ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月2日 花から花へ(椿姫) Music for today; July 2 Sempre libera degg'io folleggiare(La traviata)   | トップページ | 今日の音楽 7月4日 3声のミサ(バード) Music for today; July 4 Mass for 3 voices(Byrd) »

2014年7月 3日 (木)

今日の音楽 7月3日 歌劇「イェヌーファー」   Music for today; July 3 Jenufa

作曲家ヤナーチェクは1854年7月3日にモラヴィアで生まれました。

ヤナーチェクが生まれた頃は、モラヴィアはハンガリー領でした。モラヴィアがチェコスロヴァキアの一部として独立したのは晩年の1918年でした。ヤナーチェクの音楽は、そういう時代背景の中での強い民族主義的音楽で作品も多岐にわたっています。

「イェヌーファー」は発話旋律という技法で作曲された歌劇で、自然な言葉の抑揚を音楽に活かした作品です。内容は結婚前の妊娠と、それを苦にした子殺し、そして最後に愛の成就という少々スキャンダラスな内容です。

Composer Janacek was born in Moravia, on July 3, 1854.

When he was born, Moravia was Hungarian territory. Moravia's independent as part of Czechoslovakia was in 1918 in his later years. The music of Janacek, work is also diverse with a strong nationalist music in such a historical background.

In the opera was composed in the technique called speech melody, "Jenufa" is a work that utilizes music to the intonation of natural language. The content is  a little scandalous that the fulfillment of love and at the end of pregnancy before marriage, and, killing a child was to bother with it.

"Mom, my head is gonna heavy" is the aria of the second act.第2幕のアリア「お母さん、頭が重いのよ」です。

Aria in act 2 "Mamicko, srdee ji boli"

« 今日の音楽 7月2日 花から花へ(椿姫) Music for today; July 2 Sempre libera degg'io folleggiare(La traviata)   | トップページ | 今日の音楽 7月4日 3声のミサ(バード) Music for today; July 4 Mass for 3 voices(Byrd) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 7月2日 花から花へ(椿姫) Music for today; July 2 Sempre libera degg'io folleggiare(La traviata)   | トップページ | 今日の音楽 7月4日 3声のミサ(バード) Music for today; July 4 Mass for 3 voices(Byrd) »