ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

今日の音楽 7月31日 エアネス ; Music for today July 31 Aeneas

ルーセルのバレエ「エアネス」は1935年7月31日に初演されました。

ルーセルはドビュッシーに続く世代の作曲家でしたが、印象主義から新古典主義へ向かいフランスの音楽とは一線を画す作品を遺しました。

「エアネス」はルーセルの晩年の大作で、フランス音楽というよりはリヒャルト・シュトラウスのような雰囲気を持つバレエ音楽です。「エアネス」はトロイの王子の名前で、イギリスの作曲家ヘンリー・パーセルがカルタゴの王女ディドとの愛を描いたオペラ「ディドとエアネス」が知られています。

Ballet of Roussel "Aeneas" was premiered on July 31, 1935.

Roussel was a composer of the generation following the Debussy, but was left behind works that set them apart from the music of France and head to the neoclassical from impressionism.

"Aeneas" was  the ballet music epic in his later years of Roussel,  with an atmosphere like Richard Strauss rather than French music. "Aeanes" is the name of the prince of Troy, and  he was known by Henry Purcell of the United Kingdom drew the love of the princess Dido of Carthage.

2014年7月30日 (水)

今日の音楽 7月30日 コマンドー; Music for today July 30 Someday, Somehow, Someone's Gotta Pay

俳優のアーノルド・シュワルツネッガーは1947年7月30日にオーストリアで生まれました。

シュワルツネッガーはボディビルダーとして10代の頃から活躍していましたが、その内に大衆に飽きられる事を危惧して俳優に転進し1970年に「SF超人ヘラクレス」で映画デビューしました。

1982年の「コナン・ザ・グレート」で知られるようになり「ターミネーター」でトップスターとなりました。

その後、カルフォルニア知事まで登りつめたことは衆知の事実です。

「コマンドー」は1985年に公開された映画で、娘を救うために偶然知り合ったキャビンアテンダントと共に孤島へ向かうアクション映画。この映画で、シュワルツネッガーは悪役から正義の味方へとイメージ・チェンジを成功させました。音楽はイギリスのロック・バンド「パワー・ステーション」が担当しています。

Arnold Schwarzenegger actor was born in Austria on July 30, 1947.

Schwarzenegger had been active since he was a teenager as a body builder, but was film debut in "SF superhuman Hercules" in 1970 The strategic anabasis an actor and fears that he is tired of the masses to them.

He has been a top star in the "Terminator" to become known in 1982 in the "Conan the Barbarian".

After that, he has to climb California governor is a fact of common knowledge.

"Commando" was released in 1985, an action film directed to the island along with the flight attendant he met by chance in order to save his  daughter. In this film, Arnold Schwarzenegger was a successful image change to the ally of justice from the villain. Rock band in the UK "Power Station" is in charge of music.

2014年7月29日 (火)

今日の音楽 7月29日 フランス組曲; Music for today July 29 Suite Française

ミヨーのフランス組曲は1945年7月29日に初演されました。

フランス組曲は、アメリカの出版社から委嘱されて作曲された作品です。ミヨーはアメリカの若者に第二次大戦から解放されたフランスの5つの地方のメロディを聴いてもらいたいと考えて作曲したもので、アメリカのスクールバンドで演奏できるように高度な技術を要求せずに作られました。

この曲は吹奏楽曲として作曲され、後に管弦楽にも編曲されていますが、今でも吹奏楽での演奏が圧倒的に多いです。5つの曲は、それぞれ「ノルマンディー」「ブルターニュ」「イル・ド・フランス」「アルザス・ロレーヌ」「プロヴァンス」という地方名が付けられています。

ミヨーにしては単純明快、ちょっと単調な曲です。

Suite Française of Millau was premiered on July 29, 1945.

Suite Française is the work was composed been commissioned from American publishers. And as it was composed to listen to the melody of the region of five of France that has been released from World War II to the youth of America, Millau does not require the advanced technology to be able to play in the school band in the United States.

This song is composed as a brass band music, and is also orchestral arrangement later, playing in the wind is the overwhelming majority still. The song of the five, local name "Normandy", "Brittany," "Ile de France", "Alsace-Lorraine" and "Provence" is attached, respectively.

It is simple and clear, and little bit monotonous to the Millau.

2014年7月28日 (月)

今日の音楽 7月28日 調和の霊感第10番; Music for toay July 28 L'estro Armonico No.10

作曲家アントニオ・ヴィヴァルディは1741年7月28日に亡くなっています。

ヴィヴァルディは、彼の活動していた18世紀前半はコレルリと並んで高い評価を得ていましたが、18世紀末から19世紀にかけては忘れられた存在でした。これはJ.S.バッハも同様で19世紀後半にバッハが再評価されるとヴィヴァルディも研究されるようになりました。

ヴィヴァルディの作品は、紛失してしまったり出自がはっきりしないものが多いのですが、夥しい数の協奏曲と宗教音楽が中心になっています。協奏曲の頂点となるのが「調和の霊感」です。

調和の霊感は12曲からなる協奏曲集で1本または複数のヴァイオリンとチェロを独奏楽器とした作品集です。
第10番は4本のヴァイオリンとチェロのための協奏曲で、後にバッハが「4台のチェンバロのための協奏曲BWV1065」に編曲しています。ヴィヴァルディの原曲も勿論溌剌とした曲ですが、バッハの編曲では比較的弱々しい印象のあるチェンバロに対し迫力さえ感じる作品になっています。

Composer Antonio Vivaldi's gone on July 28, 1741.

Vivaldi had a reputation along with Corelli in the first half of the 18th century, which has been his activities, but he was forgotten until the nineteenth century from the late 18th century. Vivaldi is now also studied from re-evaluation in the late 19th century the same as JS Bach.

Works of Vivaldi, which origin is not clear or lost  a lot, religion and music of numerous concerto has become the center. "L'estro Armonico " has become the apex of the concerto.

"L'estro Armonico"  is the 12 work collections for the soli of one or more violin and cello .
The No.10 Concerto for 4 Violin and Cello , Bach has been arranged by the "Concerto BWV1065 for 4 harpsichord " later . It is a tune that was lively course the original song of Vivaldi, but it has to work even feel powerful for the harpsichord with a feeble impression in the relatively arrangement of Bach.

2014年7月27日 (日)

今日の音楽 7月27日 百発百中  Music for today; July 27 Freikugeln

ヨハン・シュトラウスのポルカ・シュネル「百発百中」は1968年7月27日にプラーター公園の祝祭ホールで初演されました。

この曲は「第3回ドイツ連邦射撃祭」の祝典曲として作曲されました。原題の"Freikugeln"は「魔法の弾丸」という意味で、ウェーバーの「魔弾の射手」に因んで以前は「魔弾のポルカ」と訳されていたそうです。

曲の中では大太鼓が鉄砲の音を模していますが、演出によっては最後に空砲を撃つ事もあります。

Polka Schnell of Johann Strauss "Freikugeln" was premiered at the Festival Hall of the Wiener Prater on July 27, 1968.

This music was composed as a celebration song "3rd German Federal Shooting Festival".

Bass drum has to imitate the sound of the gun  in the music, but it may fire the cannons in salute at the end by production

2014年7月26日 (土)

今日の音楽 7月26日 シャイニング Music for today;July 26 Rocky Mountains(Shining)

映画監督スタンリー・キューブリックは1928年7月26日にニューヨークで生まれました。

奇才として知られたキューブリックは1960年の「スパルタカス」の成功で名前を知られるようになり、「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」 、「2001年宇宙の旅」及び「時計じかけのオレンジ」でその才能を認められるようになりました。

彼は非常に時間をかけて作品を作る事もあり、作品の数は多くはありませんが、その後も「バリー・リンドン」、「シャイニング」、「フルメタルジャケット」の3作品を監督し、いずれもヒットさせています。

彼は作品の中でクラシック音楽を効果的に使用しています。
「2001年宇宙の旅」では、特に冒頭のリヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」と月面シャトルの中でのシーンで使われるヨハン・シュトラウスの「美しく青きドナウ」が良く知られています。
「時計じかけのオレンジ」では、ベートーヴェン交響曲第9番をシンセサイザーとオーケストラ両方の演奏を中心に、エルガーの「威風堂々」やロッシーニの「どろぼうかささぎ」などが使われています。
バリー・リンドン」ではバロック音楽が多く使われていて、特にヘンデルの「サラバンド」が知られています。
「シャイニング」でもバルトークの「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」やペンデレツキの作品が使われていますが、テーマ音楽はウォルター・カーロスが作曲した「ロッキー・マウンテンズ」です。この曲は、グレゴリオ聖歌の「怒りの日」をアレンジしたものです。

Film director Stanley Kubrick was born in New York on July 26, 1928.

Kubrick known as genius has been known in the success of 1960 of "Spartacus"  , and we came to be recognized their talents "Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb " ,"2001: A Space Odyssey" and "A Clockwork Orange".

He  cost much time to  make his work  ,so he does not have as many number of work, but he made the three works, "Barry Lyndon," "The Shining" and "Full Metal Jacket" since then, and every works hit.

He has effectively used the classical music in the works.
In "2001: A Space Odyssey", "Also sprach Zarathustra" by Richard Strauss at the beginning and  "An der schönen blauen Donau" by Johann Strauss used in the scene in the moon shuttle has been particularly well known .
In "A Clockwork Orange", in the center of the orchestra playing both the synthesizer and the Ninth Symphony of Beethoven, "Pomp and Circumstance" of Elgar and and "La gazza ladra"  of Rossini is used.
Baroque music has been used a lot in "Barry Lyndon", Handel's "Sarabande" is particularly known.
Works of Penderecki and "Music for Strings, Percussion and a Celesta "  of Bartok has been also used in "The Shining," but Walter Carlos was composed theme music "Rocky Mountains". This song is what he made based on  "Dies Irae" of Gregorian chant.

2014年7月25日 (金)

今日の音楽 7月25日 朝焼けの少女  Music for today;July 25 The most beautiful girl

アメリカの歌手チャーリー・リッチは1995年7月25日に亡くなりました。

1932年にアーカンソー州で生まれたチャーリー・リッチは、最初はジャズやブルースを歌っていましたが、1960年代後半にカントリー・シンガーに転進しました。その後はカントリー・チャートで45曲ものヒットを持つ大歌手となりました。特に1973年からの3年間は「愛の扉」をスタートに「愛する時はいつも」まで全米トップ40に入るヒットを連発しました。

その3年間の頂点が1973年全米ナンバーワンヒットに輝いた「朝焼けの少女」です。原題は「最も美しい少女」。チャーリーの暖かく甘い歌声がとてもいいですねぇ。

Singer Charlie Rich in the United States died on July 25, 1995.

Charlie Rich was born in Arkansas in 1932, was singing the blues and jazz at first, but he was strategic anabasis country singer in the late 1960s. He was a great singer who has 45 songs of the hit in the country charts. Especially he has a string of hits entering the U.S. Top 40 from "Behind close the door" to "Everytime you touch me"  about three years since 1973 .

"The most beautiful girl" vertices of the three-year won the U.S. number one hit in 1973. Sweet warm voice of Charlie was very good, doesn't he?

2014年7月24日 (木)

今日の音楽 7月24日 犬のおまわりさん  Music for today; July 24 Inu no Omawarisan

作曲家大中恩は1924年7月24日に東京で生まれました。

大中恩の父親は「椰子の実」の作曲者として知られている大中寅二です。父親の影響で歌を愛するようになり、歌曲や合唱曲の作曲家となりました。

日本語の語感を生かした美しいメロディの歌を数々作曲し、自らもコールMegという混声合唱団を組織し1987年まで30年間活動をしていました。

「ドロップスの歌」や「サッちゃん」など童謡も数多く作曲しています。「犬のおまわりさん」はさとうよしみが作詞した童謡で、「犬のおまわりさんが迷子になってしまった子猫に名前や住居を尋ねても泣いてばかりなので困り果ててしまう」という動物を擬人化した可愛らしい歌です。

Composer Megumi Ohnaka was born in Tokyo on July 24, 1924.

Father of Megumi Ohnaka is Toraji Ohnaka known as the composer of "Yashi-no-mi". He looks like a love song under the influence of his father, and became a composer of choral music and song.

He has composed the song of the beautiful melody that is used of the Japanese sense of language, and he had been organized by himself the Philharmonic Chorus of call Meg and been active for 30 years until 1987

He have also composed many children's songs such as "Song of the Drops" and "Sacchan". In the nursery rhyme Sato Yoshimi has lyrics, lovely song that was anthropomorphic animals referred to as "Though Dog policeman asks the name or address to a kitten who has been missed,but she cannot answer because she is only crying, he was very confused".

2014年7月23日 (水)

今日の音楽 7月23日 ロング・グッドバイ Music for today; July 23 The Long Goodbye

推理小説の作家レイモンド・チャンドラーは1888年7月23日にシカゴで生まれました。

チャンドラーは、ハードボイルド探偵の代名詞とも言えるフィリップ・マーロウの生みの親です。「大いなる眠り」で登場し7作の長編と、数作品の短編で活躍しました。

特に「さらば愛しき女よ」、「かわいい女」と「長いお別れ」は傑作と言われています。「長いお別れ」は文学作品としても高い評価を得ています。

従って、フィリップ・マーロウは映画化もされておりエリオット・グールドロバート・モンゴメリーなどが演じています。そのエリオット・グールドが主演した作品が「ロング・グッドバイ」でした。音楽はジョン・ウィリアムズが担当しました。

日本でもつい最近浅野忠信主演でNHKでテレビドラマ化されました。1950年代の東京を舞台に脚色されフィリップ・マーロウは増沢磐二という名前に変えられていましたが内容は原作にかなり忠実でした。

Writer Raymond Chandler detective novel was born in Chicago on July 23, 1888.

Chandler was the creator of Philip Marlowe who was synonymous with hard-boiled detective. He was active in seven installment, and a few short works started  in "The Big Sleep".

It is said that masterpiece "Farewell, My Lovely" and "Little Sister" and "The Long Goodbye" in particular. "The Long Goodbye" has earned a high reputation as a literary work.

Therefore, such as Robert Montgomery and Elliott Gould plays a movie has also been Philip Marlowe. work that Elliott Gould starred was the "Long Goodbye". John Williams was in charge of the music.

It also became TV drama on NHK starring Tadanobu Asano in recently in Japan. Philip Marlowe has been changed to named Banji Masuzawa  dramatized on the stage of Tokyo in the 1950s, but the content was fairly faithful to the original.

2014年7月22日 (火)

今日の音楽 7月22日 ファウスト序曲  Music for today;July 22 Eine Faust,overture

ワーグナーの演奏会用序曲「ファウスト」は1844年7月22日にドレスデンで初演されました。

ワーグナーはベートーヴェンの交響曲第9番に感銘を受けて、ゲーテの「ファウスト」に基づく大規模な交響曲の構想をして、1840年にその第1楽章を完成しました。結局、これに続く楽章は作曲されず、この楽章だけを序曲として完成されたのが序曲「ファウスト」です。

結局、ワーグナーに傾倒していたリストが1852年に「ファウスト」に基づく交響曲を完成させ、それに刺激を受けたワーグナーがその年に改訂を加えたものが現在の「ファウスト」序曲です。

まだワーグナーが「さまよえるオランダ人」を作曲する以前の作品ですが、動機を使用展開している点でも後のワーグナーの世界を予言している作品のひとつです。

Concert overture of Wagner "Faust" was premiered in Dresden on July 22, 1844.

After he  impressed with the Symphony No. 9, Beethoven, and the idea of ​​a large-scale symphony based on Goethe in "Faust", Wagner was completed the first movement in 1840. After all, following movements was not composed, so it has completed as a prelude only this movement as  overture is "Faust".

After all, the current that list that has been committed to Wagner completed a symphony based on the "Faust" in 1852, Wagner was inspired by him and made a revision in the course of the year is the "Faust" overture.

It is the work of previous Wagner compose the "Flying Dutchman" yet, but it is one of the works that predicted the world of Wagner after the point that you are using expand the motivation.

2014年7月21日 (月)

今日の音楽 7月21日 ハフナー・セレナーデ  Music for today; July 21 Haffner Serenade

モーツァルトのセレナーデ第7番ニ長調K.250は1776年7月21日に、ザルツブルグの富豪ハフナー家の結婚式前夜祭で初演されました。

モーツァルトはハフナー家のために2曲のセレナードを作曲していますが、1曲はこの第7番で、もう1曲は後に編曲され交響曲第35番「ハフナー」となった曲です。ハフナー交響曲の元になったセレナーデの方は一部が散逸されてしまい現在は全曲の演奏が不可能になっています。

このセレナード第7番も、後日交響曲に編曲されていますが番号も与えられず演奏される事は殆ど無いようです。

ハフナー・セレナーデは8つの楽章で構成されており、編成はクラリネットを欠く2管編成のフル・オーケストラ編成というセレナーデとしては大掛かりなものです。

On July 21, 1776, Serenade No.7 in D major K.250 of Mozart was premiered at the wedding eve of millionaire Haffner family of Salzburg.

Mozart has composed two serenades for the Haffner family,  one piece is  this No. 7,and the other piece  became the 35th Symphony as "Haffner"  transcribed later. The  serenade which was the source of the Haffner Symphony had become impossible to play now because some score in it had been lost.

No. 7 this Serenade has also been transcribed in the symphony at a later date, but it seems to be played little and number is  not given.

Haffner Serenade is composed of a movement of eight, organization is a large scale as a serenade of a full orchestra of two tubes organization lacking the clarinet.

2014年7月20日 (日)

今日の音楽 7月20日 セレナーデ(シェーンベルク) Music for today;July 20 Serenade(Schonberg)

シェーンベルクのセレナードは1924年7月20日にドナウエッシンゲン音楽祭で初演されました。

セレナードはシェーンベルクが無調音楽から十二音技法を確立する過渡期の作品です。クラリネット、バス・クラリネット、マンドリン、ギター、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロの室内楽編成で、7つの楽章で構成されています。第4楽章の「ペトラルカのソネット」で十二音技法が使われており、バリトンのソロが加えられています。

Serenade of Schoenberg has been premiered at the Donaueschingen Music Festival on July 20, 1924.

Serenade is the work of Schoenberg transition period to establish a twelve-tone technique from atonal music. It is a Chamber music organization of clarinet, bass clarinet, mandolin, guitar, violin, viola, and cello  made up of seven movement. Twelve-tone technique has been used in the "Sonnets of Petrarch," the fourth movement, and the solo baritone have been added.

2014年7月19日 (土)

今日の音楽 7月19日 カンタータ「土の歌」  Music for today; July 19 "Tsuchi no Uta(The song for ground)"

作詞家の大木惇夫は1977年7月19日に亡くなりました。

広島で生まれた大木惇夫は、少年時代に文学者を志し短歌や詩を創作していました。北原白秋に見出され歌謡曲などの作詞もするようになりました。

第二次世界大戦中は、戦争文学などを作っていたため戦後は戦争協力者として文壇から疎外され、校歌や社歌などで生涯をすごしました。

カンタータ「土の歌」は、7つの楽章からなる混声合唱とオーケストラのための曲で、佐藤眞が1962年に作曲しました。第7楽章の「大地讃頌」は、この曲のみ独立して歌われるほど有名な曲で、卒業式の定番のひとつでもあります。

Atsuo Ohki lyricist died on July 19, 1977.

Atsuo Ohki was born in Hiroshima, he was creative and poetry tanka aspired to literary boyhood. He also created popular song lyrics, and found from Kitahara Hakushu.

During World War II, he alienated from the literary world as a war collaborator after the war because it was making and war literature, he  spent a lifetime making company and school songs.

The "Song of the earth" cantata, song for mixed chorus and orchestra consisting of the movement of seven, Makoto Sato was composed in 1962. The seventh movement, "Daichi sansho", the famous song as sung this song only independently, and is also one of the staple of the graduation ceremony.

2014年7月18日 (金)

今日の音楽 7月18日 ルイ・ブラス  Music for today; July 18 Ruy Blas

指揮者のクルト・マズアは1927年7月18日にドイツで生まれました。

マズアは、1989年10月9日にライプツィヒで起きた民主化を要求するデモ(月曜デモ)で、秘密警察や軍隊が一般市民に対し銃口を向けた際、東ドイツ当局に対し武力行使を避け平和的解決を要望するメッセージを発表し、このデモを無血に終わらせるきっかけを作った人としても知られています。

マズアは1970年から1996年の約四半世紀にわたってライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者として活躍しました。ドイツ系音楽を得意としていますが、このオーケストラを作ったメンデルスゾーンの作品は高い評価を得ています。

「ルイ・ブラス」はフランスの作家ヴィクトル・ユゴーの戯曲「リュイ・ブラス」の上演のために委嘱された作品です。悲劇なのですが、この序曲は短調ではじまり最後には長調に転じて華やかに終わります。

Kurt Masur of the conductor was born in Germany on July 18, 1927.

He is known as the person who made the opportunity to end the bloodless .Demonstration to demand the democratization that took place in Leipzig on October 9, 1989 at (Monday demo), when the army and secret police toward the muzzle to the general public, Masur, peace avoid the use of force against the East German authorities announced a message to request a settlement.

Masur was active as a conductor of the Leipzig Gewandhaus Orchestra for about a quarter of a century of 1970-1996. He is good at Germany-based music, works of Mendelssohn, which made this orchestra gets a high rating.

"Louis Blas" This work was commissioned for the staged drama of writer Victor Hugo French "lui Blas". It is a tragedy, but this overture will result in gorgeous started to major in the end begins with the minor.

2014年7月17日 (木)

今日の音楽 7月17日 風のLonely Way Music for today;Jul 17 Kaze no Lonely Way

歌手の杉山清貴は1959年7月17日に横浜で生まれました。

杉山清貴は「きゅうてぃぱんちょす」というグループで1980年に第19回ヤマハポピュラーソングコンテストで入賞し、1983年にグループ名を「杉山清貴&オメガ・トライブ」に変更して「Summer suspicion」でデビューしました。

1985年にグループは解散し、翌年「さよならのオーシャン」でソロデビューをしました。その後多くのヒット曲を出して現在も活躍しています。

「風のLonely way」は1988年のヒット曲で、テレビドラマ「火曜サスペンス劇場」の主題歌としてオリコン1位になった曲です。

Kiyotaka Sugiyama singer was born in Yokohama on July 17, 1959.

He    won in the 19th Yamaha Popular Song Contest in 1980 with a group called "KYUTI PANCHOSU" , debut in "Summer suspicion" was changed to "Sugiyama Kiyotaka & Omega Tribe" in the name of the group in 1983.

After the group disbanded in 1985, he did a solo debut in "Sayonara Ocean" the following year. and he also active now put out many hits thereafter.

"Kaze no Lonelyway" is a song that hit song in 1988, has become No.1 of Oricon chart as the theme song of TV drama "Tuesday Suspense Theater".

2014年7月16日 (水)

今日の音楽 7月16日 哀しい妖精  Music for today; July 16 Kanashii Yousei(I Love You Best)

作詞家の松本隆は1949年7月16日に東京で生まれました。

松本隆は、大滝詠一、細野晴臣、鈴木茂と1981年にロックバンド「はっぴーえんど」を結成し、ドラムと作詞を担当して活躍しました。

1973年はっぴーえんど解散後、アグネス・チャンの「ポケットいっぱいの秘密」で歌謡界での作詞家としてデビューし、太田裕美の「木綿のハンガチーフ」で作詞家としての地位を確立しました。

1976年に南沙織が歌った「哀しい妖精」は、ジャニス・イアンが作曲したものに日本語の詞をつけたものです。

Takashi Matsumoto lyricist was born in Tokyo on July 16, 1949.

He has formed the rock band "Happyend" in 1981 with Eiichi Otaki, Haruomi Hosono, Shigeru Suzuki, and he  was active in charge of writing and  drum.

After the dissolution of "Happyend" in 1973, and made his debut as a lyricist in the music industry in "The Secret of the pocket full" of Agnes Chan, it has established itself as a lyricist "Hangachifu of cotton" Hiromi Ohta.

The "sad fairy" Minami Saori sang in 1976, and they are just the lyrics of Japanese to what Janis Ian was composed.

2014年7月15日 (火)

今日の音楽 7月15日 バキアーナス・ブラジレイラス第4番  Music for today; Bachianas Brasileiras No.4

ヴィラ=ロボスのバキアナス・ブラジレイラス第4番は1942年7月15日に初演されました。

ブラジル風バッハは全9曲ありますが、二重奏があったり声楽つきの曲があったり、編成はバラバラです。第4番は元々はピアノ独奏用に作曲されて1941年に完成しましたが、翌年に管弦楽用に編曲されています。

前奏曲、コラール(藪の歌)、アリア(賛歌)、踊り(ミゥヂーニョ)の4曲で構成されたメロディックな音楽です。

Bakianas-Brasileiras  No. 4 of Villa-Lobos was premiered on July 15, 1942.

There are all 9 pieces in Bakianas Brasileiras. and each organizations are various for example with vocal  or duo. No.4 was originally completed in 1941 composed in piano solo , but has been orchestrated for the following year.

It is a melodic music that is composed of four songs  Prelude, Chorale, Aria (anthem), dance (Miudinho).

2014年7月14日 (月)

今日の音楽 7月14日 我が祖国  Music for today; July 14 This land is your land

アメリカのフォーク歌手ウディ・ガスリーは1912年7月14日にオクラホマ州で生まれました。

ウディは14歳の時に家族が離散し、放浪生活を送りました。その放浪の中で貧困や差別に翻弄される労働者の歌を歌い続け、フォークの元祖として知られています。

「我が祖国」は1940年に作られたウディ・ガスリーの代表曲で、アーヴィン・バーリンの「ゴッド・ブレス・アメリカ」への反発で作られた曲とも言われています。

この曲は、その後ボブ・ディランピーター・ポール&マリーピート・シーガー、キングストン・トリオなど多くの歌手に歌い継がれています。

Folk singer Woody Guthrie in the United States was born in Oklahoma on July 14, 1912.

Discrete family at the age of 14, Woody sent a wandering life. Continued to sing the song of workers are at the mercy of poverty and discrimination in the wandering, and is known as the originator of the fork.

In representative music of Woody Guthrie made in 1940, "This land is your land" has been said to be the song made with rebound of Ervin Berlin ,"God Bless America".

This song has been handed down to sing many singers Bob Dylan, Peter Paul and Mary, Pete Seeger, Kingston Trio and so on.

2014年7月13日 (日)

今日の音楽 7月13日 地上の平和  Music for today; July 13 Friede auf Erden

作曲家アルノルト・シェーンベルクは1951年7月13日に喘息の発作によってロサンゼルスで亡くなりました。

シェーンベルクは調性を脱し無調音楽から十二音技法を確立した重要な作曲家のひとりです。彼は様々なジャンルの作品を遺していますが、特に声楽を含む作品に優れた作品が多いのも特徴でしょう。

「地上の平和」は、シェーンベルクがまだ無調音楽に足を踏み入れる前の1907年に作曲された無伴奏混声合唱曲でスイスの詩人コンラッド・マイヤーの詩をテキストとした曲です。宗教曲ではありませんが、内容は宗教的なもので、非常に劇的な音楽となっています。

Composer Arnold Schoenberg died in Los Angeles by an asthma attack on July 13, 1951.

Schoenberg is one of the most important composer who established the twelve-tone technique from atonal music out of the tonality. He has left behind works of various genres, but excellent work to work, including vocal music, especially that there are many would feature.

"Friede auf Erden " is a song that was text poems of poet Conrad Meyer of Switzerland , and it was unaccompanied mixed chorus song written in 1907 before the Schoenberg is stepping into atonal music still. It is not a religious song, but the content is intended to be religious, and it is with music very dramatic.

2014年7月12日 (土)

今日の音楽 7月12日 ドレミの歌  Music for today; July 12 Do-Re-Mi

作詞家オスカー・ハマースタイン2世は1895年7月12日にニューヨークで生まれました。

祖父であるオスカー・ハマースタイン1世は、ドイツで生まれアメリカに移住し、タバコの製造で成功した後ブロードウェイに数々のオペラハウスを建てた功労者でした。父親も興業主として活動し、その環境で育ったオスカーは作詞家のみならずプロデューサーとしても活躍しました。

彼は、それまで歌と踊りの個人芸を見せる娯楽ショウだったミュージカルを、ストーリーを持つ芸術作品に押し上げた功労者のひとりです。

作詞家として最初に手がけたミュージカルは1927年の「ショウ・ボート」で、1958年の「サウンド・オヴ・ミュージック」まで数々の作品を送り出しています。特に、「オクラホマ」から始まった作曲家リチャード・ロジャースとのコンビは、多くの名作を生み出しています。

数多い作品の中で世界中で最も親しまれているのは「サウンド・オヴ・ミュージック」の「ド・レ・ミの歌」でしょう。

lyricist Oscar HammersteinⅡ was born in New York on July 12, 1895.

Oscar HammersteinⅠ his  grandfather was a contributor who built the opera house in a number of Broadway after he moved to the United States from German and was successful in the production of tobacco. Oscar's father also worked as a main box office, grew up in the environment has also worked as a producer as well as songwriter.

He is one of the distinguished service that pushed up Musicals to a work of art that has a story, from a musical entertainment show only show the individual arts of song and dance .

He sent out many musicals from 1927 first worked as a lyricist in "Show Boat", till 1958 "The Sound of music". In particular, the combination of the composer Richard Rogers, which started from "Oklahoma" has created a many masterpieces.

I think the work which is the most  loved around the world in a lot of his works would be "Do-Re-Mi" in "The Sound Of Music".

2014年7月11日 (金)

今日の音楽 7月11日 スワニー  Music for today; July 11 Swanee

作曲家ジョージ・ガーシュウィンは1937年7月11日に脳腫瘍で亡くなりました。

シンフォニック・ジャズと言われる新しい分野を築いた事で知られているガーシュウィンは、その分野の作品を作る前はミュージカルや歌曲を主に作曲していました。

ガーシュウィンが世に認められる事になった曲が1919年の「スワニー」です。「スワニー」はキャピトル劇場のレビューの為に作曲された歌で、人気歌手のアル・ジョルソンに歌われて大ヒット曲となりました。とても軽快な曲です。

Composer George Gershwin died of a brain tumor on July 11, 1937.

Gershwin, which is known to have built a new field which is referred to as symphonic jazz, was composed mainly songs and musicals before making the work in the field.

The song that made Gershwin to be  recognized the world is the "Suwanee". It was composed for a review of Capitol theater, and was a big hit song  sung by Al Jolson of popular singer. It is a very light song.

2014年7月10日 (木)

今日の音楽 7月10日 Blue Tango Music for today; July 10 Blue Tango

作詞家のミッチェル・パリッシュは1900年7月10日にリトアニアで生まれました。

生後間もなくアメリカに移住してきて1919年に作詞家としてデビューしました。1920年代から50年代にかけてのジャズのヒット曲は殆ど彼の作詞と言っても過言で無いほど多くの作品の詞を書いています。

最も有名な「スター・ダスト」をはじめ「ソフィスティケーテッド・レディ」「ヴォラーレ」「ムーンライト・セレナーデ」などが彼の手によりものです。また、彼は、いくつかのルロイ・アンダーソンの曲にも詞をつけています。

「ブルー・タンゴ」はアンダーソンが1951年に作曲した曲ですが、パリッシュの詞がついた「ブルー・タンゴ」は翌年全米第1位のヒットになりました。

Mitchell Parish lyricist was born in Lithuania on July 10, 1900.

He emigrated to the United States soon after birth and  debuted as a lyricist in 1919 Hits of jazz through the 1950s since the 1920s has written the lyrics of many works about not exaggeration to say that most of his lyrics.

"Sophisticated Lady ," "Volare" and "Moonlight Serenade" is a thing by the hand of his, including the most famous "Star Dust". In addition, he has also put the lyrics to the some tunes of Leroy Anderson .

"Blue Tango" is a song that Anderson was composed in 1951, and the lyrics of the Parish with "Blue Tango" became a hit # 1 in the United States the following year.

2014年7月 9日 (水)

今日の音楽 7月9日 カンタータ第93番   Music for today;July 9 Cantata "Wer nur den lieben Gott läßt walten"BWV.93

バッハのカンタータ第93番「尊き御神の統べしらすままにまつろい」は1724年7月9日に初演されました。

カンタータ第93番は、三位一体節後第5日曜日に演奏されるコラール・カンタータです。神の意志への信頼と従順を歌った曲で、ペテロが夜通し釣りをしても1匹も釣れなかった事を嘆くと、イエスに「沖に舟を漕ぎ出して釣り糸を垂らしなさい」と言われ、その通りにしたら大漁だったというお話です。

Cantata "Wer nur den lieben Gott läßt walten"BWV.93 of Bach was premiered on July 9, 1724.

No. 93 cantata is a chorale-cantata that is played to the fifth Sunday after Trinity clause. This song is sang  obedience trust in the will of God. The story is as follow; lament Peter did not catch even one fish even if the fishing all night, and Jesus said to him "Please hang down fishing line out and rowing a boat off the coast" so, he  could catch many fishes .

2014年7月 8日 (火)

今日の音楽 7月8日 ソヴェト連邦国歌  Music for today; July 8 National antemof the Soviet Union

作曲家のアレクサンドル・アレクサンドロフは1946年7月8日に巡業先のベルリンで亡くなりました。

アレクサンドロフはアレクサンドロフ・アンサンブルの創設者として知られています。アンサンブルは、ソリスト、合唱団、ロシアの伝統楽器を取り入れたオーケストラとダンサーなどで構成された大集団で、冷戦時代でも広く世界中で公演をし、ソ連解体後も変わらず活動を続けています。

また、彼はソヴィエト連合国歌を作曲しています。ソ連国歌は1943年に公募されましたがスターリンの気に入った作品が無く、結局アレクサンドロフが作曲したボルシェヴィキ党歌が歌詞を変えて流用されました。

今でもロシア国歌に一部取り入れられています。

Alexander Alexandrov of the composer died in Berlin, tour destination on July 8, 1946.

Aleksandrov is  known as the founder of the Alexandrov Ensemble. In a large group made up of such as dancers and orchestra which include the traditional instruments of Russia, incorporates soloists, choir, and the performances all over the world widely in the Cold War era, the ensemble has been working not change even the collapse of the Soviet Union after.

He had also composed the Soviet Union national anthem. Soviet national anthem was public offering in 1943, but there is no work that Stalin accepts, so the Bolshevik party song that Aleksandrov was composed after all has been diverted by changing the lyrics.

It has been incorporated in part on the Russian national anthem still.

2014年7月 7日 (月)

今日の音楽 7月7日 Everything Music for today; July 7 Everything

日本の歌手Misiaは1978年7月7日に長崎県対馬で生まれました。

幼少から教会でゴスペル音楽に親しみ、黒人ヴォイストレーナーに師事して歌唱を磨いたMisiaは、1998年にデビューしました。デビュー・アルバムの「MOTHER FATHER BROTHER SISTER」は300万枚近い売上を記録し、2000年には「EVERYTHING」がTVドラマとのタイアップで大ヒットしました。

アフリカなど途上国の支援活動も行っており、アフリカ開発会議などの名誉大使も務めています。

5オクターヴの声を持つと言われていて、伸びのある高音域だけでなく低音域の暖かさも彼女の特徴のひとつだと思います。

Singer Misia of Japan was born in Tsushima, Nagasaki Prefecture on July 7, 1978.

Misia was  familiar with gospel music in church from childhood, brushed singing with studied with black voice trainer, debuted in 1998. The debut album "MOTHER FATHER BROTHER SISTER" to record sales nearly 300 million copies, "EVERYTHING" was a big hit in the tie-up with TV drama in 2000.

And she also supports activities in developing countries such as Africa, has also served as honorary ambassador, such as Tokyo International Conference on African Development.

She is said to have the voice of the 5 octave, I think the warmth of the low frequency range as well as treble with the growth also is one of the characteristics of her.

2014年7月 6日 (日)

今日の音楽 7月6日 祈りと踊り(ロドリーゴ) Music for today; July 6 Invocacion y danza(Rodrigo)

スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴは1999年7月6日に97歳で亡くなりました。

1901年に生まれたロドリーゴは3歳の頃にジフテリアに罹り視覚障害者となりました。8歳からヴァイオリンとピアノを学び、デュカスなどに作曲を学んだロドリーゴは1939年にアランフェス協奏曲を作曲し、その成功によって、フルート奏者のゴールウェイやチェロ奏者のジュリアン・ロイド・ウェバー、ギタリストのアンドレス・セゴビアなどから多くの作品を委嘱されるようになりました。

ロドリーゴ自身はギターを弾く事は無かったようですが、スペインというお国柄ギターに作品も多く作曲しています。「祈りと踊り」は敬愛する作曲家ファリャの没後45年のために作曲されたギターの独奏曲です。コンクールの課題などにも使われる、視覚障害のロドリーゴらしい内面を深く表現した曲です。

Composer Joaquin Rodrigo of Spain died at the age of 97 on July 6, 1999.

Rodrigo was born in 1901 and became a visually impaired person by diphtheria in the days of three-year-old. Rodrigo  had learned the piano and violin since the age of eight, and  learned to compose in such Ducasse. He  composed the Aranjuez Concerto in 1939, by its success,  he was commisioned  works from many player such as Julian Lloyd Webber cellist ,Galway flute player and Andres Segovia guitarist.

He was not to play the guitar Rodrigo himself, but composed many works in the conditions of a country guitar of Spain. "Invocacion y danza" is a solo guitar that has been composed for the '45 death of composer Falla to be revered. It is a tune that expressed deep is also used for such challenges contest, an inner surface like Rodrigo visually impaired.

2014年7月 5日 (土)

今日の音楽 7月5日 パワー・オヴ・ラヴ  Music for today; July 5 The Power of Love

アメリカのミュージシャン ヒューイ・ルイスは1950年7月5日にニューヨークで生まれました。

長い下積みの後1979年にヒューイ・ルイス&ジ・アメリカンエキスプレスというロック・バンドを結成し、翌年にヒューイ・ルイス&ザ・ニュースとしてデビューしました。1982年に「ビリーヴ・イン・ラヴ」がヒットし、その後はヒット曲を連発しました。

1985年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌「パワー・オヴ・ラヴ」が全米1位のヒットとなり、メンバーの入れ替えはあったものの現在も活動を続けています。

Musician Huey Lewis of the United States was born in New York on July 5, 1950.

And formed a rock band called Huey Lewis & The American Express in 1979 after a long dues-paying, and made his debut as Huey Lewis and the News the following year. "Believe in Love" is a hit in 1982, They are a string of hits after that.

"Power Ovu Love" theme song film from "Back to the Future" was released in 1985 and  became a hit in the United States first place, there was the replacement of members, but they have been working today.

2014年7月 4日 (金)

今日の音楽 7月4日 3声のミサ(バード) Music for today; July 4 Mass for 3 voices(Byrd)

イギリスのルネッサンス期の作曲家ウィリアム・バードは1623年7月4日に亡くなりました。

バードはイギリス音楽の父として多くのカトリックの典礼音楽を遺しました。中でも3声、4声、5声の3つのミサ曲はルネッサンス音楽の中でも傑出した作品として評価されています。

3声のミサは1593年から1594年にかけて作曲された曲で、多声音楽全盛期から少々新時代に傾斜した内省的な美しい作品です。キリエ、グロリア、クレド、サンクトゥス+ベネディクトゥスとアニュス・デイの5曲からなっています。

Composer William Byrd of Renaissance in the UK died on July 4, 1623.

Byrd has left behind the liturgical music of the Catholic many as the father of British music. Mass of three 3 voice, 4 voice, voice of 5 has been rated as outstanding work among the Renaissance music.

Mass of 3 voice which has been composed between 1593-1594  is a beautiful work introspective inclined a little new age from polyphonic music heyday. It consists of 5 songs of Kyrie, Gloria, Credo, Sanctus + Benedictus and Agnus Dei

2014年7月 3日 (木)

今日の音楽 7月3日 歌劇「イェヌーファー」   Music for today; July 3 Jenufa

作曲家ヤナーチェクは1854年7月3日にモラヴィアで生まれました。

ヤナーチェクが生まれた頃は、モラヴィアはハンガリー領でした。モラヴィアがチェコスロヴァキアの一部として独立したのは晩年の1918年でした。ヤナーチェクの音楽は、そういう時代背景の中での強い民族主義的音楽で作品も多岐にわたっています。

「イェヌーファー」は発話旋律という技法で作曲された歌劇で、自然な言葉の抑揚を音楽に活かした作品です。内容は結婚前の妊娠と、それを苦にした子殺し、そして最後に愛の成就という少々スキャンダラスな内容です。

Composer Janacek was born in Moravia, on July 3, 1854.

When he was born, Moravia was Hungarian territory. Moravia's independent as part of Czechoslovakia was in 1918 in his later years. The music of Janacek, work is also diverse with a strong nationalist music in such a historical background.

In the opera was composed in the technique called speech melody, "Jenufa" is a work that utilizes music to the intonation of natural language. The content is  a little scandalous that the fulfillment of love and at the end of pregnancy before marriage, and, killing a child was to bother with it.

"Mom, my head is gonna heavy" is the aria of the second act.第2幕のアリア「お母さん、頭が重いのよ」です。

Aria in act 2 "Mamicko, srdee ji boli"

2014年7月 2日 (水)

今日の音楽 7月2日 花から花へ(椿姫) Music for today; July 2 Sempre libera degg'io folleggiare(La traviata)  

アメリカのオペラ歌手ビヴァリー・シルズは2007年6月2日に肺癌で亡くなりました。

ビヴァリー・シルズは1960年代から1970年代にかけてアメリカを代表するソプラノ歌手として活躍しました。コロラトゥーラ・ソプラノとして数多くのオペラに出演しました。元来明るく軽い声だったために、オペラでの悲劇のヒロインを演じるためにかなり苦労したようです。

1980年の引退後は、当時経済的に苦しかったニューヨーク・シティ歌劇場のゼネラル・マネージャーを勤め、企業として独立できるように尽力し、芸術の普及や福祉にも献身を惜しみませんでした。

ヴェルディの「椿姫」のヴィオレッタは彼女の得意のレパートリーのひとつ。その中でも最も有名なアリアが第1幕のパーティの場面でアルフレードを前にして歌う「そは彼の人か・・・花から花へ」です。アルフレードへの恋心と、自分は奔放な女だ、という葛藤が歌われる曲です。

Opera singer Beverly Sills in the United States died of lung cancer on June 2, 2007.

Beverly Sills was active as a soprano singer on behalf of the United States the 1960s and 1970s. She had appeared on a number of opera as a coloratura soprano. For she had light bright voice originally, it seems to have very hard in order to play the heroine of the tragedy of the opera.

After retirement in 1980, served as general manager of the New York City Opera was painful economically at that time, and committed to be able to as an independent company, it did not spare the dedication to welfare and dissemination of art.

Violetta in Verdi "La Traviata" is one of the repertoire of choice for her. "Ah, perhaps he is the one... Always free" is to sing the most famous arias in front of Alfredo in the context of the party of the first act in that. It is a song of love and conflict to Alfredo and  herself that's a spirited woman is sung.

2014年7月 1日 (火)

今日の音楽 7月1日 ライアンの娘  Music for today; July 1 Ryan's Daughter

アメリカの俳優ロバート・ミッチャムは1997年7月1日に肺癌で死亡しました。

ロバート・ミッチャムは1917年にコネチカット州で生まれましたが、すぐに父親を鉄道事故で失い母親の実家のあるニューヨーク州に移住しました。家庭に恵まれず荒んだ生活をしていましたが、出稼ぎ先のカリフォルニアでアマチュア劇団と出会い1942年には映画デビューをしました。

1945年に「G.I.ジョウ」でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、1954年の「帰らざる河」でトップ・スターの仲間入りをしました。

その後「史上最大の作戦」「恐怖の岬」「大いなる眠り」など数々の映画に主演し、現役のまま亡くなっています。

「ライアンの娘」は1970年に公開された映画で、アイルランドの寒村を舞台にしたヒューマン・ドラマ。音楽はモーリス・ジャールが担当しています。

Actor Robert Mitchum in the United States died of lung cancer on July 1, 1997.

Robert Mitchum was born in Connecticut in 1917, but he moved soon to New York with the home of his mother lost his father in railway accident. He lived rough life because he was not blessed with a home, and when he worked in California, he met an amateru theater company and he  made the film debut in the 1942 .

Nominated for an Academy Award for Best Supporting Actor "The story of GI Joe" in 1945, and joined the ranks of the top star in the "River of No Return" in 1954.

And starred in numerous movies "The Longest Day," "Cape Fear" and "The Big Sleep" and then, we no longer remain active.

The movie was released in 1970 is "Ryan's Daughter", human drama that takes place the poor village of Ireland. Maurice Jarre was in charge of music.

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »