ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

今日の音楽 12月31日 マッカーサー・パーク ; Music for today Dec.31 MacArthur Park

ディスコの女王 ドナ・サマーは1948年12月31日にボストン近郊で生まれました。

ドナ・サマーは1968年にミュージカル「ヘアー」のイギリス公演でデビューし、1970年半ばから1980年代にかけてヒット曲を連発しました。

「マッカーサー・パーク」は1978年のヒット曲で、1968年にアイルランドの歌手リチャード・ハリスがヒットさせた曲です。ロサンゼルスのダウンタウンとハリウッドの間にある公園の名前です。

Disco queen Donna Summer was born in Boston suburbs to December 31, 1948.

Donna Summer debuted in the UK performances of musical "Hair" in 1968, and she was barrage hits from the mid-1970 through the 1980s.

"MacArthur Park" is a hit song of 1978, that is a song that Irish singer Richard Harris was hit in 1968. The name of the park, which lies between the downtown and Hollywood in Los Angeles.

2014年12月30日 (火)

今日の音楽 12月30日 交響曲第2番(ハチャトゥリアン) ; Music for today Dec.30 Symphony No.2(Khachaturian)

ハチャトゥリアンの交響曲第2番は、1943年12月30日にハイキン指揮のソヴェト国立交響楽団の演奏でモスクワ音楽院大ホールで初演されました。

ハチャトゥリアンは、「ガイーヌ」や「仮面舞踏会」が知られていますが、コントラバスは殆ど打楽器のような扱いなので、バス弾きの私としてはあまり好きな作曲家ではありません。

ところが、この曲は非常に重厚な音楽で、ショスタコーヴィチなどに通じるところもあります。要因のひとつは、この曲が反戦の音楽という事でしょう。そして、その戦争とは第二次世界大戦です。

Symphony No. 2 of Khachaturian, has been premiered at the Moscow Conservatory Great Hall in the performance of the Soviet National Symphony Orchestra conducted by Khaykin on December 30, 1943.

Khachaturian, which have been known "Gayane" and "Masquerade", because the bass is a little like percussion treatment, it is not a very favorite composer as I bass player.

However, this song is a very heavy music, there is also a place that leads to such as Shostakovich. One of the factors, this song would be that anti-war music. And, with that war is the second World War.

2014年12月29日 (月)

今日の音楽 12月29日 ヴァイオリン・ソナタ第10番(ベートーヴェン) ; Music for today Dec.29 Violin Sonata No.10(Beethoven)

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調op.96は1812年12月29日に初演されました。

この曲は、唯一晩年に作曲されたヴァイオリン・ソナタです。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの最高傑作とも言われる第9番「クロイツェル・ソナタ」からおよそ10年経っており、すでに我々が知っているベートーヴェンらしいヴァイオリン・ソナタでは無くなっています。

全体的に、あまり起伏がなく穏やかな曲想であると同時に、終楽章では変奏曲を使用しています。

Violin Sonata No. 10 in G major op.96 Beethoven was premiered in December 29, 1812.

This song is a violin sonata  composed only in his later years. No. 9,has passed since "Kreutzer Sonata"  which is also referred to as the masterpiece of Beethoven violin sonatas  about '10 years , and is lost in the already Violin Sonata seems Beethoven we know.

Overall, it is using a gentle song idea without much relief, at the same time using variations in the finale  movement.

2014年12月28日 (日)

今日の音楽 12月28日 ケイン号の叛乱 ; Music for today Dec.28 The Caine Mutiny

作曲家マックス・スタイナーは1971年12月28日に亡くなりました。

スタイナー家は祖父がアン・デア・ウィーン劇場の支配人だったため、高名な音楽家との交流がありました。彼の本名マクシミリアン・ラオウル・ヴァルター・シュタイナーの名づけ親はリヒャルト・シュトラウスでした。

ブラームスからピアノの手ほどきを受け、ウィーン帝室音楽院マーラーから作曲を学んだマックスは、4年の課程を1年で修了してしまう秀才だったようです。1914年26歳の時にアメリカに渡った後はアレンジャーや指揮者としてブロードウェイで働き、1929年にハリウッドに招かれ、映画音楽の作曲家として活躍するようになりました。1933年の「キングコング」で注目され、ミュージカルを中心に何百もの映画音楽を担当しました。

彼は3回アカデミー賞を受賞していますが、最も有名な「風と共に去りぬ」は受賞していません。ケイン号の叛乱は1954年の映画で、アカデミー作曲賞にノミネートされています。

Composer Max Steiner died on December 28, 1971.

Steiner family for his grandfather was a theater manager of Theater an der Wien, there was interaction with renowned musician. Parent named his real name Maximilian Raoul Walter Steiner was Richard Strauss.

In response to initiation of piano from Brahms, Max learned composers from Mahler in Konservatorium der Gesellschaft der Musikfreunde, seems to have been smart ass that would have completed the course of four years in one year. After he went to the United States at the time of the 26-year-old in 1914  he worked  in Broadway as arranger and conductor, and was invited to Hollywood in 1929, was  working as a composer of film music. Been noted in the "King Kong" in 1933, he was responsible for hundreds of film music around the musical.

He has won three times Academy Award, but the most famous "Gone with the Wind" is not won. The Caine Mutiny in 1954 movie, it has been nominated for the Academy Award for Best Original Music Score.

2014年12月27日 (土)

今日の音楽 12月27日 スターダスト ; Music for today Dec.27 Stardust

作曲家、歌手のホーギー・カーマイケルは1981年12月27日にカリフォルニアで亡くなりました。

ピアニストだった母の影響で、幼い頃からピアノを学び18歳の頃からジャズ・バンド等で活動していたホーギーは、28歳の時に作曲した「スター・ダスト」が大ヒットし、世界中で名を知られるミュージシャンとなりました。

その後「我が心のジョージア」などの作曲や、演奏でスイング・ジャズの全盛期に一世を風靡しました。

「スター・ダスト」は1927年に作曲され、1929年にミッチェル・パリッシュによって詞が付けられジャズのスタンダード・ナンバーとして今でも多くのアーティストにカバーされています。

Composer and singer, Hoagy Carmichael  died in California in December 27, 1981.

Hoagy who  had learned piano since early age under the influence of his mother  pianist and had been active since  18-year-old  in jazz band, etc. , has been known as a musician all over the world  by compose of "Star Dust" which get a big hit  at the time of the 28-year-old .

After then  he was the world by storm in the heyday of swing jazz playing and composer such as "Georgia on my mind ",.

"Star Dust" is composed in 1927  and lyrics are marked by Mitchell Parish in 1929 has been standard  jazz music and has been covered by many artists still.

2014年12月26日 (金)

今日の音楽 12月26日 美しきパースの娘 ; Music for today Dec. 26 La jolie fille de Perth

ビゼーの歌劇「美しいパースの娘」は1867年12月26日に初演されました。

ビゼーは、かなりの数のオペラを手がけていますが、完成されたものはわずかで、しかも今でも上演されるのは「カルメン」のみです。「美しいパースの娘」も、第2幕の二重唱の伴奏をギローが「アルルの女」第2組曲に編曲して転用した曲が「メヌエット」として有名ですが、全曲演奏される事が殆どありません。

第2幕と第4幕で歌われる「セレナーデ」がNHK「みんなのうた」で「小さな木の実」として取り上げられ知られるようになりました。

Bizet opera "La jolie fille de Perth" was premiered in December 26, 1867.

Bizet, which has worked on quite a few of the opera, just a thing that has been completed, yet being staged Even now  is only the "Carmen". "La jolie fille de Perth" also, the accompaniment of the second act of the duet Guiraud is a song that was diverted to arrangement in "L'Arlésienne" the second suite is famous as "Minuet", but it is rarely to be songs played .

"Serenade" as sung in the second act and the fourth act is now known by featured as "Chiisana kino mi" in the NHK "Minna no Uta".

2014年12月25日 (木)

今日の音楽 12月25日 クリスマス・ソング ; Music for today Dec.25 The Christmas song

今日はクリスマスです。

夥しい数のクリスマスの歌がありますが、大きく分類するとクリスマス・キャロルと、ポピュラーソングの2種類に分けられます。

クリスマス・キャロルは、以下のような曲が知られています。

①作曲が不明なもの  「神の御子は今宵しも」「荒野のはてに」「おめでとうクリスマス」「ひいらぎ飾ろう」「牧人羊を」「もみの木」「もろびとこぞりて」
②作曲者がわかっているもの  「天には栄え(作曲メンデルスゾーン)」「清しこの夜(グルーバー作曲)」「さやかに星はきらめき(アダン作曲)」

ポピュラーソングとしては、「ホワイト・クリスマス」「赤鼻のトナカイ」「サンタが街にやって来る」「ジングル・ベル」などが有名です。日本では、「クリスマス・イヴ」が最も知られています。

その中から、今日は、「クリスマス・ソング」という、そのままの曲名の歌を選びました。ナット・キング・コールがヒットさせた非常に美しい曲です。カーペンターズもクリスマス・アルバムの中で歌っていました。

2014年12月24日 (水)

今日の音楽 12月24日 幻想序曲「ハムレット」 ; Music for today Dec.24 Overture-Fantasia"Hamlet"

チャイコフスキーの幻想序曲「ハムレット」は1888年12月24日にペテルブルクで初演されました。

チャイコフスキーは幻想序曲を3曲作曲していますが、全てシェイクスピアの戯曲を題材にしたものです。最も有名なものが「ロミオとジュリエット」で、その次が「テンペスト」、そして最後の作品が「ハムレット」でした。

序曲と言っても、はじめの2作品は演奏会用序曲でしたが、「ハムレット」は後に劇音楽を作曲し、この幻想序曲の短縮版を使用しています。

「ハムレット」は「ロミオとジュリエット」ほど知られていませんが、チャイコフスキーらしいドラマチックで感動的な曲だと思います。

Overture- Fantasia "Hamlet" of Tchaikovsky  was premiered in St. Petersburg on December 24, 1888.

Tchaikovsky has composed three overture-Fantasia, and that all were to subject the Shakespeare plays. The most famous is "Romeo and Juliet", the following "The Tempest", and the last work was "Hamlet".

To say that the overture, two works of the beginning was concert-overtures, but "Hamlet" is composed the play music after ,and using a shortened version of this overture-fantasia.

"Hamlet" is not known as "Romeo and Juliet", but I think it's impressive song Tchaikovsky seems dramatic.

2014年12月23日 (火)

今日の音楽 12月23日 My Perfect Blue ; Music for today Dec.23 My Perfect Blue

作家の宮部みゆきは1960年12月23日に東京都江東区で生まれました。

宮部みゆきは、法律事務所に勤務しながら小説教室に通って、1987年にオール読物推理小説新人賞を受賞してデビューしました。

今では、女流推理作家のトップを歩んでいます。代表作の「模倣犯」や「名もなき毒」などで数々の賞を受賞しています。人気シリーズの元警察犬マサのシリーズ「パーフェクト・ブルー」はTVドラマ化されましたが、その主題歌「My Perfect Blue」は柴咲コウが歌っていました。

Miyuki Miyabe writer was born in Tokyo, Koto-ku, to December 23, 1960.

Miyuki Miyabe is, through the novel classroom while working for a law firm, was awarded All Yomimono suirishousetsu newcomer award in 1987 and  debuted after that.

Now,she has come a top female mystery writer.She has won numerous awards in such as "Mohohan" and "Namonaki Doku" of representative work. Although the popular series of the original police dog masa series "Perfect Blue" has been TV drama, the theme song "My Perfect Blue" is Shibasaki Kou had singing.

2014年12月22日 (月)

今日の音楽 12月22日 ヴァイオリン・ソナタ第3番(ブラームス) ; Music for today Dec.22 Violin Sonata No.3(Brahms)

ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op.108は1888年12月22日に、フバイのヴァイオリンとブラームスのピアノで初演されました。

ブラームスの作風は、この頃を境に内省的で諦観の感情を表に出すものに変わっています。この曲も抒情性豊かと言う事もできますが、重苦しい暗い雰囲気を持つ作品です。

Violin Sonata No.3 in D minor op.108 of Brahms was premiered at his piano and violin by Hubay on December 22, 1888,

Brahms style is, the feelings of introspective a resignation this time on the border has changed to what you put out in the table. I can say that this song is also lyricism rich, but it is a work that has a heavy dark atmosphere

2014年12月21日 (日)

今日の音楽 12月21日 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番 ; Music for today Dec.21 Partita for solo violin No.2

ヴァイオリニスト ナタン・ミルシティンは1992年12月21日に亡くなりました。

ミルシティンは、20世紀を代表するヴァイオリニストのひとりです。超絶技巧の持ち主でしたが、演奏ではそれを前面に出さず音色と歌心を尊重していました。そのために、ロマン派の作品を得意としていましたが、逆にバッハの無伴奏ヴァイオリンのための曲も得意なレパートリーとして知られています。

バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番は、6曲ある無伴奏ヴァイオリンのための曲の中でも最も知られている作品です。5曲からなる曲ですが、第5曲のシャコンヌは壮大な作品で、この曲だけ単独で演奏される事も多い曲です。

Violinist Nathan Milstein died on December 21, 1992.

Milstein is one of the violinists of the 20th century. Transcendence was the owner of finesse, but the performance was not respect the tone and poetic sentiment is not issued it to the front.So, he has been good at the work of the Romantics, also songs for unaccompanied violin of Bach is known as good repertoire .

Unaccompanied Violin Partita No. 2 of Bach, is the best known work is also in the song for unaccompanied violin in six songs. It is a song that consists of five songs, but the Chaconne of the  fifth songs in the magnificent work, it is also many songs that are played alone just this song.

2014年12月20日 (土)

今日の音楽 12月20日 ピアノ三重奏曲第3番(ブラームス) ; Piano Trio No.3(Brahms)

ブラームスのピアノ三重奏曲第3番ハ短調op.101は、1886年12月20日にブダペストで、ブラームスのピアノ、フバイのヴァイオリン、ポッパーのチェロで初演されました。

ブラームスは、室内楽を得意とした作曲家でしたが、中でも3曲のピアノ三重奏曲はいずれも名作と言われています。

第3番は、晩年の初期作品で円熟味が加わった情熱的な作品です。

Piano Trio No.3 in C minor op.101 of Brahms, was premiered in Budapest on December 20, 1886, by piano Brahms, Jenő Hubay of violin, at the cello of David Popper.

Brahms, but was good and the composer of chamber music, it is said that none of the piano trio among them three songs masterpiece.

No. 3 is a passionate work Enjukumi is applied in the later years of the early works.

2014年12月19日 (金)

今日の音楽 12月19日 愛の讃歌 ; Music for today Dec.19 Hymne à l'amour

シャンソン歌手エディット・ピアフは1915年12月19日にパリで生まれました。

彼女が、フランスで最も偉大で最も愛された歌手である事は異論が無いと思いますが、彼女の生涯をここで語るのは無理です。彼女の伝記映画や本があるので、興味ある方はご覧ください。

以前取り上げた「バラ色の人生」と並んで人気の高い曲が「愛の讃歌」です。この曲は、ピアフ自身が作詞した曲で、妻子ある恋人のプロ・ボクサー マルセル・セダンとの別れを決意して書いたと言われています。

とにかく、世界中で愛され、歌われている曲です。

Chanson singer Edith Piaf was born in Paris on December 19, 1915.

She, but I think that there is no objection is the most beloved singer the greatest in France, it's impossible to talk about her life here. Since there is her biopic and books, please visit if you are interested.

Along with previously discussed " La Vie en rose " is a popular high song "Hymne à l'amour". This song, with songs that Piaf itself was lyricist, has been said to have written by determination goodbye with  her lover ,professional boxer Marcel sedan who had wife and children.

Anyway, loved all over the world, it is the song that has been sung.

2014年12月18日 (木)

今日の音楽 12月18日 心の四季 ; Music for today Dec.18 Kokoro no shiki

作曲家 高田三郎は1913年12月18日に名古屋で生まれました。

高田は、武蔵野音楽学校師範科を経て、東京音楽学校で作曲を学びました。

様々な分野に作品を残していますが、とりわけ合唱曲においては第一人者として活躍し多くの名曲を送り出しています。

「心の四季」は、代表曲「水のいのち」と並んで愛されている曲です。日本の四季の様々な風物を人間の心になぞらえて歌った曲で、「風が」「水すまし」「流れ」「山が」「愛そして風」「雪の日に」「真昼の星」の7曲からなる合唱組曲です。

Composer Saburo Takada  was born in Nagoya in December 18, 1913.

Takada, through the Musashino music school teacher family, he learned a composer at the Tokyo Music School.

He has to leave the work in various fields, but in especially choral music has sent out a lot of masterpieces worked as a guru.

"Kokoro no shiki" is a song that is loved, along with representative song "Mizu no inochi". In songs he sang likened a variety of scenery in the human heart of Japan's four seasons.  This is the chorus suite consisting of seven songs.

くり

2014年12月17日 (水)

今日の音楽 12月17日 バレエの情景(グラズノフ) ; Music for today Dec.17 Scènes de Ballet(Glazunov)

グラズノフの組曲「バレエの情景」は1894年12月17日に初演されました。

バレエの情景は、純粋な演奏会用組曲として作曲された曲です。

前奏曲、マリオネット、マズルカ、スケルツィーノ、パ・ダクシオン、ダンス・オリエンタル、ワルツ、ポロネーズの8曲です。知名度はそれ程高くない曲ですが、どの曲も肩の凝らない曲です。

Suite "Scènes de Ballet" of Glazunov was premiered on December 17, 1894.

Scènes de Ballet is a song that was written as a pure concert for suite.

It is consisted in 8 songs, Prelude, Marionette, mazurkaScherzino, Pas d'action, dance Oriental, waltz, and polonaise. Name recognition is a song not so high, but it is not heavy like an easy listening song.

2014年12月16日 (火)

今日の音楽 12月16日 チェロ協奏曲第1番(サン=サーンス) ; Music for today Dec.16 Cello concerto No.1(Saint=Seans)

フランスの作曲家サン=サーンスは1921年12月16日に86歳で亡くなりました。

サン=サーンスは、2歳でピアノを弾いて3歳で作曲をしたと言われる神童タイプの音楽家でした。作曲以外でもピアノとオルガンは超一流で、音楽以外にも詩、天文学、数学、絵画など広い分野で一流と言われていました。

博識は、音楽の世界でも発揮され、様々な楽器に精通しており、ピアノ、ヴァイオリン、チェロなど優れた協奏曲を多く作曲しました。

サン=サーンスはチェロ協奏曲を2曲作曲していますが、現在多く演奏されるのは第1番です。1872年の作品で三部構成の単一楽章からできています。冒頭の骨太のチェロのソロで、チェロ協奏曲の世界に引き込まれる作品です。

French composer Saint-Saëns died at the age of 86 on December 16, 1921.

Saint-Saëns, it was musician prodigy type that is said to have the composer at 3 years old playing the piano at the age of two. In piano and organ top-notch, even non-composers, poetry other than music, astronomy, mathematics, painting in a wide range of fields, such as it had been said to be first-class.

His erudition is also exhibited in the music of the world, he was familiar with a variety of musical instruments and  has composed many piano, violin, cello, etc. excellent Concerto.

Saint-Saëns but has composed two songs a cello concerto in the 1872 work. , it is No. 1 being currently many performance. It was consisted from a single movement of the three-part In cello solo of boned at the beginning, it is the work that is drawn into the world of cello concerto.

2014年12月15日 (月)

今日の音楽 12月15日 ビコーズ ; Music for today Dec. 15 Because

イギリスのコーラス・バンド デイヴ・クラーク・ファイヴ(DC5)のリーダー デイヴ・クラークは1942年12月15日に生まれました。

DC5は、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのバンドとして活躍しました。ビートルズのライヴァルとして注目され、「ビコーズ」が大ヒットしました。「ビコーズ」はビートルズも取り上げています。

Dave Clark Leader of the United Kingdom of chorus band The Dave Clark Five (DC5) was born on December 15, 1942.

DC5 was active as a band of the primary British Invasion. who is attracting attention as a rival of Beatles, "BECAUSE" was a big hit. "BECAUSE" is also featured by Beatles.

2014年12月14日 (日)

今日の音楽 12月14日 シンフォニアWq.182第1番 ; Music for today Dec,14 Symphony Wq.182 No.1

作曲家カール・フィリップ・エマヌエル・バッハは1788年12月14日にハンブルクで亡くなりました。

C.P.E.バッハは、ヨハン・セバスチャン・バッハの次男ですが、音楽的には父よりもテレマンなどの影響を強く受けています。

特に、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンと続いて完成された交響曲の礎を築いた作曲家として18世紀当時は父親よりも高い評価を得ていました。19世紀に、メンデルスゾーンやシューマンなどによって父J.S.バッハが再評価されると、逆に彼の作品は世俗的とされて無視されるようになってしまいました。

今では、上記のように交響曲の基礎を築いた作曲家として音楽史上も重要な作曲家として見直されています。

Wq.182のシンフォニアは弦楽のための交響曲で、溌剌とした雰囲気を持つ曲です。

Composer Carl Philipp Emanuel Bach died in Hamburg in December 14, 1788.

CPE Bach is Johann Sebastian Bach's second son, but his  musical style  are strongly affected  from Telemann than his father.

In particular, he had a high reputation than his father in 18 century  as the composer who laid the foundation of the symphony which was completed Haydn, Mozart and  Beethoven  followed. In the 19th century, when the father JS Bach is re-evaluated by such Mendelssohn and Schumann, his work to reverse it has become to be ignored is the secular.

Now, music history are also reviewed as an important composer as a composer who laid the foundation of the symphony as described above.

Symphonia of Wq.182 is  String symphonies with the atmosphere was lively.

2014年12月13日 (土)

今日の音楽 12月13日 鉄道員(ぽっぽや) ; Music for today Dec.13 Poppoya

小説家浅田次郎は1951年12月13日に東京都中野区で生まれました。

自衛隊に入り、除隊後様々な職業に就きながら執筆を続け1991年にデビューしました。1997年に直木賞を受賞した作品が「鉄道員」です。

廃線を間近にした北海道のローカル線の駅長に訪れる奇蹟の数々を描いた作品で、先日亡くなった高倉健主演で1999年に映画化されました。主題歌は、坂本龍一が作曲し娘の坂本美雨が歌っています。

Novelist Jiro Asada was born in Tokyo, Nakano-ku, in December 13, 1951.

Enters the Self-Defense Forces, and after discharge he continued to write while per various professions . Work  and debuted in 1991. He won the Naoki Prize in 1997 by "Poppoya".

A work depicting a number of miracle to visit the stationmaster of local lines of Hokkaido which was close the waste line, it was made into a movie in 1999 with Ken Takakura  starring who died the other day. Theme song, Ryuichi Sakamoto has composed and Miu Sakamoto his daughter has sung.

2014年12月12日 (金)

今日の音楽 12月12日 ヴァケイション ; Music for today Dec.12 Vacation

歌手コニー・フランシスは1938年12月12日にニュー・アークで生まれました。

11歳の頃からショーに出演し1955年にデビューしましたがしばらくは鳴かず飛ばず。1958年に"Who's Sorry Now"が大ヒットしてから順調にヒットを飛ばしました。

ヴァケイションは1962年に発売されビルボードの9位になったヒット曲です。日本でも多くの歌手がカバーしていますが、中でも弘田三枝子は20万枚を売り上げました。

Singer Connie Francis was born in New arc on December 12, 1938.

She appeared on the show since 11 years old and debuted in 1955, but not fly is not languished for a while. In 1958 "Who's Sorry Now" is  flew steadily hit from a big hit.

Vacation  is hit song that became the 9-position of the billboard released in 1962. Also a lot of singer covers in Japan, among them Mieko Hirota has sales of 20 million copies.

2014年12月11日 (木)

今日の音楽 12月11日 オーブレイ ; Music for today Dec.11 Aubrey

アメリカのミュージシャン デヴィッド・ゲイツは1940年12月11日にオクラホマ州で生まれました。

1959年にソロ・デビューをしましたが、しばらくは作詞・作曲家としての活動が主でした。

1968年にソフト・ロック・バンド ブレッドを結成し、「灰色の朝」「イフ」「二人の架け橋」「愛の別れ道」「ギターマン」など数々のヒットを送り出しました。1973年に解散後は、デヴィッド・ゲイツはソロとして活動しています。

「オーブレイ」は1972年のヒット曲で、全米15位になった曲です。「オーブレイ」は失恋した彼女の名前です。

American musician David Gates was born in Oklahoma in December 11, 1940.

He had a solo debut in 1959 and  was the main activities as a lyricist-composer for a while.

And formed a soft rock band Bread in 1968, and they had several numbers of hit such as "Dismal day," "IF", "Make It with You," "Baby I'm-A want you", "Guitar Man". After the dissolution in 1973, David Gates has been active as a solo.

"Aubrey" is a hit song of 1972, is a song that became the United States 15th. "Aubrey" is her name that was heartbreak.

2014年12月10日 (水)

今日の音楽 12月10日 運命の女神の歌 ; Music for today Dec.10 Gesang der Parzen

ブラームスの運命の女神の歌op.89は、1882年12月10日にバーゼルで初演されました。

交響曲や室内楽曲の作曲家として超一流の評価を受けているブラームスですが、歌曲や合唱曲にも名曲を多く遺しています。特に、宗教曲以外のオーケストラと合唱のための曲に関しては、ブラームスは第一人者と言っても良さそうです。

「運命の女神の歌」も、オーケストラ伴奏による混声合唱のための曲です。プロシアの普仏戦争の勝利を祝って作られた曲と言われる佳作です。

”Gesang der Parzen ” of Brahms op.89, has been premiered in Basel on December 10, 1882.

Brahms is undergoing evaluation of top-notch as composer of symphonies and chamber music, but left behind many masterpieces also songs and choral works. In particular, with regard to the songs for chorus and orchestra of the non-religious songs, Brahms is to say that guru is good.

"Gesang der Parzen" is also a song for mixed chorus with orchestra accompaniment. It is a fine work that is said to be the song that was made to celebrate the victory of the Franco-Prussian war of Prussia.

2014年12月 9日 (火)

今日の音楽 12月9日 レリオ、あるいは生への回帰 ;  Music for today Dec.9 Lélio, ou Le retour à la vie

ベルリオーズの「レリオ、あるいは生への回帰」op.14bisは、1832年12月9日にパリで初演されました。

この曲は、幻想交響曲の続編として作曲されました。女優ハリエット・スミッソンの対する失恋と、ピアニストのマリー・モークによる婚約不履行という経験を経て作曲された曲です。

全編にわたって、音楽家レリオの独白というスタイルを取っていて、音楽というよりは一人芝居という感じです。語り手の他に、独唱のテノール2人、バリトン1人、混声合唱、ピアノとオーケストラという編成ですが、最後の6曲目以外は、ステージ上は語り手のみで、その他のメンバーは、舞台上のカーテンの奥で演奏します。第6曲以外はレリオの空想の世界とするためです。

ベルリオーズは、幻想交響曲とこの曲を続けて演奏するように出版しましたが、幻想交響曲に比べて殆ど演奏されない作品になっています。

"Lélio, ou Le retour à la vie ," op.14bis of Berlioz  has been premiered in Paris on December 9, 1832.

This song was composed as a sequel of Symphonie Fantastique. This is a song that was composed through the experience of heartbreak against the actress Harriet Smithson and engagement default by pianist Marie Mork.

Over the whole volume, it is taking a style that monologue of musician Lerio, I feel that one person play rather than music. In addition to the narrator, two solo tenor, one baritone, mixed chorus,  piano and orchestra and  except for the last 6th song , there is on the Stage narrator only, the other members play behind the curtain on the stage. Except 6th songs is to the world of fantasy of Lerio.

Berlioz, which was published as play continued to Symphonie Fantastique and this song , as compared to the Symphonie Fantastique ,it  has become a work that is not played almost.

2014年12月 8日 (月)

今日の音楽 12月8日 弦楽四重奏曲第15番(シューベルト) ; Music for today Dec. 8 Strings Quartet No.15(Schubert)

シューベルトの弦楽四重奏曲第15番ト長調D887,op.161は、シューベルトの死後1850年12月8日にウィーンで初演されました。

この曲は、シューベルト最後の弦楽四重奏曲で1826年6月に作曲され1828年に第1楽章のみ初演されました。弦楽四重奏曲と言っても、トレモロの多用、転調の多用など交響曲的な手法が随所に使われています。演奏時間も45分という長さで、シューベルトがもっと長生きしていたら、この分野でもトップクラスの作曲家になったであろう事が窺われます。

String Quartet No. 15 in G major D887, op.161 of Schubert  was premiered in Vienna in December 8, 1850 after he has died.

This song is composed in June 1826 as the Schubert last string quartet and was premiered only the first movement in 1828. To say that string quartet was composed by  symphony techniques such as frequent use of tremolo and frequent use of modulation . In playing time length of 45 minutes, and if Schubert had lived longer,I suppose that he would have been to composer of top class in this field.

2014年12月 7日 (日)

今日の音楽 12月7日 セレナータ(マスカーニ) ; Music for today Dec.7 Serenata(Mascagni)

イタリアの作曲家マスカーニは1863年12月7日にリヴォルノで生まれました。

デビュー作が最大のヒットとなってしまった音楽家は、今でも数多くいますが、クラシック音楽では、マスカーニが代表的な作曲家でしょう。マスカーニは15曲のオペラをはじめ、歌曲やピアノ曲などを作曲していますが、正式なデビュー作品となった「カヴァレリア・ルスティカーナ」の人気に比べると、他の作品は影が薄いです。

歌曲の中で最も知られている作品のひとつが「セレナータ」です。とっても美しいメロディです。

Italy composer Mascagni was born in Livorno on December 7, 1863.

There are some musician debut has become the biggest hit, in classical music, Mascagni would be typical composer. Mascagni composed the opera of 15  and many songs and piano pieces, but when compared to the popularity became a formal debut work "Cavalleria Rusticana", other work is overshadowed.

One of the best known work in the song is the "Serenata". It is very beautiful melody.

2014年12月 6日 (土)

今日の音楽 12月6日 ファウストの劫罰 ; Music for today Dec. 6 La damnation de Faust

ベルリオーズの劇的物語「ファウストの劫罰」は、1846年12月6日にパリ・オペラ=コミック座で初演されました。

「ファウストの劫罰」は、オーケストラに声楽と合唱が加わる大編成の曲で、原作は勿論ゲーテの「ファウスト」です。この曲の中で最も有名な曲は「ラコッツィ行進曲」ですが、実は、ラコッツィ行進曲は独立して作曲されていました。ベルリオーズ自身も「ラコッツィ行進曲」を気に入っていて、この曲を使いたいために、物語の舞台を原作のドイツからハンガリーに変更しています。

その他では「妖精の踊り」と「鬼火のメヌエット」が有名です。「鬼火のメヌエット」は幻想交響曲の「断頭台への行進」とラコッツィ行進曲を合わせて料理したような感じの曲です。

鬼火のメヌエットです。

Dramatic story of Berlioz "La damnation de Faust" was premiered at the Paris Opera Comique in December 6, 1846.

"Faust of Damnation" is a large organization of song vocal and chorus applied to the orchestra, the original is of course of Goethe "Faust". The most famous songs in this song is "Rákóczi March", in fact, Rákóczi March had been composed independently. Berlioz himself like the " Rákóczi March", in order to want to use this song, it has changed in Hungary the stage of the story from the original German.

Others, the "Ballet des sylphes," "Menuet des follets " is famous. "Menuet des follets ," I feel the songs, such as cooking and together Rákóczi March "march to a Beheading" of Symphonie Fantastique.

It is "Menuet des follets."

2014年12月 5日 (金)

今日の音楽 12月5日 合奏協奏曲ニ短調op.5-12(ジェミニアーニ)

イタリア後期バロックの作曲家・ヴァイオリニストのフランチェスカ・ジェミニアーニは1687年12月5日に生まれました。

スカルラッティコレルリに師事して音楽を学んだジェミニアーニは、ヴァイオリンのヴィルトーゾとしても大活躍し、弦楽器を中心とした音楽を数多く作曲しました。

合奏協奏曲op.5は、ジェミニアーニのオリジナルではなく、コレルリのヴァイオリン・ソナタop.5を合奏協奏曲に編曲したものです。第12曲は、有名な「ラ・フォリア」です。

A composer and a violinist Francesca Geminiani of Italy late Baroque was born in December 5, 1687.

Geminiani learned music from Scarlatti and Corelli, also a big success as virtuoso of violin, has composed many music with a focus on stringed instruments.

Concerto Grosso op.5 is not the original of Geminiani, is one that was arranged by the ensemble Concerto for Violin Sonata op.5 of Corelli. The 12th  song is  the famous "La Folia".

2014年12月 4日 (木)

今日の音楽 12月4日 スザンナの秘密 ; Music for today Dec.4 Il segreto di Susanna

ヴォルフ=フェラーリの歌劇「スザンナの秘密」は1909年12月4日に初演されました。

「スザンナの秘密」は、ジル伯爵とその新妻スザンナの2名の歌手と、黙役のサンテ3人だけが登場する1幕のオペラです。

秘密というのは、実は伯爵の留守中にタバコを吸うという事なのですが、それを浮気と勘違いした伯爵がすったもんだの挙句、お互いの誤解が解けてめでたし、という他愛のない内容です。

"Il segreto di Susanna " of Wolf = Ferrari  was premiered on December 4, 1909.

"Il segreto di Susanna " is Opera which is one-act that only three appeared. for two singer Jill Earl and his new wife Susanna  and Sante of silence officers

The  secret, actually, smoke in  absence of Earl, and  of big fus  and flirt with the misunderstanding was Earl last line, Hail and melts misunderstanding, it is also not content silly piece.

2014年12月 3日 (水)

今日の音楽 12月3日 なごり雪 ; Music for today Dec.3 Nagoriyuki

シンガー・ソングライターのイルカは1950年12月3日に生まれました。

芸名の由来は、女子美術大学のフォークソング同好会に在籍していた時に、みんなが黒いギターケースを持って歩いている姿を「イルカの群れみたいだ」と言った事だそうです。

イルカは1970年にシューリークスのメンバーとしてデビューし、1974年にソロ・デビューしました。1975年から76年にかけて「なごり雪」が大ヒットして、その温かい人柄も相まって人気フォーク・シンガーとなりました。

「なごり雪」は、かぐや姫の伊勢正三作詞・作曲の曲で、幼馴染との駅での別れを歌った失恋ソングで、フォークソングの代表的な歌として30人を超えるアーチストにカバーされています。

Iruka singer-songwriter was born in December 3, 1950.

Origin of the stage name, when she was enrolled in folk song club of Joshibi, is the appearance that everyone is walking with a black guitar case so thing she said, "It looks like a flock of dolphins(=Iruka)."

Iruka debut as a member of folk song groupe in 1970, and was solo debut in 1974. From 1975 through 1976, "Nagoriyuki" is a big hit, became his warm personality also coupled with popular folk singer.

"Nagoriyuki" is a song of Shozo Ise songwriting of Kaguyahime, in the heartbreak song that sang farewell at the station with childhood friend, and covered in the artist more than 30 people as a typical song of folk song .

2014年12月 2日 (火)

今日の音楽 12月2日 ピアノ協奏曲第1番(ラフマニノフ) ; Music for today Dec.2 Piano Concerto No.1(Rachmaninov)

ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番嬰へ短調op.1は1900年12月2日にラフマニノフ自身のピアノ独奏、ジロティ指揮モスクワ・フィルハーモニー管弦楽の演奏で初演されました。

この曲はモスクワ音楽院在学中の1980年から1981年にかけて卒業試験のために作曲されました。
学生の演奏会では第1楽章だけが演奏され、全曲の初演は8年後になりました。

ところが、現在では1900年に初演されたものは殆ど演奏されません。ラフマニノフはピアノ協奏曲第3番を作曲した後の1918年に、この曲に大幅に手を加え、現在ではこの改訂版が演奏される事が多いです。改訂版は、初版の基本的なところは残しながら、編成にも手を加え大幅に書き直しています。

第2番や第3番ほどロマンティシズムに溢れた作品ではなく、ラフマニノフ終止も使われていませんが、ファンファーレの後、いきなりピアノ・ソロがカデンツァ風に始まるという強烈で印象的な冒頭など、ラフマニノフらしさが現れています。

Piano Concerto No. 1 F sharp minor op.1 of Rachmaninov was premiered in December 2, 1900,at the performance of piano solo of Rachmaninoff himself and Jiroti commanded Moscow Philharmonic Orchestra.

It has been composed for the graduation exam in Moscow Conservatory student from 1980 through 1981.
Only the first movement is played in the concert of students ,  the premiere of all songs had taken after 8 years.

However, that was premiered in 1900 in the current will not be playing almost.  Rachmaninoff in 1918 after it was composed the No. 3 Piano Concerto, greatly added to the hand in this song, is now often this revised version is played . Revision, while leaving the basic thing about the first edition, he also rewrite significantly tweaked to organize.

Rather than full of work to No. 2 and No. 3 as No. romanticism, but not Rachmaninoff termination also used, after the fanfare, suddenly piano solo and intense and impressive beginning that begin to cadenza style, Rachmaninoff likeness is appeared I think.

2014年12月 1日 (月)

今日の音楽 12月1日 ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ ; Music for today Dec.1 Me and Mrs. Jones

アメリカのソウル歌手、ビリー・ポールは1934年12月1日にフィラデルフィアで生まれました。

ビリーは、ジャズ、R&Bとポップスが融合したような独特のスタイルを確立し1972年に発売した「ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」は、3週連続ビルボードの第1位になり200万枚を売り上げる大ヒットとなりました。

内容は不倫の歌。不倫をしている心情を「後ろめたいけど、別れ際には胸がシクシク痛む」というようにストレートに歌った内容です。

American Seoul singer, Billy Paul was born in Philadelphia on December 1, 1934.

Billy has presented his distinctive style  which has fused jazz, R & B and pop , and in 1972 , "Me and Mrs. Jones"  had been a big hit ,took # 1 of 3 consecutive weeks Billboard and  200 million copies.

Song of contents affair. "I guilty, chest in parting is aching griping" the feelings that the affair is what you sang straight.

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »