ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月15日 チェロ協奏曲(三善晃) ; Music for today Nov.15 Cello concerto (Akira Miyoshi) | トップページ | 今日の音楽 11月17日 管楽セレナード(ドヴォルザーク) ; Music for today Nov.17 Serenade D minor »

2014年11月16日 (日)

今日の音楽 11月16日 ピアノ四重奏曲第1番(ブラームス) ; Music for today Nov.16 Piano Quartet No.1(Brahms)

ブラームスのピアノ四重奏曲第1番ト短調op.25は1861年11月16日にハンブルクで初演されました。

ブラームスの室内楽曲は、どちらかと言うと基本的な四重奏曲よりも、五重奏曲や六重奏曲といった楽器の数が多い作品に人気が集まっているようです。特に交響曲同様ベートーヴェンの呪縛を受けていた弦楽四重奏曲は作曲にも時間がかかり、結局生涯で3曲しか作曲していません。ピアノ四重奏曲も同じく3曲しか作曲されておらず、演奏される機会も多くはありません。

若い頃の作品なので、激情的な面もあり、また冒険的な面も持ち合わせている曲です。シェーンベルクはこの冒険的な面を評価し、後に管弦楽曲に編曲しています。非常に難曲として知られていますが、シェーンベルクの作品の中ではアマチュア・オーケストラが取り上げる機会が比較的多い曲です。

Piano Quartet No. 1 in G minor op.25 of Brahms was premiered in Hamburg on November 16, 1861.

Chamber music of Brahms, than the basic quartet If anything, it seems there has been popular to work the number of instruments such as the Quintet and Sextet often. Especially the string quartet that had received the spell of  symphony Beethoven takes also time to composers, only it does not have composer eventually life in three songs. Piano Quartet also not been only composer same three songs, there are not many opportunities to be played.

Since the work of his youth, there is also a passion aspects, also is a song that has blessed adventurous side. Schoenberg evaluates this adventure aspects, has been orchestrated song after. It has been very known as song hard to play, but it is relatively large song opportunity to take up the Amateur Orchestra in works of Schoenberg

« 今日の音楽 11月15日 チェロ協奏曲(三善晃) ; Music for today Nov.15 Cello concerto (Akira Miyoshi) | トップページ | 今日の音楽 11月17日 管楽セレナード(ドヴォルザーク) ; Music for today Nov.17 Serenade D minor »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 11月15日 チェロ協奏曲(三善晃) ; Music for today Nov.15 Cello concerto (Akira Miyoshi) | トップページ | 今日の音楽 11月17日 管楽セレナード(ドヴォルザーク) ; Music for today Nov.17 Serenade D minor »