ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月19日 ポルカ・シュネル「観光列車」 ; Music for today Jan.19 Polka schnell " Vergnügungszug" | トップページ | 今日の音楽 1月21日 交響曲第4番「バーゼルの喜び」 ; Music for today Jan.21 Symphony No.4 "Deliciae basiliensis" »

2015年1月20日 (火)

今日の音楽 1月20日 ウェーバーの主題による交響的変容 ; Music for today Jan.20 Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers

ヒンデミットのウェーバーの主題による交響的変容は1944年1月20日にロジンスキー指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏で初演されました。

20世紀ドイツの作曲家として、新ウィーン楽派とは一線を画す独自路線を歩んだ作曲家です。

ウェーバーの主題による交響的変容は、ナチスの攻撃によりドイツを離れてアメリカに逃れていた間に作曲されました。ウェーバーのピアノ連弾曲や劇音楽「トゥーランドット」の序曲から主題を取って4つの楽章にした作品です。ヒンデミットにしては楽しい作品なので演奏機会が比較的多い曲です。

Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers  by Hindemith has been premiered at the performance of New York Philharmonic conducted by Artur Rodziński on January 20, 1944.

As composer of the 20th century Germany, he walked his own routes apart from the second Viennese School .

Symphonische Metamorphose von Themen Carl Maria von Webers  was composed during he had fled to the United States off the German by Nazi attack. It is from piano duet and  overture of  play music of  "Turandot" by taking the subject matter and make 4 movements music . In Hindemith is relatively large song playing opportunity because it is fun work.

« 今日の音楽 1月19日 ポルカ・シュネル「観光列車」 ; Music for today Jan.19 Polka schnell " Vergnügungszug" | トップページ | 今日の音楽 1月21日 交響曲第4番「バーゼルの喜び」 ; Music for today Jan.21 Symphony No.4 "Deliciae basiliensis" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 1月19日 ポルカ・シュネル「観光列車」 ; Music for today Jan.19 Polka schnell " Vergnügungszug" | トップページ | 今日の音楽 1月21日 交響曲第4番「バーゼルの喜び」 ; Music for today Jan.21 Symphony No.4 "Deliciae basiliensis" »