ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月27日 歌劇「リゴレット」より「あれか、これか」 ; Music for today Jan.27 Questa o quella(from Rigoletto) | トップページ | 今日の音楽 1月29日 パリ、大都会の歌 ; Music for today Jan.29 Paris, A Night Piece: The Song of a Great City »

2015年1月28日 (水)

今日の音楽 1月28日 ヘラクレスの青年時代 ; Music for today Jan. 28 La jeunesse d'Hercule

サン=サーンスの交響詩「ヘラクレスの青年時代」op.50は1877年1月28日にシャトレ座で初演されました。

サン=サーンスは4作の交響詩を作曲しています。この曲が最後の交響詩となりました。サン=サーンス自身が、4つの交響詩について「死の舞踏」は「死の恐怖とアイロニー」、「オンファールの糸車」は「誘惑」、「ファエトン」は「「誇り」を、そして「ヘラクレスの青年時代」は「英雄主義と性的な快楽との煩悩」を表現したと言っています。

この曲は三部から出来ていて中間部での誘惑との葛藤を経て英雄を取り戻す内容になっています。

Saint-Saens of symphonic poem "La jeunesse d'Hercule" op.50 was premiered at the Chatelet Theatre in January 28, 1877.

Saint-Saens has composed 4 symphonic poem. This song was the last of the symphonic poem. Saint-Saëns himself told about the four symphonic poem presented as follows;  "Danse macabre" is "fear of death and irony", "Le Rouet d'Omphale " is "temptation", "Phaethon" the "is" pride ", and "La jeunesse d'Hercule" is "Discord during  Heroism and sexual pleasure. "

This song has become regain the hero through the conflict with the temptation of the middle portion is made up of three parts.

« 今日の音楽 1月27日 歌劇「リゴレット」より「あれか、これか」 ; Music for today Jan.27 Questa o quella(from Rigoletto) | トップページ | 今日の音楽 1月29日 パリ、大都会の歌 ; Music for today Jan.29 Paris, A Night Piece: The Song of a Great City »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 1月27日 歌劇「リゴレット」より「あれか、これか」 ; Music for today Jan.27 Questa o quella(from Rigoletto) | トップページ | 今日の音楽 1月29日 パリ、大都会の歌 ; Music for today Jan.29 Paris, A Night Piece: The Song of a Great City »