honegger "Deliciae basiliensis" was premiered by Sacher commander Basler kammerorchester  on January 21, 1947.

The song, which is also referred to as the Pastoral Symphony of Honegger is extremely bright song in five symphony of Honegger. Honegger is French-born 、but he has a love in Switzerland because his parents were Swiss, so, such as Switzerland folk songs have been used for that. Because of its 20th anniversary work was made at the request of Paul Sacher who was a founder of the Basler kammerorchester , the song of a small organization of 2 tube organization.

2015年1月20日 (火)

今日の音楽 1月20日 ウェーバーの主題による交響的変容 ; Music for today Jan.20 Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers

ヒンデミットのウェーバーの主題による交響的変容は1944年1月20日にロジンスキー指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏で初演されました。

20世紀ドイツの作曲家として、新ウィーン楽派とは一線を画す独自路線を歩んだ作曲家です。

ウェーバーの主題による交響的変容は、ナチスの攻撃によりドイツを離れてアメリカに逃れていた間に作曲されました。ウェーバーのピアノ連弾曲や劇音楽「トゥーランドット」の序曲から主題を取って4つの楽章にした作品です。ヒンデミットにしては楽しい作品なので演奏機会が比較的多い曲です。

Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers  by Hindemith has been premiered at the performance of New York Philharmonic conducted by Artur Rodziński on January 20, 1944.

As composer of the 20th century Germany, he walked his own routes apart from the second Viennese School .

Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers  was composed during he had fled to the United States off the German by Nazi attack. It is from piano duet and  overture of  play music of  "Turandot" by taking the subject matter and make 4 movements music . In Hindemith is relatively large song playing opportunity because it is fun work.

2015年1月19日 (月)

今日の音楽 1月19日 ポルカ・シュネル「観光列車」 ; Music for today Jan.19 Polka schnell " Vergnügungszug"

ヨハン・シュトラウスⅡのポルカ・シュネル「観光列車」op.281は1864年1月19日の「産業協会舞踏会」で初演されました。

この曲は、トライアングルによる発着の警報音、列車の進行を表現するホルンなど優れた描写音楽としても知られています。鉄道好きな作曲家は、ドヴォルザークやオネゲルなどが知られていますが、実はシュトラウスは列車に乗ること自体も嫌いだったようです。

Polka Schnell " Vergnügungszug" op.281 of Johann Strauss Ⅱ has been premiered at the "The ball of the Industry Association " of January 19, 1864.

This song, such as alarm sound of arrival and departure by Triangle or horn to express the progress of the train, also known as depiction music excellent . There are some railway favorite composer is known ,such as Dvorak and Honegger ,but  in fact, Strauss himself was hate to ride the train.

2015年1月18日 (日)

今日の音楽 1月18日 ライモンダ ; Music for today Jan.17 Raymonda

グラズノフのバレエ「ライモンダ」は1898年1月18日にマリインスキー劇場で初演されました。

「ライモンダ」は、グラズノフの代表的な作品のひとつで3幕4場のバレエ音楽です。ライモンダは美女と名高い伯爵夫人の姪の名前で、誕生日の祝宴と、十字軍に出征する恋人ジャンを見送った後に見た幻影、彼女に求婚するサラセンの王と帰還したジャンの決闘、決闘に勝利したジャンとライモンダの結婚の祝宴という内容になっています。

特に結婚の祝宴の場で踊られる「グラン・パ・クラシック」は単独で上演される有名な曲です。

Glazunov ballet "Raymonda" has been premiered at the Mariinsky Theater in January 18, 1898.

"Raymonda" is a ballet music of three acts 4 field ,and  one of the representative works of Glazunov. Raymonda is beautiful and renowned of Countess's  niece name; the feast of birthday ; illusion seen after she saw off a lover Jean to go to crusade, Jean duel  with the king of Saracen  who proposed her to courtship;  and Jean win the duel so has become the contents of the Jean and Raymonda marriage feast.

Especially "Grand Pas Classic" as danced in place of the feast of marriage is a famous songs that are staged alone.

2015年1月17日 (土)

今日の音楽 1月17日 踊れ、喜べ、幸いなる魂よ ; Music for today Jan.17 Exsultate, jubilate

モーツァルトのモテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」K.165(158a)は1773年1月17日に初演されました。

これは、モーツァルトがミラノ訪問中にカストラート歌手ヴェナンツィオ・ラウッツィーニのために作曲した作品です。コロラトゥーラの技法も必要で今ではソプラノ歌手のレパートリーとして歌われています。

3つの楽章で構成されていて、冒頭楽章ではソナタ形式も使われているため声楽のための協奏曲のようなスタイルになっています。非常に明るい17歳のモーツァルトらしい音楽ですが、中でも、終楽章のアレルヤが有名です。

Motet of Mozart "Exsultate, jubilate" K.165 (158a) was premiered on January 17, 1773.

This is the work that Mozart has composed for the castrato singer Venanzio Rauzzini when mozart's Milan visit. Because coloratura techniqueneed , so now has been sung as repertoire of soprano singer.

It is constructed in 3  movements, in the beginning movement it has become a sonata form such as the Concerto for vocal music . It seems very bright  like 17-year-old Mozart , and among them, the finale Alleluia is famous.

2015年1月16日 (金)

今日の音楽 1月16日 2台のピアノと打楽器のためのソナタ ; Music for today Jan.16 Sonata for Two Pianos and Percussion

バルトークの「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」Sz.110は1938年1月16日にバーゼルで初演されました。

弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」を委嘱したパウル・ザッハーによって再度委嘱されて作曲されたのが、この曲です。編成は2台のピアノと2名の打楽器奏者による室内楽編成です。打楽器は3台のティンパニ、シロフォン、スネアドラム2台(響き線のあるものと無いもの)、合わせシンバルと吊り下げシンバル、バスドラム、トライアングルと銅鑼です。

打楽器も非常に音楽的に扱われていてとても楽しい曲です。

"Sonata for two pianos and percussion" Sz.110 of Bartok was premiered in Basel on January 16, 1938.

It was composed been commissioned again by Paul Sacher who commissioned the "Music for Strings, Percussion and Celesta".  Organization is chamber music organization by percussionist of the two and two pianos . Percussion is as follow;  3 timpani, xylophone, 2 snare drum two (with and without snare-wire),  suspended cymbal ,crush cymbal, bass drum, triangle and gong.

It is a very fun song have been very musically treated also percussion.

2015年1月15日 (木)

今日の音楽 1月15日 ワルツ「人生の喜び」 ; Music for today Jan.15 Freuet euch des Lebens

ヨハン・シュトラウスⅡのワルツ「人生の喜び」op.340は1870年1月15日にウィーン楽友協会の黄金ホールのオープニング記念舞踏会で初演されました。

今でも、ウィーン・フィル・ニュー・イヤー・コンサートでも知られる音楽の都ウィーンを代表するホールのオープニング記念にふさわしい明るい曲です。

Waltz " Freuet euch des Lebens" op.340 of Johann Strauss Ⅱ has been premiered at the opening Memorial ball of Goldener Saal of Vienna Musikverein on January 15, 1870.

Even now, it is bright songs worthy of the opening of Memorial Hall to represent the capital of music Vienna , also known by the Vienna Philharmonic New Year's Concert.

2015年1月14日 (水)

今日の音楽 1月14日 恋人たちの散歩道 ; Musc for today Jan.14 Le promenoir des deux amants

ドビュッシーの歌曲「恋人たちの散歩道」は1911年1月14日に初演されました。

17世紀の詩人トリスタン・レルミットの28連の長い詩の1・2・4連、14~16連、22~24連を取り出した3つの部分から出来ている歌曲です。「この暗い洞窟のほとり」「ぼくの言う事を聴いてよ 愛しのクリメーヌよ」「僕はふるえる 君の顔を見ると」です。

ドビュッシーの後期の歌曲は代表作「ビリティスの歌」と同様に、メロディの美しさだけでなく、伴奏の和声とフランス語の響きの調和による美しさを特徴としています。

Debussy song "Le promenoir des deux amants " was premiered on January 14, 1911.

It is a song that is made of three parts ,1, 2, 4 series ,14-16 series and 22-24 series. taken out 17th-century poet Tristan l'Hermite's long poem of 28 series "Auprès de cette grotte sombre" "Crois mon conseil,chère Climène," "Je tremble en voyant ton visage."

Late songs of Debussy in the same manner as the masterpiece "The song of Bilitis ", not only the beauty of the melody, features a beauty by harmony with French sounding and accompaniment.

2015年1月13日 (火)

今日の音楽 1月13日 月の沙漠 ; Music for today Jan.13 Tsuki no sabaku

作曲家 佐々木すぐるは1966年1月13日に亡くなりました。

佐々木は東京音楽学校を卒業後教師として働きながら「青い鳥」に童謡を発表していましたが、その後退職して作曲家として活動をはじめました。

童謡や愛国歌など2000曲もの楽曲を作曲。「月の沙漠」は詩人加藤まさおの詩に作曲したものです。ラクダ、お姫様、王子様などが登場し、幼いころには私も異国風な不思議な童謡だと感じていました。

2015年1月12日 (月)

今日の音楽 1月12日 弦楽四重奏曲第19番(モーツァルト) ; Music for today Jan.12 Strings Quartet No.19(Mozart)

モーツァルトの弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465「不協和音」は1785年1月12日に完成しました。

この曲はハイドンに献呈された14番から始まる6曲の弦楽四重奏曲(ハイドン・セット)の最後となる曲です。
全体的にはモーツァルトらしい明快な曲なのですが、冒頭から聴き始めると、いったい誰の曲かと考えてしまいます。

最初はチェロでハ長調の基音「ド」の音から始まりますが、3拍目にヴィオラの「ラ♭」、次の小節の頭に2ndヴァイオリンの「ミ♭」が加わります。2拍目は1stヴァイオリンの「ラ」が加わり、ヴィオラが「ソ」の音に変わります。2小節目の2拍目はドソミ♭ラになるわけです。つまり、第1楽章の序奏が不協和音で始まるのです。22小節にわたる序奏だけ全く雰囲気が違うのが、この曲の特徴です。

String Quartet No.19 in C major K.465  of Mozart "Dissonance" was completed in January 12, 1785.

This song is the last to become the song of the String Quartet of six songs that start from 14th, which is dedicated to Haydn (Haydn Quartets).
Overall it's a clear song seems to Mozart, but you start listening from the beginning, it will consider an integral Whose song.

At first, it start from the sound of the C major fundamental "C" in the cello, but "A♭" Viola to third beat, adds "E♭" of 2nd violin head of the next measure. The second beat joined the "A" of 1st violin, viola changes is the sound of the "G". The second beat of the second bar is a translation become C-G-E♭-A. In other words, the first movement of the intro is begun with dissonance. Quite atmosphere is different from only intro over 22 bar, it is a feature of this song.

2015年1月11日 (日)

今日の音楽 1月11日 春のささやき ; Music for today Jan.11 Frühlingsrauschen

ノルウェーの作曲家クリスティアン・シンディングは1856年1月11日に生まれました。

シンディングはノルウェーの作曲家として、グリーグ以降最も重要な作曲家と言われており、交響曲や協奏曲など多くの作品を作曲しました。しかしながら、40年にもわたるドイツでの生活によるドイツ音楽への傾斜や、晩年ナチスに利用されたことなどから、低い評価になっています。

現在唯一知られているのが、ピアノ曲「春のささやき」です。右手の急速なアルペジオと左手のメロディで出来ていますが、アルペジオが単純な分散和音のため比較的平易に演奏できるようです。

Composer Christian Sinding of Norway was born on January 11, 1856.

Sinding has been said to be the most important composer  as Norwegian composer, later Grieg, and composed many works such as symphonies and concertos. However, he inclined to the German music because of living in Germany also over 40 years, and his later years it has been used in the Nazi, it has become a low evaluation.

The only known currently, is the piano song "Frühlingsrauschen". It had  a rapid arpeggios  at right hand and left hand of the melody, but it seems arpeggio can be relatively easy to play for a simple arpeggio.

2015年1月10日 (土)

今日の音楽 1月10日 ドウ・イット・アゲイン ; Music for today Jan. 10 Do it again

アメリカのミュージシャン ドナルド・フェイゲンは1948年1月10日にニュージャージーで生まれました。

ドナルドは1971年にウォルター・ベッカーと共にジャズ・ロック・バンドの「スティーリー・ダン」を創設しましたが、1974年にはバンドは崩壊し、その後はベッカーと2人のスタジオ・ミュージシャンとしての活動が主になっていきます。

「ドゥ・イット・アゲイン」は1972年のデビュー・アルバムからシングル・カットされた曲で全米6位の大ヒットとなった曲です。

American musician Donald Fagen was born in New Jersey on January 10, 1948.

Donald has founded the "Steely Dan" jazz rock band together with Walter Becker in 1971, the band collapsed in 1974, then the main activities as a studio musician of Becker and two will become.

"Do It Again" is a song that became a big hit in the US sixth in single-cut songs from debut album of 1972.

2015年1月 9日 (金)

今日の音楽 1月9日 ドナ・ドナ ; Music for today Jan.9 Donna Donna

アメリカのフォーク歌手 ジョーン・バエズは1941年1月9日にニューヨーク州スタテン島で生まれました。

反戦フォーク歌手として知られていますが、1960年に発売されたファースト・アルバムはトラディショナルなフォークソングを中心とした曲で構成されていました。「ドナ・ドナ」の原曲は1938年に作られたイディッシュの歌で、牧場から売られていく可哀想な牛を歌った曲です。各国で排斥されるユダヤ人を牛に見立てて歌われた曲とも言われています。

American folk singer Joan Baez was born in New York Staten Island on January 9, 1941.

She has been known as the anti-war folk singer, but first album  released in 1960 had been constructed in the song with a focus on traditional folk song. Original song "Donna Donna" is a Yiddish song that was made in 1938, is a song that sang the poor cow going sold from the ranch. Jews that are rejected in each country and is also said to songs that were sung to resemble a cow.

2015年1月 8日 (木)

今日の音楽 1月8日 交響曲第15番(ショスタコーヴィチ) ; Music for today Jan.8 Symphony No.15(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの交響曲第15番イ長調op.141は、1972年1月8日にマクシム・ショスタコーヴィチ指揮モスクワ放送交響楽団の演奏で初演されました。

ショスタコーヴィチ最後の交響曲で、11番12番のようにロシア革命を描いた標題的な作品でもなく、13番14番のように声楽を含んだ作品でもない、古典的な様式による曲になっています。

編成も基本的には2管編成で、曲中には様々な引用が見られます。十二音技法など近代的な技巧を使っていますが、肩の凝らない作品です。

Symphony No. 15 of Shostakovich A major op.141 has been premiered at the performance of Maxim Shostakovich conductor Moscow Radio Symphony Orchestra in January 8, 1972.

In Shostakovich last symphony, nor the title specific work depicting the Russian Revolution as 11th-12th, it is not a work containing the vocal as of 13th-14th, and made it to the song by the classic style .

Organized in basically two tube organization, I can see a variety of a quote in the song. Twelve-tone technique, such as he had using the modern technique, but it is not so heavy.

2015年1月 7日 (水)

今日の音楽 1月7日 スターバト・マーテル(ロッシーニ) ; Music for today Jan. 7 Stabat Mater(Rossini)

ロッシーニのスターバト・マーテルは1842年1月7日に初演されました。

スターバト・マーテルは13世紀に誕生したカトリックの聖歌です。イエス・キリスト時が磔になった時の母マリアの悲しみを歌った詩で、600人以上の作曲家が曲を作っていると言われています。

オペラの作曲家としてベートーヴェンをも嫉妬させる成功を収めたロッシーニは1929年37歳の時の「ウィリアム・テル」を最後にオペラ界から引退し、その後40年はわずかの宗教曲を作曲しただけでした。「スターバト・マーテル」は、彼の後半生の最大の傑作と言われています。悲しみの曲ですが、明るく美しいロッシーニらしい音楽です。

Stabat Mater of Rossini was premiered on January 7, 1842.

Stabat Mater is a Catholic chant  born in the 13th century. In poem  sung the sorrow of mother Maria when Jesus Christ became crucified, it is said  more than 600 of the composer  have made a song.

as opera composer , Rossini  had succeseeded  to even be jealous Beethoven  retired "William Tell" at the time of the 1929 37-year-old from the last opera world, only was composed just of religious song then '40 was. "Stabat Mater" is, has been said to his later life of the greatest masterpiece. It is a song of sadness, but it is music seems bright beautiful.

2015年1月 6日 (火)

今日の音楽 1月6日 ピアノ五重奏曲第2番(ドヴォルザーク) ; Music for today Jan 6 Piano Quintet No.2(Dovrak)

ドヴォルザークのピアノ五重奏曲第2番は1888年1月6日にプラハで初演されました。

ドヴォルザークはピアノ五重奏曲を2曲作曲していますが、第1番は殆ど演奏されず、第2番はドヴォルザークの代表作のひとつとされています。シューマン、ブラームスの作品と並んで三大ピアノ五重奏曲と言われる事もあります。

この曲は、非常に民族色が豊かな曲で、第2楽章にドゥムカ、第3楽章にはフリアントを用いています。

Piano Quintet No. 2 of Dvorak was premiered in Prague on January 6, 1888.

Dvorak has composed two piano quintets , but No. 1 is not playing most, No. 2 has been one of the representative works of Dvorak. Schumann, sometimes we call  it one of three major Piano Quintets with Schuman and Brahms works.

This song inclues rich ethnic color , Dumka in the second movement, in the third movement have been used by Furiant.

2015年1月 5日 (月)

今日の音楽 1月5日 花神 ; Music for today Jan.5 Kashin

作曲家 林光は2012年1月5日に亡くなりました。

1931年生まれの林光は、合唱組曲「原爆小景」で知られる作曲家です。映画音楽も数多く手がけていますが、1977年のNHK大河ドラマ「花神」のテーマを選びました。「花神」は明治維新で活躍した長州藩の村田蔵六(大村益次郎)を主人公とした司馬遼太郎原作の話です。

とてもダイナミックな曲で、大河ドラマのテーマ曲の中でも心に残っている曲のひとつです。

Composer Hikaru Hayashi died on January 5, 2012.

Hikaru Hayashi  born in  1931is a composer, known for choral suite "Genbaku shoukei". He also worked numerous film music, but I chose the theme of NHK's 1977 drama "Kashin". "Kashin" is the story of Ryotaro Shiba original that Zoroku Murata (Masujiro Omura)  of dominating Choshu clanwas a hero in the Meiji Restoration.

Very dynamic song, is one of the songs that remain in the mind among the theme song of the drama.

2015年1月 4日 (日)

今日の音楽 1月4日 交響曲第1番(ボロディン) ; Music for today Jan 4 Symphony No.1(Borodin)

ボロディンの交響曲第1番変ホ長調は1869年1月4日に公開初演されました。

ボロディンは、医師や科学者としての仕事が多忙だったために非常に遅筆な作曲家として知られています。この交響曲第1番も6年間を費やした完成した作品でした。

ロシア国民楽派の作品らしい力強さと、シューマンなどのロマン派音楽の影響を合わせ持つ曲で、日本では第2番ほどのの知名度はありませんが、埋もれさせておくには惜しい曲です。

Symphony No. 1 in E flat major Borodin was released premiere on January 4, 1869.

Borodin is  known as a very slow-writing  composer because his busy work as a doctor or scientist. The Symphony No. 1 was also the finished work that has spent six years.

And strength seems to work of the Russian Musical nationalism, in tune with combined Romantics influence of music, such as Schumann, in Japan does not have the name recognition of the extent No. 2, it is regrettable song to keep let buried.

2015年1月 3日 (土)

今日の音楽 1月3日 交響的舞曲(ラフマニノフ) ; Music for today Jan.3 Symphonic Dances(Rachmaninoff)

ラフマニノフの交響的舞曲op.45は、1941年1月3日にオーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏で初演されました。

この曲はラフマニノフ最後の作品です。舞曲として作曲されましたが3つの曲が密接な関係を持っていて、交響曲としての性格を持った曲です。様々な曲の引用が多い曲で、特にラフマニノフが他の曲でも好んで使用したグレゴリオ聖歌の「怒りの日」が効果的に使われています。

Symphonic Dancesop.45  of Rachmaninoff  has been premiered at the performance of Ormandy Conductor the  Philadelphia Orchestra on January 3, 1941.

This song is Rachmaninoff last work. It was composed as dance but three of the songs have a close relationship , so it has  a personality as a symphony. In a variety of song quote many of the song,  especially "Dies irae" of Gregorian chant, which was used in favor in other songs by Rachmaninoff are effectively used.

2015年1月 2日 (金)

今日の音楽 1月2日 戦士の休息 ; Music for today Jan. 2 Senshi no kyusoku

作家の森村誠一は1933年1月2日に埼玉県熊谷市で生まれました。

森村誠一は、ホテルマンを経験した後推理作家として活躍。棟居刑事シリーズがよく知られています。

代表作の証明三部作は、その棟居が活躍する「人間の証明」と「青春の証明」「野性の証明」です。「野性の証明」も「人間の証明」同様角川映画として映画化されました。

先日亡くなった高倉健が主演で、薬師丸博子のデビュー作となった映画です。その中で、町田義人によって歌われた主題歌が「戦士の休息」です。

2015年1月 1日 (木)

今日の音楽 1月1日 アイ・ソー・ザ・ライト ; Music for today Jan 1 I saw the light

あけましておめでとうございます。今年で5年目を迎える「今日の音楽」をよろしくお願いいたします。

カントリー系シンガー・ソングライター ハンク・ウィリアムズは1953年1月1日に亡くなりました。

ハンク・ウィリアムズはわずか29歳で死亡しましたが、カントリーの歴史に大きな足跡を残しました。20世紀のカントリーシンガーの殆どが彼の影響を受けたと言っても言い過ぎではないでしょう。

アイ・ソー・ザ・ライトは、死の直後にウィリアムズが出演する予定だったコンサートで他の出演者によって追悼曲として歌われた曲です。テレビの「刑事コロンボ 白鳥の歌」で、犯人役を演じたジョニー・キャッシュが歌っていました。

A Happy New Year!  Please take care for "Music for today" which will be 5 years since begining.

Country-based singer-songwriter Hank Williams died on January 1, 1953.

Hank Williams died at only 29 years old, he had left a large footprint in the history of the country music. Most of the 20 century of country singer will not be an exaggeration to say that was influenced by him.

"I Saw The Light" is a song that was sung as a memorial song by other performers at the concert Williams was scheduled to appear immediately after the death. I remember tha In the "Swan Song"  of TV drama "Columbo" Johnny Cash, who played a criminal role was singing.

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »