ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

今日の音楽 11月30日 鳥は星形の庭へ降りる ; Music for today Nov.30 A Flock Descends into the Pentagonal Garden

武満徹の 鳥は星形の庭へ降りる は1977年11月30日に小澤征爾指揮ボストン交響楽団の演奏で初演されました。

この曲は、写真家のマン・レイが撮影した後頭部を星形に刈り上げた美術家のマルセル・デュシャンの写真から霊感を得て作曲したものです。鉄琴やチェレスタを使って武満らしい神秘的な響きを演出しています。

とても美しい音色を楽しめる、彼の代表作のひとつです。

A Flock Descends into the Pentagonal Garden of Toru Takemitsu has been premiered at the performance of Boston Symphony Orchestra conducted by Seiji Ozawa on November 30, 1977.

This song, is what photographer Man Ray has composed to give the inspiration from photos of Marcel Duchamp of artist that had useful by the star-shaped the back of the head . It Seems Takemitsu using the glockenspiel and celesta  have to produce a mystical sound.

You can enjoy a very beautiful tone, it is one of his masterpiece.

2014年11月29日 (土)

今日の音楽 11月29日 星は光ぬ ; Music for today Nov.29  E lucevan le stelle

作曲家ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニは1924年11月29日に喉頭癌の手術後の合併症で、ブリュッセルで亡くなりました。

プッチーニはヴェルディと並ぶイタリア・オペラの大御所ですが、ヴェルディより優れているのは美しいメロディのアリアでしょう。歌詞の内容は大した事は無いものもあるのですが・・・

「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さん」、「蝶々夫人」の「ある晴れた日に」、「トゥーランドット」の「誰も寝てはならない」、「トスカ」の「歌に生き、恋に行き」、「ラ・ボエーム」の「私の名はミミ」などが代表的なアリアですが、プッチーニらしくない最も劇的なアリアが「星は光ぬ」です。

第3幕で、処刑を待つカヴァラドッシの絶望の歌です。

Composer Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini in complications after surgery of laryngeal cancer in November 29, 1924, died in Brussels.

Puccini is a mogul of the Italian opera, along with Verdi, but're better than Verdi it would be Aria of beautiful melody. The contents of the lyrics I  think  some big deal is not, but ...

"O mio babbino caro " of "Gianni Schicchi ", "Un bel dì " of "Madame Butterfly","Nessun dorma" of   "Turandot" , "Vissi d'arte" of" Tosca ", " Sì, mi chiamano Mimì" of " La Boheme "etc. but is typical Aria, the most dramatic aria not like Puccini" stars bran light ".

In the third act, it is despair of the song of Kavu~aradosshi to wait for execution.

2014年11月28日 (金)

今日の音楽 11月28日 ユー・ガッタ・フレンド・イン・ミー ; Music for today Nov.28 You've got a friend in me

アメリカのシンガー・ソングライター ランディ・ニューマンは1943年11月28日にロサンゼルスで生まれました。

彼の父親は医師でしたが、叔父や伯父がアルフレッド・ニューマンエミール・ニューマンライオネル・ニューマンという映画音楽の大家だったため、その影響を受けて音楽の道に進みました。

スリー・ドッグナイトがカバーした「ママ・トールド・ミー」のヒットで注目され1980年代以降は映画音楽の作曲家として活動しています。ピクサー映画の多くに音楽提供をしており、「モンスターズ・インク」のテーマ曲「君がいないと」ではアカデミー歌曲賞を受賞しました。

ユーモアやペイソスを含んだ作風で知られていて、「トイ・ストーリー」の「ユー・ガッタ・フレンド・イン・ミー」も彼の作風を反映した曲です。

American singer-songwriter Randy Newman was born in Los Angeles on November 28, 1943.

His father was a doctor, for his uncle were Alfred Newman, Emil Newman and Lionel Newman  who is landlord of the film music  , and went the music way becaouse of them influence.

He has became famouse by "Mama Told Me Not To Come"  that Three Dog Night is attention in the hit of the cover , since the 1980s and has been active as a composer of film music. He has a music provides to many of the Pixar movie, and was awarded the theme song "If I Did not Have You" in the Academy Award for Best Original Song for "Monsters, Inc.".

He is known for style that includes humor and Peisosu, is a song that reflects the "You Gotta Friend in Me" from pr"Toy Story" presented his style well

2014年11月27日 (木)

今日の音楽 11月27日 赤いサラファン ; Music for today Nov.27 The red sarafan

ロシアの作曲家アレクサンドル・ワルラモフは1801年11月27日に生まれました。

ワルラモフは帝政ロシア時代の作曲家でロシア語の合唱曲や歌曲の発展に尽くしました。作品は殆ど知られていませんが、1834年にツィガーノフの詩に曲をつけた「赤いサラファン」はロシアの代表的な民謡として知られています。

サラファンはロシアの民族衣装で、結婚に乗り気でない娘と、それを諭す母親の会話から成り立っています。

Composer Alexander Egorovich Varlamov of Russia was born on November 27, 1801.

Varlamov was devoted to the development of Russian choral music and songs by composers of the Russian Empire era. His music are not little known, but "Red Sarafan" wearing the songs to poems of Tsyganovin 1834 has been known as a typical folk songs of Russia.

A sarafans is  Russian ethnic costumes, and this song is made in conversation of a daughter reluctant to get married and her mothers who tried to admonish it.

2014年11月26日 (水)

今日の音楽 11月26日 ハンガリーの風景 ; Music for today Nov.26 Ungarische Bilder

バルトークのハンガリーの風景Sz.97 BB103 は1934年11月26日に全曲初演されました。

バルトークは、同じハンガリーの作曲家コダーイ同様、ハンガリーの民族音楽の収集を行い、自分の作品にも取り入れた作曲家でした。

ハンガリーの風景は、自身の作曲したピアノ曲から5曲を選んで編曲した管弦楽作品です。

第1曲 トランシルヴァニアの夕べ  原曲「10のやさしい作品」の5曲目 
第2曲 熊踊り  原曲「10のやさしい作品」の10曲目
第3曲 メロディ  原曲「4つの挽歌」の第2曲
第4曲 ほろ酔い  原曲「3つのブルレスク」の第2曲
第5曲 豚飼いの踊り  原曲「子供のために」第2集の最終曲

1932年には第4曲無しで初演されています。

Ungarische Bilder  Sz.97 BB103 of Bartok has been  premiered on November 26, 1934.

Bartok, as well as composer Kodaly ,  conduct a collection of folk music of Hungary, was a composer who also incorporates into his work.

Ungarische Bilder is the orchestral work that was arranged by 5 Select from his own piano pieces.

No.1 Evening in Transylvania ; original    5th song from "10 easy pieces"
No.2 Bear dance ; original  10th song from "10 easy pieces"
No.3 Melody  ; original  2nd song from "4 Driges"
No.4 Slightly Tipsy  ; original  2nd song from "Three Burlesques "
No.5 Swineherd's Dance  ; original the last song from "For children"

In 1932 it has been premiered without fourth songs.

2014年11月25日 (火)

今日の音楽 11月25日 クラリネット協奏曲第2番(ウェーバー) ; Music for today Nov.25 Clarinet concerto No.2(Weber)

ウェーバーのクラリネット協奏曲第2番変ホ長調op.74は、1811年11月25日にミュンヘンでベールマンの独奏で初演されました。

ウェーバーはクラリネットのための作品を数多く作曲しています。それは全てミュンヘンの宮廷管弦楽団に在籍していたクラリネットの名手ハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンの為に作曲されたものです。1811年にベールマンによって初演されたクラリネット小協奏曲を聴いて感動したバイエルン国王マクシミリアン一世の依頼で、この半年ほど前に初演されたクラリネット協奏曲第1番と共に作曲されたものです。

当時のクラリネットの性能の限界に迫る華やかな作品です。

Clarinet Concerto No. 2 in E flat major op.74 of Weber was premiered at the solo of Beruman in Munich on November 25, 1811.

Weber has a number composed a work for clarinet. These all has been composed for the clarinet virtuoso Heinrich Baermann that were enrolled in Munich court orchestra. At the request of the King of Bavaria Maximilian Ⅰwho was impressed listening to Clarinet  concertino premiered by Beruman in 1811, as the case may be, and have been composed with the Clarinet Concerto No. 1, which was premiered ago the last six months.

It is a gorgeous piece that approaches at the time of the clarinet of the limits of performance.

2014年11月24日 (月)

今日の音楽 11月24日 トリッチ・トラッチ・ポルカ ; Music for today Nov.24 Tritsch-Tratsch-Polka

ヨハン・シュトラウスのトリッチ・トラッチ・ポルカは1858年11月24日に初演されました。

シュトラウスのポルカの中で最も知られている曲のひとつが、「トリッチ・トラッチ」です。「トリッチ・トラッチ」は有名人の噂話を掲載していた雑誌の名前で「トラッチ」が元来噂という意味で、その言葉遊びで付けられた雑誌名でした。

愉快なタイトルそのままのとても楽しい曲です。

Tritsch-Tratsch-Polka of Johann Strauss was premiered on November 24, 1858.

One of the best known Polka in the Strauss  is the "Tritchi-Tratchi". "Tritchi-Tratchi" in the sense of "Tratchi" rumors originally in the magazine of the name that rumor was talking about a celebrity, was the magazine name was given in the wordplay.

Amusing title is as it is a very fun song.

2014年11月23日 (日)

今日の音楽 11月23日 ピアノ五重奏曲(ショスタコーヴィチ) ; Music for today Nov.23  Piano Quintet(Shostakovich)

ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲ト短調op.57は1940年11月23日に、ショスタコーヴィチ自身のピアノとベートーヴェン弦楽四重奏団の演奏でモスクワで初演されました。

ショスタコーヴィチは、交響曲同様室内楽曲に力を入れていましたが、数ある室内楽曲の中でも最も高い評価を得ている作品のひとつが、このピアノ五重奏曲です。

この曲を作曲した時期は、ショスタコーヴィチが「プラウダ批判」から名誉を回復し、更に第二次世界大戦によって国内の政治犯に対する取締りが緩んでいた時期でもあったため、比較的自由に作曲されています。

その為に難解さが無く、通俗的でもない中庸な音楽になっていて、聴き易い曲である事が高い人気の理由のひとつでしょう。

Shostakovich Piano Quintet in G minor op.57 was premiered in Moscow in the performance of Shostakovich's own piano and Beethoven String Quartet on November 23, 1940,  .

Shostakovich, which had focused on chamber musicon same as symphony  , one of the works is the highest rated among the chamber music that number , is this Piano Quintet.

Time that he composed this song, Shostakovich is to restore the reputation from "Pravda criticism", to further by the Second World War crackdown on domestic political prisoners was also a time that was loose, so has been relatively free composer .

Therefore there is no obscurity and also no moderate music a popularly, it would be one of the a easy song is it is a popular high reason to listen.

2014年11月22日 (土)

今日の音楽 11月22日 ピアノ協奏曲第10番(モーツァルト) ; Music for today Nov.22 Piano concerto No.10(Mozart)

モーツァルトのピアノ協奏曲第10番変ホ長調K.365(316a)は1981年11月22日にアウエルンハンマー家の演奏会で初演されました。

ピアノ協奏曲第10番は、モーツァルト唯一の2台のピアノのための協奏曲です。作曲の経緯はわかっていませんが、モーツァルトと姉のナンネルが演奏するために作られたという説が有力です。斬新さはありませんが、モーツァルトらしく明るく颯爽とした曲です。

Mozart Piano Concerto No. 10 in E flat major, K.365 (316a) has been premiered at the concert of Aue Nuremberg hammer house on November 22, 1981.

Piano Concerto No. 10 is only  concerto of Mozart for the  two piano.  Background of the composer is not known, but a theory that   it was composed to play Mozart and his sister Nanner is a strong. There is no novelty, but it is a song that was bright and dashing  like Mozart.

2014年11月21日 (金)

今日の音楽 11月21日 七人の刑事 ; Music for today Nov.21 Shichinin no keiji

作曲家 山下毅雄は2005年11月21日に脳血栓で死去しました。

音楽を独学で学び、大学在学中に作曲を始めた山下は、ラジオ放送で賞をもらった後放送音楽やCM音楽の作曲で活躍しました。

初期の作品であるTVドラマ「七人の刑事」のテーマ曲は男性のハミングとスキャットによる印象的な曲でした。

Composer Takeo Yamashita has died in cerebral thrombosis on 21 November 2005.

He studied music on his own, Yamashita began composition in college, he was active in broadcasting music and CM of music composer after he got the award in radio broadcasting.

Is an early work theme song of the TV drama "Shichinin'nokeiji" was impressive song by humming and scat of men.

2014年11月20日 (木)

今日の音楽 11月20日 ヘ調のメロディ ; Music for today Nov.20 Melody in F

ロシアの作曲家、ピアニストで教育者でもあったアントン・ルビンシュテインは1894年11月20日に心臓疾患で亡くなりました。

アントンは、ロシア初の本格的なピアニストとして名声を博し1862年にサンクトペテルブルク音楽院を創設しました。弟のニコライもピアニストとして活躍し、後にモスクワ音楽院を創設しています。チャイコフスキーは、ペテルブルク音楽院で学び、モスクワ音楽院で講師をしており、この2人と密接な関係がありました。

アントンは作曲家としても様々な分野で作品を遺していますが、今ではピアノ曲の「ヘ調のメロディ」と「天使の夢」が最も知られています。どちらもピアノテクニックでは初歩的な曲ですが、ロマンチックなメロディなので、発表会などでは好んで演奏されます。「ヘ調のメロディ」は「2つのメロディ」op.3の第1曲目です。

Russian composer,pianist and also educator Anton Rubinstein died of heart disease on November 20, 1894.

Anton gained fame as Russia's first full-fledged pianist and founded the St. Petersburg Conservatory in 1862.  His younger brother , Nikolai also worked as a pianist and  have founded the Moscow Conservatory after.  Tchaikovsky  studied at the St. Petersburg Conservatory and after that had been a lecturer at Moscow Conservatory , there was a close relationship with these two people.

Anton has bequeathed the work in various fields as well as a composer, but now in the piano music as "melody in F," "Reve angelique " has been known most. Both are rudimentary songs in piano technique, but so romantic melody, it will be played willingly in such recital. "Melody of f tone" is the first song of "Two  melodie" op.3.

2014年11月19日 (水)

今日の音楽 11月19日 シンフォニエッタ(ルーセル) ; Music for today Nov.19 Sinfonietta pour orchestre à cordes

ルーセルの弦楽のためのシンフォニエッタop.52は1934年11月19日にパリで初演されました。

この曲は、ルーセルの晩年の作品です。60歳を過ぎて肺炎で一時重態となったルーセルが、回復した後の療養中に女性指揮者のジャーヌ・エヴラールの依頼で作曲したものです。新古典主義のルーセルらしい作品です。

Sinfonietta op.52 for string of Roussel was premiered in Paris on November 19, 1934.

This song is the later years of the work of Roussel. Roussel which became pneumonia temporary serious condition past the 60-year-old, is what was composed at the request of Jane Évrard  of female conductor on recuperating after recovery. It is the Roussel seems to work neoclassical.

2014年11月18日 (火)

今日の音楽 11月18日 序曲「フス教徒」 : Music for today Nov.18 Hustiská dramatická ouvertura

ドヴォルザークの序曲「フス教徒」は1883年11月18日に初演されました。

フス教徒は、15世紀のチェコ宗教改革家ヤン・フスの支持者たちで、この史実になぞらえてチェコの民族独立を託した曲です。「汝ら神の戦士たち」というスメタナも「わが祖国」の中で用いたコラールやチェコ民族の守護聖人ヴァーツラフ一世を讃えるコラールを用いています。

Dvorak's overture "Hustiská dramatická " was premiered on November 18, 1883.

Hustusja (Hus Muslims), in the 15th century of the Czech Reformation house Jan Hus of proponents, is the song that was entrusted the national independence of the Czech Republic can be likened to this historical fact. He was using a chorale honoring the patron of Czech ethnic   saint VaclavⅠ  and  the choral "Warriors of ye God" also Smetana used in "Má vlast".

2014年11月17日 (月)

今日の音楽 11月17日 管楽セレナード(ドヴォルザーク) ; Music for today Nov.17 Serenade D minor

ドヴォルザークのセレナードニ短調op.44は1878年11月17日に初演されました。

ドヴォルザークは2曲のセレナードを作曲しています。1曲はホ長調op.22の弦楽のためのセレナード、もう1曲がこのニ短調のセレナードです。

この曲は管楽器を中心とする曲のため管楽セレナードとも呼ばれますが、実際はオーボエ2本、クラリネット2本、ファゴット2本とホルン3本の管楽器にチェロとコントラバスが加わっているので、管楽セレナードという言い方は正しくはありません。

セレナードと言っても、4楽章で中間楽章にメヌエットと緩徐楽章が入っているので、小交響曲と言っても過言でない程充実した作品です。終楽章には第1楽章の主題が回帰されています。民族音楽とセレナードが見事に融合している曲です。

Serenade in D minor op.44 of Dvorak was premiered on November 17, 1878.

Dvorak has composed 2 Serenade . One song was for Strings in E major op.22, another song is Serenade of  D minor.

This song is also known as the Serenade for Wind Instruments for songs centered on the wind, actually two oboes, two clarinets, 2 bassoons , 3 horns and added cello and double bass so there is no correct way of saying it  Serenade for winds.

To say that Serenade, because it contains the minuet and slow movement in the middle movement in four movements, it is the work which was rich enough not exaggeration to say that small symphony. First movement of the subject has been regression in finale. It is a song that folk music and Serenade is a perfect combination.

2014年11月16日 (日)

今日の音楽 11月16日 ピアノ四重奏曲第1番(ブラームス) ; Music for today Nov.16 Piano Quartet No.1(Brahms)

ブラームスのピアノ四重奏曲第1番ト短調op.25は1861年11月16日にハンブルクで初演されました。

ブラームスの室内楽曲は、どちらかと言うと基本的な四重奏曲よりも、五重奏曲や六重奏曲といった楽器の数が多い作品に人気が集まっているようです。特に交響曲同様ベートーヴェンの呪縛を受けていた弦楽四重奏曲は作曲にも時間がかかり、結局生涯で3曲しか作曲していません。ピアノ四重奏曲も同じく3曲しか作曲されておらず、演奏される機会も多くはありません。

若い頃の作品なので、激情的な面もあり、また冒険的な面も持ち合わせている曲です。シェーンベルクはこの冒険的な面を評価し、後に管弦楽曲に編曲しています。非常に難曲として知られていますが、シェーンベルクの作品の中ではアマチュア・オーケストラが取り上げる機会が比較的多い曲です。

Piano Quartet No. 1 in G minor op.25 of Brahms was premiered in Hamburg on November 16, 1861.

Chamber music of Brahms, than the basic quartet If anything, it seems there has been popular to work the number of instruments such as the Quintet and Sextet often. Especially the string quartet that had received the spell of  symphony Beethoven takes also time to composers, only it does not have composer eventually life in three songs. Piano Quartet also not been only composer same three songs, there are not many opportunities to be played.

Since the work of his youth, there is also a passion aspects, also is a song that has blessed adventurous side. Schoenberg evaluates this adventure aspects, has been orchestrated song after. It has been very known as song hard to play, but it is relatively large song opportunity to take up the Amateur Orchestra in works of Schoenberg

2014年11月15日 (土)

今日の音楽 11月15日 チェロ協奏曲(三善晃) ; Music for today Nov.15 Cello concerto (Akira Miyoshi)

三善晃のチェロ協奏曲は1974年11月15日に、堤剛のチェロ独奏、若杉弘指揮読売日本交響楽団の演奏で放送初演されました。

三善晃は1996年に「谺つり星」というチェロ協奏曲第2番にあたる曲を作曲していますので、現在ではこの曲はチェロ協奏曲第1番と呼ばれています。基本は2管編成の曲ですが、夥しい数の打楽器や鍵盤楽器が使用されている大編成の曲です。叙情性は高いのですが、凝縮された音楽で緊張度も高いので聴いていると結構疲れる曲です。

Cello Concerto of Akira Miyoshi  was broadcast premiered in November 15, 1974, cello solo of Tsuyoshi Tsutsumi, and Yomiuri Nippon Symphony Orchestra conducted by .Hiroshi Wakasugi.

Akira Miyoshi has composed  Cello Concerto No. 2 called "Kodamatsuriboshi" in 1996,  so has at present this song is called Cello Concerto No.1 . Basic is a tune of 2 tube organization, but it is the song of a large organization that numerous of percussion and keyboard instruments have been used. Lyricism is high for, but it is quite tiring song and are listening because higher degree of tension in the condensed music.

2014年11月14日 (金)

今日の音楽 11月14日 市民のためのファンファーレ ; Music for today Nov.14 Fanfare for the Common Man

アメリカの作曲家コープランドは1900年11月14日にブルックリンで生まれました。

コープランドは16歳から作曲を学び、21歳の時にパリに留学しナディア・ブーランジェに師事しました。
3年後に帰国し、「アメリカ的」な音楽を模索する中で「エル・サロン・メヒコ」、「ビリー・ザ・キッド」、「ロデオ」や「アパラチアの春」など多くの作品を生み出しました。どの曲も非常に開放的かつ叙情的な楽しい作品ばかりです。

1942年にシンシナティ交響楽団の指揮者グーセンスの依頼で作曲したのが「市民のためのファンファーレ」です。この曲は金管楽器と打楽器のみによる編成の曲で、後にスポーツなどのファンファーレの典型となった曲です。クラシック以外でも、ローリング・ストーンズエマーソン・レイク&パーマーなどロックのミュージシャンにも取り上げられています。

American composer Copland was born in Brooklyn on November 14, 1900.

Copeland studied the composer from the age of 16, and studied  in Paris at the time of the 21-year-old from Nadia Boulanger.
He returned after three years, and while seeking  the "American" music he composed many music such as "El Salon Mexico", "Billy the Kid", "Rodeo" and "Appalachian Spring" . Every song is just fun very open and lyrical work.

In 1942 he composed at the request of the conductor of Goossens of the Cincinnati Symphony Orchestra "Fanfare for the Common Man". This song is a song of the organization by only brass and percussion, is a song that became the epitome of fanfare, such as sports. Other than classic, it has also been featured in Rock of musicians such as the Rolling Stones and Emerson Lake & Palmer.

2014年11月13日 (木)

今日の音楽 11月13日 弦楽四重奏曲第5番(ショスタコーヴィチ) ; Music for today Nov.13 Strings Quartet No.5(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第5番変ロ長調op.92は、1953年11月13日にモスクワでベートーヴェン弦楽四重奏団によって初演されました。

第5番は、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の中でも、最も息が詰まる曲です。3つの楽章が連続して演奏され30分の長さ。第1楽章冒頭のメロディが繰り返し演奏され、途中でワルツが出てきたり色々なものが詰め込まれた印象の曲です。緻密過ぎるがゆえに、作品自体の出来は素晴らしいのですが、初演当時の評判は決して良くはなかったようです。

String Quartet No. 5 in B flat major op.92 of Shostakovich was premiered by the Beethoven String Quartet in Moscow on November 13, 1953.

No. 5, among the String Quartet of Shostakovich, is the song that most suffocating. Three movements are played  consecutive  30 minutes of length. Melody of the first movement beginning is played repeatedly, it is a song in the middle of many things can come out  exapmle waltz in was packed impression. Therefore it is too dense, can work itself is wonderful, but the reputation of the premiere time is never well as did not.

2014年11月12日 (水)

今日の音楽 11月12日 急流 ; Music for today No.v12 Le Torrent

イージーリスニングの作曲家、編曲家で指揮者のフランク・プウルセルは2000年11月12日に亡くなりました。

1913年生まれのプウルセルは幼少よりヴァイオリンを習い、18歳からマルセイユのオペレッタ劇団でヴァイオリンを弾いていましたが、ポピュラー音楽に興味を持ち作曲、編曲や指揮者として活動するようになりました。

1952年に自分の楽団を結成し、アメリカのパーシー・フェイス、イギリスのマントヴァーニと並ぶイージー・リスニングの三大リーダーと呼ばれるようになりました。

日本では、FM東京の「ジェット・ストリーム」のテーマ曲「ミスター・ロンリー」の演奏が有名です。「急流」は1955年の世界的ヒット曲です。冒頭の耳障りなぐらいの高音からのストリングスの下降音が岩から流れ落ちる水を連想させますが、その後は非常にゆったりとした流れを思わせる音楽になります。

Easy Listening composer ,orchestrator  and conductor Frank Pourcel of died on November 12, 2000.

Pourcel who was born in 1913  learned the violin since childhood, and had been playing the violin in Marseille of operetta theater company from the age of 18,  but he was interested in popular music, so he was acting as compoose, arranger and conductor.

In 1952 he formed his own orchestra, and he became known as the three major leader of Easy Listening, along with  Percy Faith in USA and  Mantovani in United Kingdom

In Japan, the performance of FM Tokyo theme song "Mr. Lonely" of "Jet stream"  is famous. "Le Torrent" is a big hit song of worldwide in 1955. Strings of descent sound from the treble of about raspy at the beginning and is reminiscent of the water flowing down from the rock, but then it will be music that is reminiscent of the very spacious flow.

2014年11月11日 (火)

今日の音楽 11月11日 皆殺しの歌 ; Music for today Deguello

作曲家ディミトリ・ティオムキンは1979年11月11日にロンドンで亡くなりました。

1895年にウクライナで生まれたティオムキンは、サンクトペテルブルク音楽院で音楽を学んだ後、1925年にアメリカに移住してハリウッドで映画音楽の大家として活躍しました。アカデミー賞に19回ノミネートされて、3回受賞しています。

リオ・ブラボー」の音楽として作曲した「皆殺しの歌」は翌年「アラモ」でも使われています。

Composer Dimitri Tiomukin died in London on November 11, 1979.

Tiomukin was born in Ukraine in 1895, after studying music at the St. Petersburg Conservatory,he emigrated to America in 1925 and  worked as a master of film music in Hollywood . And he had been nominated 19 times for an Academy Award, and has won three times.

"Deguello" was composed as music of "Rio Bravo" and has been used even next year "Alamo".

2014年11月10日 (月)

今日の音楽 11月10日 荒野の用心棒 ; Music for today Nov.10 A Fistful of Dollars

作曲家エンニオ・モリコーネは1928年11月10日に生まれました。

モリコーネは聖チェチーリア音楽院で作曲を学んだ後、1950年代末より映画音楽を手がけるようになりました。モリコーネの名前を有名ににしたのは、セルジオ・レオーネが監督したマカロニ・ウェスタンの音楽でした。

彼自身は、残虐なシーンの多いマカロニ・ウェスタンを嫌っていました。その影響からか彼の映画音楽は非常に叙情性が高いものです。マカロニ・ウェスタン初の作品「荒野の用心棒」は、黒澤明の「用心棒」を翻案した作品として知られています。テーマ曲の他に、挿入曲として作曲された「さすらいの口笛」が日本やイタリアでは有名ですね。

Composer Ennio Morricone was born on November 10, 1928.

After Morricone  learned a composer in the Accademia Nazionale di Santa Cecilia, he  engaged in the movie music from the late 1950s. The reason why the name of Morricone made famouswas the Spaghetti Western music  directed by Sergio Leone  .

He himself had hated a lot of cruel scene of Spaghetti Western. His film music is very high lyricism because its influence.  Spaghetti Western's first work "A Fistful of Dollars" is known as a work that was an adaptation of "Yojimbo" of Akira Kurosawa. In addition to the theme song, the "Titoli" which was composed as an insert song  is famous in Japan and Italy.

2014年11月 9日 (日)

今日の音楽 11月9日 枯葉 ; Music for today Nov.9 Les Portes de la nuit

俳優、シャンソン歌手として活躍したイヴ・モンタンは1991年11月9日に心臓発作で70歳で亡くなりました。

イヴ・モンタンは1921年にイタリアで生まれましたが、当時イタリアで台頭してきたムッソリーニファシスト政権を嫌い1923年にフランスに移住しました。

マルセイユのミュージックホールで歌っていた時にエディット・ピアフに見出され1945年に映画デビュー。翌年出演した映画「夜の門」のテーマ曲「枯葉」がヒットして歌手としても知られるようになりました。

実際「枯葉」は、当時はそれ程ヒットしなかったのですが、その後ジュリエット・グレコがヒットさせて世界に認知される曲となりました。有名な4拍子のメロディが始まる前にバラード調の8分の6拍子の長い序奏がある曲です。

Actor, Yves Montand who played as a chanson singer died at age 70 of a heart attack on November 9, 1991.

Yves Montand was born in Italy in 1921, his familly moved to France to hate in 1923 the fascist regime of Mussolini that has emerged in Italy at that time.

When he was singing at the Music HallThe in Marseille , he was found by Edith Piaf and movie debut in 1945  . Theme song "Les Feuilles mortes " in the following year it appeared the movie "Les Portes de la nuit" is now also known as a singer to hit.

In fact, "Les Feuilles mortes ", although at the time did not so much hit, after then, Juliette Greco sung it and recognized by the world allowed to hit. This is a song where there is a 6/8 time signature of the long intro of ballad before the famous 4-beat melody begins.

2014年11月 8日 (土)

今日の音楽 11月8日 テネシー・ワルツ ; Music for today Nov 8 The Tennessee Waltz

アメリカの歌手パティ・ペイジは1927年11月8日にオクラホマ州で生まれました。

パティ・ペイジの本名はクララ・アン・ファウラーで、貧しい家に生まれました。18歳の時に歌手としてラジオ番組に出演するようになり、その時のスポンサーだったペイジ乳業から名前をもらってパティ・ページと名乗るようになりました。

1947年にレコード・デビューし、当時としては珍しい多重録音が話題になりヒットしました。1950年にリリースされた「テネシー・ワルツ」は600万枚を売上げ13週間ヒットチャートの1位という最大のヒットになりました。

「テネシー・ワルツ」はその後スタンダード曲として多くの歌手に取り上げられています。日本でも江利チエミをはじめとして多くのミュージシャンが取り上げています。

American singer Patti Page was born in Oklahoma on November 8, 1927.

Real name of Patti Page was Clara Ann Fowler born in the poor house. She appeared on radio programs as a singer at the age of 18, it is now calling hierself Patty page  got the name from Paige dairy industry which was a sponsor of that time.

And to record debut in 1947, a rare multiple recorded as at the time it was hit into the news. "Tennessee Waltz", which was released in 1950 became the biggest hit of 600 million copies and the first place of sales 13 weeks hit chart.

"Tennessee Waltz" has subsequently been featured in many of the singer as a standard song. Many of the musicians have taken up as beginning the Eri Chiemi in Japan,too.

2014年11月 7日 (金)

今日の音楽 11月7日 弦楽四重奏曲第15番(ベートーヴェン) ; Music for today Strings Quartet No.15(Beethoven)

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番イ短調op.132は1825年11月7日にシュパンツィヒ四重奏団によって初演されました。

第15番は、所謂、第12番から始まる後期弦楽四重奏曲のひとつで、作曲順では2番目にあたる曲です。
作曲を始めたのは前年で通常の4楽章構成を考えていましたが、病気のため中断され、それが快復した翌年にリディア旋法による第3楽章を追加して5楽章構成としました。

この第3楽章が最も長く、「リディア旋法による病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」という標題が付けられた重要な楽章になっています。

String Quartet No. 15 B minor op.132  of Beethoven was premiered by Schuppanzigh Quartet Quartet on November 7, 1825.

No. 15 is, so-called, in one of the late string quartet that begins from the 12th, and it was the 2nd piece in composed order .
Although he  started to compose in the previous year and thinking the usual four movements composed , but it was interrupted due to illness ,and  was added  the third movement by Lydia modal in the next year that recovery to 5 movement constitutes .

The third movement is the longest, and has become an important movement that title was given as "Heiliger Dankgesang eines Genesenen an die Gottheit, in der lydischen Tonart".

2014年11月 6日 (木)

今日の音楽 11月6日 サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲(ドビュッシー) ; Music for today Nov.6 Rhapsodie pour orchestre et saxophone(Debussy)

ベルギーの楽器製作者で、サクソフォンの考案者アドルフ・サックスは1814年11月6日に生まれました。

サックスは木管楽器を中心に様々な楽器の設計を行っていますが、最大の功績はサクソフォンの発明です。1846年には特許が認められましたが、ライバルたちが特許の正当性を攻撃し長期にわたる訴訟で2度も破産をしています。

サクソフォンは、元々吹奏楽で金管楽器と木管楽器の橋渡しとして作られましたが、ジャズやクラシックなど広い分野で使われるようになりました。

クラシックでは、フランス音楽を中心に使われています。実際のところサックスの音色はメロディを吹くには良いのですが、オーケストラの中に溶け込む事ができない独特の音色です。有名なところではビゼーが「アルルの女」で使っていますが、ソロのメロディと対旋律が主になっていてアンサンブルの場面ではあまり使われていません。

協奏曲となると、この音色が威力を発揮し、何とも艶やかな曲になります。初期の協奏曲ではドビュッシーのアルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲が知られています。

Belgian Instrument maker, Adolphe Sax inventor of saxophone was born in November 6, 1814.

Sax is doing the design of the various instruments mainly woodwinds, but the greatest achievement is the invention of the saxophone. Although in 1846 was recognized patent, but his rival attacked long term to the validity of the patent and he had went bankrupt twice/

Saxophone was originally built as a bridge of brass and woodwind instruments in the brass band, but it was now used in a wide range of fields such as jazz and classical.

In the Classic, it is used mainly the French music. In fact saxophone tone is good to blow the melody, but it is unique tone that can not be able to blend into the orchestra. In places famous uses Bizet in "L' Arlesienne", it is not used very much in the context of ensemble melody and only used in solo and counter melody .

But concerto, this tone is quite useful, it becomes downright fascinating song. In the early concertos have been known  Rhapsodie pour orchestre et saxophone of Debussy.

2014年11月 5日 (水)

今日の音楽 11月5日 交響曲第6番(Shostakovich) ; Music for today Nov.5 Symphony No.6(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの交響曲第6番ロ短調op.54は1939年11月5日に、ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルナーモニー交響楽団の演奏で初演されました。

ショスタコーヴィチの交響曲は、その時々のショスタコーヴィチとソヴェト共産党との葛藤の歴史でもあります。歌劇「ムツェンクス郡のマクベス夫人」などでプラウダ批判を受けたショスタコーヴィチが、名誉を回復した交響曲第5番に続く、第6番は表面上は政治とは無関係の叙情的な作品として作曲されました。

3つの楽章で構成され、緩徐楽章、スケルツォ、フィナーレという構成で、通常第1楽章となるソナタ形式の楽章が無いため、頭のない交響曲とも呼ばれています。重苦しく長い第1楽章と、明るい第2楽章・リズミカルな終楽章の対比が特徴の曲です。

Symphony No. 6 B minor op.54 of Shostakovich was premiered at the performance of Mravinsky Conductor Leningrad Philharmonic donor Monee Symphony Orchestra in November 5, 1939.

Symphony of Shostakovich, is also a history of conflict with its sometimes of Shostakovich and the Soviet Communist Party. Shostakovich who received Pravda criticized by such as opera "Lady Macbeth of the Mtsensk District" had recovered  the honor by his Symphony No. 5. And next No. 6 surface was composed as irrelevant lyrical work and politics .

It is composed of three movements, slow movement, scherzo, in the configuration of the finale, because usually there is no movement of the sonata form that becomes the first movement, it is also referred to as "the symphony without a head". Between ponderously and the long first movement and  a bright second movement, rhythmic finale contrast is characterized by song.

2014年11月 4日 (火)

今日の音楽 11月4日 ワルシャワの生き残り ; Music for today Nov.4 A survivor from Warsaw

シェーンベルクの「ワルシャワの生き残り」op.46は1948年11月4日にアルバカーキで初演されました。

シェーンベルクはナレーション入の作品をいくつか作っています。もっとも有名な曲は「グレの歌」ですが、「ワルシャワの生き残り」はシェーンベルクの作品の中でも、「グレの歌」と対角を成す作品です。完全な十二音技法を使った無調音楽で、ナレーション(英語とドイツ語)が理解できない人が多い日本では、殆ど理解できない音楽かもしれません。

内容は、ナチスドイツによるホロコーストの悲劇を訴えるものです。ナレーターは、ワルシャワのゲットーで生き残った男です。

" A survivor from Warsaw"op.46  of Schoenberg has been premiered in Albuquerque on November 4, 1948.

Schoenberg composed some of the work of narration input. The most famous song is "Gurre-lieder" but, "Warsaw of survival" is also in the works of Schoenberg, is a work that forms the diagonal and "Gurre-lieder". It was written in complete atonal music using the  twelve-tone technique, in the Japanese who do not understand this narration (English and German) , it might be music can hardly understand.

Contents, is to sue the tragedy of the Holocaust by Nazi Germany. The narrator  is a man who survived the ghetto of Warsaw.

2014年11月 3日 (月)

今日の音楽 11月3日 歌劇「結婚手形」 ; Music for today Nov 3 La cambiale di matrimonio

ロッシーニの歌劇「婚約手形」は1810年11月3日に初演されました。

「結婚手形」は生涯で39のオペラを作曲したロッシーニの最初のオペラです。原作はフェデリーチの「結婚手形」です。まだ18歳の時の作品で多少荒削りなところはありますが、初演は概ね好評だったようです。

ロッシーニは、ドイツ音楽に傾倒していた為モーツァルトの影が見られます。モーツァルトの「魔笛」のような序曲を作曲したいと悩みましたが、公演に間に合わず、結局学生時代に作曲したシンフォニアをそれに当てています。

Rossini opera "La cambiale di matrimonio " was premiered on November 3, 1810.

"La cambiale di matrimonio " is the first opera of Rossini which  composed the 39 opera pieces in a lifetime. Original is same title novel  of Federichi. There are some rough places in the work of time still 18 years old, premiere is generally as was popular.

Because Rossini had been committed to the German music ,It  is seen shadow of Mozart. He  worried that he would like to compose the overture such as "The Magic Flute" of Mozart, but, it is too late to performances, so  he used Sinfonia which he composed in his school days.

2014年11月 2日 (日)

今日の音楽 11月2日 ペチカ; Music for today Nov.2 Pechka

日本の詩人 北原白秋は1942年11月2日に亡くなりました。

北原白秋の詩は、平易で美しい日本語で抒情性を表現したものが多く、その作風は童謡の詩で最も効果を発揮していると思います。代表的な「からたちの花」も、「からたちの花が咲いたよ」から始まり「~だよ」というような口語体を使いながら非常に美しい詩になっています。

作詞家としては「からたちの花」の他に「あわて床屋」「砂山」「待ちぼうけ」「城ヶ島の雨」「この道」など、どれも素晴らしい詩ですが、「ペチカ」は寒い冬に春の訪れを待つ心情が歌われていますが、「暖炉」や「ストーヴ」ではこれだけの抒情性は出せなかったでしょうねぇ。

The poet Kitahara Hakushu died at November 2, 1942.

Many of his poem is presented  liricysm by easy and beautiful Japanese language, and its style demonstrates its effect in children's song.

He made "Karatachi no hana(means blossomes of trifoliate orange" which is his most famous piece, "Awatedokoya(means Confusedly barbar)","Sunayama(Sand mountain","Machibouke(Waiting in vain)","Jougashima no ame(The rain in Jogashima island)" , "Konomichi(This way)" and  more,  which is very beautiful poem.  "Pechika" is sung feeling of waiting the Spring to come, and I think  if  it was a stove  or fireplace instead of Pechika, this song cannot presents lylics such as.

2014年11月 1日 (土)

今日の音楽 11月1日 雪が降る ; Music for today Nov.1 Tombe la neige

ベルギーの作曲家・歌手のサルバトーレ・アダモは1943年11月1日にイタリアのシチリアで生まれました。

アダモは、1963年に「サン・トワ・マミー」がヒットし、続く「雪が降る」のヒットで世界的な歌手となりました。

日本では特に人気が高く、「雪が降る」は安井かずみ の詩によってアダモ自身が日本語で歌っています。

Salvatore Adamo of composer-singer of Belgium was born in Sicily, Italy, in November 1, 1943.

First hit song of Adamo is "San Toi Mamie"  and next hit "Tombe la neige" in 1963 had made him a world wide singer  .

He is very popular, especially in Japan, "Tombe la neige" is Adamo has sung in Japanese himself by the poetry of  Kazumi Yasui.

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »