ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月4日 ワルシャワの生き残り ; Music for today Nov.4 A survivor from Warsaw | トップページ | 今日の音楽 11月6日 サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲(ドビュッシー) ; Music for today Nov.6 Rhapsodie pour orchestre et saxophone(Debussy) »

2014年11月 5日 (水)

今日の音楽 11月5日 交響曲第6番(Shostakovich) ; Music for today Nov.5 Symphony No.6(Shostakovich)

ショスタコーヴィチの交響曲第6番ロ短調op.54は1939年11月5日に、ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルナーモニー交響楽団の演奏で初演されました。

ショスタコーヴィチの交響曲は、その時々のショスタコーヴィチとソヴェト共産党との葛藤の歴史でもあります。歌劇「ムツェンクス郡のマクベス夫人」などでプラウダ批判を受けたショスタコーヴィチが、名誉を回復した交響曲第5番に続く、第6番は表面上は政治とは無関係の叙情的な作品として作曲されました。

3つの楽章で構成され、緩徐楽章、スケルツォ、フィナーレという構成で、通常第1楽章となるソナタ形式の楽章が無いため、頭のない交響曲とも呼ばれています。重苦しく長い第1楽章と、明るい第2楽章・リズミカルな終楽章の対比が特徴の曲です。

Symphony No. 6 B minor op.54 of Shostakovich was premiered at the performance of Mravinsky Conductor Leningrad Philharmonic donor Monee Symphony Orchestra in November 5, 1939.

Symphony of Shostakovich, is also a history of conflict with its sometimes of Shostakovich and the Soviet Communist Party. Shostakovich who received Pravda criticized by such as opera "Lady Macbeth of the Mtsensk District" had recovered  the honor by his Symphony No. 5. And next No. 6 surface was composed as irrelevant lyrical work and politics .

It is composed of three movements, slow movement, scherzo, in the configuration of the finale, because usually there is no movement of the sonata form that becomes the first movement, it is also referred to as "the symphony without a head". Between ponderously and the long first movement and  a bright second movement, rhythmic finale contrast is characterized by song.

« 今日の音楽 11月4日 ワルシャワの生き残り ; Music for today Nov.4 A survivor from Warsaw | トップページ | 今日の音楽 11月6日 サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲(ドビュッシー) ; Music for today Nov.6 Rhapsodie pour orchestre et saxophone(Debussy) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 11月4日 ワルシャワの生き残り ; Music for today Nov.4 A survivor from Warsaw | トップページ | 今日の音楽 11月6日 サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲(ドビュッシー) ; Music for today Nov.6 Rhapsodie pour orchestre et saxophone(Debussy) »